テレビウォッチャー さん プロフィール

  •  
テレビウォッチャーさん: テレビで見つけた気になる場面
ハンドル名テレビウォッチャー さん
ブログタイトルテレビで見つけた気になる場面
ブログURLhttp://xn--ddk0a0e3212bj2b.seesaa.net/
サイト紹介文テレビで見つけた気になる場面や驚いた場面、感動した場面等を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/01/08 14:22

テレビウォッチャー さんのブログ記事

  • ツイッターは勘違いを拡散するツール
  • ツイッターは、たまたま「その1つのつぶやき」を読んだ人が、それだけで判断をして「リツイート」してしまうので、勘違いに拍車をかけて拡散してしまう。「その1つのつぶやき」の前後の脈絡で勘違いを阻止できる可能性もあるが、多くの人は、そんなことはしないと思う。自由につぶやけるのがツイッターということなので、勘違いも当然自由なつぶやきという括りになってしまう。勘違いを助長する集団を作ってしまうから、質が悪い [続きを読む]
  • エロサイトの広告
  • エロサイトの広告ってあるじゃないですか?そもそも最近の広告は、自分が検索をしたキーワードによって表示されるので、エロサイトの広告を制限をしていなければ、そのまま表示されるわけです。それで、エロサイトのお店を紹介する広告が表示されたそうですが、多くの人は はしても実際にお店等には行かないでしょう!?私は、エロサイトの広告を して、実際にそのお店に行ったという人を観たことがありませんでした [続きを読む]
  • やわた めばえ ルテイン配合|飛蚊症って知ってますか?
  • 目の調子を整えるなら「やわた めばえ ルテイン配合」です。飛蚊症(ひぶんしょう)って知っていますか?飛蚊症というのは、目の中に見えるカスのようなゴミのような残像のように見えるあれです。自分が見る方向を変えると、一緒になってくっついてくるあれです。1度目の中に見えるようになると一生治らないあれです。目の中のゴミとでもいいましょうか?あれって、歳を取るとたくさん増えてくるんです。ひどくなると、視界の一部 [続きを読む]
  • ぱっちり二重 男 女|15分でぱっちり二重になる方法
  • ぱっちり二重になる方法、男も女も15分でぱっちり二重になる方法をご紹介します。その方法というのは、こちら!!フォーエバーブリリアント埋没法です。フォーエバーブリリアント埋没法を行えば、男も女も15分で、ぱっちり二重になれます。毎回毎回、アイプチなどでぱっちり二重にするのももう面倒くさくないですか?その手間を他に生かせば、物凄く色々なことができるのではないですか?今しなくても、いずれは男も女もぱっち [続きを読む]
  • コスプレ エクシー|私の友人の超アニメオタクがこよなく愛するお店
  • 私の友人というか、会社の後輩に超アニメオタクがいます。顔は、浅香 光代(あさか みつよ)にそっくりで、しょっちゅう社会の窓を開けているお馬鹿さんなんです。その彼が超が付くほどのアニメオタクなのですが、物凄く綺麗な彼女がいるんです。その物凄く綺麗な彼女も超超超アニメオタクで、2人でコスプレの衣装に物凄く凝っているんです。最近は、コスプレを披露できる場もハロウィンやアニメのイベントと増えてきているじゃな [続きを読む]
  • 頻尿 対策|シーシーモレンを勧められました
  • 頻尿になってしまいました。私は頻尿を知りませんでした。頻尿とは、貧尿と書くのだと勝手に解釈をしていました。小便がしたくて、トイレに行っても尿が出ないこと。そう解釈していました。ところが、頻尿とは何回も何回も小便がしたくなる病気ということをその後に知りました。私の場合、ひどい時は30分に1度小便がしたくなります。小便に行っても行ってもすぐに小便がしたくなってしまいます。最高で10回くらい連続で小便に [続きを読む]
  • 地球上から人間がいなくなればいい
  • 最近では、テロに関するニュースを頻繁に目にするようになりました。今回も、フランスのニースでは、大型のトラックにより大量に人間が引き殺されるというテロが起こされてしまいました。何が憎くて、何も悪いことをしていない人間に対して、このようなことができるのでしょう。彼らは、何をしようとしているのでしょうか?意味がわかりません。何で、そのようなことをできる人間がこんなにもたくさんいるのでしょうか?癌以外の何 [続きを読む]
  • 有吉ゼミ 浦和レッズ 槙野|トイレを素手で洗う
  • 昨日の「有吉ゼミ」をご覧になりましたか?昨日の「有吉ゼミ」では、浦和レッズ槙野智章(まきのともあき)選手が出演していました。彼は、大の潔癖症ということで、部屋でもロボット掃除機が掃除を終えた後、今度は自ら掃除機で掃除をするといった徹底ぶりです。キッチンの水回りもすべて素手で洗い、「自分の手が一番信用できる」と、直に手で掃除をする素晴らしさをアピールしていました。最近の「有吉ゼミ」では、綺麗好きで潔 [続きを読む]
  • 矢沢永吉 日産CM|本当に何かを変える人は口より先に動いてる
  • 矢沢永吉(やざわえいきち)の日産のCMがカッコ良過ぎです。「本当に何かを変える人は口より先に動いてる」という、あのCMですよ!!あのCMのコンセプトは、私は行動力だと思うんです。それには、行動力であそこまで成り上がった矢沢永吉さんがピッタリなんですよね〜。早い話が、考えるより行動しろという意味だと思うのですが、行動力がある人なら、即決で日産のあの車を購入しているかもしれませんね!?私は、現在自分自 [続きを読む]
  • 小学生のボクは、鬼のようなお母さんにナスビを売らされました。
  • 「奇跡体験!アンビリバボー」で「小学生のボクは、鬼のようなお母さんにナスビを売らされました。」というタイトルの絵本が紹介されました。タイトルは、ホラーを思わせるような怖いタイトルだったのですが、それを読んだ読者からは涙が緒緒切れていました。私は、この時「ピン!」ときました。恐らく、この絵本は、お母さんが自分はもうそう長くは無いと思い、自分が生きている内に子供に生きる術を身につけさせる内容なのだと感 [続きを読む]
  • 電話 占い ヴェルニ|困った時は素直にすがりたい
  • この間、ゲッターズ飯田(げったーずいいだ)が「水晶玉子」さんのことを、物凄く当たるということで、テレビで紹介していました。私は、占いというものが信じられないのですが、何度か診てもらったところ、不思議と当たっているんですよね。20代の時に、呑み屋の女将に、たまたま診てもらった手相だったり、街を歩いていた時の街頭で診てもらった手相や、この間、窮地に追いやられた時に、藁にもすがる思いで、受けた電話占いな [続きを読む]
  • 胡蝶蘭 高い たけしのニッポンのミカタ
  • 「胡蝶蘭は、なぜ高い?」というのが、今回の「たけしのニッポンのミカタ」のテーマの1つでした。胡蝶蘭は、いくら?胡蝶蘭の値段は、花の個数で決まるようです。番組内では、「欄園」というところが国内最大級ということで、紹介されていました。90名の従業員がいるそうです。胡蝶蘭の栽培は、日本では苗から始めるそうです。台湾で種から苗までを作っていて、苗になるまで4年かかるそうです。苗の値段は、1株千円。花になる [続きを読む]
  • マグロに賭けた男たち2016|3年間1匹も釣れなかった男
  • 昨日、「マグロに賭けた男たち2016」が、やっていました。再び、3年間、マグロを1匹も釣れなかったお父さんが出演していました。もう、このお父さんを観ていると、テレビの前で本当に怒りがこみ上げてきてしまいます。相変わらず、こんなことをやっているんですね!!と、他人事なので流せばいいのですが、そのダメダメぶりに私が側にいたら、きっと頭を思い切りど突いていると思います。私は、お父さんよりも年下なので、普段は [続きを読む]
  • ゲッターズ飯田が水晶玉子を一流が嫉妬したスゴい人に
  • この間、テレビでゲッターズ飯田(げったーずいいだ)が物凄く良く当たると押してくる占い師がいました。その占い師のお名前は、「水晶玉子」というようです。番組名は、「一流が嫉妬したスゴい人」というようですが、その番組内でゲッターズ飯田が、「とにかく良く当たる」と、「水晶玉子」さんのことを褒め千切ったんです。私も「水晶玉子」さんとはどういう人なのかネットで調べまくったのですが、どこにも顔は出ていませんでし [続きを読む]
  • エビ すごいですね視察団|今年は暮からボタンエビ三昧!!
  • 今日の「すごいですね視察団」は、日本のエビを視察するようです。生きたまま水揚げをする漁法や、船上で行う選別作業、種類ごとの出荷テクニック、エビ養殖場でのこだわりの育成、管理方法等を紹介してくれるようです。ゲストは、アズマックス(東貴博 (あずまたかひろ))、井森美幸(いもりみゆき)、内藤剛志(ないとうたかし)、MCは、爆笑問題(ばくしょうもんだい)田中、ウエンツ瑛士。爆笑問題(ばくしょうもんだい) [続きを読む]
  • そのまんま東 暴露 バイキング|喜多嶋舞の「大沢 樹生だけ」説否定
  • 今日の「バイキング」の2015年腹が立ったニュース総決算SPで、ゲストのそのまんま東(前東国原英夫(ひがしこくばるひでお)知事)が、喜多嶋舞(きたじままい)の「90年代にお付き合いしていたのは、大沢 樹生(おおさわ みきお)しかいない」説に対し、ばっさりと否定した。番組内では、坂上忍(さかがみしのぶ)が、「2015年腹が立ったニュース」に、喜多嶋舞の名前を上げたことが発端だったのですが、その話題につ [続きを読む]