東川口から難関大学への進学ルート さん プロフィール

  •  
東川口から難関大学への進学ルートさん: 滞在型・受験特訓 櫻井塾
ハンドル名東川口から難関大学への進学ルート さん
ブログタイトル滞在型・受験特訓 櫻井塾
ブログURLhttp://tousemi.blog.fc2.com/
サイト紹介文埼玉県東川口から難関大学を目指す生徒・講師との日々。高校受験・中学受験も頑張っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2012/01/08 16:36

東川口から難関大学への進学ルート さんのブログ記事

  • とにかく勉強量と夏期講習の休み
  • 夏期講習の3分の2が終了。11日〜23日まで授業は休みます。ただうちの塾は生徒の自主管理のようなものなので、教室に来て勉強している生徒は何人かいると思います。勉強はとにかく量をこなさなければ形にならない。講習中と高3の授業は3時間です。最低120分やらなければ教える側も充足感は得られません。90分授業は経験がありますが(1年でやめました)、60分授業とか何をやるのか想像できません。よほどテキストが易しいのか。塾に [続きを読む]
  • 指定校推薦の話
  • ひとり明治大学の総合数理学部の指定校推薦をもらえそうだという生徒がいましたが、今度はもう一人芝浦工大デザイン工学か工学院大学建築の指定校推薦を担任の先生から勧められている生徒が。建築志望の生徒です。受験に厳しさは身に染みているので、希望の大学・学部なら指定校で行ってほしいです。特に今年は国公立理系でこれから神経を削るような日々が待っているので、一人でも早く決まってほしい。ひとりは高校から私立女子高 [続きを読む]
  • 来年度への準備
  • 東大工学部3年の人が来てくれて、顔合わせと軽く授業。高3と高2の英語をやってもらいましたが、さすがにそつなし。本人はやはり理系の授業が希望とのこと。今年で講師の顔ぶれがほぼ変わるので、そろそろ新しい人をさがさなければならないのですが、何とかなりそう。彼の周囲でも講師希望の人が何人かいるそうです。私は東大の理Ⅰの人に来てもらう絶対的な自信があるので、「極力文Ⅰ、文Ⅱ、文Ⅲの人を探して。」と依頼。英語のP [続きを読む]
  • 新しい講師、新しい生徒、新しい英語
  • 夏期講習で生徒の入れ替えがあり、退塾する生徒に新しくくる生徒。優秀な生徒、真面目な生徒(高校生)が来てくれています。新しい講師。東大工学部からひとり、うちの卒業生で明治の文学部がひとり。今まで英語は受験英語しかやらず、英検やTEAPは本人任せでしたが今年英検2級対策をやりたいという生徒がいるので、やってみることにしました。MARCH付属の生徒でそのまま大学に上がっていけるので受験勉強は必要なし。6月に教育開 [続きを読む]
  • ひょっこりひょうたん島
  • 20年ほど前、ゆとり教育が始まるころ中学生に「これからの日本はひょっこりひょうたん島みたいになるよ。どんぶらこっこどんぶらこっこ流されて、フィリピンかインドネシアの島の一つになってしまうよ。」生徒ぽかん。「フィリピン?インドネシアってどこ?」そもそもなぜゆとりが始まったかというと、校内暴力が荒れ狂った対策でした。勉強が分からないから荒れる。全員が分かるレベルに学習量を減らしたらみんな勉強をやる気にな [続きを読む]
  • やっと夏期講習らしくなってきた
  • 高3生がそろいつつありやっと夏期講習らしくなってきました。圓山先生も登場。最初の菊池先生の物理はかなりの補講が必要で、1日9時間の物理漬をやってみようと思っています。大学受験から高校受験をみたらどうなるか ,今度はそれをやってみようと思っています。少なくとも教科書準拠教材使用で、定期テストの順位に一喜一憂することにはなりません。高校生のほうが軌道に乗りつつあるので、経営的に中学生を無理に集める必要はあ [続きを読む]
  • 夏期講習スタートしたもののと来年度
  • 夏期講習スタートしたものの、生徒は部活・合宿・学校の講習会と足並みがそろわず。それに東大の院生が主力なので、研究室の都合や就活でこちらもなかなか予定通りに進まず。今年は補講に次ぐ補講となりそうです。今年は講師が4人(多分)卒業なので、そろそろ来年の準備をしなければならないのですが、すでに東大工学部の人がほぼ決まりです。秋くらいから来てもらおうと思っています。あとセンター試験の英語が民間試験に移行と [続きを読む]
  • 夏期講習スタート
  • 7月23日(土)までぎりぎり授業をやり、本日から夏期講習スタートです。高3生は7名国公立志望、3名私立理系、1名私立文系(付属高)の予定です。高2は優秀な生徒が集まりつつあります。国公立大学志望なので、そろそろ受験勉強スタート。一人東大志望にするかどうか。1浪で東大か、現役で旧帝か。高1はこれから生徒が集まるといいなと思っています。高1・2はまだ若干名入れる授業がありますので、関心のあるかたはご連絡ください。 [続きを読む]
  • 電気通信大学
  • 首都圏にあって比較的入りやすい国立大学、しかも就職状況は極めて良い。今年も電通大を受験しそうな生徒がいます。電通大の入試の特色として個別学力検査の高得点者について優先的に合格者を出すという点があります。まず前期試験で45名、後期試験では30名個別試験の成績準の合格者を決め、次にセンター試験と個別学力検査の合計点で決めます。以前からそうなのですが、ふと思い当たったこと。2020年の大学共通テストはかなりの改 [続きを読む]
  • 山田義塾
  • 私が今を去ること30数年前に塾を始めたのは、当時小学生だった長男を勉強させるため。教育困難校に勤務していたので「いくらお金がかかっても絶対に勉強させないとダメ。」というのは身に染みて感じていました。公立の教員で私立に進学させる人は多いです。当時全盛だった山田義塾や栄光を回ってみたのですが、講師の質にいまいち不満。高校教師は一応自分の専門を持っているので、比べるとなんだかなーという感じでした。結局は中 [続きを読む]
  • 気になって仕方ないこと
  • 大学受験、それも理系と国公立をメインにしている個人零細塾は珍しいと思うのですが、(しかも私は国語)現高3でほぼ当初の予定は達成するのではないかと思います。もともと東大にひとり入れるというより全員に埼玉大学レベルに行ってほしいと思っています。現在高1・2生があと2〜3人来てくれないかと待っているところです。それで高2の受験をスタートさせたい。それで気になって仕方ないことが。埼玉県高校入試です。選択問題が現 [続きを読む]
  • 懸念
  • 大学共通テストの最終案が文科省から発表されましたが、記述問題の採点についてはまだ触れられていません。おそらくベネッセなどの教育産業に丸投げになると思います。英語の民間テストへの移行といい巨大な利権になります。で、そんなことはいいのです。現行のセンター試験のように予備校が高校を通じて生徒のデータを入手し、水曜の夕方にはもう判定が出るというようなことは不可能。採点にかなりの時間がかかる。それで文科省が [続きを読む]
  • 大学新テスト最終案
  • 日経の記事から。英語は23年度まで現行のマークシート試験と民間検定試験の活用を並存させ、24年度から民間試験に全面移行する。英語の民間試験の受験は高3の4〜12月に2回まで。国語と数学に記述問題を導入。国語は80字〜120字、数学は数式などを書かせる。試験時間は国語が80分から100分、数学は60分から70分に延長。地理歴史や理科は24年度の記述式導入を検討。英語以外は国立大二次試験の簡略版のようなものか?ちゃんと受験勉 [続きを読む]
  • 「稼ぐ力」と「優等生」
  • 「稼ぐ力」は自分のやりたいこと、興味のあることがはっきりとイメージできないと身につかない。抽象的な言い方をすれば「自立」しているということだと思います。公立中では個性のはっきりしている生徒、知的レベルの高い生徒が評価されにくいという傾向があります。こういう生徒のほうが高校入学後大学受験では強いのですが。人間は得意不得意でこぼこがあるのが普通で、自分の得意なところを徹底して伸ばすのがいいと思うのです [続きを読む]
  • 「稼ぐ力」を身につける
  • とにかく今回の都議選で世の中の流れがどうなるかますます予測がつかなくなった。この就活の売り手市場(本当はかなり厳しいと思うが)もいつまで続くかわからないとみておくほうがいいと思う。だいたい今は一生の間に2〜3回の転職は普通だし、「稼げる力」を身に着け、自分の身は自分で守るという意識を早くから持たないと危険だと思う。新卒の時は企業は対象を素材としてみるが、転職の時は何ができるか職歴で見ます。大学の名前 [続きを読む]
  • 「大学入試改革」と流動化など
  • 都議選、ここまではっきりとした結果が出るとは思っていませんでした。自民党の自壊とはいえ、世界の潮流が日本にもやってきた。既存政党に対するノーの突き付け。しかしその中で強固な基盤を持つ公明党と共産党の強さが際立つ。今後の政治はこのあたりが核になっていくのではないか。かっての石原都政の時代に公立高校の復権と都立大解体があり、埼玉県と全国がそれに倣えをしました。埼玉県の教育行政は東京の3年遅れで、自力で [続きを読む]
  • [働き方改革」など
  • これは結局「会社はもうあなたを抱え込むことはできません。自立してね。」ということだとも取れます。現在「会社」という組織は解体しつつあるのではないか。あと2〜30年もしたら「会社」(特に巨大企業)は過去の遺物になっているのではないか。社会主義の解体に続いて資本主義も解体過程に入っているのではないか。もっと柔らかい変幻自在の人間のネットワークが取って代わるのでしょう。今一番危機感を持っているのがいわゆる [続きを読む]
  • 塾屋の仕事
  • 結局生徒が何とか人生のスタートラインにつけるようにということだけを考えてきたように思います。ここ30年ほど産業構造の変化で世の中が完全に二極化した。真ん中くらい、中間層が消滅した。社会に出るときのスタートラインがかなり高くなった。何も武器を持たない人間は最初からはじかれる、そもそも参加すらできない状況だと思います。一定レベルの大学や専門的な能力がないとどこも相手にしてくれない。だからできれば理系や資 [続きを読む]
  • 教材会社のセミナーに参加して
  • 大宮のソニックシティーで開催されたセミナーに参加。久しぶりの大宮でしたが、そごうの隣かって代ゼミだったビルがテナントビルに。代ゼミが予備校間の競争の敗者のように言われていますが、少子化を考えた既定路線だったのだと思っています。もともと経営母体は不動産屋さんだし、誰が考えてももはや大量に生徒が集まるはずがない。大量宣伝をしても費用を回収できない。この時期だったのは都心や都市部の一等地の地価回復を待っ [続きを読む]
  • 高校受験を大学受験につなげる
  • この地域の高校卒業後の進路状況がよくないことは高校教師時代から知っていました。大学受験が終わった後よく生徒に「中学の時の友人はどこの大学に行ったの?。」と聞くのですが、たいてい「あまり聞かない。ほとんど推薦でどこかの知らない大学。」という答えが返ってきます。今から30年以上前、塾を始めるとき「このあたりの中学は相手にするな。中学で成績がいいくらいで満足していたらまずまともな大学には行けない。」とぶち [続きを読む]
  • 高校の講習との付き合い方 高3生
  • 夏休み期間は公立私立を問わず、どの高校でも講習を実施します。私は高校の教師はよく知っているので、いい先生に当たれば極めていい授業をしてくれます。塾・予備校の講師の授業や映像授業よりははるかに信用できると本音では思っています。(だからうちの講師はほぼ東大生。高校の先生の授業を理解し、そのうえに生徒の志望とレベルに合わせた授業の組み立てができる人たちです。)ただ大切なのは自分に必要な授業を見極めること [続きを読む]
  • 「 首席」らしい
  • 四工大の一つに進学した生徒、どうも「首席」らしい。おそらく学科の中でのことだと思うのですが。「らしい」というのは直接の情報ではないから。小中時代からのお母さんたちのネットワークはずっと続いていて、そこからのまた聞きです。入学試験はほぼトップクラスで合格、英語は100点に近かったので2つほど授業免除。でも英語の力が落ちるから一つは受けることにしたといっていました。「大きなものがつくりたい。町一つ丸ごと造 [続きを読む]
  • 私立大学定員絞り込み対策
  • 高校でも定員絞り込みで私立大学の合格が厳しくなったという話がされているようです。2017年度は1.14倍、今年は1.1倍、その後1倍へ。対策としてどうするか。「国立大志望にしてほしい。千葉・筑波あたり。国立二次レベルで学力を作っていかなければ無理。私大志望、GMARCH志望だからこの程度の学習でいいだろうというのは通用しない。今は上位の受験者がすべての合格をもっていっている状況。」「国立をイメージして勉強すれば、一 [続きを読む]
  • ニーズは消えていくのではないか
  • 今日は(も)暇なので、以前から考えていたことを。高校受験に関して、遅まきながら埼玉県も上位20校を線引きして英数の入試問題を変えてきました。中学受験を見ているとよくわかるのですが、一部の中学に受験者が集中してそれ以外の中学は定員を集めるのにも四苦八苦している。廃校になる学校もこれから出てくるでしょう。選択問題実施校に受験者が殺到して、それ以外の高校はかなり入りやすくなる。特に受験勉強が必要なわけでも [続きを読む]