東川口から難関大学への進学ルート さん プロフィール

  •  
東川口から難関大学への進学ルートさん: 滞在型・受験特訓 櫻井塾
ハンドル名東川口から難関大学への進学ルート さん
ブログタイトル滞在型・受験特訓 櫻井塾
ブログURLhttp://tousemi.blog.fc2.com/
サイト紹介文埼玉県東川口から難関大学を目指す生徒・講師との日々。高校受験・中学受験も頑張っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供115回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2012/01/08 16:36

東川口から難関大学への進学ルート さんのブログ記事

  • 2018受験に向けて
  • 21日から春期講習を開始しました。2018年は(も)大学受験がメインになります。昨年から受験が厳しくなってきているので、高2生は秋くらいから少しずつ準備。冬期講習からかなり受験を意識させるようにしてきました。今年は国公立理系がメインです。国公立の受験は私立に比べてまだ安定しているように思います。ただセンター5教科7科目に加えて二次試験の記述。現役生にとっては極めて負担が重い。ここまで大学受験が厳しくなると [続きを読む]
  • 2017入試結果 チラシ入れに代えて
  • 毎年3月半ばには入試結果のチラシを地域に入れるのですが今年はチラシを入れないのでここに全結果を報告いたします。中学受験 春日部共栄中 GEクラス高校受験 県立高校 春日部女子高 岩槻高     私立高校 東京成徳高 特進科 2名(うち1名3年間特待)         叡明高校 2名大学受験 国立大学 新潟大学・理工学部     私立理系 東京理科大学・工学部 理工学部 明治大学・理工学部         [続きを読む]
  • 敗戦の記と私立文系受験
  • まだ立ち直れてはいないのですが、今年の高校入試で選択問題実施校は失敗。生徒たちには公立高校でランクを下げて合格するより、大学受験を考えて一定レベルの私立に進学するようにいってあるし、3年間特待をとっている生徒もいるので将来的な心配はないと思うのですが。塾屋は結果で判断してもらうしかないので、どういう事情があるにせよ完全な敗北です。私は割合いうことを言ってそれを実現させてきているので、今回は周囲の人 [続きを読む]
  • 合格速報8 国立大学
  • 新潟大学・理学部 こちらは予想通りです。埼玉県の数学の入試問題を解いてみました。このレベルになると私の専門は国語と断ったうえでの感想です。ざっと見たときは予想通りと思ったのですが、実際に解いてみるとはるかに難しい。大部分の受験生が時間が足らず、半分くらいしか解けなかったのではないかと思います。今までの問題とは傾向が変わり、あまり解いたことのない問題ばかり。時間をかければそれほど難しくはないですが、 [続きを読む]
  • 生徒数減少時代は質が厳しく問われる
  • 生徒数減少に伴って大学全入時代とか言われていましたが、実態は質が厳しく問われる時代になったというのが去年今年の感想です。私大文系の合格者絞り込み。高校入試の選択問題実施校と共通問題実施校の線引き。今後両者の溝は深まっていきます。公立小中の教育は「みんな平等」が建前ですが、もうそれが機能しなくなったということです。「みんなと一緒」は実は一番リスキーな生き方だと思うのですが。埼玉県の高校入試問題、ざっ [続きを読む]
  • 今年はビリギャル・ビリ男をやります。
  • うちのような看板もろくに出さずたいして宣伝もしない怪しげな塾に来るのはトップ層と他塾ではどうにもならない層。仲間と一緒でないと不安な中間層はまず来ません。トップ層は当然として、意外に受験で成功するのは下位層。このままでは自分の人生が始まる前に終わるということが分かっているので、言われたことは素直に聞くし頑張ります。意外にどうにもならないのが中間層。上を見ようとせず、下を見て優越感に浸りますが、下の [続きを読む]
  • 私大文系受験に思う その2
  • ずっと私大文系受験について考えています。そもそもなぜ理系に特化したかというともともと理数の優秀な講師がいたからで、彼がいなくなった後はなぜか東大とつながりのようなものができ、理Ⅰから次々に優秀な人が来てくれるからなのですが。就職氷河期、リーマンショックと就職が厳しい時代を見てきました。そういう時代に企業はまず文系の採用を絞り込む。理系の採用はそれほど変化しない。現在まで、これからの社会を考えると間 [続きを読む]
  • 私立文系受験に思う
  • 先ほど生徒が報告に来て、結局早稲田は文化構想・文・教育とも全滅。もともと早稲田教育と明治文と立教文のうち問題との相性のいい大学に合格するだろうと予想していましたが、その通りになりました。もともと文系大学受験の経験があまりないので比較は難しいのですが、昨年から合否が全く読めなくなりました。大学のランキング一切関係なし。めちゃめちゃに勉強してそのうえで当日の問題との相性がすべて。とにかく大学は合格者を [続きを読む]
  • 国公立大学二次試験の日に高校受験を思う
  • 大学受験が終わりいくらかほっとして高校受験のことを考えています。埼玉県は今年から20校を選択問題実施校として線引きをしました。倍率を見ても、今年に限ったことではないですが、この20校は倍率が高くなっている。他はせいぜい1・1から1・2程度。定員割れしているところもけっこうある。選択問題を実施するのも、普通の生徒には難しくなりすぎた入試問題を適正な水準に戻すというのが県の考えていることではないかと思います。 [続きを読む]
  • 国公立大学二次試験
  • センター試験から40日、今日明日の国公立二次試験で大学受験が終わります。今年は新潟大学・理学部と横浜国立大学・都市科学部の2校のみ。私大の結果は早稲田の発表待ちですが、今年は去年に比べてさらに厳しくなったと感じています。文科省が定員を超えて入学者を出した場合補助金をカットするとの通達を出したからです。ちょっと正確ではないかもしれないですが、昨年が1・2倍、今年が1・17倍。いずれ1・1倍になります。大学側は [続きを読む]
  • 10か月超短期受験の結果
  • 実質小6の4月開始、しかも志望校は学芸大附属竹早1校(偏差値58)のみという無茶な受験。もちろん偏差値などは無視。そもそも範囲が合わなくて模試など受けさせられず。受験した学校は春日部共栄中と竹早の2校のみ。春共は10日にGEクラスで合格。特待は取れず。特待が取れていれば竹早も何とかなるだろうと思っていましたが、そう簡単ではない。春共終了後竹早の過去問へ。一通り終了したのち筑波大付属の過去問。こちらのほうが少 [続きを読む]
  • 1年後の受験準備をそろそろ
  • 受験が始まりました。昨日受験だった高3生。「どうだった?」「まあまあ」「次は?」「都市大」「いつ?」「あした」今年の受験生の授業は受験終了まで確保してあるのですが、だんだん必要なくなっていって(ほとんど精神安定剤のようなもの)そこに高2を少しずつ入れていきます。私としては来年の受験のほうがむしろ気がかり。うちのようなミニ塾で10名ほどの生徒のセンター試験から国立2次試験、それも文系理系両方、レベルは千 [続きを読む]
  • そろそろ戦闘開始と生徒募集について
  • 31日から受験開始です。まず千葉工大から。ここで止まらないと困るのですが、次の手も考えてあります。1日埼玉大学付属中、かって受験した生徒からの情報によると合格するには最低でも9割強は必要とのこと。8割強では無理か。3年後の高校入試の前哨戦と考えます。2日国学院。3日東京学芸大附属竹早中。こちらも合格最低点が8割以上と踏む。受験勉強を始めて10か月。ものすごい頑張りで追い上げてきてはいるが、急ごしらえの学力は [続きを読む]
  • 新学年生徒募集について
  • 新学年の生徒募集を始めました。新高3生 文系・理系 若干名 国公立大学志望者新高2生 3名〜4名新中2・3生 3〜4名 選択問題実施校志望者 5教科平均4以上新小4・5・6生 中学生レベルに踏み込んだ算数主体 若干名中学生に関してはは英語を中心に無学年制にしていかないと受け入れがほとんどできない状況になるのではないか。また1月から東大文Ⅲから英語のいい講師が来てくれたので、思い切ったことができるのではないか。ま [続きを読む]
  • 予定通りの出願と2年生のスタート
  • 今年はセンター受験者が4名しかいないのですが、全員の結果が判明しました。予備校のリサーチの結果を待つまでもなく国立は予定通りの出願。今年の生徒を見ていて特に思うことは、かけた時間に学力は比例するということです。いつみても自分の机に張り付いて勉強しているのがうちのスタイルですが、それくらいでないととても大学受験は無理です。2月から高2生が本格的にスタートします。 [続きを読む]
  • センター試験、今のところ想定通り
  • センターの国語は2年くらいのサイクルで易化と難化を繰り返しているので、あまり過去問を解きまくっても効果はないと思っています。これまで2年易しかったのでそろそろ難化するのではないかと思っていました。それで前々日までやっていたのが早稲田の教育と文の国語の問題。何とか140点台はとったようで大崩れはしませんでした。今のところ想定通りに来ています。化学がやはり取れなかったようで二次の出願をどうするかこれから菊 [続きを読む]
  • センター試験の当日に小学生の学習を思う
  • センター試験の当日、今年の生徒はとにかく勉強量はこなしているので模試や予想通りの結果が出るものと思います。それに今年は国立受験はしますが、生徒の本命はむしろ私大にあると思っています。高2も学校でセンターの前受の生徒が多いので実質休塾のようなものです。今考えるのはほとんど生徒のいない小学生の勉強のこと。一番過酷な受験は中学受験だと思います。小学生に中3までの基礎のすべてを叩き込んで、更にその上の応用。 [続きを読む]