ラグナ さん プロフィール

  •  
ラグナさん: ラグナ君の天気予報
ハンドル名ラグナ さん
ブログタイトルラグナ君の天気予報
ブログURLhttp://dudiable.blog.fc2.com/
サイト紹介文隠れ同性愛者の恋愛娯楽日記。猫LOVE男子カップル。R18。たまにフェティッシュ。
自由文猫、スーツ、映画、クラシックバレエ、クラシック音楽、下着、エロティシズム、フェティッシュ、SM、BDSM、33歳の同性愛者のブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2012/01/10 10:58

ラグナ さんのブログ記事

  • 暫しお休みします
  • 過去日記をはじめたばかりなのに申し訳ありません。暫くブログの更新をお休みさせて頂きます。つい先日の事、力を入れて進めていた仕事がボツを食らいました。どっぷりと落ち込んいたいところですが限られた時間の都合でそうも行かず、落ち込みと焦り(その仕事のやり直し)の狭間でもがいている次第です。この問題に見通しが付くまで、仕事に能力の全てを傾ける事にしました。それまで休止とさせて頂きます。更新を待っていて下さ [続きを読む]
  • 【過去日記1】片思い
  • はじめまして。このブログを『ゲイ』というカテゴリに登録した。笑えるぜ。だがオレはこれから同性である片思いの相手とのやり取りを綴って行く訳だから妥当な筈だ。笑えるのは滑稽だからではなく、こんな風にブログに書かずにはいられないほどオレの気持ちがヒートしているからだ。そして柄にもなく彼との付き合いに慎重になっているからでもある。どうしてもオレは彼の事が好きらしい。彼は非同性愛者だが、それでも何とかして結 [続きを読む]
  • 奴の後悔
  • 『夏バテにはミネラル』という話を聞いたので、奴にミネラル豊富なナッツやお茶を勧めたが、その効果なのか奴の体調が随分と良くなった。「頭がスッキリした」「良かったな。そんなに効果があるとは思わなかったぞ」「色々と買って来てくれてありがとうね」今日の夜はそんな話をしながら平和に過ごしていていた。数日ぶりに具合の良さを取り戻した奴はご機嫌で、オレに仕事の近状などを話してくれた。しかし、急に奴が言った。「あ [続きを読む]
  • 絶対に効果のある雨乞いの方法を教えて下さい
  • 雨はどこに行った?月曜日は確かに夜に降ったがタイミングが悪く、偶然を装って傘を置き忘れてくることが出来なかった(ボストン邸に居てな。傘を持っていなかったので買って来てボストン邸に忘れようと思ったが、ボストン君に「貸す」と言われてしまった)昨日も今日も晴天だ。晴天は好きだが、9月に入ったにしてはちょっと暑すぎる毎日だ。1日ぐらい涼しい雨が降って、オレも無事に傘を置き忘れて来たいものだ。それはさておき [続きを読む]
  • 雨と過去と麻疹とお礼
  • 大変だ!天気予報を確認したら、次に雨が降るのは来週の火曜日ではなく明日の土曜日ではないか!いつの間にか予報が変わった。まだ来週の事だと思っていたので心の準備が出来ていない。わざと忘れてくる傘はどれが良いだろう?本当に無くては傘に申し訳ないので、良く行く訪問先に置き忘れてこよう。後で電話を入れて「すみません、次にお伺いする時まで保存して置いて下さい」とお願いして。近ごろの天気予報は良く外れるが、これ [続きを読む]
  • 泡沫のエントリー
  • まずはお詫びを。昨日の更新で『ところでブログ村のゲイカテゴリが賑やかだ〜』等と書いた為、多くの方がブログ村へジャンプするランキングバナーを押して下さったようで、このブログが最盛期だった頃の人気エントリーと同等の 数を得てしまいました。誘導目的ではなく控えめに書きたかった為の文章でしたが、申し訳ありません。反省しつつ、頂いた 数に見合うエントリーが書けるように今後も気長に頑張りたいと思い [続きを読む]
  • 唇に誘惑される夏の終わり
  • とある休日の朝、オレは眠たさで死にそうな顔をしていた。奴が心配して紅茶を淹れてくれた。そして聞いてくれた。何かあったの? と。「いや、何もない。休日前だからってスマホで遊んでいたら眠れなくなってな」「うわあ、どうしようもない」オレ自身どうしようもないと思っていたが、そうハッキリと言わなくても(汗)しかし奴を本気で呆れさせたのはその先だった。「布団に入っても5時まで眠れなくてな。暇で、何度か三毛子を [続きを読む]
  • 夏の終わりを感じた日に
  • 「今日はどうする?」「貴方の好きで良いぞ」「そうだな……。思い付かないから外を歩きながら決めよう」「雨が降っているぞ。車の方が良くないか?」「そうしてくれる?」奴の決定により、オレは雨の降る道に車を走らせた。今日も怠惰な1日を過ごす約束だった。食事は全て外で済ませ(ランチで食べた肉ジャガが美味しかった)、大きな書店を回って何冊も本を買い、図書館のようにフロアの広いカフェでそれらを読んで。心地の良い [続きを読む]
  • 感化し合う日々
  • 奴がクシャミをするとオレも釣られてクシャミをする。奴がアクビをするとオレも釣られてアクビをする。その確率はおよそ90%それだけではない。体調や気分の悪さまで移ってしまう時もある。昨日の事、奴は少々自信喪失気味となって気落ちしていた。オレは奴の話し相手になった。奴の自信が回復してテンションが上がるようにと励ましながら。その甲斐あって、やがて奴は落ち着いた。最後にはやる気を出して笑顔にもなってくれた。 [続きを読む]
  • 猫トリアノンでオレは独り
  • 今日の夕方、オレは奴にプレゼントする為の猫ちゃんを買いに行った。ちょうど妹もオレの行こうとしていた店に行きたがっていたので同行させて。店内には様々な猫ちゃんがいて目移りした。特に奴の好みそうな猫ちゃんはどれだと妹と相談して三匹の猫ちゃんを選んだ。一匹目の猫ちゃんは、奴の大好きなオッドアイの白猫のコンパクトミラー。二匹目の猫ちゃんは、奴の大好きなメイプル味の猫の飾り付きクッキー。三匹目の猫ちゃんは、 [続きを読む]
  • 歯科医の小粋な図らい
  • 先週の金曜日、オレは平日なのに珍しく休みだった。しかし奴は当たり前のように仕事だったが……。「貴方は仕事だが時間に余裕があったらランチを一緒にどうだ?」「大丈夫だよ。どこで食べる予定?」「貴方の行きたがっていた店は? 浅草にある蕎麦屋」「行く!」奴とは12時に待ち合わせて、その1時間前の11時に確認の連絡を取り合うことにした。しかし、奴から連絡が来たのはそれよりもずっと早い9時だった。何事かとメッセージ [続きを読む]
  • 青い鉱石と青いムーミンの目
  • 奴が一泊旅行から帰って来た。明日もまた早くから外出なので、シャワーを浴びて食事をしてすぐに眠ってしまったが。だが、奴はオレに土産を買って来てくれた。海の輝きを思わせるアクアマリンの嵌め込まれたカフスボタンと、同じく海の色の数種の鉱石を。「ありがとう。大切にするぞ」「夏に良いでしょう? 鉱石はお前のコレクションの仲間に入れて」「ああ、夏の間はこればかりを使う。そしてオレのガラス棚がまた賑やかになって [続きを読む]
  • 限界を超えた快楽
  • 奴のいない夜に、ごきげんよう。寂しいので猫様と三毛子を交互に抱っこしていたのだが、しつこく何度も何度も抱っこしたのでオレの顔を見るだけで逃げるようになってしまった(汗)何事にも限度というものが必要だ。必要以上にやればそこには亀裂が生じる。オレは見事に三毛子に頬を引っ掻かれた。明日は仕事先の人達に冷やかされそうだ……。マスクをして仕事をするか。実は昨夜も同じような事があった。奴が友人との旅行の準備を [続きを読む]
  • 彼氏の我儘
  • 平日の真ん中の夜に、ごきげんよう。昨日も今日も暑かったな。避暑を目的にカフェに入ること3回。今まではそんな事をしたことはなかったのだが。ところで奴が夏休みに入った。さっそく海に行くらしい。そして夜には歴史あるフレンチレストランでディナーだそうだ。羨ましいぜ。海もフレンチも羨ましいが、奴と一緒にそれらが出来る奴のご友人が羨ましい。いや率直に恨めしいと言ってやろう。オレは仕事だからな。飛び飛びには休め [続きを読む]
  • 夏の盛りに失ったもの
  • 月曜日の夜に、ごきげんよう。今日の夜は奴と2人で『シン・ゴジラ』を観に行った。感想は後日ツイッターで述べよう。既に大勢の方がレビューされているので、今さら素人のオレが語るまでもないのだが。映画館に行く前に奴の用事に付き合った。日本に来て間もない知り合いに夏向けの和菓子をプレゼントしたいとの事で、(仕事の付き合いなどで)多少は和菓子の店に詳しいオレに選んで欲しいと頼まれたからだった。「スイカの羊羹は [続きを読む]
  • 祭りの夜にまぎれて
  • 日曜日の深夜に、ごきげんよう。昨日はオレの実家の近くで祭りがあった。その祭りには過去にも奴と何度か行っていたので今回も遊びに行くことにした。今回も前回のようにビールを飲んで食い倒れるつもりだった。だが暑くて食欲が出なくて、ビールとたこ焼きだけでダウンした(汗)「今年は情けないな」「でも暑くて。これ以上お神輿を追い掛けていったら倒れそう」「ああ、無理はいかんな。喫茶店にでも入って涼むか」「時間を潰し [続きを読む]
  • 手加減無しの究極の被虐デート
  • 熱中症に掛かりそうになる日々の中、ごきげんよう。今日からブログを再開するぜ。行き詰まっている事が解決するまで書かないつもりだったが、それが解消するのはいつになるのか判らんし、どんな最中でもやりたい事は好きにやれば良いという考えに至ったので再開することにした。さて、猛暑日が続くが奴は元気だ。オレがバテながら帰宅しても大きなスイカや猫様を抱えて元気に出迎えてくれる。だが、そんな奴も先週の数日間だけは元 [続きを読む]
  • 真夏の凍える夜
  • 悲劇とは突然起きるものだ。昨夜の事だ。オレ達はいつもと変わりなく過ごしていた。オレはソファにコロコロをかけて猫毛を取っていて、奴は空気洗浄機のフィルターの掃除をしていた。「今日も暑かったね」「歩き回ったから汗をかいたな」「フィルターがキレイになったから、オレもお風呂に入ってサッパリしてくる」「行ってらっしゃい。バスタオルは洗った方を使ってくれ」「うん」奴は綿のピンク色のパンツを持ってバスルームに入 [続きを読む]
  • 青春会社員なデート
  • 今日は奴と待ち合わせてランチを食べた。「何が食べたい?」と効いたら、「ピッツァ」と奴が答えたので、馴染みのイタリアンレストランで待ち合わせをして。奴は仕事で、ランチタイムを利用して来てくれた。しかし構わずにワインで乾杯した。そういえば同じ会社にいた頃も、度々ランチで待ち合わせでワインを飲んだ事を思い出して2人で笑った。あの頃も楽しかったな、と。「会社に戻りたいって思った事はある?」「会社には戻りた [続きを読む]
  • 塩漬けのタイムセール
  • 週末まであと一歩の木曜日の夜に、ごきげんよう。今朝は微妙な運気だった。7時に時計をセットしていたのに6時に目覚め、寝直そうと思って横になったらいつのまにか枕に香箱を作っていた三毛子を頭で潰してしまい、着手し始めた仕事にストップが掛かり、急きょ神奈川に呼ばれ、行ってみたらその仕事の担当者と連絡が取れなくなるという、史上初のグタグタぶりでオレもイライラしてしまった。取り敢えず待っていて欲しいと言われ、仕 [続きを読む]
  • 幸運な微熱?
  • 休日の夕方に、ごきげんよう。昨夜は好きだけ夜更かしをして今朝は12時に起きた。明日も休みだと思うと気分が良くて何杯も飲んでしまってな(笑)良く冷えた水割りを飲み、三毛子を撫でて、英国美形男子のポルノサイトをじっくり閲覧する。まるで極楽だった。(奴には内密にお願い致します) 毎夜、あんな風に過ごせたらストレスなど溜まらないのにな。ところで昨日は鹿島神宮に行ってきた。もちろん奴も一緒だ。参拝をして、ご祈 [続きを読む]
  • 猫リップ
  • 出張から戻った翌日に、ごきげんよう。昨日も今日も暑いな。オレは出張で不在だったが、先日は東京で37℃を記録したそうで、その日は奴から「茹で猫になる」というLINEが送られてきた。梅雨はどこに消えたのやら。もう少し雨が降って欲しいな。このままでは水不足になるし、オレの頭のネジも外れそうだ。あの暑かった日、オレの出張先も暑かった。昼間に空いた時間を一人で潰すことになった時、近くにある百貨店に入って涼むことに [続きを読む]
  • 貴方を切り取って集めて
  • 昨日のゲリラ豪雨が来る前、オレは自分のオフィスにいた。その日は夕方以降の予定がキャンセルとなったので、オフィスで紅茶を啜りながら雨を眺めようと思った。しかし、どうせならもっと高いところで眺めたくなった。好奇心だけでそう思った訳ではない。都内初の竜巻注意報が出たので、一体それはどれほど荒れ狂った姿であるのかを自分の目で確認したくなったからだ。『今年の夏も日本らしからぬ異常気象だな』『そうだね。で、ど [続きを読む]
  • ノーカウント
  • 真冬になると決まってオレは奴にある言葉を言わせたくなる。寒い、と。北欧生まれ故に耐寒性のある奴が一度も口にしたことのないその言葉を。……思うに、オレが言わせたがっているのを知っていてわざと言わないのだがな(汗)だが先日の事だ。奴はついに言ってくれた。震え上がるほど冷房を効かせた電車や店に出たり入ったりした時に、「寒い、こんなに冷房を効かせなくて良いのに」と。ついに奴が言った!!とオレは細い目を見開 [続きを読む]
  • 白狐のお面をかぶれば空も飛べるだろう
  • 昨夜は映画の後に夜景の見えるカフェに入った。そこで食事をした後にはビールやカクテルを飲み、映画の感想や最近あった出来事を取り留めもなく話した。「……あの時はびっくりしたな」「本当に。冷静でいられなかったよ」「シロ子にもガーナ子にも腫瘍みたいなものが出来たって、妹が言ったから」「すぐに様子を見に行ったら、二匹とも違う腫れ方をしていたから……」「ああ、特にガーナ子はあんな酷い状態だったからな」「まさか [続きを読む]