カツカヤック さん プロフィール

  •  
カツカヤックさん: 手漕ぎ舟シーカヤック日本一周 ひるまのながれぼし
ハンドル名カツカヤック さん
ブログタイトル手漕ぎ舟シーカヤック日本一周 ひるまのながれぼし
ブログURLhttp://hirumanonagareboshi.hamazo.tv/
サイト紹介文手漕ぎ舟シーカヤックでの日本一周ブログです。感じた事を皆様と共有したく文章を書いております。
自由文鈴木克章の手漕ぎ舟日本一周ブログ。
海を漕ぎ続け39ヶ月目。陸から見た渚の先は行き止まりではなく始まりの場所かも知れない。その先を歩き出し、あなたが望むのであれば海上は道となる。遥かなる道の上にて天空の奥に星が見えた時、あなたの足下には偉大なる星が現れるだろう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2012/01/11 16:35

カツカヤック さんのブログ記事

  • 「日本の海岸線映像〜輝きの洞窟〜」岩手県宮古市・重茂半島
  • 「日本の海岸線映像〜輝きの洞窟〜」岩手県宮古市・重茂半島浄土ヶ浜から宮古湾へと出発。往来する漁船や作業船の合間を抜けて重茂半島へ。重茂半島の海岸線は凄い。ここまで自然の気を感じる海岸線は中々に無い。この日はいったいに幾つの洞窟(海蝕洞)に入ったのだろうか。輝きの洞窟と名付けた洞窟(海蝕洞)が映像後半に出てきます。シーカヤック日本一周中に撮影した貴重な海岸線映像です。ぜひご覧下さい。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「日本の海岸線映像」2014.11.17 岩手県田野畑〜岩泉小本・宮古方面
  • 夜の気温も氷点下となる。上陸してからオシッコで手指を暖める季節になってきた。いよいよ冬季カヤッキングモードに突入。海上では歌を歌い自分を励ました。下手くそでも構わない。自分のハートに火がつけば良い。小本の海岸などは、離陸して3分で洞窟(海食洞)が現れる。コンビニよりも近くに洞窟と出会う。洞窟の中に入り込むと、更にまた洞窟が現れる。それがここ陸中海岸の凄さであり、将来的には明らかに世界中のカヤッカー [続きを読む]
  • 星と海と白いクジラ
  • 島国側から見た波打ち際の先は行き止まりではなく始まりの場所。その先を歩み出しあなたが望むのであればその先は道となる。その道の上にて天空の奥に星が見えた時あなたの足下には偉大なる星が現れるだろう。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「日本の海岸線映像」2014.11.9 岩手県の名勝海岸・北山崎
  • 「日本の海岸線映像」2014.11.9 岩手県の名勝海岸・北山崎海面からの高さは200mを超える断崖絶壁海岸を漕ぎ進む。その海岸を下から見上げる迫力はとにかく凄い。季節は冬の訪れの前。海上には誰もいない。巨大な岩肌の全ての視線が自分に向けられている様にも感じた。人の気配は無いけれど、数えきれない程の命はここにいる。星の数ほどの命の視線がこちらに向いているのかも知れない。そんな事を感じながら、断崖絶壁海岸を一人で [続きを読む]
  • 遠州灘海岸に着工中の防潮堤と浜名湖の関係。
  • 遠州灘海岸に着工中の防潮堤によって浜名湖内により津波が押し寄せるイメージを持っています。災害時の被害を皆無にする事は不可能という前提として文章を書きます。下記の写真は故郷である静岡県浜松市舞阪町の今の海岸線です。天竜川河口から浜名湖今切口まで防潮堤工事が施工されています。汽水湖である浜名湖は海と繋がっており、津波災害時には直接に津波が流れ込む箇所でもあります。さて、施工中の防潮堤が津波を押し留めて [続きを読む]
  • 再投稿。岩手県陸中野田村の防潮堤建設を海から見た。
  • 机上だけでやみくもに防潮堤建設の批判をする気は無い。そこに住んでいる人達、被災した人達が未来を想像して議論を重ねて決めたら良いことだと思っている。実際にその土地へ住む人達なのだから。大切な何かを失った人達から出てくる意見こそが本物の復興だと思う。1兆円の税金にて進むこの巨大防潮堤建設について様々なニュースを読んできた。しかし、海岸線にてリアルに出会う人達の意見や注文を聞くうちに随分とニュースとは違 [続きを読む]
  • 【中学生対象】春休み特別授業、開催決定!
  • 3月25日に参加費無料の中学生を対象とした特別未来授業があります。内容は地元で働く社会人講師による職業講和、体験談、質問意見交換です。定員には限りがあります。詳しくは下記をご覧下さい。【中学生対象】春休み特別授業、開催決定!普段はあまり触れ合うことが出来ない地域で活躍する大人の話が聞ける「未来授業!」静岡県西部の小中学校で好評の授業が「特別授業」として春休みに開催されることになりました!もっといろん [続きを読む]
  • 絶景の中に国家重要施設が点在していた。
  • 胸を張って絶景と言える下北半島太平洋側の海岸線。僕が生まれたこの島の端っこの景色は美しかった。そして複雑な気持ちになった。絶景の中に国家重要施設が点在していた。日本最大砂丘には猿ヶ森砂丘陸上自衛隊対空射場管理隊。続いて東通原発。ウラン濃縮工場。高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センター。陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊に囲まれて原子力事業の関連施設が存在していた。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 青森県の絶景海岸映像「下北半島仏ヶ浦と玉石信仰」
  • 青森県のシーカヤック絶景海岸「下北半島仏ヶ浦と玉石信仰」陸奥湾の中で最も楽しみにしていたフィールドへ期待を胸に込めて海へと離陸した。漕ぎ進めていく程に自然海岸の匂いが強くなる。潮の流れが早い津軽海峡に近づくにつれて海は抜群な透明度へと変わってゆく。イカや青物の群れがシーカヤックの下で優雅に泳いでいる。海底に生息する生物はカシパンからウニへと変わった。それにしてもここの海岸線は不思議だ。漕ぎ進めるた [続きを読む]
  • 「もんじゅ」技術的に廃炉のめどは全く立っていない
  • 実に素晴らしいプレゼントを我々世代に残してくれますな。早期に廃炉税を打ち出すべきである。青森県六ケ所村に現存する2964トンの死の灰も再処理の目的がないのであれば、覚書を踏まえて各原発に戻すのが筋。けれど、どこも燃料貯蔵プールの容量は限界に近い。無責任時代の幕開けである。以下はテレ朝ニュースより。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000089584.html”福井県の高速増殖炉「もんじゅ」について、 [続きを読む]
  • 自然の気が圧倒的に強い秘境海岸の映像。
  • シーカヤックにての北海道一周達成日の映像です。陸路の交通手段の無い秘境海岸「松前矢越道立自然公園」の最上級格の映像となります。社会環境において自然環境を語る方にも是非に見て頂きたいフィールドでもあります。経験の義務として書きますが、ここの海岸線は自然の気が圧倒的に強いフィールドです。原始であるからです。この感覚を掴めばこそ相対的でありフェアな視野と思考力が得られると考えます。何故ならばその延長線上 [続きを読む]