カツカヤック さん プロフィール

  •  
カツカヤックさん: 手漕ぎ舟シーカヤック日本一周 ひるまのながれぼし
ハンドル名カツカヤック さん
ブログタイトル手漕ぎ舟シーカヤック日本一周 ひるまのながれぼし
ブログURLhttp://hirumanonagareboshi.hamazo.tv/
サイト紹介文手漕ぎ舟シーカヤックでの日本一周ブログです。感じた事を皆様と共有したく文章を書いております。
自由文鈴木克章の手漕ぎ舟日本一周ブログ。
海を漕ぎ続け39ヶ月目。陸から見た渚の先は行き止まりではなく始まりの場所かも知れない。その先を歩き出し、あなたが望むのであれば海上は道となる。遥かなる道の上にて天空の奥に星が見えた時、あなたの足下には偉大なる星が現れるだろう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2012/01/11 16:35

カツカヤック さんのブログ記事

  • 未知の道。「シーカヤック日本一周の海岸線映像」
  • 未知の道。純粋な旅の時間を欲して、リスクの高い危険な行為だけど、旅の途中に地図を見るのを止めた事がある。何しろこの旅は海岸線を進む旅路。慌てる気持ちさえ捨て去ればシンプルに前進あるのみの継続であって、行くか待つか戻るかの判断でもある。ちなみに僕は地図が大好きで伊能忠敬図を持って旅をした事もある。地図が一番に凄い所は先の道を教えてくれる所。だけれども初めて出会う海岸との感動や未知体験を楽しみにしてい [続きを読む]
  • 「日本の海岸線映像」〜 福島県の海岸線 〜
  • 「日本の海岸線映像」〜 福島県の海岸線 〜原子力明るい未来のエネルギーと記された看板を掲げた町は、廃墟の町となっていた。映像の中で話している自分の言葉が突き刺さる。1000日以上に過ごして漕いで来た海の道を断念した。今でも適切な判断をしたと思っている。けれども繋いで来た道を諦める判断の苦しみは今も強く残っている。諦めた道を拾いに行きたい気持ちは募るばかりだ。僕のシーカヤック日本一周のタイミングはそんな旅 [続きを読む]
  • 今月のシーカヤックツアー。新緑の輝きです。
  • 今月のシーカヤックツアー。新緑の輝きと水面の煌めきをタップリと浴びて、季節を存分に感じて来ました。この時期の光りは柔らかくて優しいですね。心が前向きに意欲的になります。上陸後は皆さんと蕎麦道楽百古里庵へ。山菜の天婦羅(ユキノシタ、コシアブラ、ウド、タラの芽などなど)実に美味しかったです!ご参加ありがとうございました。次回は佐鳴湖から浜名湖へ漕ぎ出しましょう!! [続きを読む]
  • 新茶の輝き。丁寧に手で摘み取られるお茶。
  • 丁寧に手で摘み取られるお茶。場所は浜松市春野町です。海苔で例えるならば華海苔と言えると思います。今日は新芽を摘むお手伝いをさせて頂きました。柔らかい茎の感触が今も手に残っています。里山に出来る限りに眠りに帰って、早くも一年以上が過ぎました。僕はここも海岸線だと思っているのですが30代の内に里山の今を学ばせて頂いている事に感謝です。自然環境や社会環境と本当に少しずつですが周りが見えてきました。季節ごと [続きを読む]
  • 佐久間ダムの堆砂1.3億?。
  • 佐久間ダムの堆砂1.3億?。ダム堆砂をどうするのか。耐用年数のある構造物をどうするのか。我々世代の課題です。リバーリバイバル研究所のブログを貼り付けさせて頂きます。http://blog.goo.ne.jp/niimuray/e/cf3cef6c2563a08c7426d131e2ede05d"我が国の土木事業における金字塔とたたえられる佐久間ダムだが、これほど大規模な海岸浸食を起こすことを、建設当時想定していたのだろうか。完成から六十一年、ダム湖の堆砂は進んでい [続きを読む]
  • Short trip to space !! 浜名湖にて20キロシーカヤックツアー
  • 浜名湖シーカヤック。昨日は浜名湖にて20キロシーカヤックツアーでした。まぁこの距離が長いか短いかは人それぞれだとは思うけど(初心者ツアーは3キロ位の設定してます)海外シーカヤックツアーだとこの距離は普通にある満喫コースです。ちなみに僕が海外で初めて参加したツアーは30キロのツアーでした。参加者の中にはお婆ちゃんを含めた老若男女がいて、文化の違いにビックリしたものです。さて、月に一度は開催したいこの20キ [続きを読む]
  • 浜名湖にてシーカヤック体験。
  • 昨日は南浜名湖、ボートクラブカナルにてイベント出店でした。親子でシーカヤック体験された方から ''心が洗われました'' と上陸後に感想を頂きました。その気持ち、凄く良く分かります。カヤックにはソノチカラがあります。知識や情報も大事だけど更に大事は現場ですね。ありがとうございました。 [続きを読む]
  • 5月1日の記事
  • 「日本の海岸線映像」宮城県仙台〜ゆりあげ港〜南貞山運河復旧工事の手が止まった日曜日に河川へ潜り込んだ。50年後、100年後の事など誰も考えていないのだろうか。観光資源としての河川を殺しているようだった。東日本大震災から4年。3月11日 宮城県仙台市深沼http://hirumanonagareboshi.hamazo.tv/e6038544.html宮城県仙台深沼の海岸線 震災から今http://hirumanonagareboshi.hamazo.tv/e6036544.html [続きを読む]
  • 「日本の海岸線映像」〜宮城県松島湾〜
  • 「日本の海岸線映像」〜宮城県松島湾〜多島海と言える松島湾を漕ぎ進む海上映像です。宮城県石巻港で見た震災後の今http://hirumanonagareboshi.hamazo.tv/e6026164.html松島海岸から塩竈港までの素晴らしい海岸線http://hirumanonagareboshi.hamazo.tv/e6035909.html宮城県野蒜海岸と奥松島縄文村歴史資料館http://hirumanonagareboshi.hamazo.tv/e6028540.html宮城県野蒜(のびる)海岸http://hirumanonagareboshi.hamazo.tv/e6028 [続きを読む]
  • 「日本の海岸線映像」宮城県北上川
  • 「日本の海岸線映像」宮城県北上川日高見の国をご存知だろうか。岩手県及び宮城県を流れる北上川。その東北最大の河川である北上川流域の広い地域に古代エミシの国があった。北上川の河口は海の入り江と言える。海上視点からは奥の深い湾に見えた。北上川は追波湾にて海へと合流。旧北上川は石巻湾にて海と合流する。宮城県追波川から旧北上川へhttp://hirumanonagareboshi.hamazo.tv/e6022241.html宮城県北上川のヨシ原を漕ぐhttp [続きを読む]
  • 「日本の海岸線映像」 宮城県気仙沼市大谷海岸〜小泉海岸〜北上川河口
  • 「日本の海岸線映像」宮城県気仙沼市大谷海岸〜小泉海岸〜北上川河口”大切な人や家族、沢山の思い出の詰まった家や、大事な心の拠り所をあまりにも突然に奪った東日本大震災。其の様な出来事を文章なんかに出来る訳が無く、僕はただただあまりにも無力な自分と出会っている。地図通りにも漕ぎ進めることはできず、昨日に見たその海岸線の景色は次に訪れた時は変わっているのだろう。青森県、岩手県、宮城県と海岸線を漕ぎ進んでき [続きを読む]
  • 4月22,23日「中田島砂丘を未来につなげるシンポジウム」
  • 「中田島砂丘を未来につなげるシンポジウム」中田島砂丘アーカイブスhttp://nakatajimasakyu.hamazo.tv/e7383913.htmlまずは地元の自然を知ってみませんか。情報共有と交流ができる時間です。鈴木も登場します。語り合いましょう!!◇予習イベント 4/22(土)14:00〜16:00「防潮堤について学ぶ」工事主体である静岡県浜松土木事務所沿岸整備課による説明会を防潮堤資料室にて行います。・場所:防潮堤資料室(浜松市南区堤町1011 [続きを読む]
  • アラスカ州ポイントホープ、高沢進吾さんの貴重な寄稿情報。
  • 下記リンクにて、我らが海旅一座・高沢進吾さんの貴重な寄稿が読めます。20年以上に渡りアラスカを見てきた高沢さんだからこそ書ける文章だと思います。場所はアラスカ州ポイントホープ。時を同じくして北極圏の非常に広域な地域に住んでいる人達の今を知れる内容です。もっと大きな視野にてこの世界を知りたい。そんな気持ちになれますよ。是非にご一読下さい。下記リンクにてPDFダウンロードが可能です。ご覧ください。月刊誌 水 [続きを読む]
  • シーカヤック体験のリクエスト募集!!
  • 『シーカヤック体験』のリクエストを受け付けております。◇基本ツアーに参加したいが自信がないので、まずは最も穏やかな海にてシーカヤックを試してみたい。◇仲間内で特別な思い出となるツアーをお願いしたい。・例えばこんな地元ならではのリクエストもOKです。◇佐鳴湖から浜名湖までを漕いでみたい。◇都田川、馬込川、芳川、などを漕いでみたい。◇浜名湖をシーカヤックで一周したい(浜辺散策を含めると6回位に分けるのが [続きを読む]
  • 天竜高校春野校舎にて講演でした。
  • 地元浜松市にある天竜高校春野校舎にて講演でした。対象は春野校舎に通う2、3年生。経験から得た価値観や人生観を基本軸としてお伝えしました。子ども達にとって今日の時間共有が良い刺激となってくれたら嬉しいです。そして、一言でも良いので心の中に言葉を納めてくれたら本望です。時を経てその子が岐路に立った時に、言葉がパカっと蘇り、その子の背中を押してあげれる様に、そんな気持ちを込めてお話をさせて頂きました。貴重 [続きを読む]
  • 「日本の海岸線映像〜岩手県船越湾・大槌湾・箱崎半島・釜石湾〜」
  • 「日本の海岸線映像〜岩手県船越湾・大槌湾・箱崎半島・釜石湾〜」津波の爪痕を見る日々。その津波をリアルに想像する日々を過ごした。海から上陸して実際に壊滅した集落の跡地を歩く。これが自然だと心に諭すが、胸の奥が張り裂ける。あったものが無い。何も無い。防潮堤も含め、人の思いによって作られたものが破壊されていた。船越湾田ノ浜から海へと離陸した。海を漕ぎ進み大槌湾へと向かった。子ども達が浜辺で釣りをしていた [続きを読む]