若年性認知症家族会アルバの会 さん プロフィール

  •  
若年性認知症家族会アルバの会さん: 若年性認知症家族会アルバの会
ハンドル名若年性認知症家族会アルバの会 さん
ブログタイトル若年性認知症家族会アルバの会
ブログURLhttp://yoriaispace.blog.fc2.com/
サイト紹介文若年性認知症ご本人とその家族の支援と啓蒙活動を行っています。
自由文若年性認知症ご本人・ご家族の交流会を通じて、介護されているご家族の癒しの場であり適切なケアや社会資源の有効な利用を学ぶ場と考えています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2012/01/12 15:36

若年性認知症家族会アルバの会 さんのブログ記事

  • 排泄について
  • ●認知症の方の排泄困難状態の原因1 尿意・便意はあるが、排泄するために必要な一連の行為(判断力)が正しくできない1)トイレの場所が見つからない 目の前にトイレがあっても、自分の記憶のなかにあるトイレが見つからない。その結果、トイレでない場所に排泄してしまう。2)トイレの使い方が分からない 便器の形が記憶のものと違っていたりすると使用できない。ふたつきの腰掛け式であっただけでも、ふたを開けることがで [続きを読む]
  • 平成29年3月12日から高齢運転者の交通安全対策が強化
  • ●記憶の内容による分類1 陳述記憶  a)エピソード記憶:時間や空間が特定できる個人に特有の経験や出来事  b)意味記憶:事実や法則、概念、言葉の意味、固有名詞などの一般的知識2 非陳述記憶  手続き記憶:楽器の演奏や自転車・車の運転など体で覚えた技能や習慣  ※線条体・運動野・小脳が関係運動障害のない認知症患者では、手続き記憶に属する車の運転は後期まで保たれます。ADではFAST・5の病期ぐらいまでは、 [続きを読む]
  • 心優しい男性介護者
  • ■2月26日は第8回/全国若年認知症フォーラムが東京・目黒パーシモンホールで開催されました。テーマは「若年認知症とともに暮らす社会」でした。来場者550名ほどの大盛況でした。全国連絡協議会、竹内さんを始め多くのボランティアのご尽力に感謝、感謝です!来年は青森・八戸の予定です。■今回の開催は目黒でしたが、目黒と言えば●若年性認知症に特化したデイサービスいきいき・がくだい●竹内さんが主催する目黒認知症家族 [続きを読む]
  • 見落としていませんか?
  • ■優子さんの公的支援と現況要介護5精神障害者保健福祉手帳/1級身体障害者手帳/1級障害基礎年金/1級●特別障害者手当/29,620円(1ヶ月:市の助成3,000円を含む)●重度心身障害者医療費助成受給(身体1・2級者のみ)●高額介護サービス費支給(介護保険利用料:月額15,000円を越えた支払いが返金)●介護保険負担限度額認定(優子さんの場合:ショートでのユニット代、食事代に適用) ※28.8月より、改正により料金が高く [続きを読む]
  • 最後の仕事
  • 2001.7月の朝日新聞が優子さん最後の仕事です。ただし左枠のつくりかたの図面は私が描きました。優子さんとって簡単な図面なのに上手く描けませんでした。締め切りが迫っていたので私が手伝いました。この仕事を最後に一切の仕事を止めました。ボランティアでポップアップ絵本の作り方も教えに行っていましたが、それも止めました。翌年には私に内緒で地元の大学病院精神科に通院を始めました。自分の脳に何が起こっているか分から [続きを読む]
  • 全くアルツハイマー病の兆候がみられなかった40歳
  • 40歳(1993年)の時、ポップアップ専門のデザイン会社を辞めてフリーになりました。最初の仕事が「しかけえほんを作ろう!」です。第1版発行は1993.8月発行で、印税契約(ロイヤリティ6%)です。発行者は大日本絵画です。今まで6万部ほど売れたようで、そろそろ絶版になるようです。全国の幼稚園や図書館にも買ってもらえたので部数が増えたようです。印税は私の事務所の運転資金に大部分使いましたが、とても助かりました。こ [続きを読む]
  • 便失禁のない快適な目覚めだったのですが・・・
  • 26日朝は便失禁のない笑顔のある快適な目覚めでした。今日は私が管理者をしているデイに行く日なので7時に起きました。着替えも済ませ朝食を食べ終わったのが8時30分頃でした。8時50分には出かけるので、優子さんは車椅子に座っていました。コーヒーを飲みながらTVを見ていたら嫌な臭いがしてきました。予感的中の便失禁、最近は毎日下剤を服用しているので泥状便です。とても拭ける量ではないので風呂場に直行してシャワーでキレ [続きを読む]
  • ショートもデイもない朝
  • 何も予定のない朝はゆっくりです。起床は10時でしたが、途中で2度ほど目を覚ましましたので声かけをし寝てもらいました。途中でトイレ誘導をしなかったので限度を超えたパットは気持ち悪かったと思います。朝のトイレはポータブルで済ませ、すぐに着替えをして車椅子に乗せてました。リビングに移動して冷たい紅茶を飲んでもらいました。とても良い笑顔になりました。もちろん朝から怒っている時もあります。強力な加湿器を使って [続きを読む]
  • 前頭側頭葉変性症における食行動異常―4
  • 4)立ち去り行動食事の最中であっても席を立ってしまう。または、立ち去ってしまう場合、食べている前を誰かがと通った、音が聞こえたなど、被影響性の亢進のためと考えられる。席を立っただけの場合なら視覚的に注意を促すと立ち去らずに席に着くことがある。行動を制止したり、言葉や態度で強引に誘導すると理解ができず、拒否や暴力、立ち去り行動を助長する場合もある。どうしても立ち去り行動があり、行動を変容できない場合 [続きを読む]
  • 前頭側頭葉変性症における食行動異常―3(続く)
  • 食欲の増加は早期に見られやすいとされている。体重は増加する例もあるが、散歩が常同的に行われている場合はぞうかしないことも少なくない。嗜好の変化としてはチョコレートやジュースなど甘いものを毎日多量に食べる場合もしばしば見られる。また濃い味付けのものを好むといった変化で現れることもある。同じ食べものを自身で毎日買い、家には食べきれないほど貯まってしまうこともある。食習慣の変化としては、十分に咀嚼せずに [続きを読む]
  • 2016年から2017年へ
  • 今年もよろしくお願いします1月4日から認知症対応型デイサービスの利用が始まりました。車椅子生活になって3年経過しました。それ以前から全面介助の段階で衣服の着脱、洗面、入浴、排泄、食事などは必ず介助者が必要でした。私はヘルパー2級や実務者研修で身体介助を学んでいますが、それ以上に日々の生活の中で失敗しながらの体験が一番勉強になっています。優子さんは40代でアルツハイマー病を発症し、仕事やボランティア活 [続きを読む]
  • 前頭側頭葉変性症における食行動異常ー2(続く)
  • 図1は食行動評価尺度を用いて、bvFTDおよびSDに現れた食行動異常の頻度をADと比較したものである。食行動評価尺度は、FTLDの食行動異常を評価するために開発された。嚥下、食欲、嗜好、食習慣、他の食行動の5つ領域の計37の質問からなる尺度である。図に示すように食行動異常の出現頻度は、ADに比較するとbvFTDとSDにおいて明らかに高く、食欲の変化、嗜好の変化、食習慣の変化はFTLDに特徴的な症状といえる。そのうち食欲の変化 [続きを読む]
  • 前頭側頭葉変性症における食行動異常ー1(続く)
  • 正月はいつもよりテーブルに様々な料理が並ぶかもしれません。口唇傾向や嚥下障害がある認知症を介護されている方には注意が必要です!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・これまで広く使われていたNearyらによる診断基準には、行動面の記述が曖昧であることや中核的診断特徴が5つも必要であり、融通性がないなどの欠点があることがしだいに明らかになってきました。さら [続きを読む]
  • 2017貼り絵カレンダー完成
  • カレンダーが完成しました!ご利用者さん、スタッフに配りました。夫々の担当ケアマネと地域包括にも配る予定です。カレンダーハンガーを取り付けるのに少し苦労しました。サイズはA4で表紙を入れて13枚です。共同作業も大切ではないかと考えて皆さんが出来そうな貼り絵を行いました。病気が進行するにつれて貼り絵作業が難しくなる方もいました。ある方にはスタッフが根気よく一枚一枚手渡して貼ってもらいました。貼ることが難し [続きを読む]
  • 第8回全国若年認知症フォーラムin東京・目黒
  • 第8回全国若年認知症フォーラムin東京・目黒日 時:2017年2月26日(日)午前11時〜午後5時半会 場:めぐろパーシモンホール参加費:500円(資料代)定 員:1200人(申し込み先着順)主催は全国若年認知症家族会 ・支援者連絡協議家族会という2010年に結成された団体です。会則には会の目的が下記のように明記されています。全国の若年認知症家族会および支援者の代表などで構成し、若年認知症に関わる各地域の医療・福祉・介 [続きを読む]
  • 唄うように話す優子さん
  • 力作!12枚の貼り絵が完成しました。 デイサービスのご利用者とスタッフの共同作業です。来週は頑張ってカレンダー制作です(15部を予定)。これからカレンダー制作部品と用紙をネットで探します。壁に貼り絵が貼られているデイサービス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ほとんど理解不能ですが、夕方から高く美しい声で唄うように話しています。朝はハプニングがあって焦りましたが、穏やか [続きを読む]
  • アルバの会 12月定例会
  • 若年性認知症家族会アルバの会 12月定例会ー今回はクリスマスイベントも企画していますー日時:12月11日(日)12時〜16時場所:デイサービス リビング内    柏市宿連寺426-4 ?04-7196-6941会費:1,000円(お一人)    軽食、ケーキ、お菓子、飲み物付きゲームや歌を楽しみましょう!※皆さんのご参加をお待ちしています。初めての方も、大歓迎です。※アルバの会の運営に協力してもらえるボランティアも募集しています [続きを読む]
  • 感情表現豊かな優子さん
  • 優子さんが話す言葉は理解不能なことが多いですが、昔と変わらず感情豊かな表情をします。笑ったり、怒ったり、沈黙したりと1日の中で変化します。怖い顔をされた時はドッキとします。昔々の私の悪行の数々を思い出したのかと・・・?。アルツハイマー病の診断を受けた頃、自ら病気のことを友達、親戚などに話しました。「何も悪いことをしていないのだから胸を張って生きたいと」と言うのが口癖でした。診断後2年頃から徐々に不 [続きを読む]
  • 車椅子専用住宅
  • 大腿骨頚部骨折で車椅子になって、こちらに引っ越してから1年になりました。この部屋は市営の車椅子専用住宅です。車椅子の方が自立して生活しやすい設計になっています。身体障害者1級や持ち家でない方など入居申し込みするには様々なハードルがあります。入居申し込みが募集より多い場合は抽選になり、私たちは繰り上げ当選で入居できました。それまでは近くの公団の分譲住宅に住んでいました。いつも買い物をしていたスーパーも [続きを読む]
  • 会報の制作
  • 昨日は会報作りをしました。A4の4ページを予定していましたが、手抜きでA4表裏にしました。今日は「認知症にやさしいまちづくり会議」があるので優子さんがデイに行っている間に会報を持っていく予定です。去年まで積極的にアルバの会は参加していましたが、今年は一度も参加していません。会議はpm6:30〜8:30、参加するためには優子さんを3時間ほど車椅子に乗せたまま放置しなくてはなりません。最近は難しい。地域活動はとても [続きを読む]
  • 楽しいバス旅行でした
  • 少し慌ただしかったが、楽しいバス旅行になりました。よい天気で行楽客も多く、帰りは渋滞で予定より30分ほど遅れて到着しました。柏からボランティアが1人、水族館では3人の地元在住の方がボランティアで参加されました。とても助かりました。ありがとうございました。素晴らしい天気の中、常磐道をぶどう狩りに向かっています。ぶどう園(写真をボカシ加工しています)割烹・井中貸し切りで、他の客に気兼ねすることなく料理を [続きを読む]
  • アルバの会 秋の日帰りバス旅行
  • 10月16日は「アルバの会」の日帰りバス旅行で大洗に行きます。参加されるご本人の重症度は様々なので、皆さんが楽しめて安全な場所の選択は難しいです。しかし皆さんの笑顔が見られた時は私にとっても喜びです。日々の介護は大変です。イライラしたり気が滅入ることも度々です。介護家族には慰安と家族同士の交流、ご本人には心が躍る感動と笑顔と思ってイベントの企画を考えているのですが・・・。今まで外での家族会のイベントは [続きを読む]
  • 番外編ー私が管理者をするデイサービス
  • 28年4月より小規模型通所介護から地域密着型通所介護に移行しました。築40年の古民家と近くに駐車場3台分借りています。5人規模の小さなデイサービスで、ご利用者の平均年齢は65歳くらいです。若年性家族会アルバの会から生まれたデイサービスで、開業して4年になります。私の仕事は朝夕の送迎、管理者、相談員など兼務できることは何でもしています。少しでも皆さんが自信を取り戻せる場であり、達成感を感じられる場にしたいと考 [続きを読む]