estoppel さん プロフィール

  •  
estoppelさん: PHASE 2: 1500 South Capitol St.
ハンドル名estoppel さん
ブログタイトルPHASE 2: 1500 South Capitol St.
ブログURLhttp://1500southcapitolst2.blogspot.com/
サイト紹介文ワールドシリーズ制覇を目指して Let's Go Nats!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供302回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2012/01/14 06:33

estoppel さんのブログ記事

  • 6/26 あと一歩及ばず
  • L4-5 Cubs (Season 45-31)Gio(L7-2) 6.0IP 1ER 2H 5BB 8KHarper 3/5Wieters 2/4 double R RBITaylor 2/4 double RDrew 1/1 double 2RBI終盤は中継を見ていたのですが、何とも言えない複雑な気分になる試合でした。先発のGio GonzalezがWillson Contrerasに打たれた先頭打者本塁打以降は無失点で6回をまで投げ切りましたが、打線はチャンスを作りながらあと一本が出ずにゼロ更新。8回表に守備の乱れから最後はスクイズを決められて [続きを読む]
  • 6/25 どうしたRoark
  • L2-6 Reds (Season 45-30)Roark(L6-5) 6.0IP 6ER 9H 2BB 7KTaylor 1/4 HR(11) R 2RBIHarper 3/3 double BB前回登板では6-0のリードを守り切れないという失態を犯したTanner Roark。今日の登板に向けて内心期するものがあったはずですが、気負い過ぎたのでしょうか、ボールが真ん中に集まり打たれ、結果は惨憺たるものでした。初回、先頭打者から3連打されたのを皮切りに、打者一巡、5本の長短打で5失点。2回にもソロ本塁打を浴び、 [続きを読む]
  • 6/24 またも打線が大爆発で18点
  • W18-3 Reds (Season 45-29)Ross(W4-3) 7.0IP 1ER 6H 1BB 5KTurner 5/5 BB 4R 2RBITaylor 4/5 double 2HR(9,10) 4R 3RBIZimmerman 2/3 doubl
    e BB 2R 2RBIWieters 2/5 R 2RBIMurphy 1/4 double SF R 4RBIJoe Rossが先発する日にはよく打っている印象の強いナ
    ショナルズ打線(それ以外の日でもよく打っていますが)。今日も1回裏にRyan Zimmermanの右中間へ
    の2点タイムリーツーベースで先制すると、2回裏には打者一巡の猛攻で6点を追 [続きを読む]
  • 2017ドラフト契約状況
  • [6月23日 オリジナル]2017年ドラフトから約1週間。締め選手との契約状況が公表されたので、まとめておくことにしました。(下記リストにおいて、契約に合意した選手は太文字にしています。)第一陣で契約合意が発表されたのは25人。最も早い指名選手は3順目指名のNick Raquet。5順目までの選手で合意に至っているのはRaquetだけです。一方、6順目以降は順調に契約が進んでおり、特に11順目の高校生野手Justin Connell外野手と22順 [続きを読む]
  • Prospect Profile #3: Brian Goodwin
  • [2017年6月最終更新, 2015年12月更新, 2015年1月更新, 2014年5月更新, 2013年4月オリジナル]第3回は外野手
    のトッププロスペクトBrian Goodwin。[Player Data]Name: Brian GoodwinPosition: OFBorn: November 2, 1990Birthplace: Rocky
    Mount, North CarolinaSchool: Miami Dade South CC (Florida)Height: 6-1Weight: 195Bats: LeftThrows: RightDraft: 2011-1(34) WASAcquir
    ed: DraftBA Organization Rank: 3(2012) ⇒ 3(2013) ⇒ [続きを読む]
  • 6/21 あわやノーヒッターからの敗戦
  • L1-2@MIA (Season 43-29)Scherzer(L8-5) 8.0IP(CG) 0ER(2R) 2H 1BB 2HBP 11K 1WPRaburn 2/3 HR(1) R RBI得点は1-0でナショナルズがリード。8回裏のマーリンズの攻撃。1死走者なし。ここまで、Max Scherzerがノーヒッターを継続していました。ここまでに許した走者は初回の四球と2回の死球による2人だけ。11奪三振。マーリンズ打線を圧倒していました。球数もちょうど100球に到達したところで、ノーヒッター達成への期待は高まっ [続きを読む]
  • 6/20 Gioをオールスターに!
  • W12-3@MIA (Season 43-28)Gio(W7-1) 7.0IP 3ER 6H 2BB 8KMurphy 2/3 HR(12) 2BB 2R 2RBIDrew 3/5 double 3RBIZimmerman 2/5 double 2R 3RBIHarper 1/4 BB 2R 2RBI前回「安定のピッチング」と書いたGio Gonzalez。今日も見事でした。死球、四球の立ち上がりこそあれれという感じでしたが、2回以降、ランナーは多少出しながらも落ち着いたマウンドさばき。2点リードで迎えた4回裏に1点を失いましたが、なお1死2塁でも後続をきっ [続きを読む]
  • 6/19 6-0から逆転負け
  • L7-8x@MIA (Season 42-28)Roark 2.2IP 6ER 6H 2BBRomero(L) 1.2IP 1ER 3H 2BB 2KHarper 1/4 HR(18) BB R 2RBIRaburn 2/5 2RRendon 1/1 HR(1
    3) BB 2R RBIDrew 2/3 double RBITaylor 2/4 double 2RBI1回表にBryce Harperが2ラン。2回表にAnthony Rendonがソロホーム
    ラン。3回表にもDaniel MurphyとMichael Taylorのタイムリーで計3点。先発のTanner Roarkが2回までを併殺込
    みで打者6人、わずか25球で終える上々の立ち上がり。今日は [続きを読む]
  • 6/18 メッツに4連勝はならず
  • L1-5@NYM (Season 42-27)Ross(L3-3) 6.0IP 2ER(4R) 9H 1BB 4KTurner 1/3 BB 4SB(23,24,25,26)アウェイでのメッツ4連勝はさすがになりませんでした。先発のJacob deGromに対して、初回こそRyan Zimmermanの犠牲フライで1点を奪いましたが、得点はこれだけ。以降は、deGromの前に8回までゼロを並べました。長打は、deGrom降板後の9回にDaniel Murphyが打った二塁打の1本だけ。Trea Turnerが1人で4盗塁を記録したことくらいが明るい話 [続きを読む]
  • 6/17 Enny Romeroが救世主となるか
  • W7-4@NYM (Season 42-26)Strasburg(W8-2) 5.1IP 2ER 6H 2BB 5KRomero(SV2) 1.2IP 0ER 3H 1KTurner 2/5 HR(7) 2R RBIRendon 2/4 double BB R
    RBIMurphy 2/4 double BB R RBILind 1/4 HR(6) R 2RBILobaton 2/3 HR(2) BB 2R RBI前日投げたShawn Kelleyが今日になって背
    中が痛いと訴え、ますます戦力不足が顕著となったナショナルズのブルペン。ドラフトも終わっ
    たことでいよいよトレード戦線が動き出し、「ナショナルズがクローザーを [続きを読む]
  • プロスペクト・レポート(2017年6月)
  • 前回報告から1か月が経過し、ドラフトも終わりました。プロスペクトたちの動向を報告しておきます。期待通りに活躍している選手もいます、故障者が目立ちます。(成績は6月16日終了時点のもの)Andrew Stevenson, OF20G 91PA 0HR 12RBI 11BB 19K .350/.429/.438 1SB (AA)40G 160PA 0HR 10RBI 8BB 33K .213/.258/.267 3SB (AAA) AAAへの適応に思ったより長くかかっています。当初は1, 2番を打たせてもらっていましたが、次第に打順 [続きを読む]
  • 6/16 Scherzer 5試合連続2ケタ奪三振
  • W7-2@NYM (Season 40-26)Scherzer(W8-4) 8.0IP 1ER 5H 2BB 10KRendon 3/4 HR(12) BB R 3RBITaylor 2/4 HR(8) 2R RBI SB(5)Harpe 3/5 double
    R RBIWieters 1/5 HR(6) R RBIMax Scherzerが快投し、打線も3本のホームランなどでしっかり援護したことで
    、前日に続いてメッツに快勝しました。先発のMax Scherzerは今日も打者を圧倒するピッチング。7回
    までは無失点。8回裏先頭のJose Reyesにソロ本塁打を打たれましたが、この回の最後の [続きを読む]
  • 6/15 Gio 安定のピッチング
  • W8-3@NYM (Season 40-26)Gio(W6-1) 7.0IP 2ER 5H 5K; 1/3 RBI Murphy 3/5 triple R 2RBIRendon 2/4 double RBIGoodwin 2/5 double R RBITay
    lor 1/4 HR(7) R 2RBIHarper 1/4 HR(17) BB R RBIGio Gonzalezが7回2失点の好投。打っても4回表に自らタイムリー。
    チームを勝利に導きました。ホームで負けが込んで嫌な雰囲気もありましたが、それを一掃する
    素晴らしいピッチングでした。これで6勝1敗。勝ち星こそStephen StrasburgとMax Sc [続きを読む]
  • 2017 オールスターまとめ(マイナー)
  • 6月に入り、順次マイナーリーグのオールスター選手が発表になっています。[A+: Potomac Nationals]Victor Robles, OFTaylor Gushue, CKelvin Gutierrez, 3BVictor Roblesは言わずと知れたトッププロスペクト。一時DL入りしましたが、復帰後も順調に過ごしています。特に目立つ数字はありませんが、OPSでは常時リーグのトップ10圏内にいます。先月紹介したように、今年大ブレークしているのがTaylor Gushue捕手。多少ペースは落ちて [続きを読む]
  • 2017 ドラフト(3日目)
  • 3日目、つまり今年のドラフトが終了しました。11. Justin Connell, OF, American Heritage Schoolいきなり高校
    生外野手。しかしBAランク外。入団するかどうかは微妙なところでしょう。12. Jackson Stoeckinger, LHP,
    College of Central Florida13. Eric Senior, OF, Midland College14. Anthony Peroni, C, Mercer County CC15. Bryce Montes de Oca, RHP
    , Missouri身長2メートル近い超大型右腕。BAでは146位 [続きを読む]
  • 6/14 序盤で流れを失いブレーブスに大敗
  • L2-13 Braves (Season 39-26)Roark (L6-4) 5.0IP 7ER 9H 2BB 5KGoodwin 1/3 HR(4) R 2RBIDrew 2/4 R Lind 2/3 BB立ち上がり、Tanner Roarkがいきなり3連打で2点を失い、さらにこの回もう1点で3点ビハインド。その裏、先頭のTrea Turnerが内野安打で出塁したのに、盗塁を刺されて無失点。これでもう試合の流れはできてしまいました。Roarkはこの後も3回にはKurt Suzukiに2ランを被弾。5回にも失点し、計7失点。ブルペンも打ち込まれ [続きを読む]
  • 2017 ドラフト(2日目)
  • ドラフト2日目の結果です。見ての通り、8人中7人(1日目も合わせると10人中9人)が大学生の投手ということで、戦略・傾向がはっきり分かるドラフトとなっています。3. Nick Raquet, LHP, College of William & MaryBAでは145位にランクされていた左腕投手。90マイル台後半を投げるが制球難。ブルペン投手向きと言われている。4. Cole Freeman, 2B, LSU (SR)2日目までに指名した唯一の野手。BAでは166位の4年生の二塁手。170センチ [続きを読む]
  • 6/13 Zim 本塁打数の球団タイ記録で連敗脱出
  • W10-5 Braves (Season 39-25)Ross 5.2IP 5ER 9H 3BB 2KGott(W1-0) 0.1IP 0ER HRomero(H7) 2.0IP 0ER H BB 4KZimmerman 3/4 2HR(18,19) 3R 3
    RBIMurphy 3/4 double HR(11) 2R 2RBIHarper 1/5 R 2RBIRaburn 2/4 triple 2RWieters 1/4 double 2RBIMLB全体で打率トップを独
    走し、本塁打、打点でもリーグ上位を維持してきたRyan Zimmermanでしたが、背中の痛みを訴え、3試
    合欠場。常にあった故障リスクが遂に出てきたかと心配しましたが [続きを読む]
  • 2017 ドラフト(1日目)Seth Romeroを指名
  • 今年もドラフトの日がやってきました。全体25位とはいえナショナルズが1順目にきちんと指名権を持っていることで、それなりに楽しみにしてフォローしていました。日本時間だと13日の午前中にあった1日目を終えての感想は、「悪くはない。だけど顔がほころぶほどではない。」といった感じです。1(25). Seth Romero, LHP, Houston (dismissed)ナショナルズの近年のドラフトの特徴として、①リスクを厭わない、②Scott Borasがアドバ [続きを読む]
  • 6/12 We Need Help!
  • L10-11 Braves (Season38-25)Strasburg 5.0IP 6ER 7H 1BB 10K Albers(BS2, L2-1) 0.2IP 3ER 1H 2BB 1KGoodwin 3/4 BB R 2RBITurner 3/6 2R
    2RBITaylor 3/5 2R RBILind 3/5 R RBIWieters 2/5 R RBIHarper 1/4 2BB 2R RBIMurphy 2/4 BB R見ての通り、今日は打線は機
    能しました。先発した野手のうち2度以上出塁できなかったのはAnthony Rendonのみ。チームで17安打。
    4回までに9得点を奪い、しっかり仕事をしました。先発のSteph [続きを読む]
  • 6/11 Scherzer 通算2000奪三振も敗戦
  • L1-5 Rangers (Season 38-24)Scherzer(L7-4) 7.1IP 2ER(3R) 3H 1BB 10KGoodwin 1/3 HR(2) R RBIMax Scherzerが通算2000奪三振のマイルストンに到達しました。4回表にNomar Mazaraから奪って達成。1784イニングでの達成は、Pedro Martinez、Randy Johnsonに次ぐ史上3番目のスピード達成となりました。Scherzerは7回までわずか3安打無四球10奪三振。失点は3回表に秋信守に打たれたソロ本塁打のみ。十分勝ちに値するピッチングでした [続きを読む]
  • 6/10 若さゆえ、だと思いたい
  • L3-6(11) Rangers (Season 38-23)Gio 6.0IP 1ER 3H 1BB 9KGlover(BS2) 0.2IP 2ER 3H 1BBKelley(L3-2) 0.2IP 3ER 2H 1BB 2KLind 2/5 HR(5) R 2RBIMurphy 2/5 R9回までは完璧な試合運びでした。先発のGioは4回表に内野ゴロの間に1点を失っただけで6イニングを投げきる素晴らしいピッチング。なかなか点を取れなかった打線も、降板するGioに白星が付くギリギリのタイミングとなった6回裏にAnthony Rendonの犠飛とAdam Lindの2ラ [続きを読む]
  • 6/9 流れが悪いとこうなる
  • L2-5 Rangers (Season 38-22)Roark(L6-3) 6.0IP 2ER(5R) 11H 2BB 4KRendon 1/3 BB RBIZimmerman 2/4 double R Murphy 2/4 Rまあ今日は仕方ないですね。流れが悪すぎました。先発のTanner Roarkが打たれ過ぎ。序盤は悪いながらも粘っていましたが、中盤以降力尽きた感じで、あげくに押し出し四球まで与えてしまっては勝てるはずがありません。守備も乱れました。そして何より試合の流れの中で痛かったのは1点を追う4回裏1死1 [続きを読む]
  • 6/8 Rossがまさかの好投
  • W6-1 Orioles (Season 38-21)Ross(W3-2) 7.1IP 1ER 4H 12KTurner 3/4 BB 2R 3SB(19,20,21)Harper 3/4 BB double R RBI SB(2)Drew 2/3 HR(1)
    BB 2R 2RBITaylor 1/4 double 2RBI SB(4)前々回、前回と2試合続けて激しく打ち込まれたJoe Rossが先発。かな
    り心配していましたが、ふたを開けてみれば別人のようなナイス・ピッチングでした。初回、簡
    単に内野ゴロ2つで2アウトを取る立ち上がり。3番のMark Trumboにはシングルを打たれまし [続きを読む]