KAMATAMAN さん プロフィール

  •  
KAMATAMANさん: かまたまの道しるべ 経営の流儀
ハンドル名KAMATAMAN さん
ブログタイトルかまたまの道しるべ 経営の流儀
ブログURLhttp://kamataman.blog.fc2.com/
サイト紹介文経営にもっとも大切なことは正しい判断力、熱意、実行力! 何気ない現象の中に事業経営の本質がある。
自由文ビジネスドクター(経営コンサルタント)です。
≪blog concept≫
「う〜ん、なるほど」(ちょっとしたお役立ち)情報を発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2012/01/14 19:34

KAMATAMAN さんのブログ記事

  • 事務所ニュース(6月)『経営方針(計画)を確実に継続実行するポイント』
  • 仕事柄、経営方針書を見たり、経営方針発表会に出る機会が多くあります。その時に、「こんなに沢山の計画ができるのだろうか」「このような内容で本当に継続できるのだろうか」と感じることがあります。会社を良くしたいという気持ちから多くのことを計画するのはよく理解できます。しかし事業では一度に多くのことができるものではありません。今回は、方針や計画を確実に実行するためのポイントについてお話します。下の画像をク [続きを読む]
  • セミナーのご案内
  • 6月22日に香川ニュービジネスクラブで、「仕事の教え方セミナー」を行います。近年は働き手が減少傾向を続けており、多くの企業にとって人材確保は困難な時代となってきました。そのため、新たな人材の確保だけでなく育成にも十分な取組みが求められています。業績が伸びる企業のポイントの1つは、“いかに有能な人材へと育成していくか”であり、部下の意欲・能力は、上司の教え方で左右します。今回のセミナーでは、長年大手企業 [続きを読む]
  • 事務所ニュース(1月号)「永続発展企業の条件⑨『経営の自立化を目指す』」
  • あけましておめでとうございます。 今年は「酉」年で丁酉(ひのととり)です。干支の動物は鶏(にわとり)で、1日の始まりの明け方に鳴く鳥として「夜明け」を意味します。酉年はなにか新しく物事を始め、挑戦するには良いタイミングとされています。 今年も弊社(株式会社トラストブレイン)は事業経営者の立場に立って、経営のお困り事を整理し将来に向けて経営改善支援に尽力して参ります。 また今年も事務所ニュースで、毎月、事 [続きを読む]
  • 手帳の使い方によって、生活・仕事が変わる
  • 毎年、年末のこの時期になると、多くの書店や文房具店に、様々な手帳が並んでいます。スマホなどの携帯デジタル機器が普及した今でも、アナログの手書きの手帳は人気があります。手帳を使っている人の中には、毎年使う手帳を変えている人もいます。社会人になっての10年間くらいまでの私がそうでした。毎年手帳を変え、試行錯誤しながら手帳を使っていました。しかし自分にあった手帳の使い方を見つけてからは、同じ手帳を使っ [続きを読む]
  • 人材育成のポイント(2)「仕事を教える方法を教える」
  • 前回、中小企業では中小企業特有の問題(限られた人員や時間、予算、育成ノウハウの不足、人事制度の未整備など)によって、人材育成が上手くいかないことを話しました。しかし、中小企業でも上手く人材を育てて、事業の発展に結びつけているところもあります。今回は、その事例をご紹介します。本来、人材育成は会社が期待する人材像を明確にし、長期的な事業ビジョンから見て、今後必要となる人員の量(採用・配属)と質(能力)を検 [続きを読む]
  • 人材育成のポイント(1)
  • 中小企業の経営者や役員と話をしていると「使える人がいない」「やっと新入社員が入ったのにすぐに辞めてしまう。」といった人づくりについての悩みをよく聞く。なぜ、中小企業で人が育たないのか?どのようにしたら、人を育てることが出来るのか?「企業は人なり」と言われるが、中小企業では人材育成が重要であると考えながらも、人の育成ができていないのが実態である。しかし、一方で中小企業でも人材育成を効果的に行い、事業 [続きを読む]
  • 経営は「攻め」が大切
  • イチロー選手がメジャー通算2978安打、日本時代の1278本と合わせて日米通算4256安打でピート・ローズが保持する歴代最多安打記録を更新した。イチローは野球選手として最も「攻守」のバランスがとれた選手と言われる。野球と同じように事業経営においても攻守、「攻め」と「守り」が大切である。事業を行うためには、次の5つを高めることが必要である。 ①自社固有のノウハウ(商品やサービスの技術) ②市場・顧客基盤 ③人材・ [続きを読む]
  • 「事業経営は人づかい」(凡人に非凡な仕事をさせるのが経営)
  • 「中小企業・小規模事業者の人材確保と育成に関する調査」(2014年12月)によると、会社を離職した理由で一番多いのが「人間関係(上司・経営者)への不満」である。優れたリーダーは頭の善し悪しではない。頭が良いリーダーが上に立っても部下はついてこない。リーダーシップは頭でできるものではない。頭ではなく心であり、人の心をどのようにとらえるかが大切である。これまでコンサルティングの中で多くの会社の改善や再建に [続きを読む]
  • 「あいさつの大切さ」を再認識する
  • 4月はスタートの時期で、街には新たに社会に出た新入社員をよく見かける。また、この時期に多くの会社が新入社員を受け入れ教育を実施(あるいは社外研修へ派遣)している。長年新入社員教育の講師として研修に携わってきましたが、新入社員研修では必ずあいさつを含めたビジネスマナーを教えます。私がコンサル会社に入った当時に、不思議に思ったのが正しく挨拶ができるための研修でした。最初は、「挨拶なんて物心が着いた頃に親か [続きを読む]
  • 事業経営のヒント「トップの熱意が事業を創る」
  • 「トップの熱意が事業を創る」<「トヨタ産業技術記念館」見聞録①>先日、仕事に空き時間があったので、トヨタ産業技術記念館を見学しました。日本一の製造業でありながら、今尚成長し続けるそのようなトヨタの強さの理由を知りたいと思いました。記念館で見聞して気づいたことを2回に渡ってお話します。トヨタの創業歴史を見ると、「新たな事業への挑戦」の歴史です。トヨタグループの創始者である豊田佐吉は、織機の国内製造に [続きを読む]