智林堂店主 さん プロフィール

  •  
智林堂店主さん: 奈良の古本屋・智林堂店主のブログ
ハンドル名智林堂店主 さん
ブログタイトル奈良の古本屋・智林堂店主のブログ
ブログURLhttp://chirindote.exblog.jp/
サイト紹介文奈良の古本屋店主がつづる本と旅に明け暮れる日々。古書買取記や海外紀行・世界の鉄道事情他。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供270回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2012/01/15 20:29

智林堂店主 さんのブログ記事

  • 奈良のとある公園で花見と手づくりの愛妻弁当
  • 妻と地元の通称タコ公園へ花見に行ってきた。妻とは桜の咲きだす頃に初めて出会った。あれから丸3年になるのか、早いものだ。いつものように妻は手作りの弁当を持ってきた。手前味噌で恐縮だが妻の弁当は美味しい。おにぎりには季節に合せて桜の花の塩漬が隠し味として仕込んであるなどなかなか芸が細かい。きれいにパックに詰めて当店の店頭で売り出したら結構売れるんじゃないかなー。飲食物の販売許可を得るにはど... [続きを読む]
  • 「保永堂版 東海道五十三次」の浮世絵版画を分売
  • 店への持込客から「保永堂版 東海道五十三次」という本を買い取った。本というより版画の複製で全55枚のセットになっている。客が全部揃っているというのでよく確かめずに買ったが後で確認すると何枚か足りない。やられたなー、これは。アマゾンやヤフオクに出すわけにもいかず、店頭でバラ売りすることにした。通りがかりの外国人が目をつけて買っていくかもしれない。1枚200円のお試し価格で出しているが、売れゆき... [続きを読む]
  • 奈良市内で朝日古典全書など古書買取
  • 当店のブログの読者の方から古書の買取依頼があった。近鉄沿線上の駅から近く3箱程度というので通勤途上に台車を持っていった。2匹のプードル犬から熱烈な歓迎を受ける。奥さんからは「世界中を旅して周っているような顔をしてますね」と言われる。どんな顔や(笑)。内容は朝日古典全書の揃いと近年の一般書など。この朝日古典全書は内容が古すぎて基本的に売り物にならないが、一部の愛好家から高く評価されてい... [続きを読む]
  • 奈良の公的機関の蔵書交換会で古書買取
  • さて旅行から帰ると再び仕事に追われる日々が始まった。中口の買取もあった。冊数にして500冊位か。恒例のアカデミック集団による蔵書交換会がとある公的機関で開かれ、今回も当店がその残部を引き取ることになった。今回は同業者のK堂さんに搬出作業の手助けをしていただいた。K堂さんのお子さんはマクドナルドの店員がかっこいいと思っているらしい。「それなのに何でうちの父ちゃんは本屋やねん」と(笑)... [続きを読む]
  • 北京から深圳航空で帰国そして今後の地中海周遊旅行への抱負
  • さて乗継便のコードはZHとなっており中国国際航空との共同運航便であること推測できたがZから始まる航空会社など思いつかず不明のままだった。ゲートに行くと深圳航空であった。バルセロナでの発券トラブルはあるいはコードシェア便による混乱のせいかもしれない。機内は幾分か空いており、後続のツアー客の老夫婦も希望すればこの便に乗れたはずだった。機内食も悪くはなかったがやはり食後のコーヒー紅茶のサーヴ... [続きを読む]
  • 北京空港内の中国国際航空で航空券を手配
  • 現地時間の朝7時半頃北京空港に到着。入国審査を経て真っ先に向ったのはもちろん中国国際航空のカウンター。妻の搭乗券の発行を求めると若いスタッフでは権限がないらしくマネージャーにかけ合うよう言われる。「それで、何枚必要なの?」とマネージャーは開口一番、ろくにEチケットも見ずに言った。5枚でも10枚でもくれそうな感触だった。拍子ぬけした。ああ言われたられたらこう言い返すみたいな英語の想定問答を脳... [続きを読む]
  • 梱包用OPPテープをアマゾンで大量購入
  • アマゾンで発注していた梱包用OPPテープが特大箱でドーンと届いた。一度にこんなに買うのは業者くらいだろう。業者だが(笑)。85巻セットで送料税込8600円、テープカッターのおまけつき。1巻あたり102円弱、百円ショップで買うのと大差ないと思われるかもしれないが長さが倍違う。これは100mのロングサイズなのだ。YOIJIMU(良い事務)という商品名で多分どこよりも安い。 [続きを読む]
  • バルセロナ発・中国国際航空がウィーンに途中降機
  • 同じ北京に向う搭乗ゲートには日本人の老夫婦がいた。声をかけてみるとトルコ航空からの振替便となった例のツアー客の1組だた。彼らは比較的旅慣れているので添乗員は別の客についたらしい。行先は関西だが北京から先の乗継ははなぜか我々より一便遅い便になったもよう。最終目的地は本来は福岡なのだが、関西空港から新大阪経由で新幹線で帰りその運賃も大阪での宿泊費も旅行会社が負担してくれるという。30年間夫婦でヨ... [続きを読む]
  • トルコ航空が欠航しバルセロナ空港で立往生 後編
  • ようやく前の添乗員女の番が来た。予想通り手間どっている。東京と大阪・福岡など複数の行先の乗客があるためだ。そのためフライトが分かれるが添乗員は1人だけなのでツアーでありながら添乗員無しで自力で帰ってもらう客が発生する。だからどの客をどう振りわけるべきかと頭を悩ませているようだ。とにかくトルコ航空の全便が何日も使えないというのは大打撃だった。そうこうするうちに隣の窓口も開き、Eチケットを差し... [続きを読む]
  • トルコ航空が欠航しバルセロナ空港で立往生 中編
  • 我々の前にはツアー添乗員の女が並んでいた。本来は昨日のフライトだったらしい。イスタンブール空港も昨日から閉鎖中で昨日はメールで振替便の情報を送るからホテルで待機するように言われたという。しかし、今朝になってもトルコ航空から何も届かないのでツアー客を置いてここへ来たのだと。その話を聞いてちょっと頼りない添乗員だなと思った。私ならその場で振替便をゲットするまでは絶対引き下がらない。第一、メール... [続きを読む]
  • サグラダ・ファミリア寺院へ
  • さて最終日、ホテルをチェックアウトすると荷物を預け歩いてサグラダ・ファミリア寺院を目ざす。地下鉄3駅くらいだが結構遠い。地下鉄はまともにシングルチケットを買うと2.45ユーロと馬鹿高いのだ。2人で3日間使うという前提なら回数券の綴りを買うなりしたほうが賢明だったかも。妻はサグラダ・ファミリアはへ以前のツアー旅行で訪れたことがあるがもう一度来てみたかったという。入場は完全予約制らしく次は... [続きを読む]
  • バルセロナのピカソ美術館や大聖堂めぐり
  • その後地下鉄でピカソ美術館へ行く。周囲には風情ある石畳の小路が続く。美術館では順番待ちの行列に嫌気がさして入場をやめる。大聖堂を見て歩いているうちに小用がしたくなったが公衆トイレは見つからない。高級ホテルへ入ったらすぐボーイらに取り囲まれ、トイレだけ貸してとも言えずにとっさにメトロ駅への道を訊いて出る。マクドナルドが目につき客にまぎれて2階へ上がると無料のトイレがあった。やれやれ。... [続きを読む]