矢野学習教室 さん プロフィール

  •  
矢野学習教室さん: 読み聞かせ日記@矢野学習教室
ハンドル名矢野学習教室 さん
ブログタイトル読み聞かせ日記@矢野学習教室
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yano_gaku
サイト紹介文矢野学習教室や小学校で、お子さんたちに読み聞かせた絵本を紹介しています。
自由文中1・小4男子の母です。夫とともに、千葉県山武市でアットホームな学習塾を開いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供203回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2012/01/15 22:42

矢野学習教室 さんのブログ記事

  • 『なぜ?どうして?科学のお話4年生』(小3に読んだ本)
  • 当塾では、3月からどのクラスも次の学年のテキストを使用して、学習を始めています。そこで、3月第三週の小3国語クラスでは、次の学年用のこの本を読みました。なぜ?どうして?科学のお話 4年生クリエーター情報なし学研マーケティング例によって、すべて読むことはできませんので、お子さんに好きな項目を選んでもらいました。クラスで読んだのは、以下の4つ。・ホクロはどうしてできるの?・ラクダのコブはどうしてあるの?・ネ [続きを読む]
  • 塾生さんにご連絡・寺子屋残席状況(3/25(土)現在)
  • 終業式も終わり、いよいよ春休みですね当塾では、春休み中に寺子屋を予定しています。ぜひ積極的に利用して、自信を持って新学年を迎えましょう早くもご予約がたくさん入っておりますので、残席状況についてご連絡します。3/27(月)午後2時〜4時…満席 30(木)午後3時〜5時…残席5名     午後6時〜8時…残席8名4/1(土)午後3時〜5時…残席4名 4(火)午後3時〜5時…残席5名ご利用希望の際は、メールなどで事前にご予約の [続きを読む]
  • 『もののはじまり』(小1に読んだ本)
  • 3月第3週の小1国語クラスでは、お子さんのリクエストでこちらの本を読みました。(3月第2週は長男の卒業式のため、塾はお休みさせていただきました。なんと、午後2時からの式だったもので…振り替え授業は3月31日(金)に行います。)辞書びきえほん もののはじまり陰山英男ひかりのくにこちらの絵本は、辞書のように五十音順で色々な言葉が並んでいます。そして、それらがどのように始まったのか、その歴史について紹介されて [続きを読む]
  • 『世界遺産ふしぎ探検大図鑑』(小3に読んだ本)
  • 3月第一週の小3国語クラスでは、こちらの本を読みました。世界遺産ふしぎ探検大図鑑―WONDER‐PALクリエーター情報なし小学館クラスでは、お子さんのリクエストにより、日本の世界遺産のページを読みました。法隆寺や姫路城など、日本の歴史に触れる読み聞かせタイム。ページの片隅に書いてあるコラムにも興味を持って、熱心に読んでいました。私が音読しましたが、もはや「読み聞かせ」ではなく、自ら進んで取り組む読書になって [続きを読む]
  • 卒業生お茶会♪
  • 3/11(土)に矢野学習教室第6期生卒業生お茶会を開きました。ジュースやお菓子を囲みながら今年の受験についてのアンケートに協力してもらい、みんなでおしゃべりを楽しみましたこちらはアンケートに協力してくれている卒業生。中学校の卒業式の話や、高校の話、春休みの予定など…色々な話が尽きませんでした今年は、保護者の方もいらっしゃって、少しお話していかれました〜。卒業式のことを思い出して、思わずお互いウルウル保 [続きを読む]
  • 部首かるた
  • 3月第1週の小学生国語道場クラスでは、部首の学習をしました。この春、中1になるお子さんたちは、一足先に中学生のテキストを使って勉強。小学生の頃からずっと国語の学習に取り組んでいるので、中学生用の問題もスラスラ解いていましたせっかく部首を学習したので、この日は読み聞かせではなく、「部首かるた」で遊びました。下の写真は、かるたを広げている様子。私の手作り部首かるた、ルールはとても簡単です。部首名を言わ [続きを読む]
  • 『算数がメチャとくいになれる本』(小5・小6に読んだ本)
  • 2月の最終週の小学生国語道場クラスでは、こちらの本を読みました。算数がメチャとくいになれる本―秋山仁のおもしろ授業 (わかる!できる!のびる!ドラゼミ・ドラネットブックス)秋山仁小学館この本は算数の本ですが、数字がたくさん出てくるわけではなく、秋山先生が易しい言葉で語りかけてくれるメチャ面白い本です!「朝礼」のページでは、算数の才能がチェックできます。これによると、文系の私でも算数の才能がありそうです嬉 [続きを読む]
  • 『あたらしいともだち』(小1に読んだ本)
  • 2月最終週の小1国語クラスでは、こちらの本を読みました。あたらしいともだちトミー・ウンゲラー・作 若松宣子・訳あすなろ書房前週の小3クラスでも読んだこちらの本。お子さんのリクエストで、小1クラスでも読みました。こちらのクラスでは、ラフィの工作にお子さんの目が行きました表紙の工作で、顔がじょうろで作られていることに気づくなど、工作の材料に注目!パーティのシーンでは、ラフィとキーを探して楽しみました。 [続きを読む]
  • 『14歳からの人生哲学』(小5・小6に読んだ本)
  • 2月の第三週の小学生国語道場では、こちらの本を読みました。14歳からの人生哲学 (YA心の友だちシリーズ)中谷彰宏PHP研究所この本には、中学校生活を楽しく送るための35のヒントが書かれています。クラスでは、お子さんたちに気になるトピックを選んでもらい、読みました。読んだのは…・クヨクヨすることで、心が成長する。・「モテたい」という思いは、生きていくエネルギーになる。・冷やかす人より、冷やかされる人のほうが早 [続きを読む]
  • 『くうきはどこに?』(小3に読んだ本)
  • 2月第三週の小3国語クラスでは、こちらの本をよみました。くうきは どこに? (福音館の科学シリーズ)フランクリン M.ブランリー 作 ジョン オブライエン 絵 おおにしたけお りゅうさわあや 訳福音館書店こちらは、タイトル通り「空気」についての本。目に見えない空気を目に見える形で確かめる方法や、空気の重さ、そして空気の大切さなどが書かれています。空気に重さがあるというのは、お子さんには意外な事実だと思い [続きを読む]
  • 『てん』(小1に読んだ本)
  • 2月第3週の小1国語クラスでは、こちらの本を読みました。てんピーター・レイノルズ 谷川俊太郎・訳あすなろ書房お絵描きが大嫌いな主人公ワシテ。お絵描きの時間が終わりましたが、紙は真っ白なままです。先生がワシテに言いました。「何か印をつけてみて」ワシテは、マーカーをつかむと紙に力いっぱい押し付けました。先生は紙をじっくり見つめて、ワシテの前に置いて言いました。「さあ、サインして」次の週、お絵描きの教室 [続きを読む]
  • 『中学時代にしておく50のこと』(小5・小6に読んだ本)
  • 今年度もあとわずか。小6生は、卒業までカウントダウンです。そこで、2月第二週の小学生国語道場クラスでは、こちらの本を読みました。中学時代にしておく50のこと (YA心の友だちシリーズ)中谷彰宏PHP研究所クラスでは、50個の項目のうち、お子さんたちに気になる項目を選んでもらって読みました。読んだページは…「行きたい国の勉強をしよう」「休み時間に休まない」「自分でゲームをつくろう」…など。特に、「自分でゲームを [続きを読む]
  • 『あたらしいともだち』(小3に読んだ本)
  • 2月第二週の小3国語クラスでは、こちらの本を読みました。あたらしいともだちトミー・ウンゲラー 作 若林宣子 訳あすなろ書房しつこいぐらい、何度も読んでいるこちらの本。でも、今年の小3クラスのお子さんに読むのは初めてです。絵本の主人公の個性爆発ぶり(変人ぶり?)が好きで、何度も読んでいます。絵本の内容については、こちらを ♪私は、「普通」という言葉が好きではありません。なぜなら、全ての人にとっ [続きを読む]
  • 『もっとくらべる図鑑』(小1に読んだ本)
  • 2月第二週の小1国語クラスの授業前。塾の本棚に置いてある図鑑を、ずーーーっと読んでいるお子さんよっぽど気に入ったようです。「その図鑑、今日の授業の最後の読み聞かせで読むから、授業始めようか〜」と声をかけ、その日の読み聞かせはこちらを読むことに。もっとくらべる図鑑 (小学館の図鑑 NEO+ぷらす)クリエーター情報なし小学館クラスでは、発光する生き物のページや、重さ比べのページ、動物の成長過程を示したページな [続きを読む]
  • 『りんごかもしれない』(小1に読んだ本)
  • いよいよ明日は、県立前期入試です!塾では、今日も中3受験生が熱心に勉強に励んでいました。がんばれ、受験生!応援しています!!さて、2月の第1週の小1国語クラスでは、お子さんのリクエストにより、こちらの本を読みました。りんごかもしれないヨシタケシンスケブロンズ新社ひとつのりんごから、想像(妄想?)をどんどん膨らませていくこのお話。小学校低学年から中学生まで、大人気です!りんごの形についての想像にとど [続きを読む]
  • 『写真でわかることわざ辞典』(小5・小6に読んだ本)
  • 小学校高学年向けの小学国語道場クラスでは、授業で毎回、ことわざ・慣用句などを学習しています。そこで、1月最終週の小学国語道場ではこちらの本を読みました。新レインボー 写真でわかることわざ辞典クリエーター情報なし学習研究社この日は、動物のことわざ・慣用句プリントを学習したので、本でも動物の言葉を読みました。虎、猫、鷹、めじろ、むじな、駒(馬)など、いろいろな動物が登場!動物を使った言葉は、本当に多いで [続きを読む]
  • 『あたまのなか』(小1に読んだ本)
  • 1月最終週、小1クラスではこちらの本を読みました。『あたまのなか』高橋悠治・文 柳生弦一郎・絵 福音館書店(今回は画像がなくて、ごめんなさい)この本で説明されているのは、「脳」のはたらき。脳から神経を通って、様々な器官に信号が送られていることや、考えるのも脳の働きであることなど、脳の基本的なはたらきが分かります。脳で考えていることは、言葉に出したり表現したりしないと分からないということも、分かりや [続きを読む]
  • 『エゾオオカミ物語』(小3に読んだ本)
  • 1月最終週の小3国語クラスでは、いつもとは趣を変えて、こちらの本を読んでみました。エゾオオカミ物語 (講談社の創作絵本)あべ弘士講談社舞台は北海道。寒い冬の夜、シマフクロウがモモンガたちに語ります。昔、北海道の大地には、たくさんのエゾオオカミが住んでいました。オオカミは、エゾシカを食べて生きています。オオカミがエゾシカを食べることによって、シカの数のバランスが保たれていたのです。本では、アイヌの人たち [続きを読む]
  • 『雪の結晶ノート』(小5・小6に読んだ本)
  • 1月第3週の小学生国語道場では、こちらの本を読みました。雪の結晶ノートマーク・カッシーノ ジョン・ネルソン・作 千葉茂樹・訳あすなろ書房この本では、雪がどのようにできるのか、その仕組みが詳しく説明されています。お子さんたちは、雪のでき方に興味津々!空気中のちりが雪の芯になるということを知ったお子さんたちは、「雪を食べちゃう子がいるけど、あれって汚いんじゃないの!?」と大騒ぎ雪の結晶が六角形になる理 [続きを読む]
  • 塾生の皆さんにご連絡・寺子屋残席状況(1/27(金)現在)
  • 県立前期入試まで、あと2週間と少し。受験生、頑張ろう!!現在の寺子屋の残席状況をお知らせします。1/29(日)…満席2/5(日)…残席2名2/12(日・中3限定)…残席3名2/19(日)…残席6名ご利用の際は、メールなどで事前にご予約ください。満席の場合でも、お問合せいただければ新たな時間帯を設定できることもございます。塾生の皆さん、お気軽にご連絡ください。外部の方へ《寺子屋とは?》当塾では、塾生対象に月に数回無料 [続きを読む]
  • 『ばばばあちゃんのやきいもたいかい』(小1に読んだ本)
  • 1/18の小学校での読み聞かせ(1年生)で読んだ、2冊目の本はこちら。ばばばあちゃんのやきいもたいかい (かがくのとも傑作集)クリエーター情報なし福音館書店お話の舞台は晩秋なのですが、「やきいもがおいしそうだな〜」という単純な理由で読むことにしちゃいました。おなじみ「ばばばあちゃん」の焼き芋大会ですから、焼き芋だけで終わるわけがありません!子どもたちは色々なものを焼いてみることに!?この絵本は、低学年クラ [続きを読む]
  • 『ふくはうち おにもうち』(小1、小3に読んだ本)
  • 1/18は、小学校での読み聞かせでした。担当学年は、1年生。2冊読んだのですが、1冊目はこちら。ちなみにこちらの本、1月第3週の小3クラスでも読みました♪ふくはうちおにもうち (えほんのマーチ10)クリエーター情報なし岩崎書店雪がちらちら降る夜更け。「さむいよう、さびしいよう」と誰かがしくしく泣いていました。留守居をしていた男がそっと戸をあけると、なんとそこにいたのは鬼!!それもそのはず、その日は節分で、鬼た [続きを読む]