Mme TOMATO さん プロフィール

  •  
Mme TOMATOさん: グルメガーデン雑記bis
ハンドル名Mme TOMATO さん
ブログタイトルグルメガーデン雑記bis
ブログURLhttp://mmetomato.blogspot.com/
サイト紹介文グルメ・ガーデン雑記こちらで継続(かも)
自由文一応音沙汰アリ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供223回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2012/01/16 02:54

Mme TOMATO さんのブログ記事

  • 久々に、ラデュレのマカロン
  • 観光客に大々人気のラデュレ Ladurée のマカロン。マカロンと言えば、私はピエール・エルメの方が好きなので、この店で買うことは滅多になく、今回買ったのは少なく見積もっても6、7年振りかそれ以上ではないかしら。美味しいのは確かだけど、私には、ラデュレはパティスリー風すぎるマカロン、ピエール・エルメはマカロンらしいマカロン。サックリ感がちょっとだけ違う。言い換えれば、ラデュレの方が少しだけ高級感をプッシュ [続きを読む]
  • オクラ・チャンプルー
  • ゴーヤもオクラも、インド人がよく使うお野菜なので、インド&スリランカ人が多い北駅裏からラ・シャペル駅界隈の専門食材店では、一年中たっぷり山積みで売られています。しかも、お手頃価格。一応フランスなのだけど、その地区は殆どあちら系の言語が主流で、お店の人が仏語が分からなくて結局英語で買い物を済ませる、なんてこともたまにあるくらいに異国情緒たっぷりの区域で、まあ日本人観光客がぶらつくような所じゃないけれ [続きを読む]
  • 豚足&お豆煮込み
  • 先日、お隣17区にて、タイ料理、やっぱりイタリアン? なんて言いながら少々右往左往した後飛び込んだ簡素なカフェレストランでブラジル料理を久々に味わった後、その翌週金曜に寄った店で豚足をみかけて、ほんの2本買って来ました。 豚足を料理したのは、1年強振りかな。適当な豆の買い置きが無かったため、そのお店で一緒に買おうと思うも見当たらず、代わりにブラックアイピー(黒目豆)の一種、マダガスカル産を1袋買 [続きを読む]
  • ヴァンセンヌでおやつタイム
  • 先日掲載した「甘〜いタイ料理」の日のおやつです。ヴァンセンヌのシャトー前の大通りのお城対岸の一角で、おやつ&カフェ休憩の場所を探し、「パフェ系のアイスが食べたい気分〜」なんて言っていたのに、一応朝と夕方太陽が照るも、日中この辺りちょっと雲が立ち込めていたためか、温かい時期ならカフェやパティスリー店の軒先に色々アイスが並んでいる筈なのに見当たらない。時期尚早でもあったかな、仕方ないのでカフェスペース [続きを読む]
  • ポルトガルのエッグタルト
  • 先日の17区散策、集合して即ブラジル料理のランチをした後、毎度の調子で話に夢中になりそうなところをまるで「引っぺがす」ようにレストランを出ることにしたのは、空模様がちょっぴり怪しかったから。でも、一旦外に出てみると、予報では微妙ではあるものの「雨だけは逃れそう」程度でしたが、思ったよりも良いお天気で、レストランから徒歩数分のポルトガル菓子のお店に寄り道し、後で公園のベンチででもかじろう、と、食後即の [続きを読む]
  • ワラビの収穫
  • 5月頭に予定していて、お天気芳しくない予報に渋々次の週末に延ばしたワラビ採り兼森散策、ようやく先の三連休に実現しました。近場のパリ近郊、隣の県ですので、一応午前中発だけど遅めに出ての日帰りです。新緑美しい公共の森なので、秋には茸狩りや栗拾いも楽しめます。ワラビは、ここでは競争ほぼ全くナシ。一応「食べられるんですよ」と紹介する人も少々居ますが、そもそも山菜採りを楽しむ人口少なく(キノコだけは別で凄い [続きを読む]
  • ジンジャーの蜂蜜マリネシロップ
  • 一時期続けて作り、しばらく忘れていたこんなものを、ここ2、3週間でまたチビチビと作っています。ジンジャーの、或いはジンジャー+レモンのハチミツ漬け。久しぶりにまた仕込んだのは、買って来た塊の生姜を早々に使い切ってしまいたかったためで、まずは薄切り生姜とハチミツだけで。そのシロップをあらかた使い切ったので、今度は無農薬のレモンを調達してきて、もう少し爽やかな風味のシロップに。作り方は物凄く簡単です。 [続きを読む]
  • 甘〜いタイ料理
  • 下書き中途で留まっていたため、少々時遡りますが、復活祭の週末に散策に出かけたヴァンセンヌ Vincennes、パリのすぐ東隣の町です。隣町とはいえメトロ、バス、RERいずれでもアクセスできるので、一応パリ20区を囲む環状線外ではあるけれどもあまりバリアを感じない間近で、市内から気軽に行ける場所。去年、散策ついでにお城も覗いた際、色々写真を掲載しました。今回はお城は前を素通りするだけ、ヴァンセンヌのお隣モントル [続きを読む]
  • この時期の風物詩
  • 5月1日はフランスではお休みの日。 直訳したら「お仕事祭り」こと、Fête du travail。悪天候の予報で、郊外へのお出かけを断念したのに、結局、森散策先送りを地団太しそうになるくらい、パリ市内は良いお天気でした。代わりにその前の「どうにか雨は逃れられそう」な日に近所のお散歩をし、雨模様の予報だった1日は殆ど家にこもるくらいに色々、家の中ですることを予定したのだけれど、お昼を終えた頃になっても雨の気配なく [続きを読む]
  • ラテンな安ランチ
  • 先日、ふと思いついてYoutubeである映画を検索してみました。ヌーヴェルヴァーグ流行りの頃のモノクロ作品が急に観たくなりまして、まずはざっくり検索、リストに出て来た作品から思いついて、エリック・ロメール(映画監督Eric Rohmer)と検索してみたらいくつか出て来まして、タイトルに親しみを感じた「La boulangère de Monceau」をチョイス。 短編と呼べるのかしら、短い1本です。ヌーヴェルヴァーグは日本にも及んだので [続きを読む]
  • 森の下草2つ
  • 今週末は、パック Pâques こと復活祭の週末で3連休、更には5月1日のメーデー、同月8日の祝日(終戦記念というか、第二次大戦勝利記念日)と、今年は連休が続くラッキーな曜日配置で、「遠出しようよ」と言っていたのに、まずは最初の週末は近場でお茶を濁すことになりまして、パリの東隣のヴァンセンヌの森に出かけてきました。もっと遠くに行けない分、そしてこのところ、出かけたついでに多少道草して歩いたり自転車を漕い [続きを読む]
  • 大豆プロテイン粒炒め
  • 「大豆プロテイン」といえば、私にはこういう「食材」なのですが・・・この記事の下書きを始めて、ふと「日本にもあるのよね? もしかしてポピュラーじゃないのかも?」といささか不安になって検索してみたらびっくり。確かになるほどねとは思うのだけど、筋肉づくりのための飲み物用粉末ばかりがヒットして、その粉を料理してしまう人もたまにはいるようだけれど、こういうポサポサしたかけら状のものが見つからない。恐らく違う [続きを読む]
  • 墓地の猫たち
  • 「お墓に散歩に行く」なんて、オカルト趣味かと首をかしげたくなるかもしれません。でも、パリでは特に、「それもアリ」です。草木が多くて、しかも日本の世界史や芸術、或いは音楽の教科書にまで登場する有名人や色々な出来事に深くかかわった人たち等のお墓がそこかしこにあり、ちょっとした公園気分で練り歩く人が多々いますし、観光客が集まる墓地も、ペール・ラ・シェーズを筆頭に複数あります。家の近所にはそんなお墓が2つ [続きを読む]
  • 和のおやつ
  • 4月に入る少し前、キッチンの食糧ストック棚、食器棚を共に普段よりも念入りに掃除したついでに、ストックしてあるあれこれをざっと並べてみたら、これが結構あるんですね。不要なもの、無駄なものは無いのに、お豆5、6種類総計3キロ近く、パスタは近頃あまり食べないのでほんの4種類、スパイスはもはやどれほど種類あるやら把握していませんが、30には満たないかその程度か、粉、麦などの種類も色々。それぞれに用途があって [続きを読む]
  • サラダ菜、プンタレル
  • 3月末のある日の夕方、8区のサンラザール&オペラ座界隈から帰宅すべく歩いていた際に、道端右手に現れたBIO専門店風な大きなガラスウィンドウに出くわしまして、色とりどりのお野菜の中に、緑色濃い細い葉がまばらに散った大きな株状の菜っ葉を見つけました。パッと見て「おや、水菜がついにパリ上陸!?」でも、その願望たっぷりの見間違いは即修正。 なぜなら、水菜よりも色が濃く、葉っぱもちょっと違うんです。「ということ [続きを読む]
  • ある日、パリの道端で
  • 同じタイトルでいくらでも書けそうで、実際既に書いたような気もするけれど、別ブログの方に確か既に掲載したこちら、馬鹿馬鹿しいけどよく考えるととっても不思議なストリートアートを1つこちらにも。かの有名な「誰かサン」を思い出しません?真似たとしか思えない「バカボンのパパ」。発見場所は、東京でも日本でもなくフランス、パリ10区。見つけた時、すぐにバカボン(パパ)を思って「まさか!」。顔の記憶うつろだったので [続きを読む]
  • 一応駅グルメ「カヌレ」
  • パリのモンパルナス駅と言えば、世界遺産好きな日本の観光客にも大人気のモンサンミッシェルへの出発駅。そのモンパルナス駅構内、駅のホームと同じ階にいくつもあるブティックの中に、結構有名なお菓子屋さんが入っています。フランスの国鉄駅って、雑多に人が集まり、用もないのにむやみにたむろする人(慣れないとちょっと気持ち悪いんじゃなかろうかと思う)、はたまた人が集まるのを狙って小銭をねだる人、或いは、あれこれ事 [続きを読む]
  • 逞しい多肉植物花盛り
  • 家では、というよりも私は、食べては蒔く「食べ蒔き」を楽しむ傍ら、たまには「拾い蒔き」ならぬ、拾った植物を挿し木して育つのを楽しみにしたりもします。勿論、落ちている草をやたらに拾って挿し木するのではなく、挿し木すれば発根するであろう草を見つけると、というだけですよ。去年の冬、強風の翌朝近所の歩道にポショッと落ちていたのを拾ってきたのがこちら。冬の嵐で大分強い風が吹いていて、私は窓辺の鉢のいくつかを、 [続きを読む]
  • ノンオイルの圧力鍋インドカレー
  • インド料理、近くのインド&スリランカ人街を冒険し始めてから、食材があらかた揃うので益々身近になり、手間暇さえ惜しまねば、頻繁に家で作って楽しんでいます。ところが。週末出かけっぱなしで「いえね、その手間暇が惜しいのよ・・・」が本心なので、あの手この手で料理は楽して+時間を稼いで手間を惜しんで、他のことをすべく必死な近頃、こんなカレーを時々作っています。題して、「全部入れて圧力鍋にまかせっきりのカレー [続きを読む]
  • フルーツ&ヴェジ スムージー
  • 寒い時期でも季節相応のフルーツが色々、加えて南半球等からの輸入物もあるし、キャベツ類は冬に美味しいものもあるしで、素材は冬でも揃うのだけど、生野菜、生ジュースで体が冷えるためあまり楽しめなかったスムージー。春めいてきて気持ち良い日が増えて来た反面、マルシェでケールの葉の束を前に「芋虫発生前に、楽しむなら今が最後だわ!」と気づきまして、早速買ってきて久しぶりにスムージーを作って以降、このところまたス [続きを読む]
  • イチョウ(銀杏)も発芽
  • 春って本当に素晴らしいですね。四季折々、季節ならではの良いことを挙げたらきりがないけれど、早春から次々咲く花は多いし、何より吹き出るような新芽や発芽の生命力を植物が見せつける時期。家には、今2年目になるのかな、記憶怪しいけれども恐らく2015年2月か3月にひょっこり見つけて、葉っぱの面白さから衝動買いした小さな鉢から大きな鉢に植え替え、ジワジワとゆっくりペースながらも着実に成長しているこの観葉植物があり [続きを読む]
  • オリエンタルなお菓子屋さん
  • モンマルトルからは、どこへ行くにもほぼ全て坂道、しかも下り坂。おのずと自転車のお出かけが楽々で、代わりに帰りは、道を選ばないと急な坂道でフゥ〜と途中で力尽きそうになったりします。そんな丘の上からちょっと下がればお隣の9区は普段のお買い物圏内の近さ。だけど、真冬が短い近頃は、冬の初めと終わりでも冷たい風に負けず自転車で出かけることが増え、もっと中心部に向かう際にさらっと通り抜けてしまうことがしばしば [続きを読む]
  • ロウバイ、発芽
  • 早春に咲くロウバイ。今年も街の公園でだけれども楽しんできた旨、2月にこのブログにいくつか写真を載せましたよね。去年の秋とこの花の時期と、違うところで見つけて集めて来た数個の実から種を取り出し、本当は「実が熟したらもいで開けて取り出した種を秋のうちにすぐに地中1センチ足らずに埋めておくのがヨシ」とされているらしいです。こちらがその実と種。サイズ基準にボールペンを置いたけど、下に置いたノートペーパーのマ [続きを読む]
  • ほうれん草のインドカレー
  • 先日、マルシェで、肉厚で艶々の立派なほうれん草が山積みで特売していたのを見かけて思いつき、でも買って帰ってもかさばる葉っぱは冷蔵庫に入る場所が無いし、帰る早々調理する時間はないしで、その場では諦めましたが、日を改めて、代わりに冷凍のほうれん草を買ってきて作ったのがこちら。インドのヴェジタリアンカレーの定番中の定番、「アロー・パラック Aloo palak」。ほうれん草のカレー、いえ、厳密には「ほうれん草 [続きを読む]
  • サルナシ1本、役立たず・・・
  • 週末から既に大分暖かく、シャイすぎるこの街の太陽もいい加減に雲に隠れるのが飽きてきたのか顔を出し、今週は5月の陽気と太陽が大分楽しめる予報です。・・・と、下書きしていたのは月曜日の夜。 晩明けて火曜を迎えたら曇りでした。明るめの曇りだけど朝青空は見えず。「今週は数日陽気と太陽が楽しめますよ」と週末のお天気予報で耳にして、てっきり週半ば位まではずっとお天気が良いのだと好きなように解釈して満足していた [続きを読む]