aula-magna さん プロフィール

  •  
aula-magnaさん: イタリア語って面白い
ハンドル名aula-magna さん
ブログタイトルイタリア語って面白い
ブログURLhttp://aulamagna.exblog.jp/
サイト紹介文イタリアオペラを翻訳する中で感じた、イタリア語の面白さとイタリアの魅力を伝えてゆきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/01/16 09:11

aula-magna さんのブログ記事

  • 世界で最も健康な国民はイタリア人!!!
  • ブルームバーグが3月に「世界で最も健康な国ランキング」を発表しました。それによると163ヶ国のなかでイタリア人が最も健康な国民だという結果が出ました。同メディアが指摘するように、イタリアでは依然、不景気が続き、若者の失業率は4割に近いにもかかわらず、イタリア人は健康的な身体を作り続け、平均寿命は80歳以上となっています。同ランキングは、平均寿命だけではなく、各国における死因、また高圧... [続きを読む]
  • Bicerin のお話
  • 2001年に、ピエモンテ州の“bevanda tradizionale piemontese (ピエモンテ州の伝統的飲み物)”として認定されたBicerin(ビチェリン)とは?イタリア、トリノの伝統的な温かい飲み物で、ホット・チョコレート、エスプレッソ、そして牛乳から作られ、丸いグラスに層状にして提供されます。1763年にオープンしたCaffè Al Bicerinで提供されたことから、こ... [続きを読む]
  • Mimosaの種
  • 今日、Mimosaの種に気づきました。Mimosaはギリシャ語の「mimos(人真似)」が語源で、同属のオジギソウが人のように動くことに由来しているそうです。 [続きを読む]
  • Mimozaの種
  • 今日、Mimozaの種に気づきました。Mimosaはギリシャ語の「mimos(人真似)」が語源で、同属のオジギソウが人のように動くことに由来しているそうです。 [続きを読む]
  • 「ルーコラ・セルヴァティカ」の種が収穫できました。
  • 今年で三代目になる「ルーコラ・セルヴァティカ:rucola selvatica(野生のルーコラ)」の種がたくさん収穫できました。種をご希望の方(30名様位)に、お送りします。アウラ・マーニャ(http://aula-magna.net/)宛に「ルーコラの種希望」とご明記の上、ご住所、お名前、切手(82円)を貼った返信用封筒をお送りください。この写真は、2ヶ月前に花の咲いた写真です。... [続きを読む]
  • エンツォ・フェッラーリの生まれた町モデナ
  • 3月26日、イタリアの自動車メーカーフェラーリの創設者エンツォ・アンゼルモ・フェッラーリ(Enzo Anselmo Ferrari 1898年2月18日-1988年8月14日)の生まれた町モデナを訪ね、その博物館の建物の美しいラインに惚れ惚れとしました。歌手のルチァーノ・パヴァロッティとミレッラ・フレーニの生まれた町でもあるのですが、エンツォ自身は後年「私はなりたかったものが3つある。1... [続きを読む]
  • エンツォ・フェッラーリの生まれた町モデナ
  • 3月26日、イタリアの自動車メーカーフェラーリの創設者エンツォ・アンゼルモ・フェラーリ(Enzo Anselmo Ferrari 1898年2月18日-1988年8月14日)の生まれた町モデナを訪ね、その博物館の建物の美しいラインに惚れ惚れとしました。歌手のルチァーノ・パヴァロッティとミレッラ・フレーニの生まれた町でもあるのですが、エンツォ自身は後年「私はなりたかったものが3つある。1つ... [続きを読む]
  • 千客万来!!!
  • 晴れた日の正午には、ミモザの咲き始めた我家の小さなお庭に、お客様が次々にやって来ます!シジュウガラ・スズメ・メジロ・ヒヨドリ・・・この時期、「つがい」で遊びに来るのですよ。 [続きを読む]
  • 晴れた冬の日の白い花
  • (アルビノーニのアダージョを聴きながら〜〜〜)イベリス「Iberis(イベリス)」は、スペインの別称「Iberia(イベリア)」を語源として、この植物の多くの種がイベリア半島に自生していることに由来しているそうです。小さな花が丸く集まって咲くスイート・アリッサム地中海沿岸、南ヨーロッパが原産地. 日本では庭なずな、ニオイナズナと呼ばれています。とても育てやすく、どんどん増... [続きを読む]
  • 「ゴッド:GOD」という言葉の起源を調べてみると.....
  • ギリシャ語からゴート語訳の聖書を作ったゴート人司教、青年ウルフィラ(Ulfilas:ca.311年?383年)は、聖書布教のために、まずゴート文字を発案しました。即ち、現存する最も古いゴート語の書物はこの翻訳版聖書ということになります。ウルフィラは、ゴート人が唯一神を崇めなかったことから「神」の訳語に苦心し、「話し相手・相談役」を意味する「グス」という言葉をあて、これが英語の「ゴッド」の起... [続きを読む]
  • イタリアの少年少女の読書
  • イタリアのある調査によると、イタリアの子供たちは、両親、あるいはおじいちゃん、おばあちゃんたちが愛した本を選んで読むということが示されているとのこと。今なお子供たちの間では、「ピノッキオの冒険」「クオレ」「三銃士」「ロビンソン・クルーソ」「宝島」「若草物語」...などが好んで読まれ、新しいキャラクターや新しい作品は、ほとんど誕生しないのが現状で、これらの本が、変わることなくベストセラーなの... [続きを読む]