kajikeinu さん プロフィール

  •  
kajikeinuさん: かじけ犬の遠吠え
ハンドル名kajikeinu さん
ブログタイトルかじけ犬の遠吠え
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/long5864
サイト紹介文日常の何気ない事を下手な俳句や写真、雑文です。暇つぶしにでもしてください。
自由文吾輩がこの世とやらに生を受け、17年ちょっと。それを返上してからもう3年間以上たった。
あの世とやらで呑気に昼寝をしていたら、今年は随分と大量に新入りが来た。そこで何事かと思ってちょいと覗きにきたしだいである。
すると、かつてのご主人様が何やら面白そうな機械を使って、盛んに遠吠えをしている。そこで遠吠えなら任せておけと手伝うことになったのである。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供230回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2012/01/17 13:50

kajikeinu さんのブログ記事

  • 黒揚羽・・・
  • 黒揚羽昭和の星の一つ落ち*gremz* −オゾン層−また一つ昭和の星が落ちてしまいました。平成の世、30年近くなりましたがまだまだ昭和が続いている気もします。残念でもあり寂しくもなります。・・・心より御冥福をお祈ります。よろしかったらポチっと応援を→ [続きを読む]
  • 街道は・・・
  • 街道は九十九折なり滝しぶき*gremz* −食物連鎖−神戸の太郎神社の側に玉木屋さんと云ううどん屋さんが有ります。築170年位と云う大変古い家という事から、明治6年おのフランス人ブスケの日記にある神戸の茶屋はここかも知れない・・・。あかがね街道はこのうどん屋さんの所から、左に折れ沢を下ります。急な下りですが雰囲気は出ています。小さい沢を九十九折で三度越えさらに下るとわ鉄との線路の間に廃屋が有ります。旧神戸 [続きを読む]
  • 白南風や・・・
  • 白南風や水面に遊ぶ小鳥たち*gremz* −地球温暖化−「アアチャン、アアチャン・・・トガリはまだ帰らない方がいいって・・・。」「どうしたの、シシさん達が帰って来て・・・帰れるから用意してるのに・・・。シカゴさん シカゴさん」「どうしたチアミさん・・・。」「今、シシさん達が帰って来てみんなで帰る準備をしてるでしょう・・・でも今年はまだ帰れない方がいいって・・・。」「一体どうゆうこと・・・いまシシさんを [続きを読む]
  • 山の池・・・
  • 山の池誇らしげなる鳰の笛雛の数は5羽でまで確認できました。現在、巣には卵が見あたりません、たまごは6個ありましたから1個分は行方知らずとなりました。でも頑張ってますね、今が一番可愛い時です、カップルでの子育ては休む暇もありません。しばしゆっくりご覧ください。よろしかったらポチっと応援を→ [続きを読む]
  • 高原の・・・
  • 高原の蜻蛉牛の角の先*gremz* −エコアクション−日光は我が家から割と近いとこに有ります。ここは日光の霧降高原、昨日は心地良い風が吹いていて木陰で昼寝・・・気持ちいいです。帰りは「やしおの湯」早くもヒグラシが鳴いていました・・・こちらではまだ蝉も啼いていないのに・・・。トンボは秋の季語・・・高原には早くも秋の気配が忍びこんでいます。よろしかったらポチっと応援を→ [続きを読む]
  • 女郎花・・・
  • 女郎花咲くを待ちかね夏の蝶*gremz* −京都議定書−女郎花が咲きはじめました、早速蝶が来て止まってました・・・季語は夏の蝶という事で・・・下手な句より可愛いカイツブリをゆっくりご覧ください。こんな風に魚を与ええます。よろしかったらポチっと応援を→ [続きを読む]
  • 七十年・・・
  • 七十年疵跡癒えてみどり濃き*gremz* −ペットシア−ここはご存じ渡良瀬川、この先に高津戸峡が有りますが山間部が終わり平野部に入った所です。下に見えるは新栄橋、一つ上流の福岡大橋から写しました。現在九州でとんでもない豪雨の被害が出てますが、今から70年前(昭和22年)戦後間もない頃、キャサリン台風が猛威を振るい、この辺でも大変な被害が出ました。その時は新栄橋の上まで水がでたとか・・・どれだけの量か想像出 [続きを読む]
  • 見つめ合う・・・
  • 見つめ合う小枝の小鳥青葉闇*gremz* −エコマーク―小鳥達にとって、この時期は安心できるのでしょうね。この鳥は良く分かりませんがカワラヒワでしょうか、もしそうなら春の季語です。次はおなじみシジュウカラにヒヨドリ・・・でもこの時期には探しにくいですよね。・・・で一番観察しやすいのはカイツブリ、いずれも昨日のものです、雛は4羽確認できました、もしかすると隠れているかも知れません。卵は1個確認できました [続きを読む]
  • 撃たれても・・・
  • 撃たれてもなを笑顔なり水鉄砲*gremz* −エコバッグ−「水浴び 水浴び・・・」「モズボウ、チョット待っててね・・・今用意してるから・・・チアミかーちゃん・・・まだ」「ミーちゃん 準備は出来た ミズも大丈夫だって・・・今シカゴさんから連絡が来たわよ、」「フー気持ち良かった・・・シカゴさん有難う・・・ひと月ぶりかしら・・・」「ミズ・・・ミズ・・・少し静かにしてて・・・モズボウ何とか言って・・・」「ボク [続きを読む]
  • 鳰の子の・・・
  • 鳰の子のこれから先は母の背へ初めは三ついるそうです・・・私は二つまで確認しましたが・・・あとはまだお腹の下です・・・。皆さんご心配掛けました、今夜からゆっくり眠れます・・・。・・・臨時号外でした・・・よろしかったらポチっと応援を→ [続きを読む]
  • レンガ積む・・・
  • レンガ積むトンネルの先秋近し*gremz* −オゾン層−昭和52年草木ダムが完成しそれまでの国鉄足尾線は神戸から沢入間はトンネルとなり、在来部分は草木駅と共にダムの底に沈みました。このトンネルは神戸駅(当時は神土駅)から足尾方面に向かう最初のトンネルでこの先はがけ地をへばりつく様に進みます。当時の鉄路は遊歩道に整備され途中のわらび橋(写真中央の赤い所)では対岸に渡れます。遊歩道の先はダムの堰堤にぶつかり [続きを読む]
  • 目を皿に・・・
  • 目を皿に水草の陰糸トンボ*gremz* −食物連鎖−吾輩はなんでも匂いで分る、便利でしょう。だからトンボを探した時もご主人に言ったんです。そしたらメガネが無いと分らない・・・トンボのメガネなんて・・・ここで笑ってはダメですよ、こんな下らないことで笑うと癖になりますから。だいたい糸トンボなんて注意して見ないと分らないですよね。それをメガネのせいにして・・・。それでもやっと探したら今度は夢中になって。ホン [続きを読む]
  • 白百合や・・・
  • 白百合や山頂まではあと少し*gremz* −リサイクル−先週末までに生まれるなんて云って、まだです。でも順調に育ってます。台風も無事に過ごしたしこのところ天気も安定している様だし、あとは時間の問題。ご主人の首はこの頃5センチほど伸びたようです・・・おまけに仕事に気が入らないようで・・・もっともこれはいつもの事ですが・・・。気にした所でどうなる訳ではありません、どうせ何があったも手は出せないし・・・どんな [続きを読む]
  • 風死すや・・・
  • 風死すや核兵器に正義なし*gremz* −地球温暖化−「核兵器禁止条例」が国連で採択されました。日本は参加してなかったそうですね。核兵器は必ず一般市民を巻き添えにします。それも長時間に渡り苦しめることになります。何の罪もない女子供を平気で殺す兵器ですよ・・・。あなたは自国の利益の為には他国の大勢の婦女子を殺し、かつ助かっても生きてる限り苦しめる様な事をして平気でいられますか。人間ならそんなこと出来るは [続きを読む]
  • 涼しさや・・・
  • 涼しさや谷間の馬子唄あかの道*gremz* −エコアクション−あかがね街道の半分は谷深い山の中です。馬は河原は歩けません、吊り橋も渡れません、渡し舟もだめなんです。よって渡良瀬川を横断するのは至難の業です。それでも何ヶ所は渡ったという記録はありますが、あかがね街道として利用はしても銅は運ばず人の往来や日常物質の運搬に使われていたものと思われます。天気も問題になり、足尾は雪深いので一月から三月頃までは出 [続きを読む]
  • やるべきは・・・
  • やるべきは貴方の辞任はたた神*gremz* −京都議定書−敗軍の将が云う言葉に「結果を重く受け止め、きっちり反省し、やるべきことをしっかりするしかない。」と云う様な事がありますが、何をやるかという事は具体的行ったことがない。 大体口だけ・・・説明責任を果たすといっても単に誤魔化しの言い訳、あとは口をつぐんでいる。吾輩は難しい事は分らないが数を頼みに少数意見を無視していいわけがない。法的にいい悪いは別に [続きを読む]
  • 幼子に・・・
  • 半夏雨羽をかざして幼子を*gremz* −ペットシア−「チアミさん大丈夫か・・・しっかりしろ・・・。」「あっ  シカゴさん・・・大丈夫よ・・・フー・・暑かった・・・それよりミズは・・・。」「ミズは大丈夫だ・・・良く耐えた・・・もう悪魔は体から出ていった・・・あとは体力の回復を待つだけだ・・・。」「表でヒミカ様の呪いも効いたようだ・・・。」「ゴックン フー・・・美味い・・・チアミかあちゃん ハイお水・・ [続きを読む]
  • 緑陰や
  • 緑陰や道祖神の肩に苔あかがね街道を調べると古くからある集落の生活街道を利用していた・・・とうい事が分ります。ではどの位古いかと云うと、草木ダムの底にも縄文遺跡があったとの事なので縄文の頃までさかのぼりますが伝えられている事は平安から鎌倉までさかのぼり、ここ楡沢には義経の重臣の「亀井六郎」墓があると伝えられています・・・この道祖神はそこの側の観音堂後に有ります。こちらはもっとずっと近くになり隣りの2 [続きを読む]
  • 心配の・・・
  • 心配の種ねは尽きまじ鳰浮巣*gremz* −エコバッグ−左上にあるのが浮巣です。通常は葉で隠して見えなくして巣を離れます・・・それは良いのですが小魚見えると思います。少し高い大地から見るとご覧の魚が群れを成しています。何の魚で何を食べるか・・・どの位まで大きくなるのか・・・分らないだけに心配です・・・。かと言ってどうにも出来ないし・・・心配してるだけです・・・。昨日の続きですね。いっそうの事カワウが来 [続きを読む]
  • 五月闇・・・
  • 五月闇谷ほんのりと乳茸刺*gremz* −省エネ−「チアミネエサン・・・急いで・シカゴさんを呼んで来て・・・・」「どうしたんの・・・。」「咳がとまらなくて・・・それに少しだけど血が混じって・・・。」「分った、モズはここで待てて・・・。」「モズボウ・・・そうだ、お水チョウダイ・・・。」「分った・・・ハイ・・・ミズは大丈夫なの・・・。」「大丈夫・・・きっと好くなるワ・・・もう少しの辛抱だから・・・。」「ど [続きを読む]
  • 空梅雨に・・・
  • 空梅雨に精一杯の花菖蒲*gremz* −オゾン層−赤堀の菖蒲園に行って来ました。今年は空梅雨のせいかそれとももう遅いのかイマイチでした。それでも一生懸命美を競っていました・・・よろしかったらポチっと応援を→ [続きを読む]
  • 虎が雨・・・
  • 虎が雨此方の浮巣に親は来ず*gremz* −食物連鎖−浮巣に卵が二つあります・・・確かに15日歩のは抱卵していたのです。昨日は来ませんでした・・・念のため今日また行ってみました・・・やはりきません。これは15日の状態です。確かに抱卵していて二つの卵を確認しました。こちらは昨日の状況・・・実は別に作った巣で抱卵してました・・・此方には三つ確認できました。初めの巣では三つ育てる事が出来なかったのでしょうね [続きを読む]
  • その時は・・・
  • その時は不意に現れ眼白群れ*gremz* −リサイクル−吾輩は匂いで分ったんです。それでご主人に教えてあげたのですが何せすぐ隠れてしまうので、ご主人は慌てて、ただ闇雲にシャッターをきってました。上手に撮れないのは腕のせいですが、下手な鉄砲で数打ってその内のどうやらみえるものです。こんな時でも群れでいると意外とチャンスがあるものですね、眼白が夏の季語と云うことが分る気がします。よろしかったらポチっと応援 [続きを読む]
  • 若竹や・・・
  • 若竹や雨に打たれて蒼天へ*gremz* −地球温暖化−「頼むチアミ大明神・・・一目だけでも・・・。」「ダメ・・・もう少しの辛抱・・・我慢して・・・ミズは必ず治すから・・・。」「治すといってもこの時代にはストレプトマイシンはないだろう・・・。」「コラ・・・英語はご法度・・・今は最善を尽くすとしか言えないの・・・」「でも、一目くらいいいだろう・・・」「いいかい、バカは風邪ひかないと云うけれど、この病気はバ [続きを読む]
  • 夕暮れて・・・
  • 夕暮れて命の灯鳰浮巣*gremz* −エコアクション−日は暮れても朝は来ます・・・今度こそ、再び始まったようです。巣から離れる時はちゃんと隠したて、卵は一つは確認できました。上手くいけば月の終わりころには・・・祈ります。よろしかったらポチっと応援を→ [続きを読む]