タグ・ジェニングス さん プロフィール

  •  
タグ・ジェニングスさん: ガンプラ・・・一生初心者でいいです
ハンドル名タグ・ジェニングス さん
ブログタイトルガンプラ・・・一生初心者でいいです
ブログURLhttp://gnplssns.blog.fc2.com/
サイト紹介文ガンプラを作ったりします。上手にできませんが、できるだけ上手に作れればそれに越したことはありません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2012/01/19 16:23

タグ・ジェニングス さんのブログ記事

  • HG 1/144 RCX-76-02 ガンキャノン最初期型 (月面)
  • HG 1/144 RCX-76-02 ガンキャノン最初期型 ガンキャノン最初期型は、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」に登場するモビルスーツで、アニメでは「IV」に、漫画では単行本の12巻に登場します。月面で黒い三連星やランバ・ラルのモビルスーツを相手に大編隊で戦いますが、惨敗を喫するという役どころです。ファースト・ガンダムでのガンキャノンはガンダムとともに開発された新型機という設定でしたが、オリジンではガンダムより前に既 [続きを読む]
  • HG イオフレーム獅電 1/144
  • HG イオフレーム獅電 1/144獅電は「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場するテイワズ製の量産モビルスーツで、劇中では窮地に陥った鉄華団の地球の部隊を救いにバルバトスと共に登場し、その後鉄華団にも配備されたようで、ハッシュ・ミディらが搭乗して訓練するシーンもありました。キットのお話に移ります。鉄血シリーズのHGは私の中では安心のクオリティというイメージがあるのですが、こちらのキットもそのイメージ通 [続きを読む]
  • HGUC 196 グフ + 旧キットドダイYS
  • HGUC 196 グフ + 旧キットドダイYS ドダイの旧キットは今改めて見るとなかなか良く出来ていて、他に安価に手に入るドダイの1/144の立体物はなかなか見つかりませんから、貴重な存在になっていると思います。翼を接着するのがちょっと大変ですが、パーツの内側でテープ補修などをして固定しつつ接着するなどの工夫をすればどうってことはないですね。パーツ的にも色の塗り分けがしやすいようになっており、手に入るうちにゲットし [続きを読む]
  • HGUC 195 キュベレイ(REVIVE) 簡単パール塗装
  • HGUC 195 AMX-004 キュベレイ遅ればせながら、HGUC 195のRevive版キュベレイを組み立ててみました。白いパーツを缶スプレーのパールホワイトで塗って、つやつやパール感を出そうとしてみましたが、写真では全く伝わらなそうなのがちょっと残念です。現物は成型色の白の上に直接、ランナーごとプシューと吹いただけの簡単な作業の割にはいい感じだと思ってるんですが。使ってみた塗料はタミヤ スプレー No.45 TS-45 パールホワイト [続きを読む]
  • HG THE ORIGIN MSD 局地型ガンダム 海洋試験
  • HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 局地型ガンダム局地型ガンダムは、オリジンMSDの企画から生まれたモビルスーツです。昔のMSVと同様に、MSDも説明書の設定解説を読むのが楽しみのひとつですね。その解説によると、形式番号RX-78-01[N] 局地型ガンダムは、テム・レイを中心としたMS開発によって生まれたガンダムの性能試験と並行して、地球環境での耐久テストを行うために作られたテスト機です。この機体から得られたデータはサ [続きを読む]
  • HGUC 200 MSN-00100 百式(REVIVE)
  • HGUC 200 MSN-00100 百式(REVIVE)発売から少し経ちましたが、ようやくHGUC百式のリヴァイヴ版を組み立ててみました。金で塗ってみました。旧版HGUCの百式は、HGUCの5番目のキットでした。発売は1999年ということで、なんと17年前です。プロポーションは良好でなかなかの良いキットでしたが、合わせ目が露出する部分が多く、しかもメッキ仕様なので合わせ目処理も難しいという問題もありました。さて、生まれ変わった百式はどんな [続きを読む]
  • HGUC 194 ガンダムMk-II (Revive・ティターンズ仕様)
  • HGUC 194 ガンダムMk-II (ティターンズ仕様)毎度おなじみのガンダムMk-IIですが、HGUCのリヴァイブで早々にリメイクされました。人気機体だけに、旧版HGUCでも早めにキット化されましたから、旧版の方は今のガンプラと比べるとちょっと物足りない面がありました。まさにリヴァイブにうってつけの機体だと思います。HGUCリヴァイブ・マークIIはエゥーゴカラー、ティターンズカラーが同時に発売されましたが、今回はティターンズカラ [続きを読む]
  • HGUC 196 グフ (Revive) デザートカラー
  • HGUC 196 グフ 1/144 (デザートカラー)遅ればせながら、リヴァイヴ版のグフをようやく組み立ててみました。砂漠仕様ということにして、デザートカラーに塗ってみました。ファースト・ガンダムの劇中では、ザク相手なら戦いに自信を持ち始めたガンダムのアムロの前に新型として現れ、ランバ・ラルの操縦技術とともにガンダムを圧倒するという衝撃的な登場が印象的です。ジオンのMS開発の底知れなさを表現すると同時に、アムロの天 [続きを読む]
  • イージーペインター基本的活用法
  • ビン入り塗料を使った吹き付け塗装を安価に導入できる、ちょっと画期的なEP-01 イージーペインターについては、何度かこのブログでも取り上げています。エアブラシや缶スプレーを含む吹き付け塗装を日頃行っている人にとっては、わざわざ確認するほどのことではありませんが、これまで無塗装派でやってきた人や、住居事情やコストの問題によって吹き付け塗装をできなかったという人のための、イージーペインターの活用法に少し触れ [続きを読む]
  • 旧版HGUC ガンキャノン 青・SMLバージョン(森林)
  • HGUC 1/144 RX-77-2 ガンキャノン青いガンキャノンの画像を作成してみました。RX-77-2ガンキャノンと言えば真っ赤な機体がトレードマークになっていますが、今回はメタリックブルーに塗ってみました。記憶がおぼろげですが、昔やっていたガンダムのネットゲームのGNO(ガンダム・ネットワーク・オペレーション)のガンキャノンは青だったような気がします。HGUC 1/144 RX-77-2 ガンキャノン(メタリックブルー、SML仕様)今回のキ [続きを読む]
  • イージーペインター使用の際のちょっとした工夫
  • イージーペインター(ソフト99エアータッチ専用スペアキャップ)を導入して以来、いくつかのキットの塗装に使ってみましたが、使い方にも慣れてきました。いつくかの使い方の工夫を紹介します。関連:イージーペインターのレビューイージーペインター基本的活用法お手軽スピード全塗装の巻前回までに紹介したのは、ランナーごと塗装して切り離した後、ゲート部などを筆塗りで補修するという方法で、最もスピーディーな方法です。た [続きを読む]
  • HG ガンダムバルバトス 第6形態 (レンチメイス)
  • HG ガンダムバルバトス 第6形態劇中で展開されるアツイ地上戦をイメージして画像を作成してみました。バルバトス第6形態の特徴は、装甲と継戦能力の強化です。各種追加装甲が加えられ、瞬発的機動性を犠牲にして長時間の戦闘に対応させています。この記事を書いている2016年3月現在、アニメの方はクライマックスに向かって盛り上がっている真っ最中です。次々に姿を変えて登場する主役機のバルバトスにワクワクさせられ、ついつい [続きを読む]
  • HG 1/144 ガンダムグシオンリベイク (滑空砲装備)
  • HG 1/144 ガンダムグシオンリベイク (滑空砲装備)地上戦で映えるグシオンリベイクと、ちょっと不気味な感じすらする隠し腕が気に入りましたので、そこからイメージして画像を作成してみました。今回、劇中で印象的だった滑空砲を持たせてみました。滑空砲はMSオプションセット1&CGSモビルワーカーに入っているもので、どうせなら2丁持ちさせたかったのですが、Amazonだと「お買い合わせ対象」というヤツだったので今回はグシオン [続きを読む]
  • HGUC MS-07B3 グフカスタム(デザートカラー)
  • HGUC 1/144 MS-07B3 グフカスタム(デザートカラー)ひとつ前の記事で紹介したガイアノーツ EP-01 イージーペインターを使って全塗装してみました。使い勝手と仕上がりを検証する実験のようなものです。厳密にはイージーペインターではなく、それと全く同じ製品で安価なソフト99(SOFT99) スペアキャップ エアータッチ専用スペアキャップ 09036を使ったものです。缶スプレーとほとんど同じ感じで塗装できる製品です。缶スプレーと違 [続きを読む]
  • イージーペインターのレビュー
  • ガイアノーツ EP-01 イージーペインターという製品をご存知でしょうか。吹き付け塗装を低初期投資で実現できるアイテムということでヒッソリと話題になっているようです。※より具体的な塗装手順はこちらの記事で説明しています。製品としては、塗料タンクから吸い上げた塗料を使い捨てのエアースプレーによって吹き付けることができるという製品ですが、純正エアースプレーが超割高というのが難点です。しかし実はこの製品、同じ [続きを読む]
  • 今さら「新ギレンの野望」の感想
  • この年末年始、けっこう前のゲームですが「新ギレンの野望」で遊んでみました。連邦編、アムロ編、シャア編をそれぞれNormalでクリアしましたが、クソゲー扱いされるには惜しいと感じたとともに、矛盾するようですがクソゲー扱いされる理由も見えてきたところです。今さらどこにも需要のなさそうな話ですが、ここまで遊んでみた感想などを書いておこうと思います。システム的には全体的にPS2の「ジオン独立戦争記」に近いと感じま [続きを読む]
  • いまさら「新ギレンの野望」
  • ほぼ使っていなかったPSPですが、「新ギレンの野望」を安価に買えたので、この年末年始に少し遊んでみています。ちなみに私のギレン歴は、ドリームキャストとPSで「ジオンの系譜」を、PS2で「アクシズの脅威V」と「ジオン独立戦争記」をやったことがあります。「系譜」と「脅威V」はカスカスになるほどやりました。「独立戦争記」はある程度やってみてようやく面白さがわかったのですが、なにぶんにも面倒くさい要素が多すぎてなか [続きを読む]
  • HGUC ザクII 後期生産型 シルバーショルダー
  • HGUC ザクII F2 (後期生産型)HGUCザクIIF2(後期生産型)です。肩を銀に塗って組み立ててみたので、画像を作成してみました。0083の劇中ではちょっとだけしか出てきませんが、とにかく登場してくれたおかげでこんなに良くできたHGキットを手にすることができました。ザクのキットも数あれど、HGでは最高傑作だと思っています。素晴らしいプロポーションでなおかつ、ザクらしさを残したナイスな立体化です。あまり触れられること [続きを読む]