タグ・ジェニングス さん プロフィール

  •  
タグ・ジェニングスさん: ガンプラ・・・一生初心者でいいです
ハンドル名タグ・ジェニングス さん
ブログタイトルガンプラ・・・一生初心者でいいです
ブログURLhttp://gnplssns.blog.fc2.com/
サイト紹介文ガンプラを作ったりします。上手にできませんが、できるだけ上手に作れればそれに越したことはありません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2012/01/19 16:23

タグ・ジェニングス さんのブログ記事

  • HG ガンダムバルバトスルプス 1/144
  • HG ガンダムバルバトスルプス 1/144ガンダムバルバトスルプスは「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場したモビルスーツです。バルバトスの形態としては、「鉄血」の第2期の前半、最初からモビルアーマー(ハシュマル)戦までがこれでした。そこで三日月ともどもボロボロになり、後にバルバトスルプスレクスとして復活しました。キットのお話に移ります。安心ブランドの鉄血シリーズHGの例に漏れず、安い、美しい、よく動 [続きを読む]
  • HG ガンダム・グシオンリベイクフルシティ
  • HG ガンダム・グシオンリベイクフルシティ 1/144ガンダム・グシオンリベイクフルシティは「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場するモビルスーツです。鹵獲したガンダムフレーム機のグシオンを改修したグシオンリベイクをオーバーホールする際にさらに手を加えられた機体です。デカいハサミに変形する、シザース可変型リアアーマーのインパクトが強烈です。キットのお話に移ります。フレーム自体はグシオンリベイクと同じ [続きを読む]
  • HGUC 203 MSZ-006 Zガンダム キリマンジャロの嵐
  • HGUC G.E.P. MSZ-006 Zガンダム(新HGUCゼータガンダム)ゼータガンダムは「機動戦士Zガンダム」に登場するエゥーゴのエース機です。エゥーゴから依頼を受けたAE社の「Z計画」は一時停滞しましたが、エゥーゴがティターンズから奪取したガンダムMk-IIのムーバブルフレームの分析により計画は進展し、Zガンダムは完成しました。グリプス戦役時の最高傑作機と言われています。今回は吹き付けと筆塗りを併用して全塗装し、画像はキリ [続きを読む]
  • HG ガンダムフラウロス(四代目流星号)
  • HG ガンダムフラウロス(四代目流星号)「鉄血のオルフェンズ」の放送が終わって久しいですが、私としては第一期、第二期ともに存分に楽しみました。第一期25話、第二期25話、合計50話の中で最も印象に残ったシーンを合成写真で再現してみました。常に冷静なラスタルが唯一冷や汗をかいたシーンの直後の、流星号の最期という場面です。主人公陣営は大敗を喫したものの、結果的にはラスボスのラスタルが非常に優秀で、皮肉にも世界は [続きを読む]
  • 白いキットにはご用心!?
  • 現代のガンプラは多色成形なんてもんじゃなく、塗装しなくてもほとんどの色分けが再現されており、それが特徴のひとつであり魅力でもあります。住宅環境や時間的制約などによって、塗装はハードルが高いという人でも、安価に気楽にクオリティの高い立体化されたモビルスーツを手に入れることができるんですから、いい時代です。ただしちょっと注意したいのは、白いキットですね。正確には白いパーツということになるんですが、色あ [続きを読む]
  • HGUC RGM-79[G] 陸戦型ジム
  • HGUC 陸戦型ジム RGM-79[G] 第08MS小隊陸戦型ジムは「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」に登場する量産型モビルスーツです。RX-78ガンダムの余剰パーツで造った陸戦型ガンダムは生産性が悪く、MSの数を補うために陸戦型ガンダムの生産ラインを流用して開発、量産されたという設定です。設定と言えば、08小隊の劇中でギレンの演説があることから、量産MSジムの登場時期としておかしいという指摘がされたことは割と知られた話ですが、こ [続きを読む]
  • HG ガンダムフラウロス [四代目流星号] メタリック
  • HG ガンダムフラウロス(四代目流星号)ガンダムフラウロスは、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場するモビルスーツです。鉄華団にとって、バルバトス、グシオンに次ぐ3番目のガンダムフレームの機体で、鉱山の試掘場から偶然発見された機体を歳星の技術者により動く状態に復活させられました。発掘された時点では白い機体でしたが、オーバーホールの際に鉄華団から赤く塗装するようオーダーされました。鉄華団に届けら [続きを読む]
  • HGM 1/550 MA-06 ヴァル・ヴァロ (メタリック)
  • HGM 1/550 MA-06 ヴァル・ヴァロ発売から10年以上経つキットですが、縁があって入手できたのでメタリックに塗って組み立ててみました。ヴァル・ヴァロはガンダム0083に登場するモビルアーマーです。一年戦争時に試作されたものの実戦投入されなかったという設定になっています。0083の劇中では、「ちょっといい話」的なところで登場する元ジオン軍パイロットのケリィ・レズナーが搭乗して、ガンダムGP01フルバーニアンと戦闘して撃 [続きを読む]
  • HGUC一覧 〜 発売中全キット一覧とプチレビュー 151-200
  • 001-050 051-100 101-150 151-200 201- 目次へ151 MS-06R-1A 黒い三連星ザク★★★★☆黒い三連星ザク、マツナガザク、ライデンザクの3キットは色変え+ディティールや武装などの変更というバリエーションキットになっていますが、F2ザク以降の新しいフォーマットのザクキットですから、よく出来ています。上腕に目立つ合わせ目と、設定通りのカラーリングを再現するには少々部分塗装の手間がかかる事が難点ですが、特に処理せず [続きを読む]
  • HGUC一覧 〜 発売中全キット一覧とプチレビュー 051-100
  • 001-050 051-100 101-150 151-200 201- 目次へ051 RGM-79GS ジム・コマンド(宇宙仕様)★★★★☆ジム・コマンドコロニー仕様との違いはバックパックと武器(マシンガンの代わりにビームガンが入っています。)と成型色です。顔とプロポーションのカッコ良さはジムシリーズの中でも屈指です。手足に合わせ目が目立ちますが、処理しやすいパーツ形状の部分でもあります。 052 RMS-108 マラサイ★★★★☆部分塗装などをしなくて [続きを読む]
  • HGUC一覧 〜 発売中全キット一覧とプチレビュー 001-050
  • 001-050 051-100 101-150 151-200 201- 目次へ001 RX-77-2 ガンキャノン★★★★☆ガンキャノンらしい筋肉質なプロポーションが素晴らしいです。長いビームライフルもいい感じです。肩とキャノン砲の合わせ目こそ目立ちますが、処理しやすい部分でもあります。 002 YMS-15 ギャン★★☆☆☆なぜか紫のボディの成型色、全身に目立つ合わせ目、関節のポリキャップ丸出しなど、特に第一弾のガンキャノンと比べてしまうと苦しい点の [続きを読む]
  • HG 1/144 RCX-76-02 ガンキャノン最初期型 (月面)
  • HG 1/144 RCX-76-02 ガンキャノン最初期型 ガンキャノン最初期型は、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」に登場するモビルスーツで、アニメでは「IV」に、漫画では単行本の12巻に登場します。月面で黒い三連星やランバ・ラルのモビルスーツを相手に大編隊で戦いますが、惨敗を喫するという役どころです。ファースト・ガンダムでのガンキャノンはガンダムとともに開発された新型機という設定でしたが、オリジンではガンダムより前に既 [続きを読む]
  • HG イオフレーム獅電 1/144
  • HG イオフレーム獅電 1/144獅電は「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場するテイワズ製の量産モビルスーツで、劇中では窮地に陥った鉄華団の地球の部隊を救いにバルバトスと共に登場し、その後鉄華団にも配備されたようで、ハッシュ・ミディらが搭乗して訓練するシーンもありました。キットのお話に移ります。鉄血シリーズのHGは私の中では安心のクオリティというイメージがあるのですが、こちらのキットもそのイメージ通 [続きを読む]
  • HGUC 196 グフ + 旧キットドダイYS
  • HGUC 196 グフ + 旧キットドダイYS ドダイの旧キットは今改めて見るとなかなか良く出来ていて、他に安価に手に入るドダイの1/144の立体物はなかなか見つかりませんから、貴重な存在になっていると思います。翼を接着するのがちょっと大変ですが、パーツの内側でテープ補修などをして固定しつつ接着するなどの工夫をすればどうってことはないですね。パーツ的にも色の塗り分けがしやすいようになっており、手に入るうちにゲットし [続きを読む]
  • HGUC 195 キュベレイ(REVIVE) 簡単パール塗装
  • HGUC 195 AMX-004 キュベレイ遅ればせながら、HGUC 195のRevive版キュベレイを組み立ててみました。白いパーツを缶スプレーのパールホワイトで塗って、つやつやパール感を出そうとしてみましたが、写真では全く伝わらなそうなのがちょっと残念です。現物は成型色の白の上に直接、ランナーごとプシューと吹いただけの簡単な作業の割にはいい感じだと思ってるんですが。使ってみた塗料はタミヤ スプレー No.45 TS-45 パールホワイト [続きを読む]
  • HG THE ORIGIN MSD 局地型ガンダム 海洋試験
  • HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD 局地型ガンダム局地型ガンダムは、オリジンMSDの企画から生まれたモビルスーツです。昔のMSVと同様に、MSDも説明書の設定解説を読むのが楽しみのひとつですね。その解説によると、形式番号RX-78-01[N] 局地型ガンダムは、テム・レイを中心としたMS開発によって生まれたガンダムの性能試験と並行して、地球環境での耐久テストを行うために作られたテスト機です。この機体から得られたデータはサ [続きを読む]
  • HGUC 200 MSN-00100 百式(REVIVE)
  • HGUC 200 MSN-00100 百式(REVIVE)発売から少し経ちましたが、ようやくHGUC百式のリヴァイヴ版を組み立ててみました。金で塗ってみました。旧版HGUCの百式は、HGUCの5番目のキットでした。発売は1999年ということで、なんと17年前です。プロポーションは良好でなかなかの良いキットでしたが、合わせ目が露出する部分が多く、しかもメッキ仕様なので合わせ目処理も難しいという問題もありました。さて、生まれ変わった百式はどんな [続きを読む]
  • HGUC 194 ガンダムMk-II (Revive・ティターンズ仕様)
  • HGUC 194 ガンダムMk-II (ティターンズ仕様)毎度おなじみのガンダムMk-IIですが、HGUCのリヴァイブで早々にリメイクされました。人気機体だけに、旧版HGUCでも早めにキット化されましたから、旧版の方は今のガンプラと比べるとちょっと物足りない面がありました。まさにリヴァイブにうってつけの機体だと思います。HGUCリヴァイブ・マークIIはエゥーゴカラー、ティターンズカラーが同時に発売されましたが、今回はティターンズカラ [続きを読む]
  • HGUC 196 グフ (Revive) デザートカラー
  • HGUC 196 グフ 1/144 (デザートカラー)遅ればせながら、リヴァイヴ版のグフをようやく組み立ててみました。砂漠仕様ということにして、デザートカラーに塗ってみました。ファースト・ガンダムの劇中では、ザク相手なら戦いに自信を持ち始めたガンダムのアムロの前に新型として現れ、ランバ・ラルの操縦技術とともにガンダムを圧倒するという衝撃的な登場が印象的です。ジオンのMS開発の底知れなさを表現すると同時に、アムロの天 [続きを読む]