ganmodoki さん プロフィール

  •  
ganmodokiさん: ムルティで行くキャンプツーリングテゲテゲ日記
ハンドル名ganmodoki さん
ブログタイトルムルティで行くキャンプツーリングテゲテゲ日記
ブログURLhttp://dokitaka.blog69.fc2.com/
サイト紹介文ムルティ・ストラーダに乗り換え、ツーリングやキャンプに励んでいる50過ぎのおやじのブログ。
自由文R1200GSからムルティストラーダ乗り換え、
南九州を中心にキャンプツーリングに励んでいます。
カブでのキャンプツーリング・カヌー・川下りもやってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2012/01/19 11:06

ganmodoki さんのブログ記事

  • Coco Cafe・Coco Garage・Coco de CAMP! 後編
  • 翌朝、朝靄の中爽やかな目覚めとても気分が良い。トレーラーハウスが画になります、最初はこれを宿泊用にする予定だったそうなのだが、保健所の許可が下りずやむなく受け付けとして使っているそうで、少々残念。ボチボチ撤収の準備をしながら8時からの朝食を待ちます。朝食はフワフワのフレンチトースト、絶妙の柔らかさです。今回のテント 大型なので朝露を乾かすのも少し時間がかかりますが、コモンルームで漫画を見たりオーナー [続きを読む]
  • Coco Cafe・Coco Garage・Coco de CAMP! 前編
  • 久々の更新です(^^;)定期的に巡回しているキャンツーライダーのお助けサイト「はちの巣」を見ていると、地元に気になる施設を発見! →http://www.hatinosu.net/guesthouse/archives/2113/はちの巣のゲストハウスに分類されていますが、キャンプも可能。リンクをたどってその施設のHPを見てみると、お洒落なカフェだけでなくバイク好きの琴線にもろに触れるような予感が...ゲストハウスCoco CarageのHP→http://outdoor.geocities. [続きを読む]
  • ENDURO リコール対応 リヤサス交換
  • 少し前、ドカティジャパンよりリコールの案内が届き、その後数週間してディーラーからパーツが届いたので対応可能との連絡。先週の日曜日ディーラーにバイクを持ち込みリコール対応をして頂きました。リコールの内容とは...「緩衝装置において、リヤショックアブソーバーロアマウント部の強度が不足しているため、悪路走行時の衝撃等によりロアマウント部に亀裂が生じることがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、亀 [続きを読む]
  • 梅雨明け 平戸キャンプツーリング その2
  • 夜半過ぎ風が強くなったようで、タープがバタついて目が覚めます、ここでは夜寝るときにはタープを落としておいた方が無難かも知れません。翌朝適当に朝食を取って出発。最初の目的地は、新設道の駅「させぼっくす99」既存の物産館が道の駅になったものでは無く、全くの新設の施設。物販スペースよりも休憩エリアの方が広く快適です。久々に道の駅のスタンプゲット。ここから佐世保を抜け大村湾の東岸を南下、東彼杵で流れの遅い国 [続きを読む]
  • 梅雨明け 平戸キャンプツーリング その1
  • 7月の連休、丁度良い具合に梅雨が明けたため、久々に長崎方面に出掛けてきました。目的は、3年程前にクリアした九州沖縄道の駅スタンプラリー、その時には121だった道の駅も徐々に増え今では135カ所。その間の新設道の駅も既に回ったところもあるので、残りは8カ所となっています。まあ既に道の駅協議会のGRAND MASTER認定証はもらっているので、回る必要がないと言えばないのだが、やはり行ってないところがあると気持ち悪い(^^ [続きを読む]
  • バイク用ドライブレコーダー BIKER PRO【運用編】
  • 先日、いろいろなトラブルを乗り越えやっと装着したドライブレコーダー BIKER PRO Plus過去記事→バイク用ドライブレコーダー BIKER PRO【導入編】装着した後梅雨に突入、なかなか実際に使ってみる機会が無かったのだが、GWの連休前に購入してから二ヶ月以上経ってやっとその機会がやってきました。電源連動になっているので起動はバイクの電源を入れるだけ、本体はシート下に入れてありますが、電子音が4回連続で鳴るので正常に起 [続きを読む]
  • ENDURO シート加工 足つきを改善する
  • ENDUROのシート高は850mm、BMW GSの通常モデル(プレミアムライン)のシート高と変わらない、HONDAのAfricaTwinもローポジションで850mmなのでほぼ同等なのだが、足つき性が変わらないかと言えばそうではない、ENDUROはシート高が同じでも他車に比べて非常に脚が下ろしづらい。シートの幅が違うので同じように比較はできないが、シート高が890mmのGS Adventure(プレミアムライン)に比べても悪い。その理由は、そのシートの形状に [続きを読む]
  • オートキャンプ龍門
  • 梅雨の中休み、山口の親方からまた九州入りするぞ〜集まれ〜と招集がかかりました。最初はムルティで参加するつもりだったのだが、急遽相方も行きたいとか言い出して、車での参加に...場所は、九重町にあるオートキャンプ龍門というキャンプ場↓http://kokonoe.net/ryumon/貴重な温泉付きキャンプ場の一つ出発が遅かったので到着したのは午後5時半過ぎ、既に皆さん到着され設営も終わってます。今日の参加者は、山口から親方、北九 [続きを読む]
  • バイク用ドライブレコーダー BIKER PRO【導入編】
  • 良くお邪魔させてもらっているブログにKachiさんのブログがあります。そのKachiさんがバイクで通勤途中、交通法規を無視した車に巻き込まれてその後の事故対応に苦労しているという記事を上げておられました、それに関連してバイクのドライブレコーダーの必要性もまた記事にされてました。私もバイクの時はソロが多く、いつどこでどんな事故に遭うか全く予想もつきません、そんな時に客観的な情報を記録しておくことは重要なことで [続きを読む]
  • 干魚の燻製
  • 本格的な梅雨に入り、バイクはずっとカバーを被りっぱなし、真冬と並んでネタ切れの季節。こういう時には久々に燻製のネタ...ちょっと前、近くのスーパーに飛び魚の干物が売られていました、珍しかったので燻製にするべく購入。味を比べるために鯵の開きも合わせて購入。開いてみると、良い感じに乾燥されてます。室温に戻したとき少し水分が着いてきたので、キッチンペーパーで拭いて軽く乾燥させます。この行程は、水分をきっち [続きを読む]
  • ENDURO クラッチレリーズ交換 他
  • ムルティのクラッチは、極々普通の重さ、決して軽い訳では無いが重い訳でもない...しかしこれから私の筋力が弱くなることはあっても強くなることは先ずない(^_^;)そんなことを考えて、ディーラーの社長に相談するとクラッチレリーズを交換するとクラッチが軽くなりますよ〜とのアドバイス。先日パーツが届いたとの連絡があったので、交換をお願いしました。クラッチレリーズはいくつかのメーカーから販売されているらしいが、今回 [続きを読む]
  • ソロストーブもどき 改良
  • 少し前アマゾンを徘徊していたときに見つけたソロストーブもどき↓こいつ 使ってみるとそれなりに使えそうだが、燃料の補給のやり方に気を付けないとなかなか完全燃焼しづらい。過去記事→【ソロストーブもどき】原因はこの火床に燃えかすが溜まって空気の流れが止まり燃えにくくなる為。そのままお蔵入りは少し残念なので、改良を加えてみました。百均で流しのゴミ受け用の網を入手。丸くドーム型に整形して火床の大きさにカット [続きを読む]
  • 親方工房からの贈り物 その3(拡張キャリア)
  • 少し前になりますが、友人の親方から使わなくなった拡張キャリアを譲ってもらいました。元々は親方のカブに装着されていたもの、分厚い4mmのアルミ板で出来ています。素晴らしい出来!一品ものでオーダーすればその価格はどれくらいになるのでしょうか?おそらく一万や二万では無理でしょう!私のカブ カスタムのキャリアに合わせてボルトの穴を開けて装着!OGKのキャリアチェンジシステムにも対応しているので。過去記事→【カブ [続きを読む]
  • パニアケース修復
  • 先日の立ちゴケでは、バイク本体には全くと言って良いほど損傷はありませんでした...しかし、そのダメージを一身に受けたのがパニアケース。裏側が1cmほど凹んでます、このままでも使えないことはないのだが、装着と取り外しに引っかかりが出てきたので、修正することに...ブラケット類を取り外し、凹んだところをプラスチックハンマーでたたき出す。最初は木の板を当てて叩いていたのだが、なかなか思うところに力が入らないので [続きを読む]
  • 久々に九州脱出 出雲・田万川編
  • 前記事から続く前記事→久々に九州脱出 蒜山公高原・大山編今回のキャンツーに先立ち広島・山口の友人に声を掛けていました。突然の訪問なのでどうかとも思ったのですが、彼らの裏庭で幕を張るのに黙っている訳にはいかない(^_^;)その結果、今回広島の友人であるのぼうさんが出雲を案内してくれると連絡がありました。のぼうさんのブログ→のぼうと冒険号の旅日記本当なら境港経由で宍道湖 中海沿いを走ってみたかったのだが、時間 [続きを読む]
  • 久々に九州脱出 蒜山高原・大山周回編
  • 先週、佐多岬の近くでキャンプした記事を上げたところ、同じ日にムルティで近くにキャンプしてました〜というコメントをいただきました。その方のブログを拝見したところ、なんと岡山から一泊で佐多岬へキャンツー...私の仲間内ではこういう距離感を喪失した方をヘン〇イさんと呼んでます(^_^;)メタボライダーさんのブログ→バイクがある暮らしその記事を見ている内にグッと気持ちが昂ぶってきて、金曜日がたまたま休みだったのと [続きを読む]
  • 浜尻キャンプ
  • GW以降良い天気が続いています、週末も晴れの予報。と言うわけでムルティでキャンプへ出かけてきました。行き先は佐多岬方面、いつものように桜島フェリーで大隅半島へ渡り南下して錦江町、雄川の滝へ。二年ほど前来た時には滝の水量が多すぎて自慢のエメラルドブルーの滝壺を見ることができなかったのでリベンジです。↓これはその時の雄川の滝。重いカメラバッグを持って1.5kmほどの遊歩道を歩くと見えてきました。通常滝は水量 [続きを読む]
  • 霧島カブミーティングと世界一温泉
  • GWのカブのキャンツーのことをFace Bookのカブグループに投稿したところ、管理人の方から今度道の駅霧島でカブミーティングをやるので来ませんか?との連絡を頂いた。その開催日当日、早めに家を出て霧島周辺の道をぶらぶら探索。そしてカブミー会場へ既に30台くらいのカブが集まっています。声をかけて頂いた管理人の方にご挨拶をして、後はまったりとした時間を過ごします。中には私のカブと同じ、スーパーカブC50カスタム、今と [続きを読む]
  • GW最終日 久々にダンデムツーリング
  • 私は割と長い間バイクに乗っているが、ほとんど二人乗りはしたことがない、というか後ろに乗ってくれる人がいなかったからである(^_^;)相方も長い間バイクに乗せてなどと言い出すことはなかったのだが、昨年あたりからどういう心境の変化か、バイクでどっか行きたいとか言い出した。それでGW最終日 ダンデムツーリングに出発、ダンデムはこれが二回目少し不安である...慣れていないのであまり遠出はせず、天草を一周することに。&n [続きを読む]
  • GW後半戦 スーパーカブであそ阿蘇び 三日目
  • 最終日、早く寝たせいか長時間の宴会の割には二日酔いにもならずすっきりとお目覚め。さくっと撤収です。左端のXR230は昨夜宮崎Sさんが無理矢理焚き火に引っ張り込み、親方が説教ぶちかましていた名古屋の青年です(^_^;)鹿児島に行くと言うことなので一緒に案内してあげることになりました...が!集合写真を撮りここで解散するつもりが、予定より時間が早かったため昨日行けなかった絶景スポットによって解散することに。そこは初 [続きを読む]
  • GW後半戦 スーパーカブであそ阿蘇び 二日目
  • 翌朝、起きるとフリーサイトに立っているタープがいくつか倒れ、夜中撤収したのかテント自体もいくつか消えています。honeGさんの宴会幕は片方のポールが倒れただけでなんとかOK。駄菓子菓子、私のテントは被害を受けてしまいました(>_テントの上部に30〜40cmくらい真横に裂けてます(>_今夜の幕営はガムテープで補修してなんとかなりそうですが、割とテンションのかかるところなので補修して再利用は難しいかもしれませんwwwこ [続きを読む]
  • GW後半戦 スーパーカブであそ阿蘇び 一日目
  • GW後半戦はカブで出撃します、行き先は阿蘇・久住、カブ友と阿蘇をあそびまくるのが目的、題してスーパーカブであそ阿蘇び!3月の玖珠・伐株山のカブミーの時、トラブルで途中リタイヤしたリベンジでもあります。その時の記事→第一回九州キリカブ カブミーティング参加....ならず前回と同じく午前6時に出発、前回トラブった鬼門の伊佐市を抜け、最初の関門九七峠。天候は雨wなんとか峠を越えると、予定では保つはずだったガソリ [続きを読む]
  • GW前半戦 日向・諸塚・玖珠
  • GW前半戦、前回のキャンツーは雨にたたられた為リベンジキャンプへ出発。行き先は前回南に下りたので、今回は北上久々に宮崎で幕を張ります。都城から高速に上がり西都で下道へ、対面通行の東九州道より広域農道の方が断然おもしろい。幕営地は宮崎県日向市の日向サンパークオートキャンプ場。HP→http://hyugasunpark.wixsite.com/sunpark/blank-5日向市のリクリエーション施設サンパーク内にあるキャンプ場、宮崎では珍しい温泉 [続きを読む]
  • 親方工房からの贈り物 その2(ピコ・パクリル)
  • 私のキャンプに付きものの焚き火、昔と違って直火なんてもっての他、焚き火台は必須です。今手持ちの焚き火台は...1 ロゴス ピラミッドグリル・コンパクト 木炭で使う分には使いやすいしコンパクトなんだが、薪を燃やすようにはできていない。2 ユニフレーム ファイアグリル手持ちの焚き火台の中で一番使用頻度が高いのだが、これで調理するのは難しい。3 ユニフレーム 薪グリル風にも強く調理可能、太い薪もガンガンくべられる [続きを読む]