燃える親父 さん プロフィール

  •  
燃える親父さん: 燃える親父審判
ハンドル名燃える親父 さん
ブログタイトル燃える親父審判
ブログURLhttp://atsusin.blog.fc2.com/
サイト紹介文今年から所属組織を変わり高校野球公式戦の審判を目指しています。引き続き宜しくお願い致します!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供267回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2012/01/20 00:50

燃える親父 さんのブログ記事

  • 当たり前の事を
  • 我が県の選手権大会も昨日でベスト16が出揃いました。いよいよ佳境!これからの戦いが本当の意味での厳しい戦いとなるんだと思います。 審判もそんな厳しい戦いを猛暑の中で裁く事となりますので、心身共に大変だろうなと思います。 私は残念ながら最早お役目は終了となりましたが、果たしてそんな戦いを平常心でやれるのか?そんな事も思います。 以前から書いています通り、今回の選手権の審判は思った程のプレッシャーもなく今 [続きを読む]
  • 無駄な事は一つも
  • 先週火曜日から始まったC県の高校野球選手権は、昨日でベスト32が出揃いました。次男の出身校は残念ながら、Cシード校にコールド負け。三回戦の壁をなかなか破れないまま、今年の戦いを終えました。 私は初日、二日目そして土曜日の三日間、三試合の割り当てを頂きました。合わせて控え審判も二試合経験。想像を超えるスピードで出場させて頂けた事に感謝、感謝です。 ただ、幾つか問題点もありまして、選手権に相応しい審判であっ [続きを読む]
  • 夢見心地
  • 一昨日、昨日と二日間、選手権大会の審判を務めさせて頂きました。 二試合ともに、ホームグラウンドであるK球場での割り当てでしたので、ある程度の勝手は分かりまして落ち着いてやれたようにも思います。 ただ、ブラバンが入った中での審判は初めてでしたので、いつもと違うなあと言う感じもありました。暑い中でしたが、幸い風がありましたので何とか乗り切れました。 全力で走りましたが、問題ありませんでした。 アンパイアリ [続きを読む]
  • 心模様
  • こんな夜中に目が覚めてしまいました。あまり詳しくは書けませんが、選手権C県大会の審判デビューが間近に迫っています。 昨日の午後Mスタジアムにて、開会式が行われまして、私も地方局にてテレビ観戦しました。素晴らしい選手宣誓の中で、野球が大好きと言う言葉がありましたが、私も野球が大好きそして、審判が大好きだからこそ、目指した高校野球審判です! 55歳、定年まで僅か5年での挑戦は遅きに失したとも言えなくもないで [続きを読む]
  • 決戦を前に!
  • 今週は残していた勤続30年の特別休暇を取らせて頂きました。今日は猛暑日ですが、冷房の効いた部屋でのんびりと過ごしています。 およそ酷暑と戦う審判とはかけ離れた生活ですが、あと数日で高校野球審判デビュー戦となりますので、その前に心身ともに休めていると言うことです。 この土日、非常に暑かったですが2日ともに午前、午後二試合の審判をさせて頂きました。途中暑さにギブアップしそうにもなりましたが、何とかやりとお [続きを読む]
  • 最終調整
  • 九州では大変な雨となりました。このブログにコメントをお寄せ下さいます方々の中にも九州の審判が何人かいらっしゃいます。皆さま状況はいかがでしょうか?お見舞い申し上げます。 こちら首都圏は夜突如のにわか雨がある程度。何だか申し訳なく思います。 そして、前週末くらいから暑さが本格化しました。日曜日朝一番の試合の塁審のみの審判でしたが、結構暑さに参りました。 毎年の事ですが、土日のみのサンデー審判で、ウイー [続きを読む]
  • ボーク宣告を契機に
  • 日曜日は、朝一番に私のメインである市民大会の二塁審判を務めさせて頂きました。 前週は土日ともに審判はなく、この土曜日もありませんでしたので、久しぶりの審判と言う事で気合も入りました。 Aクラスと言う事で両軍投手ともに素晴らしくテンポの良い試合。ただ、片方の投手はややセットで止まらない感じがありました。 そして、ある回に走者一塁で止めずに投げましたので、すかさずザッツボークを宣告。捕手が投球を補球すると [続きを読む]
  • 査定
  • 昨日は思いがけず体調を崩してしまいました。もう若くないわけで、気を付けなければと思いました。 さて、NPB審判Sさんとの会合は本当に楽しく、あっという間に時間が過ぎてしまいました。 私が遭遇したトラブルの対処についても、しっかりとこうすれば!を教えて下さいました。一流の審判は、様々なケースについての対処法をしっかりと持っておられるんだなあと言う事を実感しました。 そして、彼らプロの審判の査定についても教 [続きを読む]
  • 夢の中?
  • 土曜日の夜は飲み会でした。このところ度々飲ませて頂いている魂のジヤツジさんと、もう一方、ジャッジさんの高校野球部の後輩との飲み会。その方、誰あろうNPB審判員のSさんです。今年WBCに日本代表として、アメリカへ行かれジャッジされた方と言えばすぐに分かってしまいますね。 当日はMスタジアムで球審をされ、翌日は控え審判と言うことで、飲み会が実現しました。 少し遅れて来られたSさんは180センチを超える巨漢で迫力満点。 [続きを読む]
  • 反省会
  • 我々審判が必ずやる事。試合前の打ち合わせと試合後の反省会。 これは、どこの組織でも当然のようにやっている審判ならではの風景です。 そして、ややもするとパターン化した物となってしまいがちです。最近少し反省して、いつも持っている小さなノートに打ち合わせで話すべきことをまとめて、それを見ながら話すようにしています。 その件については、また別のタイミングで話したいと思います。今日は試合後の反省会についてです [続きを読む]
  • 判定不能ても
  • 先日オープン戦の審判をさせて頂いた社会人の強豪チームが県大会で優勝したそうです。嬉しい限りです! さて、そのオープン戦での話です。このクラスとなるとキャッチャーの肩は強く、送球は正確で簡単には盗塁は成功しません。 ある試合の終盤、負けているチームが勝負をかけて盗塁を仕掛けてきました。二塁審判の私は、送球を見ながらタイミング良く振り返りました。 と!凄い砂埃でベース上が見えません!!うーん・・ が躊躇す [続きを読む]
  • 審判は趣味か?
  • 最近ある方に、素晴らしい趣味をお持ちですね。と、言われました。そこで、考えました。審判は私にとって趣味だろうか?と。 確かに防具など審判道具を買い揃えるのは趣味の世界かなあと思います。新しい道具を身につけて、グラウンドに立つことはこの上ない喜びです。 が、一度グラウンドに立つと、ギリギリの判断を強いられます。また、少年野球審判や高校野球審判は、教育者的な指導も求められる場面があります。 これから居合 [続きを読む]
  • 集大成
  • 昨年まで所属させて頂いた少年野球の組織では、今夏季大会が行われています。毎年6月半ばから8月末まで、一時夏場の中断はありますが、約2ヶ月のロングランな大会となります。ある意味集大成の大会となる訳ですが、本当の意味で子供たちが特に六年生が成長した姿を見せるのは、一夏を越えた秋です。 チームとして円熟するのも、10月頃。ですから、その頃に行われる地域ブロックの大会などは、素晴らしい試合の連続で審判として [続きを読む]
  • 良い角度
  • 昨日の部会で、大ベテランの審判の方が部長の何かありますか?の問いかけに、やっぱり良い角度で見る事が大切と言うけど、なかなか難しい事だよね。 と、おっしゃいました。 長年審判をされてきた方の発言だけに、重いなあと感じました。 確かに、例えばホームベース上のクロスプレーでは、瞬間的に動いた位置がまずく、そこで見えるのかよ!と言われた事もありました。 結局は、経験の積み重ねと、試行錯誤の繰り返しなんだと思い [続きを読む]
  • 梅雨らしい一日
  •  今朝は朝からしとしとと雨が降ってました。連絡をすると、グラウンドの状態は悪くないので取り敢えず集合との事。車で15分のK球場まで出かけました。が、雨は一向に上がる様子は無く、結局中止となりました。球場に隣接する我々の組織の部室で定例の審判部会が小一時間ありました。来月の出動可能日を申告しました。もっとも、来月は高校の選手権や中学の総体が行われるため、月初と月末しか市民大会の予定はありません。 その [続きを読む]
  • グラウンドに思う
  • 週末、明日は私用で審判はやれません。そして、明後日日曜日はまた、朝から市民大会と言う大人の軟式の審判です。恐らく二試合の配置を頂きます。 その市民大会は一部河川での試合もありますが、メインは市内唯一のスタンド付き球場である、 K球場で行われます。 少年野球の審判としては、開会式と決勝戦の日に使われる球場ですので、ある意味憧れの場所として審判する事を目標としてきた球場です。 が、今年は毎週のようにグラウ [続きを読む]
  • 失敗の先に!
  • 二塁審判での課題は、内野内に入った場合の外野への飛球に応じた動きです。特に、センターへ飛んだ場合に、一塁のカバーへ入るのか、三塁のカバーへ入るかの見極めが下手で、何度も失敗を繰り返してきました。ある時にはもはや対応不能と思った事もあります。 日曜の午後の試合。二塁審でした。センターへの飛球に対していつもと違う感覚がありました。打球が放たれた時点で、直ぐに動きませんでした。センター方向を向いて、左右 [続きを読む]
  • 軟式ならでは?
  • 日曜日午前の軟式公式戦の球審では、二発被弾しました。キャッチャーが補球し損ねた投球を顔面に。こちらは、さほどの衝撃はありませんでした。 が、もうひとつの方は結構な痛みが今も残ってます。左打者のファウルボールが後ろに飛んで、なんと私の左腕に当たりました。あまりの衝撃に手にしていたインジケータを落としてしまいました。 正直驚きました。右手は、補手と打者の間に入るため、がら空きになりますが左手は補手の身体 [続きを読む]
  • 早めのセット
  • 土日、塁審では早めのセットに心がけました。前週の高校の練習会の際に指摘された点です。 特に二塁審が大事。ピッチャーがオンザラバーつまり投球板に着いたら直ぐにハンズオンニーに構える。それに合わせて他の塁審も構える。そう教えて頂きました。 早速実践しました。意識しますと、確かに集中力が高まります。塁審に大切なことは一試合通して集中力を切らさないこと。それを実感していただけに、的確な指摘だったと思いました [続きを読む]
  • 気持ちが大事
  • この週末、大人の軟式三試合と高校のオープン戦か一試合を審判させて頂きました。 全ての試合で同じように審判しなければいけない訳ですが、やはりオープン戦よりも、昨日の公式戦の審判の方が気合いが入ったのが正直なところです。 土曜日午前の社会人軟式は、国体クラスのチームの対戦で、レベルも相当に高く勉強にもなりましたが、少し気持ちの入りが弱かったかなあ?と反省しています。 それにしても、昨日の公式戦は気合が入 [続きを読む]
  • 一歩ずつ!
  • この土日も審判の日々です。明日は、朝はハイレベルな社会人軟式チームのオープン戦。そして、午後ある高校のオープン戦の審判の予定。 そして、日曜日は大人の軟式の地域代表決定戦の審判です。恐らく2試合の審判をさせて頂く事になると思います。 今年の最大の目標である高校野球の選手権は来月!こうして、社会人軟式をやりながらの準備です。 先週の練習会でご指摘頂いた点を踏まえて、一つ一つの審判をしっかりと務めたいと思 [続きを読む]
  • 神経戦
  • 土曜日は社会人軟式の強豪チームのオープン戦の審判でした。2試合行われましたが、第一試合の球審を配置して頂きました。 全国大会にも出場する強豪チームの野球は本当にスピーディーです。3月に一度塁審二試合を経験させて頂きましたが、レベルの高さに驚きました。 そして、今回は球審です。投手の球に目が付いていけるのか?不安もありました。序盤は、私の判定にややバッテリーが不服そうにする場面もありました。ようやく、 [続きを読む]
  • 冷静に反省します
  • 日曜日の高校野球練習会、実はとんだ事をしてしまいました。 私はこのところは、球場に向かう時には審判着では行きません。襟つきのシャツにスラックス。靴下も審判用は履かず、バッグに入れて現地で履き替えます。 これは、審判の基本とある方に言われてから必ずそうしてます。そして、私自身の心の切り替えとして、有効とも考えています。 日曜日も同じように、学校へ向かう時には普段着で伺いまして、現地で着替えさせて頂きま [続きを読む]
  • 形と実質
  • 日曜日の練習会では、疑問が生じた件が、ありました。走者なし。センターを越えるように打球。一塁審判の私は、まずはコーチヤーの立っている前あたりまで、打者走者の触塁を確認しながら移動。打者走者は、一塁を回り二塁ベースを少し回ったところで止まり、二塁へ帰塁しました。 打球はセンターの選手からショートへ返球されました。 プレーの様子を見て、二塁から走者が三塁へ回る事は無いと判断して、ボールがピッチャーへ返さ [続きを読む]
  • 充実とほろ苦
  • 土日は、朝から1日審判の日々でした。 土曜日の社会人軟式は組織の師匠から球審の配置を頂き、懸命に務めました。高校野球では見たことの無い切れ味鋭いスライダーと伸びのあるストレート。 少し戸惑いもありましたが、まずまずやれたかなと思います。社会人軟式も、この国体クラスとなりますと、プレーの質が違いますね。審判としても、もっとレベルを上げないと!と思いつつ、大いなる遣り甲斐を感じました。 そして、昨日は高 [続きを読む]