niceminato さん プロフィール

  •  
niceminatoさん: ITSELF この世界で知っておくべきたった一つのこと
ハンドル名niceminato さん
ブログタイトルITSELF この世界で知っておくべきたった一つのこと
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/niceminato
サイト紹介文非二元。ノンデュアリティー。悟り。これらの言葉が指すものに興味がある方へ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2012/01/21 12:49

niceminato さんのブログ記事

  • 雑記8
  • ただただ座っている坐っているそんな身体が認識されたとして静寂が 沈黙が隅々まで場を支配したとして中心がその立場を無くし珈琲の残り香に明け渡されたとして- [続きを読む]
  • 雑記7
  • *無常私という感覚も刻一刻と変化する私という思考も刻一刻と変化する身体の周りの空気身体の中の細胞も刻一刻と変化する気づき 観照意識 存在 これ呼ぶことが出来るものも 出来ないものも刻一刻と変化するさっきまで私と呼んでいた 感覚 はもう別物になっているいままさに私だと思っている 感覚 はもう別物になっている* [続きを読む]
  • 雑記6
  • *探求というそういう動きそういう思考自体にただただ寄り添うその寄り添いが消化されると探求それ自体も全体性そのものだったと気づかれることになるこれは穴を掘ってまた埋めるようなことにも見えるが雨や光や風と同じ自然のものでしかない意識が意識を探し求めるように自由に自然に* [続きを読む]
  • 雑記5
  • *自我の昇華とビーフジャーキーの消化は同じもので私という感覚のShow化も同じものほとんど同じというよりも全く同じものでオールOKと言うための余白が無いほどのオールOK* [続きを読む]
  • 雑記4
  • *この気づいている意識(気づきそのもの)に私(個人)という感覚を「見られる」という完全に受身で精妙な認識それは「私という観念」の特別性を消し去ることがある* [続きを読む]
  • 雑記3
  • *ノンデュアリティーという観念と共存する、・何かを求めているような感覚・今まで探求と呼んできた落ち着きのないような感覚・非二元性と呼ばれるものを知ろうとする動きこれらような何だか分からないけど「不足」しているような感覚に「分離や探求」というような名前を付けずにネーミング保留のままでただその感覚の「様子」を見守る。その感覚に対して「人見知り」せずにオープンにその自由を尊重し、一切触ろうとせずにただ素 [続きを読む]
  • 雑記2
  • *例えばテーブルの上にある花瓶に意識が止まるこの時止まったのは花瓶と呼んでいる固定化された独自の認識と意識と呼んでいる固定化された独自の認識の双方である意識とは全ての認識と非認識を含むこれそのもので何一つそこから抜けることは出来ないなぜなら抜けるという固定化された独自の観念も当然それに含まれるため* [続きを読む]
  • 雑記1
  • 何であれ「対象」に働きかけようとするその動きの始まりはとてもスムーズで自然でそれはちょうど雪の結晶が目撃された時のような驚きと諦めというフィルターが感動を写し出すそのオートマチックであるがゆえの美しさは人間(思考と身体)という生き物を見つけるための手掛りになりと同時にオートマチック以外という概念を無効とする世界と私との距離を測っていた物差しは私を連れて姿をくらましたが玩具の物差しならすぐに現れる空 [続きを読む]
  • 少しゆれる
  • で、静かにするというその様が(前回のつづきです)空気の中にひっそりと身を潜めて辺りをうかがう「私」という観念の陰影を僅かに炙り出すことになるかもしれないという、そういう遊びです。上手く遊べば「私」が微かに揺らした空気の本性である無条件の優しさ(明渡し)のようなものが「私」の気配を無効にしてくれるかもしれません。だからどうってことではありません笑)沖縄でも今日は寒いです。あったかくどうぞ。* [続きを読む]
  • いちばん
  • 今日はおそらくテンションが大きく上下しないであろう静かな「遊び」のご紹介です。【 対象見つけ 】上り慣れた階段を素直に上っていく身体と、それを認識している意識と、昨日の記憶の断面。街角で何かをインタビューされて「恥ずかしいです」と言い終わった後のおじさんの顔。この文章を書いている人間の顔。この文章を書いている生き物の気配。こんなふうに何でもいいので対象を見つけ出してみます。見つけた対象には特に何かを [続きを読む]
  • ことの成り行き
  • ふと我に帰る、言いますが「気づき」は「結局どこに帰ったのか?」をこのへんで一旦はっきりさせておこうという確認。よろしければご一緒にどうぞ〜*まずは「気づきの本拠地」はどこなのか予測します。あちこちにフォーカスが移っても自動的に戻ってくる言わば「気づきのホーム」の特定を試みます。頭の中心なのか、後頭部の辺りなのかおでこの辺りなのか、胸の辺りなのか、もちろん「何となくこの辺りかな〜」で充分です。それで [続きを読む]
  • ブュッフェのようにいくらでも
  • どうしても思考は意識と呼ばれる「これそのもの」を解明しにかかるようです。これはもう本能であり性分であり思考の自然な姿としか言いようがありません。ですので思考がきちんと満足するまで、お腹いっぱいになってリバースするまで非二元・ノンデュアリティについての観念をたっぷりと頂きます。そうすると「もうしばらくは見たくないな〜 しかし食べたな〜」と言ってくれます。でも、少しするとショッパイのを食べたら甘いのが [続きを読む]
  • 実相
  • ああだこうだと考えている。そして、思い出したようにその「考える」という行為の最終目的を自問する。 でも「自分」という虚構の、より素敵な虚構のためにせっせと考えるのも悪くないんじゃないか。三郎は、そういう避難場所をすぐに用意してしまう自分を小さく責め、フレンチプレスで抽出されたコーヒーをカップに注いだ。アールグレイのようなエチオピア豆の香りは空間を支配し「とは言えどんな思考も誰のものでものない」とい [続きを読む]
  • おめでとう
  • おめでとう。そう言われると何だか不思議な感じがしますが笑あけましておめでとうございます。元旦くらいのまだ今年見知りしてるような空気感も結構好きなんですが 2017年が馴染んできましたね〜。と言うことは(はい もういきます笑)たった今ここに認めることができるこの気づいている「意識そのもの」ももう2017年製の代物です(そう名付けたのなら)ずっと変わらない「私だけの特別な何か」または「みんなで共有している特別な [続きを読む]
  • ケニア豆のように
  • 今年もその時々の思考や感情に任せて沢山の表現が起こり、埋もれ、忘れ去られました。甘い忘却。笑甘い忘却・・と書かれたこの画面を見ていたらもう何も書くことが出来なくなってしまったので今年はこれで筆納めとさせて頂きます 笑また来年、よいお年を♪*[追記]今年のスカイプセッション受付は終了しました。来年からは毎日朝8時30分からの40分間(1枠のみ)とさせて頂きますのでよろしくお願いします。はい、きっと朝が好き [続きを読む]
  • Experiment.7
  • 「それじゃあ 瞑想でもしようかなぁ」そんな時、そう、やり始めのその瞬間まず気づきはどこへ動くんだろうか。いつかそんなタイミングが来たら観察してみると面白い。今日はそんな実験のシェアです。【 実験.7 】まずは楽な姿勢で座る。イスでも座布団でもいつもの慣れた感じで座る。ふぅ〜っとゆっくり深呼吸。何回でも満足するまで。(※ここからはストイックVer.でお送りします笑)そして今日の瞑想は「一切何もしない」という [続きを読む]
  • 自由の味わい
  • もし、トニー・パーソンズをエスプレッソで飲んだらというような濃縮された旨味に出会える一冊。「オープン・シークレット」表現不可能な「これそのもの」をトニーの見事な焙煎とヒロさんの華麗な抽出でじっくりと堪能出来るメリークリスマスな一杯。カップは濃厚なコクがあるがフルーティーで軽やか。おそらくケニアで半分、エチオピアで半分書いたんじゃないだろうか。あとがきはきっとパナマのエスメラルダだろう。目の前にある [続きを読む]
  • Big Rip
  • デパートの屋上、午後一時半。この時期にしては風が柔らかい良く晴れた日曜日。どこからか聞こえてくるアマチュアバンドの演奏アルマゲドン? エアロスミス。三郎はリアルゴールドをまた少し飲み読みかけの本に視線を戻す。*そもそも思考も含めたあらゆる経験(五感での)認識には持ち運びが便利な取っ手みたいなものは付属していないようで(あるとしたら思考の中に)、対象を積極的に「対象にしよう」としなければどこにも持ち [続きを読む]
  • Coofffeee
  • まさかヒロさんも発見されていたとは〜笑同じタイミングで鼻唄を歌ってしまったような「うれし はずかし タカシ」状態。僕も先月知ったばかりなのにもう三回もリピート注文(変態的 笑)特にエチオピア・グジの次元が違うフルーティーなフレーバーは本当に「凄い!」としか言いようがなく一体どういうプロファイルでこんなことになっているんだろうとワクワクしてしまう。また届くのが楽しみだ。そしてヒロさん焙煎のオープン・シ [続きを読む]
  • 冥利に
  • 人間が生きること思い出を忘れてしまうことトイレットペーパーを買うこと恋ダンスを3秒だけ踊ってみることたぶんそれはGood Lifeぼ〜っとしてる間に思考が解放されてニタ〜っとしたとたんに身体が解放されて細胞が素粒子が電子が解放されるマハルシがつぶやいたことマハラジが嗅いだにおいマハ原田が書きためたお話マッハ速人のパウンドいずれも人間冥利に*今日はポエムとポテト(じゃがいも心地)が止まらない止まった笑 [続きを読む]
  • 発見
  • 男がひとり、道を歩いている。少し肌寒い、日曜の朝。想定していたより冷たい風が男の鼻を冷やす。男はふと「なんだか鼻が冷たい」と気づく。鼻が冷たい男が、ひとり道を歩いている。しばらく歩いたあと突然男が立ち止まる。そして自分の「手のひら」をまじまじと見つめる。冷たい鼻もそばにいる。ふいに男は発見する「 おおっ 人間だ 」男は「人間の手のひらを見ている」あるいは「見ていた」ということに驚愕する。息が吐かれ、 [続きを読む]
  • 可能性
  • 意識そのものについて というとき 何をイメージするか? そして そのイメージ以外(意識そのもの以外と仮定するもの)とは どんなものか? よろしければセルフ実験でも【セルフ実験 * 街頭インタビュー】 いや〜 もしかしたら 意識そのもの以外、という可能性が 6%くらいはあると ひそかに思っていたんです。 いや私なんて12%ですよ。 そうですか、私はたぶん1%です。 え〜? わたし35〜! 私もちょうど35〜 イェーぃ! ワシは80 [続きを読む]
  • 途中
  • 例えばコンビニに入って、雑誌を少し立ち読みをしてドリンクコーナーでエビアンかボルヴィックでちょっと迷って、カップラーメンの前に立って逆に焼きそばもいいな、と思ったその瞬間。この身体は今 何の途中だろう?と考えてみる。もちろん日常のどんな瞬間でもいい。ライスの「肩もんでくれぃ」でやられた直後でも(笑この思考は今 何の途中だろう?* [続きを読む]
  • 美しいと感じる
  • メモコレしか存在しないという言葉すらすでにコレに含まれているという美しさ。何かの発言がスベったときの哀愁と美しさ。テーブル上のリモコンの定位置について語るとか散らかってた方が探しやすいんだ的な美しさ。美しいと感じること、感じてきたこと、感じるであろうこと、すらすでに含まれているというこれ。または生まれたてのおじいさんに出会ったような好奇心。を含んだ平安 etcスルーで笑* [続きを読む]