岡山の暇爺 さん プロフィール

  •  
岡山の暇爺さん: tedkimoto の 水彩スケッチ
ハンドル名岡山の暇爺 さん
ブログタイトルtedkimoto の 水彩スケッチ
ブログURLhttp://kimotolog.exblog.jp/
サイト紹介文岡山県中心に 全国・海外まで、旅とスケッチ紀行。 線を生かした水彩風景画を愉しんでいます。
自由文描いて楽しく、見せて楽しく、辛い批評はもっと楽しい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供187回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2012/01/21 17:48

岡山の暇爺 さんのブログ記事

  • 室津港 海駅館
  • 回船業で財をなした豪商の建物だったものを修復し、現在資料館になっています。海の宿駅として栄えた室津に関する 廻船、参勤交代、朝鮮通信使などの資料が見られます。ご笑覧のあとはランキング応援よろしく!このラベルを すると全国ランキングのページ    ↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 畝傍山
  • 畝傍山(うねびやま)天香久山、耳成山とともに大和三山と呼ばれ、2005年(平成17年)7月14日には他の2山とともに国の名勝に指定された。標高は198.8メートルと三山の中では最も高い。大和三山のスケッチポイントは 甘樫の丘。甘樫の丘はゆるい坂で約10分で展望台に着きますが、そこからの眺めは最高で、日本の原点 古代の都にタイムスリップしたかのような絶景に出会えます。... [続きを読む]
  • 法隆寺 夢殿
  • 法隆寺 ー 夢殿夢殿の建つ土地はもともとは聖徳太子一族の住まい「斑鳩の宮」があった場所でしたが、7世紀の中頃、戦乱の中で焼失。それを惜しんだ法隆寺の高僧行信は、同じ地に夢殿を含む上宮王院を建立。のち、その上宮王院が法隆寺に統合されて、現在まで続いてきたのです。 夢殿は、聖徳太子を供養する堂として建てられた堂です。八角円堂という夢殿のつくりも、円同は故人を供養する堂の形という定... [続きを読む]
  • 法隆寺
  • 日本の絶対的なお宝 仏教文化の宝庫 世界最古の木造建築 ー   法隆寺中門、回廊 と 五重塔で 金堂は向こう側です。法隆寺(ほうりゅうじ)は、別名は斑鳩寺(いかるがでら)とも言われている。 法隆寺は7世紀に創建され、古代寺院の姿を現在に伝える聖徳太子ゆかりの寺院です。創建は推古15年(607年)とされていて、金堂、五重塔を中心とする西院伽藍と、夢殿を中心とした東院伽藍... [続きを読む]
  • 成犬したタロー
  • 我が家の家族になって 以来1年6ヵ月 タローは立派に逞しく成長しました。相変わらず 吠えず騒がず慎重派のビビリ屋ですが、すこしづつ体力が付き、コニュニケーションもできるようになってきました。体長〈鼻先からお尻まで) 70cm    体高  40cm生後1年くらいから 変化はないので これが成犬の姿なんでしょう。近所にはたくさんの柴犬がいて 毎日の散歩で何匹かの「顔見知り」と... [続きを読む]
  • 宇甘川
  • ご笑覧のあとはランキング応援よろしく!このラベルを すると全国ランキングのページ    ↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 頭島
  • 島内の海岸通りの背後にある住居地区の一部ですが、細くて急な坂道の両側には昭和の建築とみられる寄せ棟本瓦のガッシリした家々が 曲がった道に沿って思い思いの方向に並んでいます。港町の特徴ですが、家の向きが 各戸違っていて 段差もあるので 変化のある構図ができていて スケッチには誠に都合がいい。ご笑覧のあとはランキング応援よろしく! このラベルを すると全国ラン... [続きを読む]
  • 頭島
  • 正面の緑色の建物は、頭島郵便局 として平成25年まで70年以上使用されていた建物ですが、現在は完全予約制のお店「頭島レストラン」。当時はこの町一番のハイカラ郵便局だったのでしょう。仲間とスケッチしていたら お店の人らしき方が冷たい飲み物を馳走してくれました。時間がなくて お店の料理を頂くことができませんでしたが、いつか再訪問したら 義理をお返ししたいと思っています。... [続きを読む]
  • 頭島
  • 海岸通りの家並みです。どの家も 壁や窓などは改修されているようですが、いえの骨格は 本瓦・寄せ棟の本格的な木造建築で、盛んだった頃がしのばれます。この通りの端のマーケットで 新鮮なエビや小魚の特売があり 買って自宅でテンプラにしてビールの ”あて” にしました。なに? 味はどうだったか? って? もちろん ”まいう〜” です。ご笑覧のあとはランキング応援よろしく!... [続きを読む]
  • 頭島
  • 頭島(かしらじま)は、日本の瀬戸内海にある有人島のひとつで、岡山県備前市に属す日生諸島の島。日生港の南、約 4 km 、日生諸島の中央部で 緩斜面に恵まれて住みやすい島で 住民は500人前後だそうです。ここはメインの船溜まりで 堤防に沿った海岸通りには 古いがガッシリした家並みが続いています。ご笑覧のあとはランキング応援よろしく!このラベルを すると全国... [続きを読む]
  • 琴弾の滝
  • 岡山県美作市滝宮このあたりの地名が「滝の宮」で 2000年以上の歴史がある 「天石門別(あめのいわとわけ)神社があります。名前からでも その故事来歴がありそうな雰囲気です。滝は2段からなり、上の滝が雄滝(おんたき)、下の滝を雌滝(めんたき)と呼ばれ、古くから知られている名瀑です。 夏は静寂に包まれ、秋は紅葉が美しく スケッチャーに好まれるポイントです。ご笑覧のあ... [続きを読む]
  • 鳴滝
  • 吉備中央町にある鳴滝の渓流鳴滝は水量が多く、あたりには巨岩・奇岩が多くあります。渓谷美の美しいこの場所を散策できるようにと、川の両岸に遊歩道をはじめ、いろいろな広場が整備されています。春は桜、夏は新緑、秋は紅葉と四季折々の滝の風情を楽しめます。川を渡る橋のふもとから上流に向かってのスポットで、ここから100米チョット上に滝があります。ご笑覧のあとはランキング... [続きを読む]
  • 宇甘渓
  • 宇甘川 あの紅い橋の下からのビューです。秋の紅葉は有名ですが、夏の清流も美しい。夏の間は海や水をモチーフの主役にしたいと思っています。新しく 滝・渓流 のカテゴリーを創りました(左欄)。ご笑覧のあとはランキング応援よろしく!このラベルを すると全国ランキングのページ    ↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 習作 渓流を描いてみる
  • 初夏の去る日 涼しさを求めて 渓流スケッチに出掛けました。思ったほど涼しくは無かったし スケッチ途中で激しいにわか雨にも見舞われましたが スケッチ2枚と ペンスケッチ(面白い石や樹などの部分スケッチで着彩なし)数ヵ所仕上げ せせらぎの音を耳にしながら 結構美味いコンビニのおにぎりも楽しんだことです。いつも 茶グレー・ブルーグレーの 「家並み街並み」ばかり描いていると 美しく鮮やかな色... [続きを読む]
  • 室津港の家並み
  • 室津港の中心部かっては(江戸時代) 西国大名参勤交代の上陸地としておおいに栄え 「室津千軒」 といわれる 家並みがつづいていたそうです。ご笑覧のあとはランキング応援よろしく!このラベルを すると全国ランキングのページ    ↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 室津の家並み
  • 海岸から背後の丘へ続く坂道の両側には 堅牢な感じの木造家屋が軒を連ねています。なかには木造3階建てもあり、「袖卯建」がつけられているのもあり その旧さがわかります。ここだけではなく、海岸の通りには いくつも木造3階建ての建物が残っています。ご笑覧のあとはランキング応援よろしく!このラベルを すると全国ランキングのページ    ↓にほん... [続きを読む]
  • WET in WET を楽しむ
  • WET(ウエット)描法というのがあります紙面が濡れている状態で描く・・・・・wet in wet紙面を乾かして 塗り重ねて描く・・・wet on dry濡れている状態も flood wet  (洪水のようにタップリ濡れている)silky wet (シルクのようになめらかに濡れている)濡らすのも、表だけ とか 裏面だけ とか 様々あるようです。お... [続きを読む]
  • 室津の家並み
  • 中央にあるのが 「室津民俗館」海産物問屋として富をなした 豪商の建物です。件の重要有形文化財で現在は資料館。ご笑覧のあとはランキング応援よろしく!このラベルを すると全国ランキングのページ    ↓にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 室津診療所のある通り
  • 室津港は 約2000年前、神武天皇の東征先導役が室津に港を建設したといわれる 古来より天然の良港として知られています。海岸に沿って古い家並みが続くメインストリートで 中央にあるのが 室津診療所。1000人を超える大名行列を受け入れる本陣がいくつもあったそうですが、いまでもガッシリとした木造二階、三階建ての建物がいくつも残っています。ご笑覧のあとはランキング応援よろ... [続きを読む]
  • 海岸通りの家並み
  • 初夏にはまだ少しという時期でしたが陽射しがキツく、コンクリートの岸壁でのスケッチはさすがに老体には堪えます。短時間でペンデッサンを済ませ、早々に日陰に待避して 適当着彩のずぼらスケッチです。ランスケープ横長サイズ スケッチブック G-6   (ミューズ社) 使用 ご笑覧のあとはランキング応援よろしく!このラベルを すると全国ランキングのページ  ... [続きを読む]