カメの子 さん プロフィール

  •  
カメの子さん: ロボカップ姉妹の日常
ハンドル名カメの子 さん
ブログタイトルロボカップ姉妹の日常
ブログURLhttp://kamenokokko.blog.fc2.com/
サイト紹介文ステッピー&ロック・オンの姉がロボットとか作りつつ制御の勉強してみたり、部品作ってあそんでみたり…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 349日(平均0.1回/週) - 参加 2012/01/22 11:39

カメの子 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 【ロボット設計】設計値と実際のロボットを比べる手順【父執筆】
  • 前回に引き続き、父執筆の記事です。以下、父の文章↓“狙って作る”がテーマですので、検証は大切です。設計計算上のロボットの最高速度と、実際の最高速度を比較してみましょう。○モータ電圧マブチモータの箱に使用電圧範囲と適正電圧が示されています。http://www.mabuchi-motor.co.jp/motorize/branch/b_0100.html適正電圧の2倍が使用電圧範囲の上限になっているのが分かります。ミニ四駆モータには適正電圧のみが示されてい [続きを読む]
  • 【ロボット設計】トルクからモータを選ぶ方法【父執筆】
  • 前回に引き続き、父執筆の記事です。以下、父の文章↓・“定格”をご存知ですか?定格とは“使用限度”と考えれば、理解し易いと思います。定格電圧10Vであれば、これを超える電圧を印加すると部品が故障、性能低下、寿命が短くなるなどの不具合が発生します。定格を超えない様に余裕を持った設計(選定)を心がけましょう!モータを選定する場合はバッテリー、モータードライバボード、配線の定格電流を知る必要があります。詳細 [続きを読む]
  • 【ロボット設計】ギヤモータを選ぶには。【父執筆】
  • 前回に引き続き、父執筆の記事です。以下、父の文章↓・ギヤのしくみギヤのしくみは“てこの原理の応用”です。てこの原理は棒を支える”支点”、力を加える”力点”、おもりを置く場所を”作用点”と呼びます。支点からの長さの比が5:1のてこを考えます。長い方に10kgの力を加えると、短い方では50kgのおもりを動かすことができます。ここで注目して頂きたいのは、力点と作用点の移動距離(赤線)です。移動距離は作用点が1に [続きを読む]
  • おやじロボの紹介【父執筆】
  • 久しぶりの更新ですが、今回は私の父が書いた記事となります。以下、父の文章↓せとうちオープンで開催される“おやじリーグ”をご存知ですか?目的に“既存のロボットキットの性能を最大限に生かしたロボットの製作、開発を通じて、メンターの技術スキルアップ、技術開発、技術交流を行い、子どもたちへの指導力の向上を図ることを目的としています。”とあります。OB・OGがお手本ロボを持ち寄るだけでも技術の伝承になります。素 [続きを読む]
  • 過去の記事 …