秦野の整体師 さん プロフィール

  •  
秦野の整体師さん: 秦野カイロの日々整体(秦野市渋沢の整体)
ハンドル名秦野の整体師 さん
ブログタイトル秦野カイロの日々整体(秦野市渋沢の整体)
ブログURLhttp://i-karada.seesaa.net/
サイト紹介文神奈川県秦野市でぎっくり腰、腰痛、肩こりと格闘する整体師がニュースや健康情報の感想などを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供349回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2012/01/23 12:01

秦野の整体師 さんのブログ記事

  • ビタミンDで風邪予防!?
  • 英国のロンドン大学などの研究だそうですが、冬場の日照時間が短いイギリスならではの結果ではないかな?と思ってしまう自分だけでしょうか^^;【風邪を引けない時に摂るべきは?】解析したのは、これまでに行われた25件の試験で、0〜95歳の1万1,321人が含まれていた。そのうち、1万933人分については、個別患者データが得られた。25件のうち12件の試験について、参加者はビタミンDサプリを毎日摂っていた。3件は週1回の摂取、7件は [続きを読む]
  • 水分の流れを良くしてスッキリしよう!
  • 身体に多く水分を溜め込んでしまうタイプのむくみの原因としては塩分過剰とアルコールが有名ですが、水分の排出が滞ってしまうタイプのむくみの原因はあまり知られていませんよね【むくみのメカニズムを理解して適切な対策を】水分の流入に対し、水分の排出が通常より減少してしまうとどうなってしまうでしょうか。もちろん行き場を失った水分が増え、むくみとなってしまいます。そんな水分の排出を抑えてしまう行為として有名なの [続きを読む]
  • 慌てずにつまんで圧迫
  • 鼻時の基本的な止め方は、鼻の両側をつまんで圧迫したら、その状態で5〜10分くらい安静デス【ハーバード大学の医師が教える、鼻血を止める簡単な方法】1.まず、顔を前方に傾け、鼻血が喉に流れこまないようにします。2.親指と人差し指を鼻梁の両側に置きます。3.親指と人差し指を下にスライドさせ、硬骨が軟骨に変わる 「崖のようなポイント」まで来たら、柔らかい部分で鼻をつまみます。4.血が止まるまで、やさしく圧迫します [続きを読む]
  • 亜鉛は不足しやすい栄養素
  • 日常生活の中で亜鉛の摂取量を意識することってほとんどありませんよね(^_^;)【健康維持に欠かせぬ栄養素ってなに?】「亜鉛不足は皮膚炎、貧血、味覚障害、発育障害、男性の不妊症、食欲低下、下痢、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の原因となるほか、床ずれが治りにくくなったり、感染症にかかりやすくなったりする」と言う。厚生労働省の食事摂取基準が定める亜鉛の摂取推奨量は、15〜70歳未満の男性で1日当たり10ミリグ [続きを読む]
  • 限界を超えたチャレンジは若返りの妙薬!?
  • 世の中には65歳以上でも脳年齢は20代と同レベルという"スーパー高齢者"がいるのだというから驚きデスね【いつまでも「脳年齢20代」を確保する方法】「かつて、人の脳の神経細胞は、年を取るにつれて減る一方で、加齢による脳の老化は避けられないと考えられていました。しかし2007年、米コロンビア大学の研究者は、年齢にかかわらず、脳の神経細胞が誕生し続けていることを証明しました。つまり、中高年であろうと、記憶力 [続きを読む]
  • 酒類を替えてもリスクはたいして変わらない
  • 糖尿病予防の為に好きなビールを飲まないでウイスキーや焼酎を飲んで我慢している方がいますが、アルコールを飲んでいるという時点で酒類をビールから焼酎などに替えたとしても糖尿病リスクはたいして変化が無いそうです【ビール、ワイン、日本酒好きに朗報!  酒類は糖尿病のリスクと関連性がない】飲酒量を報告した6万2458人のデータを含む、欧州のコホート研究10件について分析したものだ。フォローアップ期間中の2型糖尿病発 [続きを読む]
  • 全身の筋肉を使おう!
  • 肉体といわれるだけあって筋肉の働きは身体を動かすだけではなく、健康を維持する為には必須の器官なのです【筋力低下は死に繋がる!老化防止に大事なのは筋肉だった】筋肉は身体を動かす運動器という役割にとどまらず、生きた器官として全身の臓器と密接に関わっています。骨格筋として姿勢や動作を保つ役割は想像がつきますが、消化管や血管など内臓の動きにも関与していることは少し意外に思われるかもしれません。体の中には発 [続きを読む]
  • やっぱり太陽光は必須
  • 体内時計をくるわせずに生活をする為には、日中に浴びる太陽光が欠かせません【最強の生活スタイルは体内時計どおりに暮らすことである。】日中にオフィスで働く人の睡眠の質を調査した最近の研究で、衝撃的な事実が判明した。職場に窓がある環境で働く人に比べて、職場に窓がない環境の人が浴びる自然光の量は173パーセント少なく、一日あたりの睡眠時間も平均46分短かったのだ。睡眠が短くなったことにより、病気の申告は増え、 [続きを読む]
  • 脳の為にも飲まれるな(@_@;)
  • 酒は適量なら百薬の長ですが、大量の飲酒は蓄積毒なります((+_+))【お酒を飲むと脳が縮む では休肝日を設ければ大丈夫?】最近では、飲酒量と脳の萎縮の程度は正の相関にあり、飲酒歴が長い人ほど進行が早いとの研究も発表されているのだそうです。「脳の萎縮には、“休肝日”の有無など飲酒の頻度や、蒸留酒、醸造酒といった酒の種類とは関係がなく、『生涯のうちに飲むアルコールの総量』が強く影響していると考えられており、 [続きを読む]
  • 太陽光を浴びないと頭痛の原因になるかも
  • 頭痛には様々な原因がありますが、ビタミンDの不足も視野に入れて対策をした方が良さそうデス【研究でわかった繰り返す頭痛の原因】イースタン・フィンランド大学が行った研究で、ビタミンDの欠乏症が、慢性的な頭痛のリスクを高めることがわかったのです(この場合の「慢性的」とは、週に1回以上の頭痛を指します)。血清ビタミンD値が最も低い被験者群は、慢性的な頭痛を経験する確率が、最も高い群の2倍でした(「血清〜」と [続きを読む]
  • いつか自分もAIと繋がる日が来るのかな
  • 12年後というのは衝撃的な速さだけど、「電脳化」の未来は意外と近いかもデス【「2029年、人間の脳は機械と融合する」 的中率86%のグーグル研究者カーツワイル氏が爆弾発言!】かねてより人工知能が人間の知性を超越する「シンギュラリティ(技術的特異点)」が、2045年にやってくると予想されていたが、カーツワイル氏は16年も早まるとの見方を示した。今から僅か12年後には、英物理学者スティーブン・ホーキング博士をはじめ [続きを読む]
  • 花冷えというには早いかな?
  • 今日は随分と冷え込みましたが、春はとにかく寒暖差が激しくて身体が疲れる季節朝起きるのも億劫になりがちだし、花粉症の方は特にキツイ季節ですよね【9割の人が感じる「春バテ」 寒暖差や新生活ストレスで自律神経に乱れ】ヒトの身体は寒暖差に対応するため交感神経の優位が続きエネルギーの消費が増え「疲れ」や「だるさ」を感じやすくなるうえ、気温の上昇で薄着になり身体が冷えやすく血流が悪くなるという。また、春の気象 [続きを読む]
  • 耳は年中無休で働いている
  • 高齢者の数が増えていけば、耳が遠い方が増えるのは当然ですが、20代の若い方でも大音量で音楽を聴いたり、日常生活での騒音により騒音性難聴になる可能性があり、今後、その数をさらに増やす傾向にあるようです【米国、2060年までに難聴者数が倍増】20歳代の若年層でも日常生活での騒音が原因で難聴となる例が存在するといった「騒音性難聴」の実態を明らかにした研究結果が発表された。同研究では、2012年の米国民保健栄養調査 [続きを読む]
  • 心頭滅却とまでは行かなくても、、、
  • 自分は注意力が足りないせいか、机の角や扉の取っ手などによくぶつかる為、痛みに悶絶するコトがしばしばあるのですが^^;いつもはただ、ジ〜っと我慢するだけなので、今度ぶつけたらイメージトレーニングで痛みを誤魔化すコトが出来るかどうか試してみたいと思います(笑)【突然の痛みを乗り越えるシンプルな方法】最初の痛みを感じたら、まずは「危険」と「ダメージ」の違いを認識することが重要なのだとか。「ダメージ」は乗り切 [続きを読む]
  • スマホ首にスマホ老眼が急増中
  • 最近、スマホの使い過ぎによる肩や首の痛み、目の疲れや頭痛を訴える方がとても増えています【若くても老眼になるってほんと?スマホが原因の老眼】加齢とともに毛様体筋が衰えて、ピントの調節がうまくいかなくなるのが老眼です。スマホ老眼とは目を酷使することで、毛様筋体が凝り固まってしまい、まさに老眼の様にピント調節がしにくくなる状態なんです。スマホは小さくてどこにでも携帯でき便利です。しかし常に小さな画面のな [続きを読む]
  • シッカリ鼻を使って呼吸しよう!
  • たまに電車に乗った時などに思うのですが、最近、口呼吸をしている若い子がとても増えているような気がします【顔つきまで変えてしまう口呼吸の弊害と 鼻呼吸のメリットを医師に聞いた】「口呼吸により体内へ酸素を取り込む量が減少するため、酸欠のような状態になり、睡眠障害や慢性疲労など、さまざまな症状や疾患が引き起こされるリスクがあると考えられています。特に子供は、常に口を開けている状態では、唇の筋肉が弱くなり [続きを読む]
  • 「漁る(あさる)」からアサリ!?
  • ついつい飲み過ぎてしまい食欲のない朝に食べたあさりのお吸い物が胃に染み渡る感覚は最高ですよね【二日酔改善の効果が期待できるアサリの栄養成分】深酒をした翌朝に、シジミやアサリの味噌汁を飲む人は多いと思います。アサリの栄養成分の中に「ベタイン」というアミノ酸が含まれていますが、このベタインは胆汁の産生を促進して、コレステロール値を下げるといわれています。さらに、アサリに含まれる「タウリン」には、アルコ [続きを読む]
  • 春野菜が食べたい!
  • 花粉症で何だかスッキリしないので、美味しい春野菜を食べて身体の中からリフレッシュしたい気分なのです【今が旬!”専門家推奨”の美味しく食べて キレイになれる「春の美肌野菜」7選】1.紫外線対策に「ブロッコリー」2.肌のターンオーバーを整える「アスパラガス」3.肌のキメを整える「菜の花」4.デトックスに「新玉ねぎ」5.むくみ解消に「グリーンピース」6.肌荒れ防止に「たけのこ」7.美白なら「新キャベツ」とのコト [続きを読む]
  • 実は腸内細菌に支配されているのかも!?
  • パーキンソン病といえば、手足の震えや筋肉の固縮などの運動症状に目が行きがちですが、便秘や不眠、うつ症状なども多くみられ、特に便秘は多くの方が悩まされるそうです【パーキンソン病と腸内細菌とのつながりが明らかに】パーキンソン病に関する研究は、従来、脳や神経系に注目したものが多かったが、近年、パーキンソン病の初期症候として便秘を訴える患者が多いことに着眼し、腸内細菌からその原因を追究しようというアプロー [続きを読む]
  • 老後の「読み、書き、計算」は大事
  • たとえ高齢であっても、適度な運動をすれば、筋力がある程度まで回復してくるのと同じように、適度な学習をすれば、脳の認知機能もある程度まで回復が見込めるそうです【音読と計算が認知機能の向上に効果アリ】被験者は学習療法を行うグループと、待機するグループの2つにランダムに分けられました。学習療法のグループには、半年間、毎日のように単純な計算問題と音読を行ってもらいました。計算問題は小学校低学年レベルの四則 [続きを読む]
  • 睡眠不足にならないようにしよう
  • 自分では睡眠不足だという認識が無くても、日常生活の中に睡眠不足の兆候が見られたら、身体の欲求に従って睡眠時間を増やすべきですね【危険な「睡眠不足」 こんな兆候は要注意!】○ほぼ毎日、電車に座っていたり昼食後の休憩時間に ボーっとしていたりすると、眠気を感じてうとうと居眠りをしてしまう。○日中はたばこやコーヒーがないと 頭や体をシャキッと保つことができない。○毎夜、布団に入るなりあっという間に寝落ち [続きを読む]
  • スプラウト(Sprout)の意味は芽または新芽
  • 見た目はカイワレ大根のようなブロッコリースプラウト。名前のとおりブロッコリーの新芽な訳ですが、抗酸化作用が高いといわれているスルフォラファンが多く含まれるスーパーフードとして最近話題ですよね【ブロッコリースプラウトが肥満を改善】研究グループは、スルフォラファンを混ぜた高脂肪の餌、またはスルフォラファンを混ぜていない高脂肪の餌をマウスに与え、それぞれの体重を比較した。すると、スルフォラファンを混ぜた [続きを読む]
  • 宇宙の旅には乳酸菌を忘れずに!?
  • 宇宙食も腸内細菌を意識するような時代が来るとは、、、スゴイ時代になったんだなぁ〜と感心してしまいました【「プロバイオティクス」JAXAが宇宙食への応用を研究】プロバイオティクスは、乳酸菌やビフィズス菌など、免疫機能の調節や腸内環境の改善といった有益な効果が期待される微生物です。味噌やヨーグルト、乳酸菌飲料などの食物に含まれます。被験者は、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在する宇宙飛行士。実験では、凍結 [続きを読む]
  • 大事なのは幸せを感じること
  • いわゆる「幸運な出来事」というのは偶然によるモノが多いですが、それを幸福に感じるかどうかは話が別。全く同じ出来事でも幸福に感じる人もいれば特にこれといって幸せに感じない方もいますただ、日々の生活のあちらこちらに幸福の種が転がっているのに、全て見逃しているのだとしたらもったいないデスよね【幸せは自分で作れる 実践している人たちの10の習慣】1. 小さなことに感謝する2. 体を動かす3. 人のためにお金を使う [続きを読む]
  • 猫背を改善しよう!
  • 姿勢が悪かったり、猫背だったりすると、他人にあたえるイメージも良くないですし、健康面から見てもマイナスの要素ばかりですよね【男こそ姿勢矯正!できる男に猫背はいない】できる男は猫背が日々のコンディションに与える甚大な悪影響を知っています。ふとした拍子に猫背になるならまだしも、猫背が常習化しているあなたは残念ながらできない男です。猫背は身体にゆがみを生じ、内臓や神経系を圧迫するため、身体にあらゆる不調 [続きを読む]