ウラ革三吉 さん プロフィール

  •  
ウラ革三吉さん: 日々のウラ革
ハンドル名ウラ革三吉 さん
ブログタイトル日々のウラ革
ブログURLhttp://mwsdesignworks.blog136.fc2.com/
サイト紹介文コツコツとオリジナル革小物をハンドメイドしている大阪のオッサンです。ヤフオクにブックカバーなど出品。
自由文ヤフオクには定番の各サイズのブックカバー、ノートカバーを出品しています。オリジナル商品のバイオリンのあご当てカバーはちょっと人気。
モデルガンホルダーは全くの鳴かず飛ばず。根っからの革職人ではありませんので変なものを多々作りますが、革の魅力を生かしたシンプルな小物を中心に製作しています。カートでの販売もしておりますので、またご贔屓下さいませ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/01/26 16:08

ウラ革三吉 さんのブログ記事

  • 忙中閑あり、厨房オカンあり
  • つい思いついちゃったので付けたタイトルですが本文には全く関係ありません。モグリ生活をする当方に忙中などと云える資格などありませんし、オカンもとうに亡くなっております。年中閑ありなので、同好会の会員さんに頼まれていた金具を購入しに出かけることにしました。それはハイアマチュア御用達ショップでの購入になるのですが合わせ技でいつも電話で注文するだけで、一度も行ったことのないプロショップにどんなところなのか [続きを読む]
  • キャンディポーチ/完成
  • 部品を新たに切り出して、側面の両端を5mm幅ほど漉きまして前面の部品3点をくっつけました。側面を漉くのは本になかったですが、前向きに言いつけを守らなかったのでまあこれもセーフということにして。ここでの新たなノウハウは、菱目打ちを斜めに打ち込んでパイピングの膨れてある根っこに穴をあけること。にゃ〜〜〜るほど。これは理解できます。ただどのくらい斜めにすれば根元になるのか行きすぎないかも気になりますし、一 [続きを読む]
  • パイピングの取り付け
  • パイピングはポケットになる前面と側面になる部分に挟まれるかたちになります。まずはその前になる部分のアールに沿って貼り付けてゆくのですがパイピングはぷっくり膨らんでいる面と平らな面のどちらの面を接着するのかの記述はありません。と、思っていたら今読み返してみると、平らな面に接着剤を塗るとあります。知らずにそうしていましたので、セーフ。言い付けをまだ守っております。偶然ですが。こうするとか、ああするとか [続きを読む]
  • まずはパイピング
  • ちっちゃいくせにパイピングが施してあるキャンディポーチ。作成はそのパイピングから始めるみたいです。挟む革の真ん中に接着剤を塗るのか塗らないのか問題が一応の決着を見ました。この本によると塗らないようです。ネットでの曖昧な情報をもとに塗ったり塗らなかったりしていましたが暫定決定です。また信頼できる情報に当たるまでは塗らない方針でやっていきます、おっちゃんは。結構パイピングを作る時の説明が濃くてその一つ [続きを読む]
  • キャンディポーチ
  • 3割も書いてある通りにやらずに、やっつけちゃったメガネ立てですがこの機会にスキルも向上させないと、と今回選んだのはキャンディポーチ、と云うそうです。型紙を拡大コピーすればそのままバッグににもなると云う、そのまま作れば、キャンディぐらいしか入らないちっちゃな横10cm縦6cmくらいのポーチです。そのくせ、相当難易度大です。ホック、カシメ、Dカン、ナスカンと金具もオールスターで、パイピングもあるという豪華版。 [続きを読む]
  • メガネ立て
  • ステッチがいっぱいでもう満腹だったので日を改めて続きなんですがパッチワーク部品は丸めました。後ろはレースでかがってあります。後は土台に貼り付け、完成。本の写真をパッと見て、わかった気でやっちゃうもんで後で注釈を読むと、全く書いてある通りにやっていないのが判明。本の通りに作ろうと決心したはずなのに3割も守っていません。いかんいかん。今度こそは本の通りに作ろうと作り直すことなど微塵も考えず次行きます。 [続きを読む]
  • まずは端革の消費
  • 4冊の借り出した本はタイトルには「端革」「ハギレ」「はじめての」と書かれたものが各一冊。本の最初には革の基礎知識や道具の説明にページが割いてありますのでとりあえずは最小限の道具と小さな端革を手に入れて何か作ってみようかと云う人向けと思われます。全くの初心者向け、当方にぴったり。手順の写真も豊富でわかりやすいのですがかと思うと3連のポンチを使っていたり10連くらいの菱目打ちを使っていたりの写真が・・・ [続きを読む]
  • 創作意欲
  • 昨日のブログは失礼しました。あの革を巻いた針金をどう使うのかと云う疑問がおありでしょうが、何も目的もなく、巻いてみました。なので進化も発展も何もしません。あ〜〜〜、革を薄く引くと針金にも巻けるんだな〜〜〜と確認できただけです。で、今日はまた同好会のお話です。先日風の便りで三角小銭入れの型紙を提供した時に作り置きの幾つかの小物の型紙も同時に差し上げたのですが それを作ってみようかと100円〜の端革が売 [続きを読む]
  • それがどうした?
  • I have a 針金I have a 薄革n〜〜〜〜、薄革巻いた針金それが何か??ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 感謝と不発
  • 今日は朝早くから同好会の準備に追われて早朝のブログ書きができませんで今に至るです。まあブログネタもなかったので、今日の同好会余話などを三角形の小銭入れは、まあ型紙が欲しかったと云うひそひそ話が本当だったようで、型紙みんなはけました。新規加入のお姉さんは、やる気ムンムンで(ムンムンじゃなくて満々ですね)まだ2回目だというのに、革は買う、糸は買うホック打ち用プレートも買うという大盤振る舞い、毎度あり〜 [続きを読む]
  • ショルダーバッグ/お披露目
  • 折り返しをしたショルダーバンドを移動カンに通すのに手こずりました。やはりつなぎ目がつかえて、ようやく通したものの、長さ調整はもうしないですね、きっと。まあそれでも完成したのでお披露目しますと手前の先代に比べて大きさは同じですが丸みをもたせたデザインに変更しています。パイプ芯を施すと、側面との区切りがはっきりして形がおさまりますね。まあいいんじゃないでしょうか。いつものことですが、同じものを作ります [続きを読む]
  • ショルダーバッグの続き
  • 先々週の同好会用にサンプルとして持ち込んだ作りかけのショルダーバッグですが次回まで二週間もあるし、そのうち仕上げればいいやと思っていましたら、もう二日後に同好会です。なんだかいつも同好会には追い立てられています。こんなはずじゃなかったような気もしますがどんなはずも考えていなかったので、そんなもんなんでしょう。各部品を作るところまでは進んでいましたのであとは合体させるだけです。天板と側面の間に入る中 [続きを読む]
  • バネホック打ち具のええやつ
  • 東京の荒川区、東日暮里にあるクラフトパーツの専門店。もちろん行ったことはなくて、たまにネットで利用しているだけですが実店舗のご主人だからでしょうか、確認を取るためにメールじゃなくてすぐに電話してきはります。ネットに載せていない商品もたくさんあるようで昔中国製の小型電動クリッカーが10万円で手に入るという話になった時には、ちょっと心が揺らぎました。同好会で皆さんに配るために安もんのバネホックの打ち具や [続きを読む]
  • 3角小銭入れ
  • 前回の同好会で、周回遅れの会員のおばさまがボソッと3角の小銭入れの型紙が欲しいわ〜〜〜とお仲間に云っておりました。当方、聞かないふりをしていたのですが、まあ聞こえているのはばれておりますしダイレクトに頼めない奥ゆかしさか狡猾さかはともかくとしてまあそんなに厄介なことでもなかろうと作ってみることにしました。確か正三角形が幾つか並んでいるだけの単純な構造だったような気がしまして最初なんとなく6つ並べて [続きを読む]
  • ショルダーバンド用
  • 今同好会では最古参チームがショルダーバッグを作っておりますがショルダーバッグと云うからにはショルダーバンドが必要ですわ。で、前回幅13mmの革紐を見てもらったところ細い。と。まあ細いと云われれば、細いんですがレディース仕様としては、こんなもんじゃないっすか?まあ、却下されたので次回までになんとかしないといけないので幅20mmと25mmのバンドを切り出しました。バンドに使える長い革をそうそう持っていないので黒だ [続きを読む]
  • インポートのカーフ/黒
  • どこからのインポートか説明がなかったんですがとりあえず国産ではないカーフの黒を購入しました。写真ではグレーに見えますが、まあ黒です。0.7mmと云う説明でしたが、〜1mmと云った所で手にとって思ったんですが硬さやしなやかさが当方の作る小物にはうってつけの感じです。ちょうど良い黒がなかったのでチョコだしか作らなかったロディアメモカバーを作ってみました。ナンバー11を作るつもりが型紙を間違って少し大きいサイズの [続きを読む]
  • そろそろ再開/完成
  • いつものことですが、やりだすと写真を撮るのを忘れちゃいます。なので完成品。側面の端を縫い、その縫い目をセンターにふたを縫い付けています。で、表替えし、モックのカメラを入れてみました。大きさ的には良さそうです。懸念材料が2点ありまして、ちゃんと磁石が受けの鉄板に当たるか?ということと、ふたと側面上部との隙間。やっぱここに隙間ができます。しかも磁石もうまくくっつきません。革を2枚通しての磁力が弱まって [続きを読む]
  • そろそろ再開/側面部
  • オーダーを受けるときに出来るか出来ないか分からないものは試作品を作るまでお金を頂かなくて、先に完成品を送って後で清算。まだお金を頂いていない気軽さから、どうも作成が遅くなりますが相手がマタギさんでないのでそうも云ってられません。なので形態違いの3試作目をしこしこやっております。今回は内部全体に厚さ3mmのスポンジを挟み込む3層構造。まずは切り出した側面部にその段取りを施します。このあたりのはずだとい [続きを読む]
  • そろそろ再開/基本方針
  • 今回は柔らかい山羊の革を使います。で、中に3mmのスポンジを内革で挟む3層構造にしようかなっと。こうしておかないと磁石を隠せませんし。まずはブルーブラックの山羊革を切り出しました。実は型紙を組み立てた時には気づかなかったんですが切り出した部品を合わせてみるとなんか変だぞっ・・・と表を合わせて縫うとレンズの位置が逆になってる。左右対称の部品なら問題ないんですが今回の底の部品は左右非対称。その型紙が裏表 [続きを読む]
  • そろそろ再開/型紙
  • 必要な材料が揃っちゃいましたしモックも作りましたし、追い込まれました。もうやらないとしょうがありません。基本的には単なるマチ付き、ふた付きの袋なだけですしぐずぐずしてないでやっつけてしまえっ!てなもんですがカメラを入れると袋の全面がいびつに膨らみますしそれはなるべく解消したいのでベジェ曲線的底面に側面をぐるりと縫いつける型紙にしました。レンズがカメラのセンターについていませんので左右非対称の底面で [続きを読む]
  • そろそろ再開/事前準備2
  • 薄い鉄板と並行して探していたのがスポンジシート。カメラケースを再開するにあたって今度はスポンジシートを全面に挟み込んでカメラ保護剤にしようかと、面倒なことを考えちゃいました。昔どう使うかもわからないままプロショップで1mm厚のスポンジシートを180×2mほど購入したのですがもう少し厚めの物を買っておけばよかったと今更ながらに。そのショップももうありませんし、ちょうどいいお店がどんどんなくなります。で、ハイ [続きを読む]
  • そろそろ再開
  • 行き詰まっていたカメラケースですがつまずいていたふたの処理をなんとかできそうなマグネットの受けにする薄い鉄板も手に入りましたし再開しようと思います。そもそもオーダーされた方にはこんな感じと云う写真を送ってきてもらっておりましてお使いのカメラがこの写真のものでなくもっとレンズが飛び出していますので、袋がいびつに膨れてふたがうまく閉まらない。というのが迷走の始まり。今回はマグネットの受けを薄い鉄板で広 [続きを読む]
  • 終わりと始まり
  • 10日ほど前手紙がきました。メールではなくて82円切手の貼ってある方です。いつも利用させていただいている革を割っていただいている会社からです。休業します、とのご連絡。うわっ、困るし。と思いすぐに電話をかけると担当者が入院することになって、多分一週間ほど休業するとの年配女性のご返答です。大きな名前の株式会社なので何台もの革漉き機が並んでいる工場をイメージしていたのですが一人が入院するだけで休業とは?考え [続きを読む]
  • リボーンの途中
  • 世間はイースターと云う新しい商機を作り出そうと躍起になっております。小学生の頃イースターに配られる殻に色付けされたカラフルな茹で卵が欲しくて、日曜日に教会へ通い似非キリシタンになっていた頃を思い出します。キリストさんは復活したようですがメッセンジャーバッグは復活できるのか?違う形に生まれ変わるので、復活というよりリメイクですがキリストがお釈迦さんに生まれ変わるよりは可能性があります。時間がないので [続きを読む]
  • リュックがリボーン
  • 今度の同好会に古株グループはショルダーバッグを作ることになったのですがその時持ち込んでいた当方が普段使いしているバッグにしました。5週目の金曜日に決めたので、次回の同好会までは1週間しかありませんし違うバッグだと型紙を起こすのに、時間が足りません。で、型紙をPC中探したのですが、ありまシェ〜〜〜ん。型紙があると思ったので、このバッグにしたのに意味な〜〜〜し。頑張って型紙をおこし、その紙を組み立てて、 [続きを読む]