ウラ革三吉 さん プロフィール

  •  
ウラ革三吉さん: 日々のウラ革
ハンドル名ウラ革三吉 さん
ブログタイトル日々のウラ革
ブログURLhttp://mwsdesignworks.blog136.fc2.com/
サイト紹介文コツコツとオリジナル革小物をハンドメイドしている大阪のオッサンです。ヤフオクにブックカバーなど出品。
自由文ヤフオクには定番の各サイズのブックカバー、ノートカバーを出品しています。オリジナル商品のバイオリンのあご当てカバーはちょっと人気。
モデルガンホルダーは全くの鳴かず飛ばず。根っからの革職人ではありませんので変なものを多々作りますが、革の魅力を生かしたシンプルな小物を中心に製作しています。カートでの販売もしておりますので、またご贔屓下さいませ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供361回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2012/01/26 16:08

ウラ革三吉 さんのブログ記事

  • ラッピング
  • 特にミンネでのことですが、お問い合わせの重なる日があったりします。内容も同じで、プレゼント用の包装はできますかというもの。同じ日に誕生日を迎える人が多いもんじゃわいと間抜けなことを想像しておりましたらどうもバレンタインデーやホワイトデー用のプレゼントのようです。特にラッピングの用意をしておりませんがみすみすお客さんを逃すのも残念ですし簡単なものでよければします。と適当なことを答えておりますと幸いご [続きを読む]
  • 日がな一日
  • 週の内大体2〜3日はヤフオク出品のブックカバーやノートカバーを作っております。で、写真を撮ったり色補正をしたりの出品に1日。売れたものの入金確認、発送作業や取引連絡にトータル半日〜1日。売上に対して日数がかかり過ぎております。同じ革でサイズ違いのカバーをまとめて作れば効率的なんですがなるべくバリエーションをもたせて出品したいのでそうもいきません。上の写真は結構まとめて作っていますがこの内今回出品する [続きを読む]
  • 端革の行方
  • 当方の購入する革は牛なら200〜300ds前後、仔牛や山羊、豚なら丸っぽで革の外周、首や足の部分はヘニャヘニャかいびつな形なのですっぱり切り捨てこれは使えないのでゴミ箱に行きます。で、そこそこ4角くなった革をまとめて裏面処理をし、何やかやと作るのですがうまく使い切るのは難しくて結構ちゃんとした大きさの端革が誕生します。面積ならA4越えなのに、ええとこに傷があったりしてな〜〜〜んにも作れない。惜しいいいいいっ [続きを読む]
  • 同好会・材料
  • 先日の同好会、古株の一人からバッグのショルダーを4本編みしたいので細い革紐が欲しいとのこと。同好会ではバッグも作っていませんし、4本編みもやっておりませんので勝手にどんどん進化してはります。4本編みは当方もようしませんので教えてもらお〜〜〜〜っと。すると残った古株女性二人も私も欲しいとのことでしたが、残った男性一人だけは手を挙げませんでした。当方と同じで男はどうも編むというのが今まで経験がなく苦手 [続きを読む]
  • 綱渡りのダブルブッキング
  • ヤフオクに出品するブックカバーやノートカバーですが以前から購入はしたいもののオークション形式は入札が面倒だ、とか所用で入札できなかった、とか入札を忘れていた、とか定額での販売も必要だな〜〜〜と考えておりました。定額販売はオークションとの兼ね合いで値段設定が難しいのでその懸念のいらないミンネで試しにブックカバーやノートカバーを出品したところお気に入りには登録されるもののそうそう、バンバン売れることも [続きを読む]
  • 脱税?節税?
  • 最近キャンペーンと称してヤフーがヤフーマネーと云うややこしいことを始めました。要するに当方のようにヤフオクでの売り上げを現金で受け取らずヤフーポイントで貯蓄しておくというもの。そうすれば販売手数料が実質0%になるようです。当然売り上げが銀行に振り込まれないので帳簿上は売り上げがないことになります。すなわち所得がない状態。溜まったヤフーポイントを材料や消耗品などの購入に充てれば、経費代も使わないこと [続きを読む]
  • 今日の課題
  • 幾つかの作り方が考えられる小物入れでまあペンチやポンチなどを入れておけるボックスなんですが前回の同好会で簡単なスケッチと方眼紙を数枚お渡しして自分で型紙をおこしてくださいとリクエストをしてありました。先日、ラインに連絡が入りましてスケッチが送られてきました。スケッチ自体は当方がお渡ししたものなんですがサイズが横23cm、縦20cm、マチ16cmって書き加えてあります。でかっ!どんだけ〜〜〜っ!これが作れるほど [続きを読む]
  • ステンシル4
  • ステンシルしたブックカバー、ぱっと見〜はかっちょいいかと思いましたが買ってきた有りもののステンシルを羅列しただけでオリジナリティには欠けるです。布生地を買ってオリジナル小物を作るとしてもその生地はもともとメーカーが模様をプリントしてあるわけで模様にオリジナリティを求めるのは個人には無理な気もしますが無限にある布生地に比べるとこのステンシルシートは7種類しか売っていませんでしたしネタバレ感がちょっと [続きを読む]
  • ステンシル3
  • 染料はしゃぶしゃぶで惨敗。染料を霧吹きに入れてやってみようかとも思いましたが多少ましになるだけで、似たり寄ったりでしょうししょうがないスタッズオンを使うことにしました。ポンポンするのに、高密度スポンジを洗濯バサミに挟みこみます。おお〜〜〜っ、綺麗っ!この調子で全面をポンポンします。スタッズオンの消費量もさることながらマスキングするのも結構めんどくさいぞっ!でもその甲斐あって全面制覇。いいじゃないっ [続きを読む]
  • ステンシル2
  • 7枚も購入しちゃったステンシルシート。1枚にいくつものマークや英文字が集まっていますのでその内の一つをプリントしようかとも思いましたがそれってスタンプを一つ押すのと大差ないのでいっぱいステンシルして、模様として使おうかと。要するにステンシル模様の生地として扱ってみましょう。そうなると問題なのが塗料です。スタッズオンが適しているのはわかっていますが何しろ広範囲ですし、スタッズオンはお高いのでちょっと [続きを読む]
  • ステンシル
  • タッセルのキャップを探すのに色んな手芸洋品店を渡り歩いておりますとこれって面白いかも。を見つけました。ステンシルと云うらしいです。要は文字や絵をくり抜いたシートで塗料を塗るか噴くかして使います。購入したものはハガキ大で1枚108円。送料が180円と良心的だったので全種類7枚買っちゃいました。結局送料が高かっても安かってもいっぱい買う奴です。さて買ってはみたものの、ね〜〜〜。?ランキングに登録しています。 [続きを読む]
  • タッセルのキャップ
  • このブログにも何回も書いておりますが今月は金曜日が5日ありますので第1第3金曜だけでなく第5金曜も同好会の開催日にしております。この日は自由参加にしていましてレザークラフトの本線から少し外れた項目、組紐や、ファスナーの長さ調節などをやってきました。今月はタッセル作りと包みボタン作りを予定、どちらか片方で良いかとも思いましたが時間が余りそうなので2つにしております。予定すると準備しないといけなくなる [続きを読む]
  • クッション底板
  • ずっと作ってきたカメラケースはオーダー品で、もう散々お待たせしていますし一旦サンプル納品という形にしようかな、と。もちろんサンプルですので、お代はいただけません。お渡しするなら1枚革で作っていますし、入れるものがカメラということもあり底にクッション底板を入れることにしました。何かを挟んで裏革と表革で挟んじゃう簡単な仕様ですがその何かに、クッション両面テープを貼り付けたところ厚さが1mm程度であまりクッ [続きを読む]
  • ワイヤー口金カメラケース8/暫定的完成
  • カメラケースの口が閉じない問題。ワイヤーもコーヒーマドラーもダメなのはケースの口を重ねないようにしてある設計が主な原因だとは思うのですが、ケース本体はもう作っちゃってありますのでなんとかこれはこのままでなんとかしたい。こうなったら磁石を大きくしよう。この大きい方を直接、口の管に差し込んで横に移動しないよう、左右を縫っちゃいました。口を重ねて閉じるように、変更しちゃったわけです。閉まります。口金を入 [続きを読む]
  • ワイヤー口金カメラケース7/進行中
  • オーダー品のカメラケースですがこっそりちまちま試作3号を作っておりました。2号は口金に仕込んだ磁石がうまく向かえ合わせに固定できなくて、これは針金が丸くて方向性が出ないせいと口金を針金で作ると云う基本方針をやめちゃいました。どうせコの字型に曲げることもやめちゃってますしそれだったら真っ直ぐで、も少し平べったいものにしようとどこかでペチッてきたコーヒーマドラーってどうかなと。これを数枚くっつけて、磁 [続きを読む]
  • ワークショップ再再々
  • 同好会を始めるの時に、無料で参加出来るワークショップを開き入会の勧誘をするという手を実行しました。その時は8人が参加し、4人グループの一人だけが同好会へ参加、残りの3人は時間が合わないと見送られたのですが結局は参加している友人の活動を見てか残りの3人も今は在籍されていはります。週一だったりする人もいますし、入った時期も違うので、課題や進行具合がバラバラ。面倒くさい状況になっちゃいましたが、こうなっ [続きを読む]
  • 備品
  • 同好会のみなさん、作成意欲旺盛で最初に購入してあったサイビノール600の1kgがなくなりました。当方もいろんな接着剤を渡り歩いてきましたがこの600はそこそこ強力ですし、乾くのも早く片面塗りでOKなので、結構重宝です。何よりボンドのように糸を引かないので扱いが楽ですし。同じサイビノール100と云うのは、どう考えても木工用白ボンドと大差ないように思うので600と同じ価格ではどうなんでしょう。これだけを頼むのは送料が [続きを読む]
  • ご購入者
  • バイオリン顎あてカバー購入者のKK女史からお礼のご連絡をいただきまして文面に気になることがあったので、考えようによっては非常にあかんことですが検索をかけてみるとうら若き中々のバイオリニスト。プロの方にも多分何人もご購入いただいているのですが使ってる姿を一人しか見たことがありません。(その一人は友人の友人でプレゼントしたものですし)どうも7月に大阪でコンサートをされるようで、果たして本番でも使うものな [続きを読む]
  • ワイヤー口金カメラケース6/暫定完成2
  • 昨日はタイトルに完成と書いておきながらマグネットの話で全体像のお披露目に至りませんで申し訳ないこってす。こんなです。口がマグネットでくっ付いているとはいえ隙間ができたら嫌なので、かぶせだけは付けてあります。実際は隙間ができていないので入らなかったかも・・です。出し入れがし易いかと云うと、微妙ですがファスナーを開ける段取りなどがないのでシンプルではあります。基本の形としてはこれはこれとしてもまだサイ [続きを読む]
  • ワイヤー口金カメラケース5/暫定完成
  • 針金にちっちゃな磁石をくっつけ、その分の出っ張りを平らにしたいので、隙間にスポンジ両面を重ねて貼り付け均一の高さに。それをケースの口、作った管部分に差し込んだのですが丸いのでうまく向かい合わせになってくれません。管が大きすぎたせいもあるのですがどうするかな〜〜〜?試しに方向性を安定させるために、下にプラの板を接着してみました。使った磁石は100均で購入したものです。ダイソーのものは2800ガウス、セリア [続きを読む]
  • ワイヤー口金カメラケース4/パイピング
  • 昨日のカメラケースの側面の写真ですが、パイピングを施してあります。今回は先日購入した直径2mmの中芯を使用。ラベルにはご丁寧に使い方まで書いてあります。中央に芯を挟み込みとありますが、この芯は接着しないで革の端だけを接着するのか芯も接着するのかが曖昧です。前回1mm芯を使った時は接着しないで端に追い込みながら縫ったのですが、今回は端に追いやりながら接着しちゃいました。結果としては、まあどっちでもいいかと [続きを読む]
  • ワイヤー口金カメラケース3
  • まずは革を薄め、薄めと云っても中に入るのがカメラですので1mm厚で試作1号よりは柔らかめに変更しました。試作2号の一番お変更点は、ワイヤー口金をコの字に曲げないで真っすぐのまま。その代わりサイドに曲がりこむ針金の役割をケースの側面に切り込みを入れジャバラをかませることで開くことにした訳です。本邦初、見たことのないやり方です。モグリならではの新機構。相変わらず、途中経過で写真を撮り忘れたので完成品の写真 [続きを読む]
  • ワイヤー口金カメラケース2
  • 実はこのカメラケース試作1号はもう必死で作っておりまして途中の写真を撮っておりません。なので、完成品です。(完成と云えるとしたら・・・ですが)厚目でかっちりした革で作成しました。ワイヤー口金を入れる部分を外側に出しちゃいましたので(作っている時は外だと思わなかったんですが)まるで持ち手のようになっております。後から真っすぐな針金をコの字に曲げたのですが革の中に入っているので前述の曲げ機も使えず革に [続きを読む]
  • ワイヤー口金カメラケース
  • こっそり作業を進めているワイヤー口金カメラケース、まだ完成に至っていないので、ここに書くのは怖いのですがもうこれ以外にネタがなくなってしまいましたので何度かにわたって書きますが、めでたく終焉を迎えられましたら拍手ご喝采をお願いいたします。おさらい:1.ワイヤー口金を使ってガバッと開くケースを思いつく。2.ワイヤー口金の使用方法を探しているうち、針金で代用する方が 長さに自由度があると太い針金を購入。こ [続きを読む]
  • 100均詣
  • 最近テレビのバラエティ番組などで100均の商品を使ってのインテリア小物自作がよく紹介されております。そういえばある100均では、ハンドメイドのコーナーがすごく拡張されていて品揃えも豊富になっていますわ。ダイソーでは毎月700点もの新商品が登場するそうで時々いかないと、逆に必要なものが廃盤になっていたりします。まあ100均詣は半分趣味みたいなもので、どこかへ出かけた時は大抵立ち寄ります。今回もセミプロショップに [続きを読む]