ウラ革三吉 さん プロフィール

  •  
ウラ革三吉さん: 日々のウラ革
ハンドル名ウラ革三吉 さん
ブログタイトル日々のウラ革
ブログURLhttp://mwsdesignworks.blog136.fc2.com/
サイト紹介文コツコツとオリジナル革小物をハンドメイドしている大阪のオッサンです。ヤフオクにブックカバーなど出品。
自由文ヤフオクには定番の各サイズのブックカバー、ノートカバーを出品しています。オリジナル商品のバイオリンのあご当てカバーはちょっと人気。
モデルガンホルダーは全くの鳴かず飛ばず。根っからの革職人ではありませんので変なものを多々作りますが、革の魅力を生かしたシンプルな小物を中心に製作しています。カートでの販売もしておりますので、またご贔屓下さいませ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/01/26 16:08

ウラ革三吉 さんのブログ記事

  • 3Dプリンタの受難
  • 3Dプリンタには保護と溶けたABS樹脂がうまくくっ付くようにプラットフォームにシートを貼ってあるのですが、樹脂の吐き出すノズルの口がそのシートに微妙に接触していたのか、その加減でノズルが詰まっちゃったようで樹脂が出なくなりました。すぐにメーカーに問い合わせすると付属のクリーニングワイヤで掃除してくださいとのこと。クリーニングワイヤ?どこにあるやろ?そこら中をひっくり返して見つけました。ノズルを200℃越え [続きを読む]
  • お試し品の円形トレイ
  • 出来損ないとはいうものの、捨てるには惜しいトレイは同好会のみなさんへ差し上げまして、それで全て無くなったかというとまだ残っております。あげちゃったものよりは出来がいいものの、2枚貼り合わせ方法で作成するのはもうやめようと思っておりましてその生産中止方法で作成しちゃったものをお試し品としてminneに出品しました。発泡スチロールをかまして、型崩れがしない梱包をしますと高さが3cmを越えますので、定形外の規格 [続きを読む]
  • 使い道
  • 試作を重ねた円形トレイの販売はできないものの捨てちゃうには惜しい出来のものを同好会のみなさんに差し上げました。これ何に使うの?と手元にあったカシメをジャラッと入れましてああ、こう使うん。と。まあそれでもいいんですが、もうちょっと高級感のある使い方をして下さると作った甲斐もある。ちゅうもんで鏡台やテーブルに置いてもらって、外した時計や指輪を置くとか当方の作るものは、通帳入れだとか文庫本カバーだとかこ [続きを読む]
  • 古澤巌氏ご愛用が現実に
  • バイオリニストの古澤巌にお渡しした顎あてカバー。社交辞令の使いますよという言葉を信じてノーテンキに舞い上がっている当方。あのコンサートは見れなかったので本当に使っていただけたのかはわかりません。ノーテンキに猜疑心が加わって、猜疑心の強いノーテンキ。(厄介な性格)何か使われたどうか調べる手立てはないかしらとYouTubeを漁ってみましたが、あのコンサートはアップされてません。もしかして古澤巌氏はブログか何 [続きを読む]
  • 2Dプリンター
  • 3Dプリンタを使うようになると以前から使っている紙のプリンタは2Dプリンタとなるわけでしょうか。第3のビールが登場しても、元々のビールはビールなので2Dプリンタはプリンタでいいのでしょうがいつも3Dプリンタのことばかり書いているブログにたまにこのプリンタのことを書こうとするとごっちゃになります。同好会のメンバーが増えたおかげで、用意する型紙も半端じゃなくてそんなこんなでかすれたプリントアウトが出てきまし [続きを読む]
  • マニファクチャー
  • 3Dプリンタはちょっとしたものを作るだけでも1時間以上唸っております。根性の入ったものをプリントすると平気で10時間は電気代を使ってくれます。とは云うものの、当方の手を離れて勝手に仕事をしてくれているわけで従業員を雇ったようなもんです。プレスも鉄板を新調したおかげで圧をかけ続けるいう地味な仕事を我慢強く続けてくれるようになりました。新入社員と遊んでいた古株が働き出したようなもんでついに個人的手工業から [続きを読む]
  • プレスの鉄板
  • 4トンプレスは購入以来、抜き型を使う時以外は遊んでいる時間が多いやつです。このプレスの下敷き用に厚くて長い鉄板を作ってもらったんですがプレスに敷きっぱなしにしていると長くて邪魔なので普段はプレスに立てかけてあります。この鉄板がやたら重くて、多分30Kgくらいありこれをセッティングするのが億劫でそれがプレスが遊んでいる一因かもしれません。シンプルペンケースのように長い抜き型を使うために長い下敷きが必要と [続きを読む]
  • ヘリ線引き具
  • 3Dプリンタを使ってのレザークラフト補助道具である治具としてはアールコーナー切り用定規と細革切り用定規の2種は完成しました。実はこれを作る前に別個にプリントした幾つかの部品を組み合わせネジ止めした銀ペンの芯を使う線引き、要するに革のヘリに沿って2mm~4mmくらいの距離で線を引く補助具を作ろうと考えていたんですね。ネジネンだとかコンパスだとか、それができる道具はあるんですがヌメ革でないと上手く線が引けませ [続きを読む]
  • 第2営業部、停滞中
  • 3Dプリンタで作った刻印やレザークラフトの治具などを売り出すために写真を撮ったのですが特に刻印、ヤフオクだと写真が3点載せれるのですが刻印はこの写真を載せたら、もう終り。それっていくらなんでも寂しいですしどうするべ?と考えまして刻印となってますが、判子にもなりますよと用途を広げると需要も広がるかなと試しに押してみました。朱肉を使うとこんな感じ。まあこれなら判子ですと言ってもやぶさかではないでしょう。 [続きを読む]
  • また挑戦
  • 昨日修理した革靴が1枚革で作ってありこれなら作れるんじゃないかと外で履ける靴を作ってみる気になりました。とはいうものの、その靴は送っちゃいましたしサンプルがなくなっちゃって同じ構造にはできません。なのでミニチュアシューズの型紙を拡大して作ることに。あれ?これって冬に作った室内履きと同じことを繰り返そうとしてません?しかも失敗して履かなかったやつ。記憶が曖昧なので、その時はその時と型紙を少しいじって [続きを読む]
  • 靴の修理
  • 昨日のいくつかの用事の一つ学生時代の女子先輩から靴の修理を頼まれました。仔細は省きますが、まあそんなこともある。縫い目から縦に裂けています。スリッポンタイプの靴で1mmくらいの柔らかい牛革製なのでその縫い目から裂けたようです。薄い牛革は結構弱いので、力の入る所に裏貼りもないのは危険です。さてどうするべ。縫うわけにはいかない気がしますので強化のつぎ当て革を貼り付けるしかないでしょう。裏から貼るだけだと [続きを読む]
  • 古澤巌氏ご愛用
  • ライブの第1部が終わりました。第2部までの休憩時間です。バイオリニストの古澤巌氏がはけます。当方の座っているすぐそばの出入り口から出て行きました。うまくいくと捕まえられるかもしれないと顎あてカバーを持って追いかけました。古澤巌氏はファンのおばさんに捕まっていて目の前に。そのおばさんを無視して、顎あてカバーを見せ唐突に説明を始めました。今考えると、こいつ何モン?なんや突然てなもんです。でもこっちも必 [続きを読む]
  • 顎あてカバーの野望2
  • 当方、密かな野望を持っておりましてそれは顎あてカバーを葉加瀬太郎に売りつけるというもの。さてライブでの話。パーソナリティのヤマヒロもすぐそばに座っております。あれだけ美人だと連呼していたので、もっとお近づきになりたいとの魂胆があるのでしょう。ゲストとして現れたその葉加瀬太郎が敬愛すると云う古澤巌という人は竹中直人似の穏やかな方で、ライブハウスには楽屋など無いようで会場に入って来たのは当方が通ってき [続きを読む]
  • 顎あてカバーの野望
  • 当方は四六時中机に向かう生活をしておりましていつもパソコンのradikoでラジオがつけっぱなしになっております。FMで音楽が流れっぱなし、ではなくて大阪ローカルのAM番組でパーソナリティーが喋りっぱなしの番組ばかりです。つけっぱなしの喋りっぱなしでプリンターもうなりっぱなしと相当やかましい部屋となります。先々週のヤマヒロ(大阪ローカルのパーソナリティ)の番組に茶町ヤマヒロ会議ゲストで登場したパーカッショニス [続きを読む]
  • 治具/細革切り用定規2
  • 昨日試作した細革切り用定規は4つでフルセットになります。フルセットで販売するのか、単品で売るのかまだ決めておりませんがその前に作らないといけません。何ミリ用かをクリアにするためにその数字を入れ込み、ひとつ3時間かかって4つ作成丸一日プリンタがうるさくうなり続けました。イラストの刻印に比べるとモデリングはそれほど難しくありません。ただ出来たものは、特に穴の中がジャギジャギしております。周りはヤスリで [続きを読む]
  • 治具/細革切り用定規
  • そろそろできたものから販売を開始しようかと写真を撮り始めました。アール落とし用定規ファスナーを取り付ける時もアシストしますよっと。後で刻印はてんこ盛りでてくるのに比べ治具がこの一つってあまりに寂しくね〜〜〜?はたと思い当たったのが当方が使っている定幅切り用の定規。当方はブックカバーの差し込みを切るために定規にアクリル板を細く切って貼り付け使っておりますがカクカンやナスカンの革幅にあった細革切り用定 [続きを読む]
  • サンプルの変遷
  • 販売予定のプチ刻印は刻印そのものと押されたサンプルの両方の写真が必要です。綺麗に押されていれば、まあそれでいいやと床革や使い道のない柔らか目のヌメ革を準備したんですが革の色が明るいのでどうもノリが悪いですし、切りっぱなしの革片ではなんだかやっつけ仕事に見えなくもないです。どうしたもんじゃろか。在庫の革を漁っているとなんの革だかわからないですが、多分ヌメ革で何かを作るには中途半端で陰気なナチュラルが [続きを読む]
  • トレイの憂鬱
  • 以前から準備を進めている円形トレイですが構造は裏面に床革を貼り付けた2層の革を使っています。スプレーボンドを使って貼り付けているのですが中途半端に少しだけ残っていた3本のスプレーを使い切りました。以前木の葉型のちっちゃなトレイの押し型を作ってもらいその際に使った時には問題がなかったのですが今回は貼り付けた後、水に漬けておいた革が剥がれています。どうもモノタロウブランドのボンドが良くなかったような気 [続きを読む]
  • バッグの続き2
  • 持ち手だけではお茶を濁しきれないのでもう少しバッグ作りを進めます。前回作った長財布が入るよう、幅を2cm伸ばしバックからフロントのふたの部分です。裏地をどうしようかと思っていたらえらく綺麗なヌメの薄い床革が大量に手に入りましてそれに決定。ポケットにもその床を使用。出たとこ勝負でも今の所なんとかなっております。?ランキングに登録しています。あなたのポチッでランキングが上がります。ひらにお願いいたします [続きを読む]
  • バッグの試作開始
  • 同好会を始めなければ、きっとこんなバッグを作ろうなんて思わなかったでしょう。今でも完全には思ってないくらいですし。とは云うものの、これ作りますと云っちゃったんでやり始めました。実物のサンプルがあるので、寸法を測りながら型紙を作成、その型紙で試作して問題があるようなら型紙を書き直すというやり方。最初は合皮でやろうかと思ったのですがうまく行った時に本ちゃん革でやり直すのも面倒なので、ぶっつけ本番の革を [続きを読む]
  • バッグ用買い出し
  • と云う訳で、試作のやる気が失せているので気分転換にプロショップ2軒へ買い出しに。1軒目はひねりや差し込み金具を2軒目はチケン紙を購入の予定。この2軒を同時にいくことは初めてでしたが路線が違うだけで実はそこそこ近いことが判明。1軒目はファスナーを購入するお店で金具も豊富。バッグのふたはマグネットで止めるのが第1候補ですが差し込み錠やひねりも選択肢として用意しておきたかったんですね。レザークラフト用品 [続きを読む]
  • ショルダーバッグ/試作
  • 同好会での課題のショルダーバッグを試作のためにちょびっとバラしました。全部ばらすと訳がわかんなくなりますのでここってどうなってんの?の部分だけ。まずは底面のつなぎ面をな〜〜〜るへそ。よく底面だけ別仕立てになっているバッグを見かけますがこんな風にしているんですね。自己流で自分用のセカンドバッグを作って以来のまあ初めてと云っていいバッグ作りなので今回はちゃんとした作り方をしたいのでなるべく見本を忠実に [続きを読む]
  • 課題のショルダーバッグ
  • 6月の第5金曜の同好会はコサージュとリボンを作りましてその時に先行古株グループに次回から作成予定のショルダーバッグをお見せしました。長財布が入るようもう少し横幅を伸ばしたい。とか、中が二つの部屋が分かれているが、一つでいい。とか、表のポケットはいらないが中のポケットは欲しい。とか金具は差し込みじゃなくてマグネットでいい。とかとかとかとか。と都会の喧騒。まあ、作り方が簡単になる方向に進んだようです。 [続きを読む]
  • 刻印の欠点
  • 同好会には自分の作ったものに、打ちたかったら勝手に使ってちょ。とアルファベットの刻印が常備しておりますが会員の一人の方が自分の刻印が欲しいがその刻印をネットで見たら7000円もしたので3000円以下なら欲しいとおっしゃいまして7000円もした覚えがないぞっと思ったらその刻印は貰い物でした。そう云えば買った覚えさえありませんでした。調べると確かにそのくらいするメーカーもん。で、同じものではないですがアルファベッ [続きを読む]
  • コーナー定規
  • みんな全くの初心者なので同好会で皆さんが困ってしまうのがコーナーをアールに切ることです。そこで同好会用に適当に円を並べたコーナー切り用の定規を作ったところ皆さん毎回それを使ってはります。当方は普段アールを落とすのに半月型の打ち具を使っておりますが確かそこそこの価格だったように思いますしこのコーナー定規も販売しよ〜〜〜〜っと思いもう少しきちっと商品っぽく作ってみました。コーナー落としは左右対称に落と [続きを読む]