hodachrome さん プロフィール

  •  
hodachromeさん: Dream or Reality?
ハンドル名hodachrome さん
ブログタイトルDream or Reality?
ブログURLhttp://hodachrome.blog10.fc2.com/
サイト紹介文トイカメラ(LOMO LC-Aなど)を中心に色々なカメラやフィルム、現像方法を駆使して作品制作をしています。
自由文LOMO LC-A、HOLGAなどトイカメラの代表的なカメラを使い、クロスプロセスや多重露光などにより創り出した独自の世界観を表現しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供202回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2012/01/27 12:28

hodachrome さんのブログ記事

  • 夏色の白日夢
  • Canon EOS7/Lomography CN100(ネガ現像)シルエットで捉えた浴衣のモデルさんと、大きくぼかしたひまわり、そして百日紅とを重ねました(計3回露光)。ポイントは隙間から覗く青空。原色が並ぶことでカラフルな夏色のポートレートとなりました。【お知らせ】ロモグラフィーのオンラインマガジンに新しい記事「hodachrome、10の質問に答える!」が掲載されました。展示や教室の際に私がよく聞かれる質問について画像付きで答えていま [続きを読む]
  • 愁葵の浜辺
  • Lomo LC-A+/LomoChrome Purple XR100-400(ネガ現像)いつかの夏の浜辺と今年の向日葵の多重露光です。ロモグラフィーのネガフィルムLomoChrome Purple(旧版)を使用しています。パープルという名ほどは紫に染まらなかったりするのがこのフィルムの魅力でもあります。セピア風のような色調が風情を醸し出しているような気がします。向日葵による多重は今年は例年になく多くトライしました。涼しくなるころにぼちぼちお見せできる [続きを読む]
  • 夏の日の2017
  • Canon EOS7/Konica Centuria100 (期限切れフィルム/ネガ現像)先日の明治村での浴衣撮影会の現像結果より。明治期のレトロ感あふれる建築物が多く、着物のモデルさんがこの場には大変よく調和しました。多重の素材として採用したのは元々撮ってあったひまわりです。フィルムは期限が14年切れたコニカのネガフィルムで、古ぼけた遠い日の世界のようなイメージを狙いました。ほとんど色は出ないと思っていましたが思ったより色もコン [続きを読む]
  • またひとつ夏が融ける
  • Lomo LC-A+/Homemade Redscale800(ネガ現像)今年の夏は暑いです。いつも暑いんですが今年はやけに暑く感じます。そんな中撮影するのはなかなか過酷です。今日も撮影後に意識が軽く遠のくほどヘロヘロになりました。無理はしすぎないようにがんばります。この夏がんばれば結果が少し涼しくなった頃に伴うはず。。。写真は溶けた女性の顔とストリートのスナップ。女性は実物ではなく「絵」です。絵を撮りました。遊び心的ショットで [続きを読む]
  • 夏の炎舞 -cycle of the summer
  • Holga/Redscale800(ネガ現像)夏の風物詩ひまわりを今年も撮れるだけ撮っています。まだ一回目の撮影ばかりなのでいずれのフィルムも完了していません。今年はこれまでとはちがう趣向を凝らしたものをいくつかトライしてみようと思っています。いつもより暑く感じる夏ですがいい作品を目指して頑張りたいと思います。この写真は以前のもの。Holgaにて計6回露光しています。観覧車はスプリッツァーを使って4回露光、ひまわりはスプリ [続きを読む]
  • Sunkissed beach
  • Lomo LC-A+/LomoChrome Purple XR100-400(ネガ現像)いつかの夏の浜辺と今年の向日葵の多重露光です。ロモグラフィーのネガフィルムLomoChrome Purple(旧版)使用。そんなにパープルにならなかったりするのがこのフィルムの魅力でもあります。セピア風のような色調が風情を醸し出しているような気がします。向日葵は四季の花の中で一番好きな花のひとつ、今年もいろいろ面白い作品作りたい。 [続きを読む]
  • ひび割れたアスファルトの上に
  • Lomo LC-A+/LomoChrome Purple XR100-400(ネガ現像)ロモグラフィーの個性的なネガフィルム「LomoChrome Purple」で東京でテキトー多重しました。先月の写真展の在廊のために通った渋谷の歩道橋にて。たぶん3回露光しています。このフィルムの持つざらついた質感と独特な色合いがこの不規則な混じり合いになんとなくなじんでいるような(そうでもないような)。このフィルムは最近新バージョンとなって発売されていますが、これは [続きを読む]
  • ゆく花くる花 co-starring
  • Canon EOS 7S/Lomography LomoChrome Turquoise XR 100-400(ネガ現像)ひまわりを撮ろうと思ったらあじさいもまだ踏ん張ってた。そしてその近くではコスモスが咲き始めてた。踏ん張る花、旬の花、先走る花と自然はほんとに力強い。元気をもらえます。ときどきそのスピード感に焦るけど(*´Д`*)写真はひまわりとあじさいの多重露光。先にあじさいを撮り、その後ひまわりを撮っています。LomoChrome Turquoiseという個性的な発色を [続きを読む]
  • ゆく花くる花 co-starring
  • Canon EOS 7S/Lomography LomoChrome Turquoise XR 100-400(ネガ現像)ひまわりを撮ろうと思ったらあじさいもまだ踏ん張ってた。そしてその近くではコスモスが咲き始めてた。踏ん張る花、旬の花、先走る花と自然はほんとに力強い。元気をもらえます。ときどきそのスピード感に焦るけど(*´Д`*)写真はひまわりとあじさいの多重露光。先にあじさいを撮り、その後ひまわりを撮っています。LomoChrome Turquoiseという個性的な発色を [続きを読む]
  • ????? sa?sāra
  • Lomo LC-A+/Lomography Earl Gray 100今日も暑かったです。燃えるような暑さとはこのことです。あまりの暑さに自転車置き場も炎上していました。業火に焼かれる人影も見られます。ではなくて、多重露光で自転車置き場と炎を組み合わせてみました。火(炎)による多重露光、もう少し試してみたいです。なかなか撮影機会が難しいですが、うまくいけば面白そう(*゚∀゚*) [続きを読む]
  • 光と影のパレット
  • Canon EOS7S/Lomography CN100(ネガ現像)紫陽花撮れてないなーと思ってたらとうとうひまわりも咲き始めました。季節のスピード感早すぎです。私の写真は季節の移ろいにいつも一歩も二歩も遅れています。フィルム、しかも多重露光ならではです。だそこがいい(*^ω^*)写真はポピーの咲く公園とハナミズキの多重露光です。ポピーの撮影時は逆光のシルエットだったのでハナミズキが色を担いました。青は花の隙間から覗く青空。原色が [続きを読む]
  • ゴースト/瀬戸市の幻
  • Canon EOS7/Fuji Superia400(ネガ現像)愛知製陶所シリーズより。愛知県瀬戸市は、最近では中学生棋士・藤井四段の出身地としても有名ですが、陶器・焼き物の街として知られている街です。ここはその瀬戸市の中でも大変歴史のある老舗の製陶所ですが、既に取り壊しが決まっており、今回特別な計らいで撮影させていただきました。二回訪問しましたが、本格的な多重撮影は二回目となる今回からです。一番お気に入りの部屋にてまず一 [続きを読む]
  • Sの複合 -internal complex
  • Lomo LC-A+/Lomography Earl Grey 100(ネガ現像)モノクロフィルムによる多重ポートレートより。色に頼らない(頼れない)モノクロの世界による多重露光は力量が試されるところ。だからこそチャレンジする価値はあると思い最近もりもり取り組んでいます(。・∀・)ノお気に入りの工場地帯にてモデルさんにご登場していただいて撮影しました。カメラはLC-A+です。久しぶりに上下ひっくり返してみました。スプリッツァーは使用せずモデル [続きを読む]
  • Hydraの夜
  • Canon EOS7S/Fuji Superia400(ネガ現像/約4倍増感)「増感現像」によるテストシリーズより。増感現像とは、現像時間を通常より長くすることで現像を促進させ、濃い原版を獲得することなのですが、感度をフィルムの実効感度よりも高く設定して撮った場合などに有効な手法です。例えば、ISO400のフィルムを800に設定して(つまり露出を少なくして)撮影し、現像時間を長くして適正露出に近い画像を得ることができるというものです。 [続きを読む]
  • 例えるならそれは青い音
  • Canon EOS7S/Lomography CN100(ネガ現像)紫陽花の似合う季節です。最近は雨がまったく降らないか凄まじい豪雨かといった極端なものが多く、しっとりとした紫陽花の似合う景観という感じではないですね。まだ今年は撮れていないですが、紫陽花は息が長いので一度は作品に取り込みたいです。写真は去年のもの。雨の紫陽花と、雨の降りそうな霧の朝の林との多重露光です。林の撮影時にはソフトフィルターを使用したような気がします。 [続きを読む]
  • ホンキー・陶器ー・クレイジー
  • Canon EOS7/Fuji Superia400(ネガ現像)今話題の棋士・藤井四段の出身地、愛知県瀬戸市にある愛知製陶所で撮影をさせていただきました。窓際の棚に並べられた陶器のシルエットと岐阜県のバラの花を多重露光しています。あえて花はピントをぼかし、色合いのみを全面にフワッと浮かび上がらせました。陶器の撮影が先で、後にバラを撮影しています。既に取り壊しの決まっている歴史ある製陶所ですが、私なりに形に残しておきたいと思 [続きを読む]
  • 物憂げな7月の雨に打たれて
  • Canon EOS7(モデル撮影 by畠山健一)/Canon EOS7S(紫陽花&氷柱 by山本穂高)/Kodak EBX(クロス現像)/フィルムスワップいよいよ7月が始まりました。6月は6月らしい撮影がほとんどできませんでした。紫陽花撮りたい…。まあ紫陽花は息が長いのでもうちょっとチャンスがありそう。紫陽花に似合う雨も降ってきてることだしヽ( ゚∀゚)ノ写真は紫陽花を背後に女性を撮り、その後冬場に氷柱を撮ったものです。氷の雨が降っているかのようにな [続きを読む]
  • 虚空の要塞 -earthly paradise in the sky
  • Lomo LC-A+/Lomography Earl Grey 100(ネガ現像)モノクロフィルムによる「多重ポートレート」作品より。色に頼らない(頼れない)モノクロの世界による多重露光は力量が試されるところです。だからこそチャレンジする価値はあります。この写真は工場地帯でのモデルさんにご登場していただいての多重露光。カメラはLC-A+です。久しぶりに上下ひっくり返してみました。Lomo LC-A+らしい描写とモノクロのざらつき・粒状感がよく合って [続きを読む]
  • 緋の情景
  • Lomo LC-A+/Homemade Redscale800(ネガ現像)写真展「闇の王Ⅳ」出展作品「四季の群像劇」の春編より。密室での女性と、雨の日の枝垂れ桜との多重露光です。包まれる闇の中に一筋の光を感じさせるように丁寧に撮りました(ブレてるけど…)。カメラはLomo LC-A+、フィルムはレッドスケールという原点回帰系作品。露出アンダー、ブレ、粒子…悪いとこだらけの最高の写真です(ノ゚∀゚)ノモデル:いおりさん [続きを読む]
  • 満島、モンドグロッソに参加するってよ
  • Canon EOS7/Fuji Superia400(ネガ現像)写真展「闇の王Ⅳ」に向けて制作した作品のひとつ、「割れた鏡越しポートレート」のテストのために撮った写真です。女性の周りを覆う赤はバラの花です。アウトフォーカスにして色のみをモデルの周囲に乗せました。このイメージをベースに、割れた鏡越しの世界を組み立てていきました。仕上がりを見たときに「あ、満島ひかりだ」って思ったのでタイトルをテキトーに付けました。モデルさんは満 [続きを読む]
  • 薔薇色の幽閉 -locked away in the desperate red
  • Canon EOS7/Fuji Superia400(ネガ現像)写真展「闇の王Ⅳ」で披露した作品のうち、特にテーマを意識して撮影したのが「割れた鏡越しポートレート」シリーズです。こちらの写真は展示に使用したものとはちがいますが趣は似ています。割れた鏡越しに写る女性と真っ赤なバラの花を重ねています。鏡の亀裂による効果的な「像のズレ」と、そこに多重露光の要素を取り入れることで深まる闇を変態的に表現してみました。非現実的なイメージ [続きを読む]