hodachrome さん プロフィール

  •  
hodachromeさん: Dream or Reality?
ハンドル名hodachrome さん
ブログタイトルDream or Reality?
ブログURLhttp://hodachrome.blog10.fc2.com/
サイト紹介文トイカメラ(LOMO LC-Aなど)を中心に色々なカメラやフィルム、現像方法を駆使して作品制作をしています。
自由文LOMO LC-A、HOLGAなどトイカメラの代表的なカメラを使い、クロスプロセスや多重露光などにより創り出した独自の世界観を表現しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供226回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2012/01/27 12:28

hodachrome さんのブログ記事

  • 緋の情景
  • Lomo LC-A+/Homemade Redscale800(ネガ現像)写真展「闇の王Ⅳ」出展作品「四季の群像劇」の春編より。密室での女性と、雨の日の枝垂れ桜との多重露光です。包まれる闇の中に一筋の光を感じさせるように丁寧に撮りました(ブレてるけど…)。カメラはLomo LC-A+、フィルムはレッドスケールという原点回帰系作品。露出アンダー、ブレ、粒子…悪いとこだらけの最高の写真です(ノ゚∀゚)ノモデル:いおりさん [続きを読む]
  • 満島、モンドグロッソに参加するってよ
  • Canon EOS7/Fuji Superia400(ネガ現像)写真展「闇の王Ⅳ」に向けて制作した作品のひとつ、「割れた鏡越しポートレート」のテストのために撮った写真です。女性の周りを覆う赤はバラの花です。アウトフォーカスにして色のみをモデルの周囲に乗せました。このイメージをベースに、割れた鏡越しの世界を組み立てていきました。仕上がりを見たときに「あ、満島ひかりだ」って思ったのでタイトルをテキトーに付けました。モデルさんは満 [続きを読む]
  • 薔薇色の幽閉 -locked away in the desperate red
  • Canon EOS7/Fuji Superia400(ネガ現像)写真展「闇の王Ⅳ」で披露した作品のうち、特にテーマを意識して撮影したのが「割れた鏡越しポートレート」シリーズです。こちらの写真は展示に使用したものとはちがいますが趣は似ています。割れた鏡越しに写る女性と真っ赤なバラの花を重ねています。鏡の亀裂による効果的な「像のズレ」と、そこに多重露光の要素を取り入れることで深まる闇を変態的に表現してみました。非現実的なイメージ [続きを読む]
  • Ophelia 〜朝晩は冷えるから服を着てオフィーリア〜
  • Canon EOS7S/Kodak G400(期限切れフィルム/ネガ現像)紫陽花の花とヌードの女性との多重露光です。女性は独特の絵画風の雰囲気を放っていますが、実はこれはヌードモデルではなくてほんとに絵画です(著作権は消失している中世の絵画のため使用は自由です)。シェークスピアの戯曲「ハムレット」に登場する悲劇のヒロイン「オフィーリア」を描いた油絵作品のひとつです。川に入水する前の、悲嘆に明け暮れたオフィーリアが描かれて [続きを読む]
  • 褪色のディストピア -dystopia
  • Canon EOS7S/Konica Centuria100(ネガ現像)バラの花と女性の佇む廃墟との多重露光です。それぞれ一回ずつ露光。くすんだような濁ったような色をしていますが、これは使用期限が「13年」切れたネガフィルムを使用したためです。かなり発色は悪く、コントラスト・彩度とも低いですが思ったより色が出ていたのには驚きました。この画像ではわかりにくいですが粒子もかなり荒れていてシャープネスも悪いです。そんな、捨てられてもおか [続きを読む]
  • シュレーディンガーの梅雨入り
  • Lomo LC-A+/LomoChrome Turquoise XR100-400(ネガ現像)梅雨入りしたと思ったらなんかずっと晴れてます(*゚∀゚)=3まあいいか。最近怒涛の勢いで撮ってる作品を畳み掛けてやっつけるのにいい機会です。本格的な夏が始まり色味が乏しくなるまでに鮮やかな自然の恵みのお世話になっておきたいところです。この写真はLomoChrome Turquoiseによるフィルム両面露光(EBS)です。下半分がオモテ面(通常面)、上半分が裏面より露光していま [続きを読む]
  • 影が重なる時
  • Canon EOS7S/Konica Centuria100(ネガ現像)バラの花と女性のポートレートとの多重露光です。女性は2回露光、バラもピントを変えて2回露光の計4回露光しています。使用期限が13年切れたネガフィルム使用。色はもっと絶望的かと思いましたけど思ったより出ました。コントラストは壊滅的でハイライトがグレーっぽくなりました。この画像ではわかりにくいですが粒子も荒れ荒れです。このフィルムの発色と多重露光というテクニックが組 [続きを読む]
  • 如月のモノローグ -our monologue
  • Lomo LC-A+/Lomography Earl Grey 100(白黒現像)最近モノクロフィルムによる多重ポートレート作品を少し増やしています。色に頼らない(頼れない)モノクロによる多重は力量が試されるところ。なんとなく掴めてきたので来週からの展示でいくつか披露したいと思います(ノ゚∀゚)ノこの写真は廃線での多重です。後日質感だけ微妙に変化させるためにコンクリートの壁の模様を撮っています。ざらついたトーンが加わり退廃的でUnrealisticな [続きを読む]
  • 廃屋満タン
  • Lomo LC-A+/LomoChrome Turquoise XR100-400(ネガ現像)愛知製陶所での撮影のフィルム編の続編です。焼き物の街瀬戸市にある歴史ある製陶所ですが、関係者のご厚意により撮影させていただくことができました。近日中に取り壊しが決まっており、計二回訪問しましたがこれが最後の撮影チャンスとなりそうです。今回の写真は一回目に訪問したものより。フィルムはロモグラフィーの個性的なネガフィルムLomoChrome Turquoiseを使用、カ [続きを読む]
  • 薔薇の名前 -Nome della Rosa
  • Canon EOS7/Fuji Superia400(ネガ現像)今月の東京での写真展「闇の王Ⅳ」に向けての作品作りに追われてる今日この頃ですが、先日ようやくテスト現像ができました。イメージは固まりました(たぶん)。あとはアレとソレのエッセンスを盛り込んだら急ピッチで完成させます。搬入までの時間が厳しくてどうなるか不安ですが全ホダクロが総力を挙げて頑張ります。とりあえずテストの中の一枚がこちらです。うん、それなりに絵になってる [続きを読む]
  • オーフスの森にて -forest in Aarhus
  • Canon EOS7/Lomography Earl Grey 100(白黒現像)冬の木立の中で撮ったポートレート(東京)と、自宅庭で撮ったたんぽぽの綿毛との多重露光です。モデル撮影の際は木々の形とボケ味、光の射し方、コントラストなどを意識して撮り、たんぽぽの撮影の際はまずはピントコントロールに注意を払い、アングルはいくつか変えながら撮影しました。たんぽぽの綿毛を使った多重は今年いろいろ試してみたかったテーマの一つですが、ポートレート [続きを読む]
  • Bloom in the shade
  • Lomo LC-A+/LomoChrome Turquoise XR100-400(ネガ現像)室内のポートレートとカラフルなリナリアの花との多重露光です。外から射し込む光により女性はシルエットとなり周囲も暗く落ち込んでいます。その部分にリナリアの色が浮かび上がりました。ロモグラフィーの個性的なネガフィルムを使用したため実際の色合いとはやや異なる発色となりました。先に撮ったのが花(岐阜県)で、あとでモデルを撮っています(東京)。モデルさんは [続きを読む]
  • 製陶所探訪 〜フィルム編①
  • Lomo LC-A+/LomoChrome Turquoise XR100-400(ネガ現像)愛知製陶所での撮影のフィルム編第一弾が仕上がりました。近日中に取り壊しの決まっている、焼き物の街瀬戸市にある歴史ある製陶所ですが、関係者のご厚意により撮影させていただくことができました。計二回訪問していますが、今回の写真は一回目に訪問したものより。フィルムはロモグラフィーの個性的なネガフィルムLomoChrome Turquoiseを使用、カメラはLomo LC-A+。このフ [続きを読む]
  • 草間の陰から見守る
  • Lomo LC-A+/Lomography CN100(ネガ現像)東京でのテキトー多重シリーズより。がっつり真面目に撮った撮影の合い間に別機でユルいノリで撮った多重写真です。撮り方はセルフフィルムスワップ、一回目は主に新美術館界隈で、二回目は主にポートレートの合い間のオフショット的です。ほとんど遊び感覚で深く考えずに撮り進めました。新美術館では草間彌生さんの展示をやっていたためそのポスターをなんとなく撮影、二回目は六本木ヒル [続きを読む]
  • 光と影のcatharsis
  • Lomo LC-A+/Lomography CN100(ネガ現像)先日行ってきた東京での「テキトー多重」より。がっつり真面目に撮った合い間に、別機でユルい感じで撮った多重写真です。撮り方はセルフフィルムスワップ、一回目は主に新美術館界隈で、二回目は主にポートレートの合い間のオフショット的な撮り方です。ほとんど遊び感覚です。新美の近未来的な建物と女性の滑らかさとのランダムな混じり合いに少し期待をしつつもあまり計算せずに撮り進め [続きを読む]
  • Simple Use Film Camera作例①
  • Simple Use Film Camera(SUFC)/Lomochrome Purple XR 100-400By iPhoneロモグラフィーのレンズ付きフィルム「Simple Use Film Camera」(SUFC)による作例です。 このカメラ(というかレンズ付きフィルム)は、三種類のフィルムバリエーション(Lomography Color Negative ISO400、Lomography Lady Grey B&W ISO400、Lomochrome Purple XR100-400)の中から好きなものを選ぶことができるというもので、フジの「写ルンです」感覚で [続きを読む]
  • 梏桎の壁 -the depressing wall
  • Canon EOS7/Lomography CN F?/400(ネガ現像)多治見のタイルミュージアムの個性的な建物と、アレな感じの女性との多重露光です。天気も悪かったしフィルムも寒色系だし独特の雰囲気になりました。なんとなく撮った感じですが意外と反響の大きい写真です。新たな作品に向けての準備が進んでいます。とりあえずファーストステップとなる撮影は東京で終えてきました。ここからが大事。 [続きを読む]
  • 廃線の花 -bloom in my memory
  • Canon EOS7/Lomography CN F?/400(ネガ現像)廃線に佇む女性(三重県四日市市)と、河津桜(岐阜県可児市)との多重露光です。桜のみソフトフィルターを使用しています。カメラはCanon EOS7、フィルムはロモグラフィーのカラーネガLomography CN F?/400。粒子はかなり荒くトーンは控えめ。かなり退廃的な雰囲気となりました(*´д`*) [続きを読む]
  • 蒼く燃える惑星
  • Canon EOS7/LomoChrome Turquoise XR100-400(ネガ現像)東京の遠征から帰ってまいりました。今後につながる実りある滞在になったと思いたいです。空いた時間でいくつか展示も巡りましたが、なんとなく寄ったギャラリーで素敵な出会いがあるのは毎回嬉しいです。特に今回はアートコンプレックスセンター(ACT)での作品がが刺激的でした。滞在中会えた方々ありがとうです。PGの皆ともまた会えてよかったです。ギリギリ会えなかった人 [続きを読む]
  • 木枯らしのdiary
  • Canon EOS7S/Lomography CN100(ネガ現像/現像後モノクロ変換)ゴールデンウィークとやらはあっという間に過ぎ去りました。仕事もあり特に大きな予定は入れていませんでしたが、私のいわゆるゴールデンウィークは来週から訪れます。次の展示やイベント等のため東京でいろいろ動いてきたいと思います。そしてたくさん飲んできます(*゚∀゚)=3この写真は、女性のポートレートと冬の木々による多重露光です。カラーネガを使用しています [続きを読む]
  • 春を穿つパルス
  • Canon EOS7/Lomography CN F?/400(ネガ現像)ゴールデンウィークは大きな動きはなく少しのんびりしてそして今後の準備などをして過ごしています。(仕事もしています…)楽しみの一つはフィルム現像です。こちらは先日現像したばかりのカラーネガLomography CN F?/400の結果より。雨の日に撮った枝垂れ桜と、後日撮った女性のポートレートとの多重露光です。女性は室内での撮影ですが、外からの光を受けて完全に逆光となってい [続きを読む]
  • ドーン・オブ・ザ・棚田
  • Holga/Kodak Portra800(ネガ現像)今年も田植えの季節が来ました。この時期ならではの写真が撮れる貴重な時期です。ゴールデンウィークの時期と重なるので地元の棚田に夜明け前からがんばって行ってみました。いろいろ撮りましたがこちらはHolgaによるネガフィルムです。比較的見た目に近いトーンです。日本の原風景ここにありといったところでした。寒かったけど行ってよかったです。 [続きを読む]
  • アザレア煙る朝 -dawn with the azalea
  • Canon EOS7/Lomography CN F?/400(ネガ現像)春の花が競うようにいろいろ咲き始めてますが最近のお気に入りはツツジです。鮮やかで透明感のある赤紫の花はサツキよりも好きヽ( ゚∀゚)ノなのでそこら辺のツツジでちょっと多重してみました。計3回露光しています。1回アウトフォーカスをぶっこむことでふんわりとした幻想感が出ました。 [続きを読む]