りり さん プロフィール

  •  
りりさん: いつでもきょろきょろ
ハンドル名りり さん
ブログタイトルいつでもきょろきょろ
ブログURLhttp://katzeriade.ldblog.jp/
サイト紹介文ドイツ在住。2011年に未婚シングルマザーとして息子を産み、学生生活をし、現在の夫との子を妊娠中。
自由文気付けば、10年弱のドイツ生活。
2011年に未婚シングルマザーとして息子を産み、学生生活をし、現在の夫との子を妊娠中。2017年夏に出産予定。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/01/28 07:04

りり さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 23.24週目のようす、掃除欲
  • ・掃除、掃除、掃除とにかく、掃除したい衝動に駆られている。普段めったにしない雑巾がけを週に3回はしたり、棚の上のわずかな埃も気になるし、鏡にひとつでも歯磨き粉がついていると気になるし、キッチン台に少しでも小麦粉がついていると気になるし、掃除機はできたら1日に2回かけたいし髪の毛が一本でも落ちていたら嫌だし、脱ぎ捨てられた靴下を見たら、バネ人形みたいに反応して洗濯籠へ放り込む。どれもこれも、どうも妊娠 [続きを読む]
  • 22週目のようす/子どもの哲学
  • 前回の妊娠時はこうだったらしいが、今回も結構同じような状況で、同じようなことで悩んでいる。・甘いものが欲しすぎて困る。子どもがいなかった時は見向きもしなかったケーキを、もう素通りできない。少なくとも週1では食べたい。もしくは、ネクタリンを一日中休み無く食べて過ごしたい。・何となく怪しい坐骨神経のあたり時々、来るか?来るか?とにおわせるような、神経あたりをそよ風が吹くような感じの微妙な刺激がある。今 [続きを読む]
  • 一緒に育った人・育てた人
  • いわゆる家族というものだけれど、最近、どうもやっぱり付き合いが難しいと思い始めた。先日母に、私の妊娠のことを伝えたところ、暫くの沈黙の後「え、だってあんたどうすんの?」が第一声。彼女は、我が家が金銭的に恵まれている訳ではないのにどのように子育てをしていくのか、と言いたかったらしい。まあ確かに我が家は別に金持ちじゃないし、私も彼も、彼の奨学金+わずかな貯金、そしてお互いのバイトで何とかしている状態で [続きを読む]
  • 出産時に上の子をどうするか
  • 2人目がいざ産まれるという段になったら、5歳の息子のことをどうしようか考えている。義母は病気だから来られないし、私の母にはそもそも妊娠のことも知らせていない。私自身、身の回りのことを人にやってもらうよりも自分でやるほうが気が楽なので、それ自体はいいんだけれども、問題は息子なのだ。というわけでもし真夜中に陣痛が来た場合には1.息子も叩き起こして、3人でタクシーで産院へ向かい、私が分娩室にいる間は ぱぱ [続きを読む]
  • 21週目のようす
  • ・酷い湿疹19週目あたりから、まずは両二の腕に湿疹が広がり、非常にかゆくなる。次に、両太ももの裏の一部。そして気付いたら両手首、両足首まで広がり、夜はもうかゆくてかゆくて眠れない。布団に入るとかゆいから、布団から出て体を冷やしつつ寝ていたら、今度は風邪を引いた。湿疹が出るまで、乾燥対策にと思ってオイルを塗っていたのが祟ったのかもしれない。全身に広がり始めてからも、気付かずに塗り続けていた。時々、アロ [続きを読む]
  • おしめ洗濯の悲劇と息子近影
  • おしめを洗濯してしまうと、早い話がこうなる。2回やってしまったが、1回目は運よく破けず、ただおしめが水を吸って膨らんでぱんぱんになって終了、2度目は破けて、他の洗濯物もこのようなジェルにまみれて大変なことに。被害を受けた洗濯物たちは一度乾かして、そこから、乾燥したジェルを手で払うとよいそうだが、この時は濡れた状態のジェルまみれの洗濯物を、外でばたばたと払ったら、それで済んだ。ドラム内に残った分は手で [続きを読む]
  • 燃え尽き症候群、ドイツで団子
  • 1月のプレゼンテーションラッシュを終え、卒業試験を経て、実に8年越しにて修士課程を卒業することができた。その1週間後、新たな入試を受けたのだけれども、ポカして撃沈。ご縁がなかったのだと諦めるしかないのだろうけれども、失敗が未だに悔やまれる。ここでまた入学できていたら、教授のアドバイスを定期的に受けながらの研究を続けられたのになあ。全てを終えて、ある程度具体的な今後の目標も決めて、さあ次への準備だ、と [続きを読む]
  • 息子はどこへ…。
  • 婚姻届と、息子の入籍届を送ったのが8月末。やっとこ戸籍謄本が出来た(10月半ば)と、日本の彼の家族から連絡があり、確認したところ息子が入っていない。ぱぱ氏筆頭の戸籍に書かれているのは、私の名前のみ。どういうことなの、と真っ青になって、こちらの日本領事館、そして私の戸籍謄本のある所、新戸籍謄本のある所に問い合わせたところ、どうやら、息子の苗字を変えるのには、家庭裁判所の、子の苗字変更に関する審判書が必 [続きを読む]
  • 子連れ入籍にあたってのお役所手続き
  • 入籍の手続きは、面白かった。日本人同士の、日本式によるドイツでの婚姻。まず、自分たちの住んでいる管轄の日本領事館のホームページから婚姻届を3通ダウンロードして、それを記入し、領事館へ郵送する。(一通は私の昔の本籍地へ、一通はぱぱ氏の本籍地へ、一通は私たちの新しい本籍地へ行くそうな)その婚姻届が領事館へ到着した日が、私たちの入籍日となったようだ。さらにそこから5〜8週間経ったら、日本で新しい私たちの [続きを読む]
  • 入籍と養子縁組のおはなし
  • 最後にブログを書いてから早4ヶ月、例のぱぱ氏と入籍しました。入籍にあたっては、彼のご両親は手放しで賛成してくださったものの、私の父が最後まで結婚の期日や条件、更に今までに3回会っただけの孫の行く末を具体的に決めたがっていたので、これを機に、さっぱり縁を切らせていただくことにした。キャリアを積んで有名にならなければ意味がない、という人生を私の息子に歩ませる気はない。幸せの基準が、価値観が私たちとは決定 [続きを読む]
  • 洗濯機直る
  • 洗濯機、直りました。新しい洗濯機が来るという日に初めて排水ホースを外して見てみたら、ヘドロがでろっと出てきたのです。…実は我が集合住宅、数日前に他のお宅の水道管が詰まったらしく、そういえば洗濯機が動かなくなる前に、キッチンの排水溝から、ヘドロが火山のように噴出してきたことがありました。数分後に、水道管屋さんが来てくださって、チェックもして下さったので排水溝自体はOKでしたが、キッチンの排水溝につな [続きを読む]
  • ちょっと疲弊中
  • 息子に、5日間ほど熱がある。お医者曰く、これは「5-6日インフル」。長いこと待合室で待ったあとに、1分の診察でこれを言われたので、適当なこと言ってるに違いない、と恨めしげに考えたものの、やっぱりプロの診察というのは、正しいんだと思わされた。熱がなかなか38度以下にならない。うーん。小康状態になって、20分ほど公園で遊ばせたらまた翌日の昼に40度近くになるという、もうどうしていいのやら、なかなか分からない状 [続きを読む]
  • 思わず涙
  • 数日前から新しい幼稚園に行き始めた息子。慣らし保育には3週間くらいかかるかな、と思いきや、1日目にして親不在で楽しみ、2日目にしてお昼ご飯を食べて帰ってきて、さらに迎えにいくとあからさまにガッカリした顔をする。普通は、1週間は親が同室で様子を伺って、2週間目からお昼ご飯…という流れらしいのだけど。本人はまったく感じの違う幼稚園に戸惑っているようだし、それで疲れてもいるようだけれども彼に合っているようで [続きを読む]
  • テレビ取材と夏のおはなし
  • 常に少しずつ更新できればいいな、と思うのだけれども、自分は様々な取りとめもないことを多く考えすぎているし、その考えを全て文に書き起こすには怠け者すぎるので、こんなスパンで書くことになる。もう時効だろうから話そうと思う。かなり前の話だけれども、某テレビ局の方から、私たち3人の取材をしたいと連絡を頂いたことがあった。私たちのそれは、そこでの番組に見合う生活状況だったらしい。(うーん。)シングルマザーっ [続きを読む]
  • 引越しと、ダニに刺されたお話
  • 大分ご無沙汰しておりますが、皆元気でやっています。2週間ほど前に引越しをしたのだけれども、新居の居心地がよすぎて、家から出たくないくらい。引越しの際も、色々な方々に助けていただいて、また大変なありがたさを感じた。元の家は1つしか部屋がなく、息子が暴れまわる中で彼と私が勉強をしたり、息子が横で寝ている中で、私たちがひそひそと話をしないといけないという状態に限界が見えていた所、少し広めの2部屋の住居を運 [続きを読む]
  • 過去の記事 …