カメリオ さん プロフィール

  •  
カメリオさん: おひとり様の街歩き
ハンドル名カメリオ さん
ブログタイトルおひとり様の街歩き
ブログURLhttps://ameblo.jp/kamellio/
サイト紹介文スローなフェリー、路線バスで、離島めぐりのひとり旅。碧い海を観たくて。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供363回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/01/28 14:45

カメリオ さんのブログ記事

  • 大光寺城跡
  • 郷土資料館があるくらいですからやはり、城跡もありました しか〜し 城跡は、見事に畑 そもそも、お城じゃなくて武士の館があったという程度 それでも、城は城 りんごのみにしないところがいいのでしょうね [続きを読む]
  • 平賀のねぶた
  • 平賀駅、農協の中に収まってる?埋められてる? ひらかのマンホールのふたはちょっと凝ってる 野菜の植え時津軽の5月 惜しいバランス感が少し変 交番は、立派すぎ 見えてきました 平賀のねぶた この大きさには驚かされる 迫力ありすぎ にほんブログ村 [続きを読む]
  • 津軽の風
  • 津軽の風かっこいいネーミングですね風にたなびく字体もいい 黒石行きの電車前面はごく普通 側面はなにやら昔話っぽい絵 ガラガラの車内 津軽富士が遠ざかる ここにもラッセル君のねぶたが 平賀駅で、途中下車 [続きを読む]
  • 終着駅、川部駅
  • 津軽富士に迫る夕闇 列車の旅だからじっくり景色と向き合える 五能線は川部駅 五能線の終着駅始発駅ではないらしい 川部の駅舎 中もこじんまり 川部で奥羽本線に乗り換え 川部でも、田んぼアートをやってるみたい にほんブログ村 [続きを読む]
  • 五所川原駅前で煮干しラーメン
  • 駅前のバスターミナル待合所こんな場所でのんびりしちゃうひとり旅 手書きの時刻表がまた旅情を高めてくれます 夕陽の当たる五所川原駅こちらはJR 高い建物の側面にはそれに負けない高さの立佞武多の絵 マンホールのふたにはドラゴン なにか由来があるのでしょうか? 幾何学的なものも あごにぼ中華そば 煮干しラーメンが津軽のラーメンらしい 野郎ども、やってまえ〜じゃなくてやってまれ 静岡弁のやりんってところでしょ [続きを読む]
  • ふるさとの津軽五所川原駅
  • 津軽富士見る位置によって全然形が違います 円すい形の富士山はやっぱり別格だなと 津軽五所川原駅に到着 レトロ感いっぱいですが時計だけは新しそう ぼろぼろの旧型車両いずれはレストアして走らせてほしい でも、こんなにあったらレストアしきれないような がんばれ、津鉄 小さな改札 小さな駅舎 モルタル葺きは当時はモダンだったんでしょうね ふるさとではないけれど応援します にほんブログ村 [続きを読む]
  • 斜陽の当たる金木駅
  • どうせならりんご100パーセントで作ってほしかった それじゃあ、リンゴパイ? 斜陽館を後にします おやじ食堂いい感じ 津軽富士を背景にこの手書きの看板がたまらない 冬は、けっこう積もるんでしょうね ストーブ列車に地吹雪体験やってみたいな 五所川原に向かいます。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 金木駅 斜陽館
  • 津軽三味線館を先に回ったのは、実演を聴くため 太宰と言えば金木と言えば斜陽館 まぁ、とにかく広いお屋敷 和と洋が混在した内部 広い吹き抜け冬は寒かったんでしょうね 寄木細工の天井 細かな指物 立派なもんです 斜陽館の出典元 お隣にも大屋敷こちらは、鰊御殿のよう 維持していくのは大変なようで 横になってひと眠りしたい にほんブログ村 [続きを読む]
  • 太宰治 疎開の家
  • 太宰さんは、奥の座敷で、小説を書いたそうな その時の鉄瓶もそのまま残っています ここは太宰治の疎開の家津島家新座敷 外はそれなりに傷んでますが 中はまだまだキレイ 建具にもお金がかかってますからねぇ 欄間もステキ 太宰ファンなら行くべきでしょうね にほんブログ村 [続きを読む]
  • 津軽鉄道 金木駅
  • 芦野公園駅の踏切相変わらずのものすごい人 津軽鉄道ではワンマン車両だけでなく機関車がひく客車も活躍中 金木駅で下車 少しだけメルヘンチックな金木駅 かつてはにぎやかな通りだったことでしょう 喫茶店?アイスクリーム?美容院?なに屋さん? 観光ガイドにも載ってませんが飛行機の英雄? 金木の町を散策中 にほんブログ村 [続きを読む]
  • きんた豆蔵の津軽中里駅
  • 新たな誘惑ワカオイおにぎり 食べたいけれどすでにお腹はいっぱいで、、、 岬、湖、盆踊り?神社吉田松陰にも関係している?最北端の駅のある町の観光名所 残雪が深いんでしょうねいい天気ですが、登山不可 金多豆蔵人形が伝統芸能 駅舎の中に、飾ってありました 表情豊かなユーモラスな紙人形 太宰さんもねぷたに隣はピカチュウじゃなかったのですね 津軽鉄道のゆるキャラですね なぜか、カレンダー時刻を気にすることは [続きを読む]
  • 日本最北の私鉄、津軽鉄道
  • 喫茶店の出店で買ったコーヒーを飲みながら発車を待つ 缶コーヒーが苦手な私にとっては最近のコンビニレギュラーコーヒーが普及してきたのはありがたいこと 馬肉カレーに心はひかれましたが 散る花びらの桜の下でお食事するにはお弁当しかありませんよね こちらは、次回にお預け 本州最北でも間違いではありませんが日本最北が正解 終着駅です 狭いホームですが 構内には、転車台が残ってるかつては、大きな駅だったんでしょ [続きを読む]
  • 散り始めの芦野公園
  • おかあさん、手作りのおでんに おかあさん手作りの、おいなりさんにおもち商工会婦人部の方々が、お祭りを盛り上げるためにも用意してくださったようです 桜まつりですから、露店が出ますこちらは並木沿いには出店させず公園内に出店、フードコートのありさま 屋台のたこやき、おこのみやき、フランクフルト、そんなのは気になりませんが地元の方が、朝早くから頑張って作ってくださったお弁当をみると美味しそうであり、気に [続きを読む]
  • 桜の津軽鉄道 芦野公園駅
  • 列車が来るたびににぎやかとなる「芦野公園駅」踏切 とにかく桜の中の列車を収めようと人だかり 列車が過ぎ去ればいつもののどかな時間が戻ってきますが ところがどっこい列車が来なけりゃ踏切は人だかり ホームで撮るなら入場料を 鉄道会社もみすみす儲ける機会を見逃すわけにはいきません 混雑防止のためなんでしょうけど 早くも、陣取り合戦始まってます この写真を撮りたくて にほんブログ村 [続きを読む]
  • 津軽鉄道 乗車
  • 岩木山を横目に本州最北端の私鉄で移動中 鋏を入れる切符に感無量感熱紙のそれにはない旅情が醸し出される 全席指定の言い換えれば、指定席料金まで支払ってリゾートしらかみに乗ったのはホームの奥の津軽鉄道に乗るため 津軽の象徴走れメロス 今回の旅で初めて太宰治の作品を読みました。 桜並木の中を走る津軽鉄道じもちーは、「つてつ」と呼んでいらっしゃる その列車を写そうと踏切には人だかり なんだか、にぎやかなこ [続きを読む]
  • 五能線 リゾートしらかみ
  • 五能線を走る快速列車リゾートしらかみ車両が3種類あるようでどれに乗れるのか楽しみ なかなか精悍な顔つき でも、しょせんはどこかで見たことのあるキハ車両古い車両を改造してます 今朝のは「くまげら」号です えらく汚れてる先頭車両の窓 岩木山を横に見ながら青森から弘前へ 岩木山に向かってるかのように走る川部〜五所川原間 リンゴ畑の中を快走中 十字架がいっぱい?苗木なんでしょうか? 岩木山が富士山に見え [続きを読む]
  • 海鮮ばかりが市場じゃない、青食センター
  • 忘れ物もトロ箱に入ってしまう 青食センター やっぱり、ここも海鮮が中心 鮭のお人形腹子付き 朝食にいそしむおかん 周囲にはかつての栄光を引きずるお店 のどかなものです 当時の賑わいを、見てみたい ハイカラな外観だったんでしょうねもったいないよなぁ 交差点で商売を始めちゃった しょうがないなぁ〜 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 古川市場vs海鮮市場
  • 海鮮が並んでますすべて、どんぶりにのっけるためのもの どんぶり街道なんてことをやってます 海産王国ですからねぇ 観光客が、うじゃうじゃ中国人も多い このような丼があるのですからビジネスホテルの朝食は要らなかったです失敗しました 古川市場の近くには対抗馬の 海鮮市場もありました にほんブログ村 [続きを読む]
  • 弘前城 夜桜
  • 夜桜キレイですねぇ 今年はぎりぎり桜に間に合いました 以前、寝台列車で行った時はまだつぼみでしたから 陽が暮れるにつれ ライトアップが始まる また、登っちゃいました 日中と比べればずいぶんと人も少なく 花筏がきれいってことはなさそう バスで 弘前駅へと戻りさらに、青森駅へと この時期弘前市内のホテルは高くて泊まれない、、、、 にほんブログ村 [続きを読む]
  • B級グルメ 大鰐温泉もやしラーメン
  • ごく普通のラーメンですよね? ところがこれが噂の B級グルメの大鷲温泉もやしラーメン 中華そばにもやしがドサって、感じ 普通のもやしとはシャキシャキ感が違うらしいとのこと 冬季のみ?5月のもやしは一味違わない? お店のお客さんジモチーの常連さんのようでしたが折り紙をくださいました ヤッコにしては形が変 ねぷたがモデル ようこそ大鰐、ようこそ弘前 弘南鉄道大鰐線の旅でした にほんブログ村 [続きを読む]
  • ワニがお迎え、大鰐駅南口
  • 大鰐駅、大鰐町だけにやっぱりワニ勝ち誇った、この表情? ピンク色にしたあたりがにくい 弘南鉄道、大鰐駅南口古さは隠せませんね お隣には、JR大鰐駅 足湯でおもてなし 民間交番?本日不在では、安心できないじゃん? にほんブログ村 [続きを読む]
  • 危険地帯の大鰐駅北口
  • 自動券売機までもが平日、かつ、日中しか働かなくてすむ機械にもやさしい弘南鉄道? 自販機荒らしが狙ってるのでしょうか? ホームにくっついた小さな駅舎手前に進めば ここは弘南鉄道終着駅の大鰐駅 危険な地域なのでしょうか鍵だらけにしましょうって! 夕陽が差し込む大鰐北口駅舎 跨線橋を渡り、南口へ にほんブログ村 [続きを読む]