いぬ さん プロフィール

  •  
いぬさん: いい加減がよい加減
ハンドル名いぬ さん
ブログタイトルいい加減がよい加減
ブログURLhttp://ameblo.jp/inurosan/
サイト紹介文40代サラリーマンの鉄道・バス乗り(+多少旅行貯金あり)ブログです。主に名古屋近辺で活動しています。
自由文最近は、名古屋市バス全系統乗車を目指しています。それに加え、昔の名古屋のバス路線の情報収集にあたっています。
本当は、全国の鉄道乗りつぶしを進めていきたいのですが、なかなか暇とお金がありません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2012/01/28 23:01

いぬ さんのブログ記事

  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−多気→伊勢市−
  • 多気からは、参宮線乗りつぶしのため寄り道です。 【837D】伊勢市ゆき 多気9:16→伊勢市9:39 多気駅3番ホームから、伊勢市ゆき普通列車に乗車。乗ったのはキハ58-101でした。画像の車両ですね。画像を見る限りでは、2両編成のようです。 当時の参宮線はまだ「快速みえ」の運転前で、普通列車が1時間に1〜2本程度、線内運転でも多気−鳥羽間直通であったり、伊勢市で系統分割されていたり、亀山や松阪まで直通していたりといった [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−新宮→多気−
  • この旅も、最終日の5日目。18きっぷの最後の1枚は、新宮まで乗った【922M】車内で手書きの日付記入でした。 新宮からは、紀勢本線を東へ向かいます。 【326D】亀山ゆき 新宮6:04→多気9:49 多気までは、3時間以上の乗車です。乗ったのはキハ40-2111ですが、キハ30等が混じった雑多な編成でした。途中、尾鷲で19分(南紀2号の追い越しあり)、紀伊長島で13分と長時間停車あり。 当時の紀勢東線は、多気以北まで直通する亀山ゆき [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−天王寺→新宮−
  • 当時の高校生としては遅いこんな時間に天王寺にいる理由は、夜行列車に乗るためでした。まだ割安なビジネスホテルが少なかった時代なので、ユースホステルや国民宿舎以外の宿に泊まることは、思いもよらなかった頃でした。 【922M】新宮ゆき 天王寺23:00→新宮5:01 紀勢本線の夜行列車に乗って、紀伊半島をぐるりと回って名古屋を目指します。この列車は1年半前の1986年11月までは客車列車でしたが、既に電車化された後でした。天 [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−大阪→天王寺−
  • 大阪からは、環状線で天王寺へ。 【環状線外回り】大阪21:22→天王寺21:43 大阪環状線を大阪−天王寺相互間で乗るとき、わたしは西九条経由で乗るほうが好きなのですが、この時は本数が多い京橋経由で天王寺まで移動しています。 当時の大阪環状線は、他線区からの乗り入れ列車よりも線内列車が主体。他線区直通は関西線のみで、しかも平日は大阪発9時台〜16時台、休日でも8時台〜17時台を20分間隔で設定されていただけでした。 こ [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−和田岬→兵庫−
  • 和田岬からは、そのまま兵庫に戻ります。 【542レ】兵庫ゆき 和田岬20:23→兵庫20:29 和田岬に停車中のオハフ64。オハ64、オハフ64は、オハ61、オハフ61をそれぞれ和田岬線専用に通勤形改造した車両です。通常の旧型客車は両端2扉ですが、車体中央、しかも片側のみに外吊りの扉が後付けされていたのが特徴です。 復路は、オハ64-5に乗車しました。どうしてオハフに乗らなかったと今では思うのですが、帰りは混んでいたような記憶 [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−兵庫→和田岬−
  • 兵庫駅で下車したのは、ご想像通り和田岬線に乗るためです。 【541レ】和田岬ゆき 兵庫20:05→和田岬20:11 兵庫駅和田岬線ホームに停車中のDE10。当時の和田岬線はDE10+オハ64で運転されていました。1日11往復の運行で、朝8時台までと夜16時台〜20時台のみ。毎日運転は2往復のみで、残りは休日運休のダイヤでした。現在は平日の運行本数は増えましたが、休日は変わらずですね。 わたしはオハ64-2に乗って、6分間の旧客体験を楽し [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−須磨→兵庫−
  • 須磨からは、快速で兵庫まで行きました。 【814M】快速・野洲ゆき 須磨19:55→兵庫20:00 隣の3番ホームに入ってきた、113系2000番台。クハ111-2143に乗車しました。 須磨ー兵庫間は快速だと1駅。緩行線だと鷹取、新長田に停車します。多分、兵庫での乗り継ぎに間に合わなくなりそうなので、快速に乗り換えてます。 ということで、すぐに兵庫駅に到着。下のホームに乗り換えです。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船ー明石→須磨−
  • 明石からは、緩行線を須磨まで乗りました。 【京阪神緩行線】高槻ゆき 明石19:36→須磨19:53 東海道・山陽本線の緩行線に乗るのは、今でも結構好きです。空いているのはもちろんですが、それだけではなく好きです。ただ、理由は思いつきません。 きっと当時もそんなんだったんでしょう。クハ103-151と低運転台の若番車に乗ってます。 須磨駅4番ホームに到着した、103系7連。当時はJR東海でもこの手の103系はいましたので、珍しく [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−姫路→明石−
  • 姫路では、網干始発の普通列車(18:44発)が先発ですが、もちろん117系でシートがいい新快速へ乗り換えました。 【3682M】新快速・野洲ゆき 姫路18:54→明石19:27 すっかり日が落ちてしまった姫路駅4番ホーム停車中の117系。明石まで、クハ117-24に乗車しました。 今思うと謎なのが、なぜ明石で下車したのか?確かに次の目的地は新快速は停車しないのでどこかで乗り換えが発生するのですが、始発電車が利用できる西明石でないの [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−岡山→姫路−
  • 往路は赤穂線経由でしたが、復路は素直に山陽本線経由で大阪方面へ。 【1424M】姫路ゆき 岡山17:12→姫路18:38 岡山駅9番ホームに停車中の115系1000番台。当時の山陽本線岡山口では当たり前過ぎた車両です。毎時1本の姫路直通ですが、今ほど18きっぷシーズンの混雑はなかったような気がします。モハ114-1196に乗車しました。 1時間半ほど乗って、暗くなった姫路駅6番ホームに到着。次の列車に乗り継ぎます。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−宇野→岡山−
  • 宇野からはオーソドックスに快速「備讃ライナー」で岡山へ。 【3138M】快速備讃ライナー18号・岡山ゆき 宇野16:17→岡山16:54 「備讃ライナー」は現在の「マリンライナー」の前身となる列車です。 連絡船接続で運行されていた岡山〜宇野の快速列車は、JR化をきっかけに213系に置き換えられ、「備讃ライナー」と名称が付きました。全車普通車で、6両〜9両編成で運転。高松寄り1号車が指定席であった他は自由席でした。日中中心に [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−高松→宇野−
  • 本州に戻るのも、もちろん宇高連絡船です。昼食がまだだったので、高松駅で済ませたりして1本後の連絡船でした。 【18便】宇野ゆき 高松15:07→宇野16:07 この【18便】は、高松14:55着の松山始発「しおかぜ12号」と14:42着の徳島始発「阿波12号」を受ける連絡船です。ただ、前後に高速船とホーバークラフトが設定されており、高速船【810便】だと高松15:00→宇野15:29、ホーバークラフト【116便】だと高松15:47→宇野16:10でした [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−八栗口→高松−
  • 八栗口には特に用事はないので、次の上り列車で高松に戻ります。 【350D】高松ゆき 八栗口12:52→高松13:28 キハ28/58とキハ45の混結編成でした。もちろん、急行形クロスシートの方のキハ28-2002に乗車。 当時の志度〜高松では、普通列車も通過駅が結構ありました。この【350D】は珍しく各駅停車でしたが、1本前の【348D】は讃岐牟礼、古高松南を通過、1本後の【352D】は木太町、栗林公園北口、昭和町通過といったように、讃岐牟 [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−屋島→八栗口−
  • 屋島観光を終えて屋島駅に戻ってきたのが12時過ぎ。高松ゆきの普通列車は12:01に出てしまい、次は12:58発。時間があるので、徳島方面ゆきに乗って折り返し乗車しました。 【355D】引田ゆき 屋島12:30→八栗口12:36 上り列車とは八栗口より2つ先の志度で交換というダイヤですが、余裕をもって八栗口までしか乗りません。乗車車両は、キハ28-2427でした。 八栗口に到着。当時は交換設備のないホーム1本の駅でした。 ここで上り列車 [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−高松→屋島−
  • 18きっぷの旅4日目です。3日目は交換した18きっぷでしたが、4日目は自分の18きっぷ4枚目に戻ります。 【347D】引田ゆき 高松9:10→屋島9:29 高松駅1番ホームから、キハ28、58他の編成に乗り込みました。乗車車両は、キハ58-654です。この記事を書くために調べたら、この塗色は「四国団臨色」というそうで、かなり珍しいということです。しかし、当時はそんな予備知識もなく、このキハ28を避けてキハ58に乗ってます(笑)。 [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−高松駅で撮影(急行編)−
  • 前回に続いて、1988年3月に高松駅で撮影した急行列車群を紹介します。 まずは予讃線系統。 高松駅8:47着の上り「いよ」。当時の予讃線松山以東はほとんど特急になっていて、高松駅に来る急行で残っていたのは、高松駅終発及び初着の「いよ」と、夜行の下り「うわじま1号」のみ。この「いよ」は松山発5:25で、キハ28・58・65の5連で、グリーン車なしの指定席車×1。 「うわじま1号」は撮れていません。 続いて、土讃線系統。高松 [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−高松駅で撮影(特急編)−
  • 高松駅では、この日の【しおかぜ17号】に乗る前と、多度津から戻ってきての夕方、それに翌朝に宇高連絡船や列車の撮影をしました。その時の戦果をご紹介します。 まずは、特急列車から。といっても、まだ瀬戸大橋開通直前なので、予讃線、土讃線の2線区のみで、予讃線が「しおかぜ」、土讃線が「南風」が運転されていました。 【しおかぜ17号】で乗ったのは新鋭185系でしたが、旧来から走っているのは181系。高松駅16:44着の「 [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−多度津→高松(同日2回目)−
  • 185系「しおかぜ」で多度津まで来ました。午前中に多度津での用事は済ませているため、すぐに高松に折り返しました。 【1254M】高松ゆき 多度津15:39→高松16:20 琴平始発の高松ゆきです。電車列車の列車番号が、予讃線は3桁(1**M)、土讃線直通列車は4桁(12**M)ですぐに見分けがつきます。ちなみに、高松〜坂出の区間電車は、11**Mでした。 乗ったのは121系で、午前中に琴平から多度津まで乗ったのと同じ第1編成。この【1254M [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−高松→多度津−
  • 高松駅で昼食を取り、2時間ほど撮影大会。その模様は後日公開しますが、その後再び多度津まで往復しています。 【1017D】しおかぜ17号・松山ゆき 高松14:50→多度津15:17 実は、昨晩の宇高連絡船船中で、以下のきっぷを買っています。硬券の自由席特急券。「阿波丸」表示の乗車券がほしくて、こちらを購入しました。入場券すらケチる高校生としては、1枚500円のきっぷは大盤振る舞い。 この特急券を使用しないのがもったいないと [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−多度津→高松−
  • 多度津では1時間ほどの滞在。まずは多度津駅前に保存されている8620形58685を撮影。 それから多度津工場まで歩いていき、C58333を撮影しました。工場見学をした覚えはないので、外から撮れたんだと思います。後ろに連結されているのは、2軸客車のロ481号だそうです。 【156M】高松ゆき 多度津11:52→高松12:36 多度津駅1番ホームに停車中の121系2連。この時代のJR四国の電車は、111系を除けばこの121系ばかりです。この【156M】 [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−琴平→多度津−
  • 金刀比羅宮参拝は、2時間弱で済ませました。階段の途中の土産物店で杖を貸してくれるのは有名でこの時も知っていましたが、意地でも借りませんでした。「金」の字のお守りを買ってから、下に降りました。 【1244M】高松ゆき 琴平10:40→多度津10:54 琴平駅3番ホームに停車中の121系2連。国鉄分割民営化を控えて製造された四国オリジナル車両です。乗車時は既に製造時の赤帯からJR四国カラーの水色に変更されていました。現在は、 [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−高知→琴平−
  • 高知からは、乗ってきた【221レ】の折り返しである【222レ】に乗車。改札口を通った覚えがなく、入場券も手元にないことから、おそらくずっと車内で寝ていたものと思われます。 【222レ】高松ゆき 高知5:24→琴平8:50 しかし、乗車したのはオハ50-10でした。0番台のオハも乗っておきたいと考えたのでしょう。 JR発足当時の四国では、いくらか50系客車列車が残っていました。予讃本線の伊予西条〜八幡浜と高徳本線 [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−高松→高知−
  • 高松港に到着後、日付が変わるので新しい18きっぷを準備します。なぜかJR東日本・新宿駅発行の券。前日の岡山青年会館ユースホステル宿泊の際、同宿者と交換した覚えがあります。当時は東京なんか簡単には行けなかったので、「新宿」の文字がすごく珍しく思えました。 この日は市中で宿泊せず、夜行列車を宿にしました。 【221レ】高知ゆき 高松0:53→高知4:35 高松駅3番ホームに停車中の、50系客車。牽引機はD [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−宇野→高松ー
  • 宇野でいよいよ宇高連絡船に乗船します。 【9025便】高松ゆき 宇野22:50→高松23:50 末期の宇高連絡船は、通常型の連絡船が毎時1本、ホーバークラフトと高速艇が毎時1〜2本程度運航されていました。ただ、この時間帯は深夜。定期便は宇野21:00発の25便の次が23:25発の27便で最終でした。最後の宇高連絡船ということで多客になる中で間が空くので、設定された臨時便に乗船しました。 充当されていたのは、「阿波丸 [続きを読む]