いぬ さん プロフィール

  •  
いぬさん: いい加減がよい加減
ハンドル名いぬ さん
ブログタイトルいい加減がよい加減
ブログURLhttp://ameblo.jp/inurosan/
サイト紹介文40代サラリーマンの鉄道・バス乗り(+多少旅行貯金あり)ブログです。主に名古屋近辺で活動しています。
自由文最近は、名古屋市バス全系統乗車を目指しています。それに加え、昔の名古屋のバス路線の情報収集にあたっています。
本当は、全国の鉄道乗りつぶしを進めていきたいのですが、なかなか暇とお金がありません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2012/01/28 23:01

いぬ さんのブログ記事

  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−高松→多度津−
  • 高松駅で昼食を取り、2時間ほど撮影大会。その模様は後日公開しますが、その後再び多度津まで往復しています。 【1017D】しおかぜ17号・松山ゆき 高松14:50→多度津15:17 実は、昨晩の宇高連絡船船中で、以下のきっぷを買っています。硬券の自由席特急券。「阿波丸」表示の乗車券がほしくて、こちらを購入しました。入場券すらケチる高校生としては、1枚500円のきっぷは大盤振る舞い。 この特急券を使用しないのが [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−多度津→高松−
  • 多度津では1時間ほどの滞在。まずは多度津駅前に保存されている8620形58685を撮影。 それから多度津工場まで歩いていき、C58333を撮影しました。工場見学をした覚えはないので、外から撮れたんだと思います。後ろに連結されているのは、2軸客車のロ481号だそうです。 【156M】高松ゆき 多度津11:52→高松12:36 多度津駅1番ホームに停車中の121系2連。この時代のJR四国の電車は、111系を除けばこの121系ばかりです [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−琴平→多度津−
  • 金刀比羅宮参拝は、2時間弱で済ませました。階段の途中の土産物店で杖を貸してくれるのは有名でこの時も知っていましたが、意地でも借りませんでした。「金」の字のお守りを買ってから、下に降りました。 【1244M】高松ゆき 琴平10:40→多度津10:54 琴平駅3番ホームに停車中の121系2連。国鉄分割民営化を控えて製造された四国オリジナル車両です。乗車時は既に製造時の赤帯からJR四国カラーの水色に変更されていました [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−高知→琴平−
  • 高知からは、乗ってきた【221レ】の折り返しである【222レ】に乗車。改札口を通った覚えがなく、入場券も手元にないことから、おそらくずっと車内で寝ていたものと思われます。 【222レ】高松ゆき 高知5:24→琴平8:50 しかし、乗車したのはオハ50-10でした。0番台のオハも乗っておきたいと考えたのでしょう。 JR発足当時の四国では、いくらか50系客車列車が残っていました。予讃本線の伊予西条〜八幡浜と高徳本線 [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−高松→高知−
  • 高松港に到着後、日付が変わるので新しい18きっぷを準備します。なぜかJR東日本・新宿駅発行の券。前日の岡山青年会館ユースホステル宿泊の際、同宿者と交換した覚えがあります。当時は東京なんか簡単には行けなかったので、「新宿」の文字がすごく珍しく思えました。 この日は市中で宿泊せず、夜行列車を宿にしました。 【221レ】高知ゆき 高松0:53→高知4:35 高松駅3番ホームに停車中の、50系客車。牽引機はD [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−宇野→高松ー
  • 宇野でいよいよ宇高連絡船に乗船します。 【9025便】高松ゆき 宇野22:50→高松23:50 末期の宇高連絡船は、通常型の連絡船が毎時1本、ホーバークラフトと高速艇が毎時1〜2本程度運航されていました。ただ、この時間帯は深夜。定期便は宇野21:00発の25便の次が23:25発の27便で最終でした。最後の宇高連絡船ということで多客になる中で間が空くので、設定された臨時便に乗船しました。 充当されていたのは、「阿波丸 [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船ー茶屋町→宇野−
  • 茶屋町から、やっと今回の旅の目的である「宇高連絡船」本州側玄関の宇野へ向かいます。 【689M】宇野ゆき 茶屋町21:34→宇野21:58 さっき児島から乗ってきた、クモハ84003です。宇野ゆきといっても岡山からの列車ではなく、茶屋町〜宇野の区間運転列車でした。岡山からは茶屋町21:31着の児島ゆき普通列車が接続します。 茶屋町駅3番ホームから発車。初乗車区間ですが、もちろんもう真っ暗で何も見えなかったでし [続きを読む]
  • 最近(2017年GW)のあおなみ線
  • 今回は、【1988年】から現在にちょっとだけ戻ります。 世間はGWだそうですが、わたしはほぼ平常通りの出勤です。ただでさえレゴランドのお陰であおなみ線に行楽客が増えているのに、GWでいつもより目に入って仕事しているのがバカらしくなります。 そんな中で、名古屋貨物ターミナルまで、この3月改正で来るようになったEF510。この日の1250レは赤い21号機でしたが、青いやつも銀色のやつも見てます。たまにEF64-1000の [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−岡山→茶屋町−
  • 岡山からは、宇野線で茶屋町へ向かいます。 【1687M】宇野ゆき 岡山20:09→茶屋町20:28 岡山駅11番ホームに停車中の、213系6連。2ドア転換クロスシート車で後に東海地区でも運転されており、わたしの好きな車両のひとつです。 この213系は、瀬戸大橋線開業前に運転されていた快速「備讃ライナー」用ですが、17:39発が最終なので、この時間帯は普通列車で運用されていました。この【1687M】は備中箕島、久々原、 [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−津山→岡山−
  • 津山からは、津山線で岡山へ戻ります。 【657D】岡山ゆき 津山18:16→岡山19:43 津山駅4番ホームに停車中の、キハ23/45系。東海地方ではあまり見られない車両なので、この四角い車体が新鮮でした。キハ45-29に乗車。 当時の津山線はまだ陰陽連絡を担っていた頃で、岡山〜鳥取の急行「砂丘」が1日4往復、自由席グリーン車付きで運転されていました。半面、岡山〜津山の普通列車は14〜15本と、県庁所在地と地域中 [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−新見→津山−
  • 新見からは、姫新線を津山まで乗ります。 【828D】津山ゆき 新見16:00→津山17:43 新見駅2番ホームに停車中の、キハ47の2連。乗車したのはキハ47-164で、暖地向けのスタンダードなキハ47です。中国山地は寒いという印象があるのですが、キハ48ではないのですね。 まだキハ120の投入前なので、キハ40系列での運行でした。津山から中国勝山までの区間運行と、新見までの直通運行で構成されているのは当時も同じです [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−岡山→新見−
  • 岡山市内で昼食を済ませた後、JR線乗車を再開しました。 この旅行2枚目の18きっぷです。 【931M】米子ゆき 岡山14:04→新見15:31 岡山駅5番ホームに停車中の115系1000番台。積雪がある伯備線・山陰本線用に耐寒耐雪強化を施した区分です。0番台よりシートピッチが広いので、座っていくにはうれしい車両。モハ114-1178に乗車しました。 現在の伯備線ダイヤは、特急「やくも」以外は原則として新見で系統分 [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−岡山電気軌道乗車−
  • 翌日は、後楽園見学と岡山電気軌道乗車で午前中を過ごしました。 後楽園の写真は趣味外でもったいなかったようで、アルバムにありませんでした。岡電の方は、何枚かありました。 画像がどこだか記録に残していませんが、まずは東山線を乗りつぶし。都電チックな7000形7002。 東山線で乗った3000形3006。東武日光軌道線から、1968〜69年に譲受した車両だそうです。この3006は既に廃車されていますが、同形車が2両現 [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−播州赤穂→岡山−
  • 播州赤穂では接続列車はなく、3番ホームに相生からやってくる30分後の後続列車に乗り継ぎます。 【233M】岡山ゆき 播州赤穂16:07→岡山17:16 もちろん115系でしたが今度は1000番台。伯備線電化(1982年)により製造されたグループで、当時はまだ10年経っていない車両でした。モハ114-1196に乗車しました。 1時間ほど乗って、岡山駅0番ホームに到着。岡山駅改良前のホームで、最も後楽園口に近いところにあった切 [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−相生→播州赤穂−
  • 相生では、跨線橋を渡って2番ホームの赤穂線列車に乗り換えです。 【231M】播州赤穂ゆき 相生15:24→播州赤穂15:36 相生駅2番ホームに停車中の、115系0番台。宇高連絡船廃止=瀬戸大橋線開通ということで、この年には岡山で「瀬戸大橋博'88・岡山」が開催されていましたので、そのヘッドマークをつけています。クハ115-1と、トップナンバーに乗車しています。 赤穂線の運転本数は現在とそんなに変わらず、両端( [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−姫路→相生−
  • 姫路からは、区間列車でつなぎます。 【311M】上郡ゆき 姫路14:31→相生14:51 姫路駅7番ホームに停車中の113系0番台。そろそろ115系の世界に入るのですが、区間列車なので113系です。クハ111-139に乗車しました。狭いボックスシートですが、20分の乗車なので苦にはなりません。 当時の姫路以西の山陽本線は、姫路〜岡山(以西)の直通普通列車が毎時1本運転されていた他、大阪方面からの網干ゆきが毎時2本、上郡 [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−三ノ宮→姫路−
  • 三ノ宮からはふつうに新快速に乗って姫路に向かいます。 【3631M】新快速・姫路ゆき 三ノ宮13:23→姫路14:10三ノ宮駅4番ホームに停車中の117系。やっぱり原色の117系はいいです!このときは、モハ116-102に乗車しました。側窓が一段下降式の100番台は、わたしの中で乗って満足できる電車の五本の指に入ります。 この【3631M】は京都始発で、姫路での岡山方面山陽線の接続はありませんでした。なので、18きっぷ族は少 [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−大阪→三ノ宮−
  • 西へ行くのに、大阪からはなぜか新快速に乗りません。 【京阪神緩行線】神戸ゆき 大阪12:32→三ノ宮13:09 しかも中途半端に三ノ宮まで。新快速に座れなくて、座れるこちらを選んだのか。それとも、珍しい205系が来たので、つい乗ってしまったのか。 芦屋駅3番ホームに停車中の205系。当時としては珍しく、行先表示幕がLED化されています。クハ204-35に乗車しました。 当時はまだJR東西線の開通前ですので、 [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−大阪→弁天町→大阪−
  • 大阪では、大阪環状線に乗り換えて、弁天町まで乗っています。 【大阪環状線内回り】 大阪10:48→弁天町10:57大阪駅環状内回りホームの103系。名古屋では見られなかった、高運転台車でした。クハ103-800に乗って、10分ほどで弁天町へ。 きちんと入場券を購入しています。 なぜ弁天町へ行ったのかまったく記憶がないのですが、客観的にみると当時存在していた「交通科学博物館」へ行ったに違いありません。ただし、 [続きを読む]
  • 【1988年】青春18きっぷで宇高連絡船−米原→大阪−
  • 今回から、【1988年】宇高連絡船シリーズに戻ります。前回到着の米原からは、新快速を大阪まで乗りました。 【3611M】新快速・姫路ゆき 米原9:00→大阪10:29 まだ北陸本線の交直分解点が坂田−田村間にあった時代なので、琵琶湖線の電車は米原からでした。よって、始発の新快速に余裕で座っていけます。この時は、モハ116-24に乗車しました。まだ京阪神の新快速も117系だった時代です。 大阪までは1時間半。当時で [続きを読む]
  • あおなみ線・ノンストップ列車
  • 地元のあおなみ線については、少し前に「ホーム発車案内板更新」のタイトルで近況をご紹介しました。案内板に種別が出てくることから、今後は普通列車以外の種別が定期運行されるのでは、と想像していましたが、3月に入って臨時の設定日が何日かあることに、駅内外の張紙で知りました。 その張紙がこちら。3月は週末を中心に、平日にも臨時列車が設定されています。全然公式サイトでの案内がなかったのですが、運転初日の3月1 [続きを読む]
  • 日進市内巡回バス「くるりんばす」・北コース乗車
  • 日進市役所からは、【北コース】に乗って長久手古戦場駅を目指します。長久手古戦場駅へは【中央線】でも行けますが、さっき赤池駅で先行を見送った後なので、この次は11:50発とだいぶあります。 【北コース】市役所ゆき 市役所10:48→長久手古戦場駅11:20 環状路線ではないのですが、なぜか時刻表上の行先は「市役所」ゆきです。藤島町、岩藤町をカバーする路線です。 日進市役所の表玄関前がのりばで、向かって [続きを読む]
  • 日進市内巡回バス「くるりんばす」・西コース乗車
  • 今回、次回と【1988年】シリーズから離れ、2017年の現在に戻ります。所用時に時間があったので、日進市のコミュニティバスに乗ってきました。 とりあえず、星ヶ丘から名古屋市バスの【幹星丘1】梅森荘ゆきに乗って、東名古屋病院停留所で下車。県道219号浅田名古屋線を左(東)に入ったところの、転回場に入ります。奥が、国立病院機構東名古屋病院です。 くるりんばす【西コース】は、名古屋市に入ったここ東名古屋病 [続きを読む]