びんちゃん さん プロフィール

  •  
びんちゃんさん: ご冗談でしょう!
ハンドル名びんちゃん さん
ブログタイトルご冗談でしょう!
ブログURLhttp://binchan7.blog27.fc2.com/
サイト紹介文山歩きに自転車、写真、子育て、万華鏡に太陽光発電・・・何でもありです
自由文05年自宅を新築、ヒートポンプ式全館床暖(MITSUBISHIエコヌクール)・エコキュートを導入、10年11月、太陽光発電装置SANYO HIT-B205J01×28=5.74kw設置、さらなる省エネ化を目指しています。屋根向きは南南東、陸屋根に20°の角度でパネルを設置していますが、秋田県南部の豪雪地帯にあるため、冬期はメンテナンスが大変です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2012/01/29 10:39

びんちゃん さんのブログ記事

  • 鳥海山雪渓調査’17ー9月編
  •  9月10日、恒例の雪渓調査に出かけた。例年8月と10月の10日頃の調査だが、今年は精密に測量をするとのことで、中間のこの日も測量することに。調査メンバーは隊長G氏、元A大教授のK氏に自分を加えた3人。ギリギリのメンバーだ。高3で部活が終わり、休日はいつも暇そうにしている長男に手伝いを依頼したが、あっさりと断られた。; ̄ロ ̄)! 二人は前夜祓川ヒュッテに前泊して早く出かけたので後を追う。7:45祓川を出発する、 [続きを読む]
  • オヤジの挑戦、リベンジ
  •  8月20日(日)、二週間前の「オヤジの挑戦」に再度チャレンジする日がやって来た。前回の反省を踏まえ5:50祓川を出発する。気温も平年並みだ。カメラも一眼レフはやめ、コンデジのRICOH GRを装備する。 準備をしていると同じ本荘山の会のH氏とばったり。今日はガイド役で登るとのこと。祓川からはガスの中。しばらく行くとやはり本荘山の会のT氏と会い、二週間前のリベンジだと告げ先を急ぐ。 6:15六合目着、さすがに二週間 [続きを読む]
  • オヤジの挑戦は失敗
  •  8月6日(日)快晴。年と共に衰えゆく我が肉体を試すため、これまでにも何度か我が身を試すような山登りをして来た。4年前には0mからの鳥海登山、2年前は自宅からMTBで焼石岳まで行ったっけ。今回のstageは鳥海山、祓川登山口から山頂を経て鉾立登山口まで下り、日帰りで再び祓川まで戻ってくるという計画だったが・・・・・。 なんだかんだで出発が遅れ、祓川出発7:20。天気は快晴、気温はかなり高め。 約30分後、六合 [続きを読む]
  • 募集登山で笙ヶ岳へ
  •  7月22日(土)、本荘山の会募集登山で笙ヶ岳へ向かった。参加者は一般参加8名+1、会員10名の計19名。 悪天候が予想されたが登山口の鉾立駐車場にはけっこうな台数の車がある。バスの団体さんまでいる。8:30出発。まだ雨は降らない。 このルートを歩くのは4年ぶりだ。奈曽渓谷をのぞき込む。手前の花はトラノオか? 結構花は多い。ハクサンボウフウ。 9:40、賽の河原着、久々にチングルマの群落に遭遇した。ここで [続きを読む]
  • キヌガサソウに会いに神室山へ
  •  6月18日(日)、久々に役内口から神室山に登った(鳥海山ヒルクライムは不参加)。このコースを歩くのは2010年8月以来である。実はこの日”本荘山の会”の会山行で神室山に行くはずであった。しかしリーダーがジオパークの行事とバッティンングして中止になってしまったのだ。他の会員に参加を掲示板で呼びかけるが反応は無し。今回も単独行である。 今年異動した職場の窓からは毎日のように神室山が見える。3月18日(土 [続きを読む]
  • マクロ撮影のお遊び
  •  Instagramを見ていると、よく水滴を使った綺麗なマクロ撮影の写真がアップされている。真似したいもんだがなかなか難しい。今回水滴の代わりに「無香空間」の消臭ビーズを使って撮影してみた。撮影方法、まず化学実験で用いる時計皿(凹レンズ状の透明ガラス板)に消臭ビーズを並べる。これを上下逆さまにした被写体の上に掲げ、マクロレンズを装着したカメラで撮影する。今回の使用機材はSony α700+Minolta macro50mm f2.8、 [続きを読む]
  • 快晴の鳥海山で板納め
  •  5月21日(日)、鳥海荘主催行事「百度石の会」が行われた。要項よく見ずに当日参加できるものと勘違い。(;^ω^A まあ本荘山の会の会員もたくさんおり、「一緒に登るべっ」ということになった。 6:50頃祓川駐車場到着、出発準備をしていると見覚えのある白い車が到着、久々にばりこ嬢とご対面。この日は矢留山岳会のメンバーと登るとのこと。 百度石・・の参加者は何班かに分かれて出発していた。自分は最後の組から遅れる [続きを読む]
  • 快晴の鳥海山北面へ
  •  5月3日(水)憲法記念日、恒例の鳥海山北面に単独で挑戦した。当初の計画では4月29日の予定だったが悪天候により中止、3日の山行を会員諸兄に呼びかけるものの賛同者はなし。Σ( ̄ε ̄;|||・・・このルート、単独で行くには多少なりとも勇気がいる。しかし天気は快晴・微風と好条件、去年とは違いラッキーであった。 7:20祓川を出発、この冬は雪が少なかったが、春先の天候不純のためか雪はたっぷりと残っている。 それで [続きを読む]
  • 鳥海山猿倉コース、途中撤退
  •  4月22日(土)は所属する「本荘山の会」の総会。この日は曇りで時折本降りの雨が降る天気だったが、翌23日の予報は曇りのち晴れ。総会後の懇親会でデンキ氏やDr.K氏と明日はどこへ行く?中島台?などと相談する。自分は最初っから慣れた猿倉コースを行くつもりで、ゲートが閉鎖されていた場合に備え、車にMTBを積み込んで総会に参加していた。ところがT谷氏から「今日猿倉から1,900m地点まで行ってきた」との情報が入る。も [続きを読む]
  • 2年ぶりの稲倉岳へ
  •  3月20日(月)春分の日、2年ぶりに快晴の稲倉岳へ行って来た。やはりよく晴れた前日、本荘山の会の会山行が稲倉岳で行われたが都合により参加できず、この日も単独行となった。 登山口には先行者の車が3台あり、内1台はどうも見覚えがある。8:20出発、最近の不安要素はブーツである。踝とかかとの靴擦れに悩まされている。インナーソールを入れてみたらだいぶ緩和された。9:07七曲上部到着、おそらく昨日のものと思われ [続きを読む]
  • 人間ドッグのついでに蔵王へ
  •  2月23日(木)〜25日(土)まで、2泊3日の日程で山形市にある東北中央病院で人間ドッグを受診した。せっかくここまで来てただ帰るのはもったいない。3日目の朝、最後の検査を終えると蔵王へと向かった。目指すのは蔵王坊平ライザワールドスキー場。ここから刈田岳、熊野岳を目指したのだが・・・。 下界の山形市は曇りで時折小雪が舞う程度。しかし登山口のスキー場は濃いガスに覆われていた。11:10、リフトを2本乗り [続きを読む]
  • アナログレコード視聴環境の整備
  •  1年程前から昔のアナログレコードが聞きたくなった。クラッシックから洋楽、ポップス歌謡曲まで昔のレコードは沢山ある。世の中を見回してもレコード回帰が起きているみたいだ。去年はみゆきさんの新譜『組曲(Suite)』もアナログレコード(LP)が限定瀬販売された。我が家にも確かにレコードプレーヤーはある。しかしこれが簡単に視聴はできなかった。 我が家にあるレコードプレーヤーがこれだ。TRIO KP-700 クォーツPLL、ダイ [続きを読む]
  • ジュネス栗駒スキー場から大森山へ
  •  1月29日(日)、晴れの予報に心はうきうき、今冬初山行に選んだのは近場の焼石山系大森山だ。冬場は東成瀬村のジュネス栗駒スキー場から入山するのが一般的。今日は楽勝!と甘く見ていたのだが・・・。 スキー場最高点の第3ペアリフトの降り場から焼石山系の山々を望む。左側手前の小松森の隣に見えるのが目指す大森山、その右に西焼石岳の姿も見える。リフト券代を節約し、第2クワッドリフトを降りてからリフト1本分、シ [続きを読む]
  • 2016年の発電量等データ(過年度比較)
  •  我が家の太陽光発電装置"Needy Power Plant"を設置してから6年が経過した。2016年の発電量等のデータを過年度と比較してみる。 先ずは発電量のデータである。昨年の発電量は6,170kwhと過去6年間では4位の成績にとどまった。月別に分析すると、8月は平年(過去5年、以下同)に比べ大きく上回ったものの、いつもなら最大発電量を記録する6月や9月といった稼ぎ月で平年を下回った。もちろんこれは天候の影響でやむを得ない [続きを読む]
  • 1月なのにロードトレーニング
  •  1月8日(日)、快晴。運動不足のせいか最近太ってきた。自称ベスト体重68kg、71kgまでが許容範囲だったが、今はそれを2kgも上回る73kgである。太って着られなくなった服など全然無い!というのが自慢であったが最近どうもズボンがきつい。当然である。 運動不足解消のため車庫の中でローラー台トレーニングを、と考えたが道路に雪はない。こりゃ外で自転車に乗れるではないか。ということで羽後町まで往復32kmのロードトレー [続きを読む]
  • SONYα700を修理すべきか?
  •  購入して彼此9年近くなる我が愛機SONYα700だが、去年辺りからチョット気になる不具合が出てきた。 背面から見て本体右上にあるのが「後ダイアル」だ。機能は再生画像の送りや戻し、そして撮影時は露出補正に割り当てて使っている。ところがこの動作がたまに狂うのだ。例えば再生画像を1枚先に送ろうとしたら2〜3枚送られたり、露出を1段(0.3)+補正しようとすると2〜3段送られたりするわけだ。用はダイヤルの接触不良 [続きを読む]
  • 夜会VOL.19「橋の下のアルカディア」
  •  11月某日、休みを利用してとうとう来てしまった。所は東京赤坂のACTシアター、中島みゆきさんの夜会VOL.19「橋の下のアルカディア」を見るためである。2年前のVOL.18「橋の下のアルカディア」の再演である。Vol.18はBlu-rayを買って見たし、劇場版を映画館でも見た。でも生で見るチャンスとなると見たくなるものよのぅ。 かつて東京には9年間住んでいた訳だが赤坂・六本木界隈は全くのテリトリー外だ。スマホのGoogle mapを [続きを読む]
  • 会山行で加無山へ
  •  10月29日(土)本荘山の会恒例行事の山童祭が南由利原青少年旅行村で開かれた。翌10月30日(日)朝食中に音を立てて霙れが降る。「鳥海山初冬訓練班」と「丸森キノコ採り班」に分かれて行動するのがここ数年の常である。まあこの天気では初冬訓練はなし。多くのメンバーが行くというので山形県真室川の加無山に行く事にした。隊長のA部さん以外は誰も行った事がない。 出発が遅く登山口に着いたのは9時過ぎ、結構荒れた林道が [続きを読む]
  • おニューのカメラを携えて栗駒山へ
  •  久々に新しいカメラを買っちゃった。F UJI FILM XT−1。フィルムメーカーならではのカメラ作りとそのクラッシックなデザインに惚れ、しばらく前から狙っていたものである。9月に新型のXT-2が発売された。無理してXT-2を買うか、それとも型落ちで値が大幅に下がったXT-1にするか大いに悩んだ末、在庫希少のXT-1に決めた。 XT-1の外観、知らない人に見せたら「おっ、フィルムカメラ?」と聞かれた。無理も無かろう。れっきとした [続きを読む]
  • 鳥海山雪渓調査’16秋編
  •  10月10日(月)、恒例の雪渓調査に出かけた。調査メンバーは隊長G氏、元A大教授のK氏にびんちゃんのわずか3人だ。前回8月、G氏とK氏がこの雪渓が10月まで残っているかどうか賭けをしていた。G氏は無し、K氏は有りで確かソフトクリームを賭けた?びんちゃんはこれに参加はしなかったが無いと踏んでいた。 山はガスっていて寒い。祓川駐車場には5台程の車しかない。測量道具他を背負って8:15出発する。 山の紅葉はかな [続きを読む]
  • 久々に虎毛山へ
  •  週刊ヤマケイの記事を見たら虎毛山に行きたくなった。というわけで9月25日(日)、単独でいざ虎毛山へ出発!横手市十文字町の我が家からはアクセスしやすい山ではあるが、今回でまだ3回目である。 初めてこの山へ登ったのは平成1桁の時代の11月下旬、登山靴を忘れテニスシューズで登った事を覚えている。当然誰とも会わなかった。今日は駐車場に先行者の車が5台程ある。8:30登山口出発。ここから沢沿いの道をしば〜らく [続きを読む]
  • ホイール&サドルの交換
  •  我が愛車(ロードレーサー)も購入からすでに13年もの月日が流れ、そろそろ交換すべきパーツが目立ってきた。優先順位No.1はホイール。トレーニング用のMAVIC COSMOSは初めて購入した完組ホイールだったが、最近は特に後輪の横振れが目立つ。これを最近流行のFULCRUMに交換することにした。 まずはいつも購入する群馬県の大手通販店Tのカタログを見る。最下位グレードのRACING7じゃあんまりか、と一つ上のRACING5 LGにねらいを [続きを読む]
  • 火打岳偵察山行
  •  今年計画していた山行が神室連峰の縦走である。神室山から小又山・火打岳を経て杢蔵山まで、果たして日帰りでできるものなのか、それとも神室避難小屋一泊か。去年から地図をにらみながら思案をしていたが、とりあえず南部の未踏の山、火打岳と杢蔵山に行ってみねばなるまい。9月4日(日)、移動用の自転車を積んでいざ出発。 初っ端からトラブルが発生、まず火打岳の登山口を探すのに迷った。ここ新道口へ到着したのがすでに [続きを読む]
  • 恒例の雪渓調査’16夏編
  •  8月11日(木)山の日、恒例の鳥海山雪渓調査に出かけた。山の日とあって5合目祓川の第1駐車場は満車、第2駐車場へ駐車する。今回の調査メンバーは隊長G氏、元A大教授のK氏、高校化学教員のT氏にびんちゃんの4人だ。G氏、K氏の二人は前夜新装になった祓川ヒュッテに宿泊、11日は山がこんなににぎわっていたのに、ヒュッテには2組しか客がいなかったそうだ。かく言う自分も未だヒュッテには泊まった事が無い。次回は泊ま [続きを読む]