ysc726 さん プロフィール

  •  
ysc726さん: サボテンと写真
ハンドル名ysc726 さん
ブログタイトルサボテンと写真
ブログURLhttp://ysc726.blog.fc2.com/
サイト紹介文大好きなサボテンを綺麗な写真で紹介するブログです。その他、花や家庭菜園の話も少し・・・。
自由文大好きなサボテンを綺麗な写真で紹介するブログです。サボテン多肉植物の魅力をできるだけ引き出した写真と記事を目指しています。その他、花の栽培や家庭菜園もしていますのでその話も少し・・・。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供256回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2012/01/29 18:56

ysc726 さんのブログ記事

  • 金鯱錦に久しぶりの花
  •  我が家の古株、エキノカクタス・金鯱錦に久しぶりの花が咲きました。 前にも書きましたが3-4年ほど前に2年続けて開花してからお休みしていました。なぜ花が咲かなかったのか、原因がよくわかりません。生育はそれなりにしていたようですが、なぜか花は咲きませんでした。直径は30cmを少し超えたくらいの大きさ。普通、金鯱は30cmくらいで開花することが多いと聞きます。と言うよりも、実生から約30年で開花年齢に達するとされま [続きを読む]
  • 昨日のメッテニアムス錦に似ている?テネラ
  •  今日の写真はハオルチア・テネラです。 この姿、昨日のブログのメッテニアムス錦に似ていると思われませんか。メッテニアムス錦はセンペルビウム、テネラはハオルチア。全く異なる分類のはずです。どちらも小型で葉の周囲に小さな毛が生えています。メッテニアムスの斑のない苗だともっと似ているでしょう。 このテネラは直径4cmほどで、もう一人前の大きさなんでしょう。花茎を出してきています。葉の形はブラックベルディア [続きを読む]
  • 念願のメッテニアナム錦ゲット。
  •  以前から気になっていました、センペルビウム・メッテニアナム錦です。ようやくゲットしました。 本当に小さな苗で2.7cmほどでした。こんなに小さくても人気があって結構高価。それでもってなかなか入手出来ませんでした。元々小型種のようで余り大きくならないそう。成長も遅くて、子供を出して増やすこともなかなか大変と聞きます。 緑の葉に白い斑が周囲に入っています。覆輪というタイプ。綺麗でかわいいです。ずーっと以 [続きを読む]
  • 「日月」入手しました。
  •  先日マミラリアの苗を1本入手しました。「日月」と言います。 小さな疣をびっしり連ねて、その中からピンクのかわいい花をいっぱい咲かせています。非常に繊細なサボテンです。刺座には白い縁棘と、1本の黒くて太短い刺があります。独特の姿と味わいがあります。マミラリアのサボテンはずーっと昔から好きでしたが、この苗を見るまで知りませんでした。一応この苗も白系マミラリアと呼べるかもしれません。 それにしてもこの花 [続きを読む]
  • 今年も咲きました白閃小町の花
  •  今年もノトカクタス・白閃小町の花が咲きました。純黄色で雌しべだけが真っ赤な特徴的な花です。 この白閃小町、5cmほどの苗を購入してからもう6年ほどになるでしょうか。一応順調に大きくなってきています。今、直径は10cmを超えました。さてどこまで大きくなるのでしょうか。そろそろ直径はこれくらいが目一杯のように感じます。最近は少し背が高くなってきたような。そのうち子吹きでもするのかもしれません。もともと、ノト [続きを読む]
  • 皇帝ダリアの挿し木苗
  •  5-6年前、初めて皇帝ダリアを植えて、晩秋の頃綺麗に咲いたと思ったら、急に寒波が来て一夜にして枯れてしまった事がありました。それからそのことがあってからしばらく栽培をやめてしまっていましたが、去年再挑戦と言うことで、鉢植えで何とか花を咲かせることが出来ました。 去年の開花のあと、なんとか来年に向けて苗を増やせないかと、ネットで見かけた茎の挿し木をしていました。花の終わった後の茎を15-20cmの長さに切っ [続きを読む]
  • かぐや姫の芯止め株の成長過程
  •  エピテランサ・かぐや姫の群生株です。これは私が5年前に中苗の成長点に切り込みを入れて、成長を止めた芯止め株です。それから約5年でこんな姿になりました。結構いい群生株になっています。ここまで生長するのに5年かかっていますがその成長過程を写真で追ってみたいと思います。 これが2012年に成長点をカッターナイフで止めて子吹きし始めたときの写真。3本の内上の1本は芯止めなしです。この苗の前身は右下の苗です。芯止 [続きを読む]
  • 白瑞鳳玉とヘキラン錦の交配出来ました。
  • 先日、白瑞鳳玉とヘキラン錦を交配したというご報告をしましたが、どうやらうまく授精し、種が取れたようです。私は今までこういう交配が出来るとは知りませんでしたが、どうやら瑞鳳玉系は兜丸系、ランポー系の両方に交配可能なようです。そうなると、結構いろんな面白い種類の交配種が出来そうな気がします。最近は余り見ませんが、アストロフィツム属の中では以前はいろんな交配種が出来て、出回っていたようです。しかし、中 [続きを読む]
  • 紅籠の花が咲きました。
  •  先日蕾が出始めているとご報告していました、アズテキウム・紅籠が花を咲かせました。直径2-2.5cmほどのピンクのきれいな花です。花のサイズはそれほど大きいということはないですが、苗の大きさからするとかなり大きく見えます。 3本ある苗がほぼ揃って花を咲かせています。当然予定通り交配しました。花の大きさからして比較的交配はしやすい方です。種類によっては雌しべが奥まったところにあったり、雌しべの先端が開かない [続きを読む]
  • クレマチス いっぱい咲きました。
  •  蕾が出てきていたクレマチスの花がいっぱい同時に咲きました。赤紫のきれいな花です。 このとき咲いていた花の数は26個。まだ蕾がかなり残っていました。その後遅れて咲いた花を合わせると、40個以上になったでしょう。クレマチスの花は2-3週間咲き続けます。そのため、少し遅れて開いた花も先に咲いた花と合流していっぱい同時開花となります。花が重なり合って、花火が同時にいっぱい上がったときのようです。これだけ一度に [続きを読む]
  • テレサエの花が咲きました。
  •  マミラリアの美化種、テレサエの花が咲きました。いつもながらきれいな花ですね。 このテレサエ、もう一株あるのですが、そちらの方は今年は花を咲かせないようです。このテレサエも私にとってはなかなかうまく育たないくせ者です。同じマミラリアのルエッティーもしかり、このテレサエ、ハウディアーナなど、マミラリアの美花種はどれもうまく育ちません。典型的なマミラリアの軟質系サボテンなのでしょう。何かの拍子にすぐ腐 [続きを読む]
  • ダリアの鉢植え2鉢購入しました。
  •  1ヶ月ほど前から2度にわたり、ダリアの鉢植えを続けて購入しました。ダリアは以前から好きで、時々鉢植えを買って育てたりしていましたが、なかなか翌年まで持ち越すことが出来ず、1年限りで終わりになってしまうことがほとんどでした。 そんなことで、4年ほど前に通販でダリアの種を購入し、種から実生して苗を育てることにしました。実生はうまくいって、多くの苗(球根)が得られました。最初な種から発芽した苗が1年育てる [続きを読む]
  • 黄裳丸マイラナの花が咲きました。
  • 頂き物のロビビア属・黄裳丸マイラナの花が咲きました。真っ黄色の花ですが、苗の大きさに比べてかなり大きくて豪華です。苗の大きさは親苗が直径3cmくらいで1.5cmほどの子供が4-5個着いています。それに対して花は5cm近くある大きな花で、花弁が下に向かって広がるような優雅な姿です。 2本同じような苗がありますが、この2本本当にそっくりです。大きさも子供の数もほぼ同じ。おまけに花の咲く日も同じです。本当に双子のよう [続きを読む]
  • 柱サボテン交配種リップピンク
  •  一昨年、写真のような柱サボテンを入手しました。名前はリップピンクと言います。 柱サボテンの新橋とロビオプシスのサボテンを交配して作出された花のきれいな柱サボテンだそうです。柱サボテンと言えば、袖ヶ浦などはうちでも花が咲きましたが、きれいな大きな花を咲かせます。大輪柱とか、台木として有名な三角柱なども大きな花を咲かせるそうです。でもそれらはほとんどが白色の花で、しかも夜咲きが多いようです。 そんな [続きを読む]
  • 太平丸系の苗で初めて、ニコリーが開花
  •  我が家の太平丸系の苗の中で今年初めての花、エキノカクタス・ニコリーが花を咲かせました。いつもながらきれいな花です。 苗の直径7.5cmくらいで、花は6cmくらい。まだ全開していないみたいで、少し花びらが立っています。濃いピンクで、花の奥が真っ赤です。花びらの重なり合いの部分のディティールがデジカメでは再現出来ていません。こういう赤や、ピンクの花びらの微妙な重なり合いは、まだうまく再現出来ないようで、いつ [続きを読む]
  • 太平丸の仲間達
  • 春の成長期とあって、エキノカクタス・太平丸の仲間達も元気に成長を始めました。 上の写真は黒刺太平丸と言う名前で入手した苗。刺は真っ黒というわけではないですが、かなり黒っぽく、直棘で強く太い刺です。新刺は赤みが入り、赤黒い色をしています。4年ほど前に7cmくらいの苗を入手したのが今は10.5cmくらいになっています。背が低くて平たく育っています。かなり大きくなりそうです。だいたい、太平丸は背が高くなってくると [続きを読む]
  • 蕾の出てきた金鯱たち
  •  去年から蕾が出たままになっていますエキノカクタス・金鯱です。去年の夏頃から花が咲き始め、そのまま冬が来て、冬の間は蕾は出てきてはいなかったようですが、蕾と花殻は着いたままになっていました。この金鯱の花というのは蕾なのか花が咲き終わった花殻なのかよくわかりません。花が咲き終わったら自然に種が出来ます。去年は5個ほど花殻を取って、種を収穫しました。別に播く予定はないので、もし欲しい方があればコメント [続きを読む]
  • 45歳の白瑞鳳玉に3輪の花が
  •  約45歳のアストロフィツム・白瑞鳳玉に花が咲きました。3輪同時開花です。花は写真では余り大きく見えないですが直径7cmほどある立派な花です。苗の大きさが直径10cm、高さ20cmほどありますので、花が小さく見えます。 この苗はわたしが若い頃に自分自身で実生した貴重な苗です。マミラリア 翁玉などと一緒に種を蒔き、何とか45年生き抜いてきました。私がサボテンを再開した6年前には3本残っていましたが、その後1本枯れ、今 [続きを読む]
  • 亀甲紅葉ヘキラン(だった株)
  •  5-6年前、亀甲紅葉ヘキランをネット経由で入手しました。入手したときには接ぎ木苗で、子供が一つ着いていました。それを4年ほど前に接ぎ下ろしし、それからは普通の実生苗と同じように育てています。接ぎ木苗でもランポー系の苗は接ぎ下ろしがしやすく、台木を取り去っても穂の部分から発根が容易な事が多いです。私の接いだキリンウチワ接ぎのヘキラン錦なども、多くが接ぎ下ろし出来て、多くが今は実根で育っています。 この [続きを読む]
  • 昨日姫路市の的形へ潮干狩りに行ってきました。
  •  昨日の2017年5月5日、こどもの日ということで、孫2人をつれて、姫路市の的形(まとがた)海水浴場へ潮干狩りに行ってきました。天候も快晴で、最高でしたが、その分日焼けで結構後がひりひりしました。 潮干狩りは子供の小さな時はちょくちょく行きましたが、最近は子供達も成人してしばらく行く事もありませんでした。そして孫達が生まれて大きくなって、一番上が小学1年生になり、そろそろ潮干狩りも良いかなという年になって [続きを読む]
  • コンプトニアナ3態
  •  今日は、我が家のハオルチア・コンプトニアナをご紹介しましょう。コンプトニアナはハオリチアでは割合ポピュラーな品種でしょう。でもその中にはいろんなタイプがあって、いいタイプの苗は高価で取引されているのもあります。 上の写真は、厚葉タイプで、こんもり盛り上がるのが特徴。葉の模様は網目模様がきれいに出ています。直径11cmに対して高さは8cmほどあります。よく花を咲かせて何もしないのに自家受精していることが [続きを読む]
  • 蕾が出始めたロビオプシス達
  •  暖かくなってくると、ロビオプシスなどの花サボテンが蕾をつけてきます。 ロビオプシスとは、花サボテンとして有名なロビビオ属と丈夫で成長の早いエキノプシス属のサボテンを交配して作出された園芸品種です。ロビビオ属の色彩豊かで花付きの良い性質と、エキノプシス属の成長の良さを併せ持った性質で、可憐で大きな花をたくさん咲かせます。品種名の付いている物もありますが、そういうのは有名な方が作出された物。一般の園 [続きを読む]
  • 紅籠の接ぎ木苗3株
  •  去年、ネットで見かけた小さくてかわいい花の咲く品種、アズテキウム・紅籠を相次いで3株購入しました。なぜ3株も購入したのかというと、交配して種を取りたいと思ったからです。紅籠は元の品種「花籠」の赤花変種と聞きます。元々成長が遅くて、なかなか大きくならない品種らしく、接ぎ木の物以外は入手がかなり難しいです。ましてこの紅籠はもっと入手が難しいみたいです。 まだかなり珍しい品種の部類にはいるのでしょう、結 [続きを読む]
  • 今年もイノシシの出没に困っています。
  •  毎年4月の中旬頃から5月上旬にかけてタケノコの収穫時期になります。 我が家の裏にはモウソウチクの竹林があって、毎年タケノコがたくさん採れていました。それが今年はその半分以上をイノシシに食われてしまい、収穫量が激減してしまいました。イノシシがタケノコを食べるということは私も数年前まで知りませんでした。でもイノシシは今の早春の時期、タケノコが大好物で、あちこちの竹林を穴を掘ってタケノコを食いあさってい [続きを読む]
  • 宝草錦のカキコがこんな状態に
  •  3週間ほど前、ハオルチア・宝草錦にいっぱい出てきていた子供を掻き取って挿し木しました。 それが今ではこんな状態に。手前の2本を除きほとんどが枯れてしまいました。というのは、手前の2本だけが緑の部分があり、他は全部が斑の部分のみで、全斑の状態でした。今手前の両側に2本残っている苗もいずれは枯れてしまうでしょう。やっぱり、葉緑素のない苗は自分自身では根を出すことが出来ず、枯れてしまいます。少しでも緑の部 [続きを読む]