ysc726 さん プロフィール

  •  
ysc726さん: サボテンと写真
ハンドル名ysc726 さん
ブログタイトルサボテンと写真
ブログURLhttp://ysc726.blog.fc2.com/
サイト紹介文大好きなサボテンを綺麗な写真で紹介するブログです。その他、花や家庭菜園の話も少し・・・。
自由文大好きなサボテンを綺麗な写真で紹介するブログです。サボテン多肉植物の魅力をできるだけ引き出した写真と記事を目指しています。その他、花の栽培や家庭菜園もしていますのでその話も少し・・・。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供232回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2012/01/29 18:56

ysc726 さんのブログ記事

  • 夢耀丸交配の世界の図と袖ヶ浦ようやく種が熟しました。
  •  しばらくブログお休みしていまして、ご心配をかけたかと思います。別に体調が良くないわけではありませんでした。2月末の心房細動の手術以降、不整脈は出ていません。しかし、若干、手術前後の体長の低下が尾を引いている部分もあり、足腰が弱っているようで少し動くと足腰がだるくなってきたりします。少しずつリハビリをしないといけないような感じです。と言うわけで、なかなかサボテンたちの世話も時間が取れなかったり、暑 [続きを読む]
  • トマトがそろそろ最盛期かな。
  •  最近、ちょっとブログがご無沙汰になっていました。仕事が忙しかったり、梅雨が明けて暑い日が続くので、温室内へはいるのが気が引けたということもありました。実際、天気の良い日の日中には温室内は35度を超える日もあります。さすがにエアコンの冷却能力を超えてしまっています。こんな日に温室内で写真を撮ることはなかなか出来ません。そんなわけで、しばらく記事が少なくなりそうです。 今日はようやく収穫時期になったト [続きを読む]
  • ハオルチア・羽衣
  •  ハオルチア・羽衣です。 綺麗な緑の葉に、柔らかそうな毛をまといます。聞くところによるとこの種は交配種とか。交配種であっても綺麗で魅力のある物は問題ありません。入手してからもう3-4年経つでしょうか。最初は4-5cmだったのが、今では11cmくらいにまで大きくなりました。いまだに子吹きしないということは、かなり大型なんでしょう。3号鉢に植えていてかなりはみ出しています。そろそろ植え替えしなければと思うのですが [続きを読む]
  • 畑の夏野菜の近況は・・・・
  •  梅雨空だったのが急に天候が良くなって、真夏の太陽が出てきて、気温も急上昇。畑の夏野菜も成績のいいのや、だめになったのが出てきています。 毎年、梅雨の長雨が終わって急に気温が上がり、日差しが強くなると枯れたりする野菜が出てきます。どういう訳なんでしょう。長雨で根が腐りかけている苗は強烈な日差しに耐えられなくなるからなんでしょうか。 上の写真は、フルーツトマトのシンディーです。ようやく実が赤くなり始 [続きを読む]
  • だいぶ大きくなったボルシー錦
  •  去年入手したハオルチア・ボルシー錦です。1年あまり育ててだいぶ大きくなりました。ほぼ全部の葉に斑が入っていますので極上斑と行って間違いはないでしょう。でも全体に少し地味柄。もう少し斑の部分が多ければ申し分ないのですが。ボルシー錦として出回っているのはほぼ全てが白斑です。これの黄色の斑入りがあればさぞ綺麗なのにと思うのですが。他の種類と交配してでも黄色の斑入りが出来ない物でしょうか。 これも交配し [続きを読む]
  • ピグマエアが5本になりました。
  •  ハオルチアのピグマエアです。 ピグマエアはそのかわいい姿が好きで、少しずつ集めていましたが、気がつくと合計5本になっていました。結構増えました。 上の写真は4年ほど前に初めて入手したときの苗。なかなか大きくならず、入手したのが3cmくらいの時で、今で4.5cmくらいでしょうか。最近少し成長しているようにも思います。花茎が出始めてきたようです。元々かなり小型のようで、余り大きくならなさそう。でも姿はかわいい [続きを読む]
  • コンプトニアナの実生苗
  •  前に少し話しました、コンプトニアナとレツーサ錦の交配した実生苗です。確かに交配はしましたが、斑入りは今のところ見あたらず。後から考えると、このコンプトニアナの母木は自家受精する性質があるようで、この生まれた子供も自家受精して取れた種の確率が高いです。自家受精なら斑入りが出来なくて当然。この子供はコンプトニアナの確率が高いです。親苗は葉の厚みが厚くて、ふっくらと盛り上がる良系の苗です。この子供も良 [続きを読む]
  • コレクタの葉差し苗
  •  ちょうど1年ほど前、ハオルチアのコレクタとコンプトニアナの葉差しをしていました。コレクタとコンプトニアナの共に大きめの苗を入手して、それを植え替えるときに取れた下葉を挿していた物です。合計10枚以上挿し木していましたが、結局子吹きしたのは2枚だけでした。なかなか全部がうまく根を出して子が出てくるわけではなさそうです。 コンプトニアナとコレクタを同じ鉢に挿し木していたので、どちらが子を出したのかはっき [続きを読む]
  • 赤紫色の花のロビオプシス
  •  我が家で数株ある、ロビオプシスの花サボテンの中から、赤紫色の花の苗が花を咲かせました。こういう色の花ってちょっと珍しいような。この色好きです。花の大きさも結構大きくて9cmほどあります。花の時期が合えば、夢耀丸との交配などもしたかったところ。夢耀丸は薄いピンクの中筋の花で、巨大輪。こういう色合いの巨大輪の花が咲けばさぞや立派で美しいことでしょう。 この苗の刺は短毛丸と同じような短い刺をしています。 [続きを読む]
  • トマトの実はこんな感じで成っています。
  •  数日前にも書きましたが、トマトの実がかなり大きくなって、もうすぐ赤くなり食べられそうになってきました。 今年はと言うか、今年もですが、大玉トマトに麗夏を、中玉フルーツトマトにシンディーを植えています。大玉トマトは桃太郎が有名で、ホームセンターなどでも売られている苗の大半が桃太郎のようでした。しかし、我が家でも何度か作りましたが、身割れしやすく、特に雨の多いような年はほとんどが割れてしまい、割れ目 [続きを読む]
  • 大統領の実生苗
  •  4年ほど前に我が家の大きな花を咲かせるテロカクタス・大統領と、45年前からある古株の大統領を交配して種を穫り、それを蒔きました。結構たくさん蒔いたのですが、うまく育ったのは少なく、ようやく見られる大きさになったのがこの鉢の苗です。 一番大きなので今4cmくらい。もうそろそろ開花する大きさに近づいてきました。何度か紹介しています、大きな花を咲かせる大統領の苗も、購入したのは4cmくらいの時。その翌年には花 [続きを読む]
  • ランポー錦4本
  •  我が家にはランポー系の斑入り苗がたくさんあります。元々は5-6年前にヘキラン錦の苗を数本入手してそれを三角恩塚ランポーや、三角ヘキランなどと交配して種を穫り、それを実生した物です。ランポー系の苗は花付きがよく、年に何度も花が咲き、数本持っているとかなりの確率で種を穫ることが出来ます。斑入り苗との交配では、片親が斑入り種の場合、子供に生まれる斑入り苗は5-20%くらい。確率は低いですが、たくさん実生すれば [続きを読む]
  • 夢耀丸との交配した苗 その後・・・・。
  •  1ヶ月ほど前に巨大輪の花サボテン夢耀丸と交配した苗、袖ヶ浦と、世界の図の種が大分ふくらんできました。上の写真は袖ヶ浦の果実。熟すると色付くのか、果実がはじけるのか、今まで柱サボテンの果実を穫った経験がないのでよくわかりません。まだ収穫までには少し時間がかかりそうです。 こちらは世界の図に出来た果実です。世界の図は短毛丸の斑入り種。生まれてくる子にも斑が入る確率がいくらかあります。まあ、斑入りより [続きを読む]
  • 今年の夏野菜は・・・・その3
  •  モロヘイヤです。毎年植えています。やっぱり夏の暑さにはモロヘイヤが効果的です。ビタミンAが多いのかな。 数年前から栽培している苗から種を取り、それを蒔いています。今年も例年通り、4月末頃に種を蒔いて育てていましたが、行くびょきで芽が出たあと、早く外に出しすぎて寒さでだめになり、蒔き直す羽目になりました。そのため生育が遅れて、今まだこれくらいの大きさです。例年ならもう40-50cmになって収穫している頃で [続きを読む]
  • 今年の夏野菜は・・・・その2
  •  今年の夏野菜の続きです。 上の写真はメロンとスイカです。メロンは作りやすいきんしょうメロンと加古川メロンというタイプ。本格的なネットメロンなどはなかなかうまくできませんのでやっていません。ずーっと以前、家の父親が生きていた頃、赤肉のネットメロンを作っていたことがありました。姿形は綺麗なおいしそうなのが出来ていましたが、食べると全然甘くなくて処分に困っていたのを思い出します。1本の木に5個も10個もな [続きを読む]
  • 今年の夏野菜は・・・・その1
  •  今年も夏野菜を色々作っています。春はサボテンの世話以外に夏野菜の植え付けやその準備に時間を取られてなかなか全てが思うようには作業出来ません。それでもようやく春の作業は終わってあとは夏野菜の収穫時期が来るのを待っている状態となりました。今年も色々植えているのでご紹介の2回に分けることになります。 一番上の写真はカボチャです。従来は種まきから我が家で行っていましたが、今年は春先の入院などもあって十分 [続きを読む]
  • すごく良い斑柄のヘキラン錦?
  •  兜丸系、ランポー錦などのアストロフィツム属の寄せ植え鉢です。 このヘキラン錦、すごく良い斑柄だと思われませんか。綺麗なハケ斑が入っています。でもこれはこちら側半分だけ。奥の方の2稜は、ほとんど斑がありません。残念。 これは実生苗で、手前の兜錦などと同じ時の実生です。同じ状態で育てても、やっぱりランポー系の方が成長が良いです。兜錦の2本は斑の入り方がいまいちです。成長も余り芳しくありません。本当の斑 [続きを読む]
  • 先日買ったオブツーサがしなびてしまった。
  •  先日、岡山サボテン同好会のカクタスニシさんの即売で買ったブラックオブツーサ錦の苗が萎びてしまいました。6月18日に購入して、そのまま、温室に取り込んで置いていました。たまたま先週は天気の良い日が続き、強い日差しが温室内に入っていたため、ハオルチアにとっては光線が強すぎたようです。普段なら、ハオルチアなどは温室の下段の日陰に置くのですが、ちょっと所用があったりして、しばらく温室内を見ていませんでした [続きを読む]
  • また花が咲きました。白刺大統領
  •  テロカクタス・白刺大統領にまた花が咲きました。今年で3回目の花です。 大統領など、テロカクタスのサボテンはきれいな花を年に何回も咲かせてくれます。早春に咲き始めて、それから秋まで次々に花を咲かせることが多いです。もちろん株の元気がない場合はそういうわけには行きませんが、元気な株なら春から秋まで何度か花を着けます。どういう訳か、時々は自家受精で種まで出来ることもあります。テロカクタスの種は花の根本 [続きを読む]
  • テレサエまた咲きました。
  •  マミラリアの美花種 テレサエがまた咲きました。本当に綺麗でかわいいやつです。マミラリアの中でも一、二を争う美花種だろうと思います。この苗は去年買った物。以前に何回か腐らせてしまっています。少し根が弱いのか、我が家ではなかなかうまく育ちません。順調に育てば2-3年で倍くらいの大きさになるはずなのですが、なかなか順調には育たない印象です。 他に6年ほど前に買った苗がもう一株ありますが、ちょっとご機嫌を損 [続きを読む]
  • また二株同時に開花、黄裳丸
  •  前にも載せましたが、頂き物のロビビア属・黄裳丸です。 また花を咲かせました。今回は2輪ずつの同時開花です。前回咲いたときも同じ日に1輪ずつでした。今回は2株あるのがそれぞれ2輪ずつの同時開花になりました。本当にこの2株は双子のようです。苗の大きさも、子供の出方も、花の咲くのも同じ日とは、ちょっと驚きです。おそらくこの2本は同じ親からのカキコではないでしょうか。同じ親からのカキコなら遺伝子は全く同じです [続きを読む]
  • 久しぶりに岡山サボテン同好会に行ってきました。
  •  少し時間が経過しましたが、先日の日曜日、6月18日に岡山サボテン同好会の例会に出席のため、岡山まで行ってきました。 私の住んでいるのは兵庫県の小野市。岡山までは車で山陽自動車道をとばして1時間半ほどかかります。その高速料金は片道1800円ほど。かなりの出費のためなかなか出かけることが出来ません。それに、去年の暮れからの体調不良も重なり、かれこれ10ヶ月ぶりくらいでしょうか。本当に久しぶりです。 最近は岡山 [続きを読む]
  • 月世界の胴切り株は失敗か
  •  去年群生株を作ろうと胴切りしたエピテランサ・月世界です。3本ありますが、どれも同じような感じです。余り子供が出ず、普通は上の切り口近くから出るはずの子供が下の方から出てきています。 この苗は大きくなりすぎた月世界の群生株を切り取って上の方を挿し木した苗です。挿し木したのは2年前。そして胴切りしたのは去年です。なぜ、こんな子供の出方をするのかよくわかりません。ひょっとして苗の元気さが足りないためか。 [続きを読む]
  • 黒刺太平丸の接ぎ木苗
  •  4年ほど前に、我が家の黒刺太平丸と、黒刺雷帝を交配して種を取り、それを実生しました。どちらの親も黒刺で、しかも刺の強いタイプだったため、黒刺の子供を期待しての実生でした。実生仕立ての苗をキリンウチワに接ぎ木し、そしてその苗から出た子供を袖ヶ浦に接ぎ木しました。 その苗がこれです。現在6cmほどになっていますが、太くて真っ黒な刺を出しています。新刺は少し赤みが入りますが、その後真っ黒になります。赤い新 [続きを読む]
  • もう一鉢のヘキラン錦
  •  昨日のヘキラン錦と別にもう一鉢のヘキラン錦があります。こちらも接ぎ木苗に出てきた子供のカキコ達です。 昨年の2月に挿し木して、去年2016年4月の写真がありました。この鉢には6本植えてありますが、今年の春に植え替えして、一番良い斑柄の苗を独立させ、残りの5本を寄せ植えしています。 斑柄は4本はたいしたことはありませんが、右上の1本はかなりのいい斑柄です。実生苗でも、カキコ苗でも本当にいい斑柄の苗というのは [続きを読む]