ハルキ☆ノア さん プロフィール

  •  
ハルキ☆ノアさん: はるきのあるひ
ハンドル名ハルキ☆ノア さん
ブログタイトルはるきのあるひ
ブログURLhttp://ameblo.jp/harukinoa/
サイト紹介文義両親(癌と認知症)の介護。息子は自閉症。スピリチュアルな事。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2012/01/30 19:04

ハルキ☆ノア さんのブログ記事

  • 今こそ東大を案内して下さい。
  • 御無沙汰です。フェイスブック開通記念としてぼちぼち「人」と会ったりしていきたいな等考えています。 この赤いファイルには二十年前、最初で最後のメル友だった東大医大生とのメールがファイリングされているのです。 彼は現在、東大医学部教授であるようです。 何度か東大を案内したいとお誘いを受けたのですが色んな事情で応えることができませんでした。 しかしながら今ネ [続きを読む]
  • 落ち椿
  • photo うめさん どのような烈しい想いも私のものではない。時節がくれば咲いて散る花のように。今しがたやってきて去る客人のように。 はなびらの肉  やはらかに落椿  飯田蛇骨 [続きを読む]
  • 坊主失格・人間合格・悪人…?
  • 認知症の婆ちゃんや、あんぽんたんな息子や、老い先短い爺はんより「私」がもっとも救いがたい。そう感じることがままある。 立派そうな坊さんや、学校の先生もそうだろう。貪瞋痴、それは誰のなかにもあってメラメラしている。 実は私は夫との間に子どもはもうけるか否かという段階で 「私の子は、ものすごい馬鹿か天才かのどちらかで障害があるかもしれない。それでも私は産みたい。あなた(夫 [続きを読む]
  • 「あたたかき合掌。いのちの握手」
  • 秋彼岸に聞名寺に行った。わけあって、故郷の家のような寺である。結婚式もここでした。 住職が高齢でウィットに富む方でつかまると長々と話をされる。 つかまってしまったので(汗)「あたたかき合掌。いのちの握手」と書かれた絵手紙風の紙をいただいた。 つまり、合掌とは、させられているのではない!してやってるのでもない!あっちの世界とこっちの世界の握手である〜という難しい説法をま [続きを読む]
  • 転移してるのかなぁ?
  • 画像が逆さになってしまったけれど;爺さんの血液検査の結果がよくて、良かった。たんぱく質の数値がいいとか。うちは宅食と自家製のものを合わせて与えています。(画像中央の皿が宅食) 夫の従兄がが転んだ高齢の母を連れて病院に来ていたそうだ。仕事を空けて大丈夫なんかな〜けっこう、お偉いさんなのに。 というわけで爺さんの数値は総じて問題なしだったのだけど新規の項目が悪くてそれがどうも肝臓への転移 [続きを読む]
  • 開けて開けてと猫が鳴く・婆が叫ぶ
  • 婆ちゃんが知らずに猫をトイレに閉じ込める。 猫「ニャーニャー(開けて開けて)」 婆ちゃんが鍵を間違えて爺ちゃんを締め出す。 ドアノブ「ガチャガチャ(開けろ、開けろ)」 婆ちゃんが縁側から出たことを忘れ、外から居間の窓を叩いてる。 「開けてー開けてー」と叫んでいる。ホラー映画ばりに、ものすごい形相である。こんなことが2度ほどあって 「ダンダンダン!」という音に「事 [続きを読む]
  • 息子もてんかん発症か
  • 私がスピリチュアルアートとして描いた絵が十月上旬に開催された、てんかん学会アート展で発表されました。 以前にちらと話しましたが私自身思春期に発作を起こしたことがあり現在は二十年以上発作がない寛かいという状態です。 で、この絵は自分でいうのも何ですがいかにも、てんかん患者らしいのです。ちょっと厚塗りのタッチとか黄色の使い方、あとは至高性ですね。 この絵が発表される直前に息子も [続きを読む]
  • 事件の匂いがする下着
  • 義母が入院中、失禁したパンツや片面だけ菓子くずがついたパンツを見て何故だか心がざわついた。 まるで刑事のように、義母の下着を眺めていたものだ(!)。 退院し同居が始まったとき、認知症の帰宅願望で「お義母さん、洗濯物は?」と促すと「洗濯物は帰ってからするからいい!」という。 (こんな調子で、今してほしい電話も「帰ってする!」と答えていた) お風呂も面倒だから入らない [続きを読む]
  • 補聴器を食べた息子
  • 同居するなり事故。さっそく爺はんの補聴器(高級)を食べた息子。なかの電池は食べずにセーフ。自閉症児が物を壊した際、弁償してくれる保険に入ってるのですが居候みたいな感じでも同居と見なされ、おりませんでした(涙)。 爺と婆は息子の相手もしてくれるのですがふとみるとミカンの皮や、障子を破って食べてる息子がいます。 [続きを読む]
  • 帰宅願望
  • 現在、共倒れ入院していた義両親と同居中です。義母の認知症による、うつが原因で二人とも栄養失調状態に(汗)。今は抗うつ薬で元気に草むしりしてますが(笑)。認知症の帰宅願望があるので、徘徊が始まらないか心配は心配ですね。息子も学校でご飯食べたら、すぐ帰ろうとするみたいです(笑)。 画像はネットで安く揃えたリクライニングベッドとニトリのテーブル。レンタルもあるんですけどね。 &n [続きを読む]
  • 残念なお知らせ
  • 今日はツバメの雛が賑やかだなぁと思ったらやられてしまっていました(ノ_・。)カラスの仕業かとも思いましたが巣が壊れていないところをみると蛇なのでしょう。猫に見張らせることができればなぁ。今日は無性に神社へ行きたかったのですがツバメが騒いだ頃に眠気に襲われ面倒になったのです。ほんとうに主かもしれんな。 [続きを読む]
  • 息子の歯医者と姑の幻覚
  • 昨日は夫は東京出張息子は歯医者でした。去年は先生との相性が悪かったのか薬による治療しかできずけっこう虫歯が大きくなってしまいましたが;今の先生は子ども専門でうまくいきそうです。お姑さんは夜中に誰もいないのに足音がする!と話していました。身体がまいってるのかもしれません。うちの婆さんも寝たきりになってから、そんな事を言ってましたから。いきなり火災報知器が鳴ったりもしたそうです。火災報知器は誤作動があ [続きを読む]
  • 虫の地縛霊
  • 去年も「ゴキブリの霊」という記事を書いた気がする。今年もやってきた的にその日私が殺生した虫を、夫が目撃した。興味深かったのは、私が殺生した場所で視た事だ。(私が殺生したのと同じ小豆大で触角が短い虫がちょうど私が殺した地点から椅子の下に逃げていったと言っていたが椅子の下を探してもおらず。)漠然と地縛霊や命日、殺生因縁について思いめぐらされた出来事だった。私は浄土はよく知らないが穢土(えど、浄土の逆) [続きを読む]
  • ツバメのヒナ
  • 自作自撮り棒で撮りました。親だと勘違いされて;鳴いていました。5羽いますね。ちょうど五つ葉のクローバーも見つけたところ。姑さんへの弁当。また羊羹が入ってます。お姑さんも暑いのでまいってきてます。毎日とか付きっきりで看病ってしなくていいと思うけどな。義父の元同僚さんが偶然、目の前の病室で御対面してましたが向こうはもう記憶にない模様でした。 [続きを読む]
  • 姑に弁当
  • 宅食等とってもらいたいけど要らないというので。この弁当も食べきれないかもしれない。なすの味噌炒め。キュウリの酢の物。羊羹(?)。***今日も四つ葉のクローバーを見つけたけれどあんまり他人に見せるものでもない説があって聖書に挟んでおいた。それから道端では猫の亡骸を見かけた。***高齢者の半分はガンを持っているものらしい。それから、尿酸値が高い人はガンになりにくいらしい。義父はリハビリを始めていた。 [続きを読む]
  • 4×4葉クローバー花つき
  • 昨日はツバメの雛が孵ったみたい。卵の殻が落ちていた。今朝は車で蛇の亡骸を踏んだけれど、庭先で水をまいていたら、4×4葉クローバーを見つけました。先端にまだ開いてない4葉。花もついてます。意識して四つ葉を探した記憶がないので結婚前に見つけたのが最後かな?これを見た人に幸運が訪れますように。 [続きを読む]
  • 生きている限り覚醒できない。
  • どんなに澄み切った呼吸をして浄化された気分になっても生きているうちは大海原の水中に漂うが如く覚醒はできない。時々、すうっと鯨みたく水面に顔をだし覚めた景色をみて霊的な糧として生きるのみ。どんなに美しい涙を流しても神々しさに雷に撃たれたようになってもその根底は便所をするのと変わらないものかもしれないし。気にも留めていない呼吸やマントラが思わぬ霊的成長を促していることもある。去年の瞑想で実感したこと。 [続きを読む]
  • 義父倒れる
  • 先日の記事「蓮と経典」が過去帳(鬼籍)にも見えたとコメントで呟いたが、そちらのほうの暗示もあったのだろうか。義父が胃ガンによる貧血で倒れた。手術しなければ今週末までの命であったらしい。すでに遠隔転移もありステージIV(最終段階)がほぼ確定している。しかし先週まで、元気に回転寿司を食べていたのだから不思議なものだ。 [続きを読む]
  • 正体不明なライン登録の正体は身近に
  • GWに見ず知らずの人物からラインに友達登録された。(お互い連絡帳にあると友達に自動登録される設定にて)変な勧誘もあるそうなのでそういうのかと思っていた。何しろ、名前が美香♪ぴにゃん(≧▽≦)みたいな感じで呼びかけても応答がなく。美香はありがちな名前で古い友人かとも思ったり。あ、そういえば最近出会ったあの方も美香さんだ。でも、あの方は真面目そうだしなぁ。と、思っていたら、そのあの方が正体であると保護者懇 [続きを読む]
  • 蓮と経典
  • 数日前、息子の夢のあと蓮と経典の象徴をみた。たぶん息子がデイサービスの方にこの公園に連れて行ってもらったせいだと思うけど。今日私もたまたま、この近くを通って遠目に蓮がたくさん咲いてるのを見つけ嬉しくなった。経典には何の意味があったのかな。近くのお寺には仏法に触れて人の相(すがた)をみるというような掲示板があったけどなぁ。 [続きを読む]
  • 虎化する猫
  • 雑種なんですがオシキャットとかそういう猫に似てきました。身体、大きいですよね;床の間も猫です。シャレじゃないんですが目の前に鯛乗り童の土人形があります。ちょっと侘しいですね。ではまた。 [続きを読む]
  • 野山を散策したり、ゴミ置き場を掃除する!という呪詛
  • 呪詛や祈祷といえば小さい紙に何やら記したり神棚の前でウンウン唸ったりする様子が浮かぶがもっと大きな世界のものもあるらしい。たとえば皆がつかうゴミ置き場の掃除である。これを呪詛というのはオカシイが陰徳というのもしっくりこない。自分でも、ちょっとビックリというのが正直な所。あるいは聖域のような精気にあるれる場所をただ散策することも。「そうである」という事がはっきりした。2ヶ月ほど前に試し書き程度に護符 [続きを読む]
  • こくごの教科書なのに文字がない
  • 御無沙汰です。猫大きくなりました。息子も小学生です。驚いた事に息子の教科書(特別支援学校用)「こくご」なのに文字がひとつもなく絵ばっかり。絵をみて「あれがダルマさんの目よ〜鼻よ〜」みたいな勉強をするそうです。もうひとつ驚いた事は横断歩道に息子と立っていても一台も車が止まらない;手を上げればOKだったのでしょうか。調べてみると九割のドライバーは止まらないそうなんですね。これは糖質オフのオリジナルパンです [続きを読む]
  • プリンスと天使、そして神
  • 幼少期てんかんの持病があったことをカミングアウトしたプリンス。あるとき、天使のお告げと共に治ったそうだ。この症状はあるとき突然、消えたようだ。プリンス本人は覚えていないそうだが、天使のお告げがあったという。「あるとき母のところへ行って、“ママ、もう病気は出ないよ”って言ったそうなんだ。母がなんでって尋ねると、僕は“天使がそう言ったから”って答えたらしいよ。僕は覚えてないんだけどね、母はそう言ってた [続きを読む]