あるちゅ〜 さん プロフィール

  •  
あるちゅ〜さん: 恍惚の人の山・川・海
ハンドル名あるちゅ〜 さん
ブログタイトル恍惚の人の山・川・海
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/arutyuhaimar/
サイト紹介文山は、登山テレマークスキー山菜きのこ。川は、沢登り、カヤック、渓流釣り。海はカヤックフィッシング
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2012/02/01 17:23

あるちゅ〜 さんのブログ記事

  • 王滝川支流白川 コヒゼ沢−小秀山
  • お盆休みの妻に付き合う予定が、行く場所・日程が2転3転し妻は結局自宅待機になった。小生は体調あまり良くない体に活を入れたくて、マイペースの単独で小秀沢遡行し、小秀山に登りに行った。スタートは白川代4号橋から。水は冷たくて澄んでいる。大岩の落差からの落ち込みでイワナ釣りにはヨサゲな川原が2時間程続いた・・・沢登り目的の小生にはウンザリ感が漂う頃ようやく現れた滝。今日の行動食はコンビニで間に合わせた1 [続きを読む]
  • ヘビ だぁぁぁ!
  • ヤマカガシがアマガエルを捕食するシーンが撮れました。カエルを狙い側溝にヘビが飛び込む音で気が付いた。側溝の深さ50?程なので咥えて逃げることができず、観察時間はゆっくりとれた。一度頭から飲み込み始めたが、飲み込めずお尻側からに変え飲み込んだ。映像はそこからですが、10分ほど掛かっていた。ヘビやカエルの嫌いな方は見ない様に Tg3 [続きを読む]
  • 不動滝テント泊
  • 納得できない釣り結果に、もう1日頑張ろうと海から近間の不動滝キャンプ場にやって来た。手入れはされてるが管理人も居ないので好きな場所に張らせていただく。一人キャンプは火遊びにかぎるな。小型薪ストーブ2台 予備にガスストーブまで持ち込んだがガスの出番は無し。清掃がてら場内の小枝を拾ってきて4時間焚き続けた豚シャブで早朝発に備え明る内に夕食そして早寝。2:30起で釣り場に向かった。釣り終了後、午後テント回収 [続きを読む]
  • ノドグロ
  • 平日カヤックフィッシングに行ってきました行き会った仲間は、外道で70オーバーの鯛を釣ってるのに、小生は大アジとは言え3匹だけ。これでは納得できない!不動滝キャンプ場に泊まり翌日の出漁に決っ定ぇーーー!2日目キマした。ノドグロ人気の高級魚。最近コレを狙っている仲間が多い。アカムツだが、口内の喉部分が黒いのでノドグロと呼ばれている。ポイントも判ったし実際釣った。課題は中深の200〜300を余裕で映せる魚探だな [続きを読む]
  • 不動滝キャンプ場
  • 糸魚川で釣りをして翌朝も釣りに出かけたい。そんな近間のキャンプ場を検索していたら不動滝キャンプ場が目にとまったので早速偵察。駐車場から橋を渡ってキャンプ場左トイレ 右炊事楝 どん詰りに不動滝。オタマジャクシがウヨウヨいる池ドン詰まりの不動滝『林呼び 谷答えて天も崩れんと欲し 銀龍出て走って山振動す』と、詠まれていた。コレクション2題 (笑)どん詰り不動滝から入口方向静かで緑豊かで涼しそう予約不要・無 [続きを読む]
  • 地獄からの生還(爆)
  • 沢登の足慣らしに美ヶ原の北、女鳥羽川支流の中ノ沢ー地獄谷に行ってきた。大げさなタイトルですが地獄谷を遡行しただけです・・・(爆)この滝は左から登れそうだが、手前の瀞が深い。ヤマンバ泳ぎ不得意なので 手前左尾根から大高巻きほ〜らね 水からなるべく距離とりたいらしいこれは近寄ってみたら右から容易に登れた。何匹も見たがカメラを5?程に近づけても、我関せずの姿勢で動じずポーズ維持し続けていたガメラのようだ [続きを読む]
  • 雨晴キャンプ
  • 3連休スタートは親不知魚確保するには、朝マズメ狙い。不慣れなところでモタモタしていては時合いを逃すので慣れた海で・・てな作戦ですが、キジハタ2匹で終了。 ガクッ。(今回は写真 で大きくなります)午後 雨晴キャンプ場に移動女岩のバックに後立山が見えるハズですが・・見えるときは少ないそうですが。合流したテレ組 小林君は自転車できていました。何台も所持しているそうだが今回はコレ宿泊装備もスタイルも [続きを読む]
  • 連浮
  • 体がカヤックに慣れてきたので2日連荘のカヤックフィッシングに。今年3回目にして初 鯛小さいのを大きく見せようと健気な絵( ^ω^)・・・海の見える「親不知交流センター」の風呂今回新しい海域所探そうと思って来たがカーナビ死亡。加えてスーパーファイヤーライン40lb.が高切れしたので近間で過ごすことにし、風呂と釣具屋に買い出し。4:00 リーダーを調達した35lbに結びなおし、未だ日没までに十分に時間有ったので再乗艇。 [続きを読む]
  • 風吹大池
  • 風吹大池に行ってきた。明日 6/25日に風吹山荘小屋開きのようです。出発が遅かったので10人程の方とすれ違い挨拶したが、何時も静かな山。大型車が入れないので団体客が訪れられないお気に入りの場所です。ジツは初めて妻と2人だけで登山したのは此処で、40数年前お花畑の真ん中にツェルトを張った思い出の場所。で、あるはずだが、小生は忘れている。妻は事細かに覚えているようです。何か悪いことをしたかどうか・・不安( [続きを読む]
  • 富士山に会いに、長者ヶ岳・・だがぁ
  • 富士山に会いに長者ケ岳・天子ケ岳に行ってきた。田貫湖の広いキャンプ場Pに駐車して東海自然歩道登山口長者ケ岳山頂 富士山は雲の中  (つд⊂)天子ケ岳にはサラサドウダンの大木がある天子ケ岳東尾根下降したが、途中軌道修正。左の尾根に移るためルンゼを少し攀じる。檜の植林されてる林道に出る路肩の桑の実・サクランボを楽しみつつ田貫湖湖畔散策しPへ戻る。帰宅時 少し富士山が・・・本日はチラッと一部見えただけで終了計画 [続きを読む]
  • 地図遊び
  • 里山の尾根の複雑そうな箇所を選んで踏査してみた。Sの三角点から Gの三角点のゴールを目指します。途中1箇所別尾根を下降して大トラバースし軌道修正した以外は予定どうり進めた。仲間の録ったGPSトラックです間違えた箇所がハッキリと(~_~;)スタート地点神社の舞台 ヤマンバ&・・・小城跡多い時々進路を協議しながらかつて裕福な養蚕農家多く祠の設置箇所多い珍しいサルノコシカケを採取したので記事追加「茯苓」今日の山行 [続きを読む]
  • ようやくエソが釣れた後釣れず前回の悪い予感が漂う・・魚探の反応もないし・・だが、今回はこれでは終われない気持ちが強い。場所を定置網付近に移したら魚探の反応あり。起死回生を狙い反応のある網ギリギリにジグ投入。一発でスズキが来ました。が、気を良くししたのが運の尽き、お気に入りのジグが網に掛り3個ロスト((´;ω;`)高いスズキになってしまった。スレのフグフグの皮は強いですね。針の返しが通ってしまうとなかな [続きを読む]
  • 見晴峠
  • 乗鞍鈴蘭から白骨に抜ける登山道がある。峠が見晴峠・・・だが、名に反して峠は木々が茂り見晴らしは悪い。登山口に新しくチャリ禁止の標識が設置されていた。本日のメインターゲット 前回目をつけておいたヤツ。峠だけでは物足りないので彼方此方歩き回って樹層が、カラマツ⇒シラビソ⇒ダケカンバに変わる頃見晴峠(約1890m) tg3 Windous Live Maker [続きを読む]
  • 信州テレ組納板キャンプ
  • テレマーク1本杖の組員滑り終へ今日のお宿はテントまだ歩けない0歳児も参加してます〜 ?宴会は大テントより屋外でドラム缶ストーブで・・日が変わっても宴会は続く気温はかなり低いが、ガンガン薪投入、暖かさ抜群煙突からは火が吹いてます。ジンギスカン・餃子150個・焼うどん15玉 完食・・・廃品利用で作ったストーブを”信州てれ組”に寄付していただいたが、置き場所の問題から制作者ツッチ〜宅保管で、お持ち帰り滑 [続きを読む]
  • 鍬の峰
  • 薬物治療から4日目。まだ調子が出てこない。呼び戻そうと超スローペースで仏崎 観音寺から鍬の峰に行ってきた。下りは同コースを戻るだけでは面白くないのでバリエーションの藪尾根を下り周回にした。ありやした でも採取は次回のお楽しみ種まき爺さんお出まし下山して観音寺にお参りシャクナゲ上部は満開 コシアブラ〇 [続きを読む]
  • 英国 SPONGコーヒーミル
  • 硬いサルノコシカケ・カバノアナタケを粉砕する電動粉砕機は3万以上するんで手が出ず、手動の古いコーヒーミルが在ったはずなので探し出した。アンティークな佇まいが良いあまり使った覚えないが単純な構造。バラして掃除&グリスアップ。裏を見ると、イギリス SPONG社製 NO4大きさに5段階あり、一番大きなタイプ。生産終了になっていたので、ヤフーオークションで調べたら4〜5万するようだな、なんと電動粉砕機より高いじゃん  (o^^o) [続きを読む]
  • クラフトフェアまつもと
  • 第33回目のクラフトフェアまつもとが27・28の2日間あがたの森公園で開催されています。美と暮らしを結ぶ「工芸の五月」として市内各所で展示会場が設けられています。あがたの森公園 各ブースから小生の目を引いた作品市内展示場の池上邸土蔵では乾漆という技法で作られたマナティ。水路には艶かしいカバが水浴びしていた。ゲージツすると小生は無性に腹が減る(爆)めったにない事ではありますが、ワインでランチ・・・(*n´ω`n [続きを読む]
  • お土産にカバノアナタケ
  • 懐かしい信州テレマークスキー組合の 女性組員の嬉しい訪問組員はご存知の方もおると思いますが柔道ウーメンでレーサー・・・名は秘す(爆)嬉しいことに小生が必要としているカバノアナタケを採ってお土産に持って来てくれました〜本人は喘息で苦しがっているようです。多分喘息にも効くと思うのに小生に譲って頂き感謝です。 [続きを読む]
  • カバノアナタケ
  • 見つけておいたカバノアナタケ採取に鑿を用意して出かけた。何回か打ち込めばきれいに剥がすことができ、ハンマーと鑿では重量増すがその効果はあります。さらに、うれしくも新しい場所で発見。高い位置なので、登山ロープを木の股に渡し固定。プルージック結びにアブミを掛け対処盛り上がったイイ個体確保に満足 [続きを読む]
  • 行者大蒜
  • ギョウジャニンニクを採りに行った。地図に記載無い古道で山越えし、地図にない謎の道で帰る秘密の場所です(*'ω'*)人のいかない場所で登山を楽しんでいると、思わぬ収穫があり、それは登山のスピリッツの一つだと思います。最近は収穫重視の山行が多くなってしまっていますが・・・(爆)今回は残雪豊富で、古道も謎の道も踏み外れて進み、6時間程の行程だった。登山を楽しむ者でなく、収穫だけが目的の方では採算が合わん時間と [続きを読む]
  • 5/19Mt乗鞍 鶴が沢
  • 5/19Mt乗鞍鶴が沢ツアーコース下山時融雪により歩く距離が長くなったので三本滝からの乗車は少なくなった。小生15日の滑降からまだ良いと踏んで、今日ははここまで下る予定。鈴蘭からの乗客と合わせ補助席を使い始発バス1台。鶴が沢入り口の印象的な白樺今日も自衛隊ステップ板シール持参はしているが、今日はステップ縛り。ウロコで登れる斜度で登り、上部2本滑り下降。大黒岳ー富士見岳間のコルから岐阜県側から畳平へのバス [続きを読む]
  • Mt乗鞍は時々の雨でした
  • 今日のMt乗鞍三本滝バス停からの乗車は15名程鈴蘭からの乗客も合わせ1台の始発便で出発。終点位ヶ原山荘では時々霰と雨の天気だったので、長居は無用(´;ω;`)このところ嵌っている樹木ウォッチをしながら下ることにした。予想していたので、ステップソールを持って来た。カッパを着て即出発。コフキサルノコシカケは生える箇所で形がだいぶ違う。立木はよく見る腰掛けのように飛び出ているが、寝ている木にぶる下がる格好に [続きを読む]