穴熊 さん プロフィール

  •  
穴熊さん: せんすぶろぐ
ハンドル名穴熊 さん
ブログタイトルせんすぶろぐ
ブログURLhttp://ameblo.jp/sensuanaguma/
サイト紹介文将棋、マラソンから政治、経済、文化なんでも取り扱います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供336回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2012/02/01 20:59

穴熊 さんのブログ記事

  • 伊豆大島ウルトラマラソン:超低温に沈む・・・
  •  昨日開催された伊豆大島ウルトラマラソン、防寒、防雨対策が全く不十分で、低体温症になり、58キロ(スタートゴール地点でもある)で途中棄権した。  レースの様子は別途アップするが、この大会に関するブログ、感想はあまり多いとはいえない(私が参考にできたのは早川さんのブログだけだが、この時は好天だった)ので、せめて私が味わった苦衷を以下の「総括感想」でお知らせしたい。 ・ウルトラ主催者の情報提供 [続きを読む]
  • 佐藤康光、NHK杯戦制覇
  •  伊豆大島から戻って、直ぐにNHK杯戦決勝を視聴しました。  詳しい感想は後日アップしますが、 ・よもやこの大勝負で▲2四歩からの総交換が発生しようとは。佐藤和俊は見落としがあったと語っているが、TV将棋映えもするし、アマには関心の高い戦型であり、よかったのではないか。・この戦型、アマの対局だと、二枚飛車がモノをいうことが多いのだけれど、この将棋でも一度は振飛車側に振り子は振れていたと思う [続きを読む]
  • 伊豆大島ウルトラマラソンは雨天ランか・・・
  •  日曜日の伊豆大島の天気予報は最高気温11度、降水確率80%・・・・  去年、富士登山競争/立山マラニック/巨峰の丘/えちごくびきのと4連敗を食ったものの、その後は曇天、晴天が9連続できて、やはり私は晴れ男だったかと自負しなおしつつあったところで、これですか。  この気温でのウルトラは初めて。「えちごくびきの」の時はレインウエアを着用せず問題なかったが、さすがに最高気温が11度で海べりをず [続きを読む]
  • 囲碁:井山裕太、DeepZenGoに敗退
  •  将棋では人工頭脳がリアルトップ棋士と戦うまでに何年かかったか分からないくらい時間がかかったのに、囲碁は人工知能がリアルトップレベルになって1年程度で日本の最強棋士と対決ですか。負けたのは残念だけれど、必勝というわけにもいかないし、勝負を求めた姿勢には素直に感心します。  国際棋戦を通じて自己の実力の相対化が進んでいるからですかね。負けも「あり得る事象」と納得しているように思える。将棋では納得 [続きを読む]
  • 皇居周回コースに車両乱入
  • 今朝、皇居ランをしていた時のこと。竹橋からの上り坂をこなし、北の丸ランプを過ぎたところに歩道にもかかわらず乗用車が止まっていた。老婦人が桜の写真を撮影していて、警官が話しかけていた。逮捕とか身柄拘束という雰囲気はなかった。間違えて侵入してきたのだろうか。認知症? 1周まわって戻ってくると、余り状況は変わらず、警官が「怪我ない?」とか訊いている。 誰も怪我をしなかったようだが、一つ間違えば、歩道 [続きを読む]
  • WBCの敗因分析の在り方
  • こういう個別のプレイを特筆して敗因分析する意味はないと思う。ノーミスなんてありえない。要はもっと点を取れる打撃力があればよかったということではないか。 ゴルフの解説でも中島常幸がよく「ボギーは叩きたくないですね」といっているが、思いっきり無意味だ。ボギーを1個叩けば次のホールでバーディを2個取り返せばいいだけのことで、プロにはそれだけの技量がある。 大分前だが、P・ミケルソンがあまり良くな [続きを読む]
  • 第70回富士登山競争エントリー成功!
  •  職場の大宴会を断って、早々に帰宅。PC2台、スマホ1台動員して21時に0回戦に挑みました。8分後スマホがエントリー画面に遷移。スマホでローマ字の姓名入力とか、冗談もいい加減にしてくれない?と思いつつ、丁寧に入力完了。  今年も挑戦権を手にしました。  私自身の成算はともかく、このレースの掻き立ててくれるものは格別ですね。。。 [続きを読む]
  • 将棋棋王戦:2−2のタイ
  •  今日行われた将棋棋王戦第4局は渡辺の快勝。というか、千田が何をしたかったのか全く意図が分からないまま攻め潰されていた、というところか。  金を6二に移動し、銀矢倉を構築して、バランスで受ける姿勢とみられたのが、一転して後手から仕掛け。それで成立していればまだしも、反撃を食って、立ち遅れ明白とはこれいかに? しかも後手玉は3一と中途半端。これだけ作戦思想が分裂しているとなかなか勝てないでしょう [続きを読む]
  • B1級を一期抜けした棋士達
  •  豊島のA級昇級のエントリーの際に「1期抜けが名人への要件、悪くても2期抜け」と書いたことがあった。思いついて、1期抜けの棋士達をチェックしてみた。最近、更新がされていないけれど参照すること頻繁な順位戦データベースさんから引用する。 「4期連続昇級」加藤一二三 :名人芹沢博文 :2期で陥落中原誠 :永世名人谷川浩司 :永世名人田中寅彦:1期で陥落 「3期連続」高橋道雄:名人挑戦、複数タイトル獲 [続きを読む]
  • えびす・だいこく100kmマラソン、抽選当選!
  •  今日は朝から何回かメールチェックをしていた。えびす・だいこく100キロマラソンの抽選結果が通知される日だからだ。夕方、見事に当選通知をいただくことができた。思わずガッツポーズをしました。  遠いけれど、参加費自体は1万円とウルトラ最安値で万事暖かい大会であると聞く。何度も走れる大会ではないだろうから、全ての瞬間を体感したい。  それにしても東京マラソンは連戦連敗、姫路1敗、京都1敗だが、 [続きを読む]
  • 将棋王将戦:久保奪取
  •  昨日、今日行われた王将戦第6局は久保が圧勝。封じ手段階で久保有利が予見でき、封じ手の△2三金で予見が確信となり、さらに郷田が持ち駒の角桂を放出した段階で確信は事実となった。  陥落した郷田には申し訳ないが、がっかりさせられる内容でしたね。  久保にとっては、A級に復帰し、タイトルも取り戻し、叡王戦不戦敗は処分もされず、スマホ冤罪事件の関りについてもここまで不問で済んで、今年度はよい一年だ [続きを読む]
  • NHK杯戦追記(佐藤康対佐藤天)
  •  昼過ぎに書いたエントリーと被るけれど、備忘のために追記を書きます。  久しぶりに見た角頭歩。先手の採用を実際に見るのは私は初めて。以前は増田が採用したことがあったはずで、それなりに勝ってもいたようだが、相手が関西のロートルということもあり、流行っていない。最近では一度だけ藤井が永瀬に採用しているようだが、あっさり負けている。しかし1図のようになるなら、採用したい人は多いはず。8五で争点が既に [続きを読む]
  • 将棋NHK杯戦;佐藤康光決勝進出
  •  とりあえず速報でエントリー。  今日放送の佐藤康光対佐藤天彦戦は佐藤康光が天衣無縫そのものの指しっぷりで快勝。終盤、少しよれたところがあったが、自玉への距離感は常に正確であり、名人を倒した。  序盤の角頭歩(向飛車にできるなら有力な指し方だと思う)、金の前線進出、▲7八飛等だれでもができる指し口ではない。  そもそも準決勝時点で佐藤3人と佐藤祭りであり、佐藤康光が優勝すると自分で自分 [続きを読む]
  • B1、B2順位戦終了
  • B1、B2の順位戦が終了した。諸々感想を書きたい。 「B1」漸く、本当に漸く、豊島がA級八段に。歴代名人は2期を要した米長を除いて悉くB1を1期抜けしており(今期挑戦者の稲葉もそう・・・故に名人になっても不思議ではない)、4期かかった人はいない。河口史観に依るべきではないかもしれないが、既にコースから微妙に外れている感がある。星も8−4とsweepとはいえないもので、「いや、JT杯取っていますよ」 [続きを読む]
  • 静岡マラソン3日後の状況:やや改善
  •  今までだとフルマラソン後は筋疲労がひどくて、数日はキロ6分半くらいのペースでグダグダとジョグするのが常だった。全力で走っているからだろう。今回の静岡マラソンでは練習ランになってしまい、ほとんど筋疲労がない。今日はそれなりに真面目に走ってみた。コースは皇居周回(反時計回り)、設定ペースは4:50。以前であれば、抜いたと形容して支障ないペースだが、今の私にはそれなりにしんどいものである。  竹橋 [続きを読む]
  • 豊洲問題:石原記者会見は普通の内容では?
  •  石原慎太郎の記者会見の評判がひどく悪いのだが、私には特に問題があるように思えなかった。自分自身が変なのかもしれないが、思ったことを書いておく。 (個人の好悪でいうと、石原慎太郎は好きなタイプではない。金融機関への外形標準税を導入した挙句、裁判闘争で負け、年利6%だったか法定金利付きで還付する羽目になったことなど、自己資産で賠償してほしいくらいのものである) ・正規の業務に関わる契約書の決 [続きを読む]
  • 将棋連盟の理事選任規定について
  •  3月5日日経に掲載された先崎観戦記の記述・・・「定款変更には会員の3分の2以上の賛成が必要」・・・について、コメント欄で指摘をいただき、気になっている。  将棋連盟の定款をみると、こうある。 (役員の選任)第20条理事及び監事は、総会の決議によって選任する。2会長、専務理事、常務理事は、理事会の決議によって理事の中から選定する。3理事のうち、理事のいずれか1人及びその親族その他特殊の関係の [続きを読む]
  • 将棋棋王戦第3局追記:やはり間違えていた・・・
  • 棋王戦第3局の追記です。昨日のエントリーで私が疑問点として挙げた個所は感想追記でも言及されており、  99手目▲5九金については「▲5七桂には▲同香△同歩成▲同銀と清算していれば後手の攻めが切れており、先手が明快に勝ちだった。千田は▲5七同銀に△5一香▲6四馬に△8四飛が見えて読みを打ち切ったが、そこで▲7五馬と引いておけば△5七香成には▲同馬があって後手の攻めが続かなかったとい [続きを読む]
  • 将棋棋王戦第3局:終盤、逆転していなかった?
  •  今日行われた将棋棋王戦第3局は、静岡マラソンから帰宅→NHK杯戦録画を先に視聴→鍼灸院を経て漸く観戦となった。最終盤100手目で「手番が千田なら千田勝ちか? しかしそれほど(=私の能力でも寄せが直ぐにイメージできるほど)簡単ではないか?」というところだった。そこから実況サイトを初手に戻して流してみる。右翼に進出した銀が後手の金と交換できていて、その後の進捗も先手が良さそうに思えたが、100手目直 [続きを読む]
  • 静岡マラソン:またも練習ランと化す
  •  今日は静岡マラソン。結局、股関節周りはそのままでストライドを伸ばせる状態には戻らず、練習ランとなった。3時間35分を要し、「何をしに来たんでしょう、私は?」状態(昨年比25分の悪化)であるが、仕方ないか・・・筋疲労は全くなく、帰宅後ケアのために鍼灸院にいったが、マッサージは不要という鍼灸師さんの判断で、股関節周りの筋連動を回復するための指導を受けることになった。  去年同様、6時新横浜発のひ [続きを読む]
  • スマホ冤罪事件:良質の論考
  •  米村滋人氏は知る人ぞ知る人物であるが(法学者にして現役内科医)、本件でもよい論考を書いておられる。  最近のものは朝日系のwebronzaに掲載されているが、有料サイトであり、私は朝日にはお金を使いたくないので、観にいけません。  しかし、FBには同趣旨と思われるものが第三者委員会報告発表直後に出ているので、一読をお勧めします。  要点は、棋士と連盟は雇用関係ではなく相対の委任契約であるから、出 [続きを読む]
  • 将棋王将戦:郷田、追撃で2−3
  •  王将戦第5局は手数はかかったものの恐らくは郷田快勝か。安全勝ち路線かと思われたのが、最終盤いきなり自玉のケアを省きだしたので、「おいおい、大丈夫か?」(アマがよくやらかす失敗パターン)と訝しかったものの、どうやら残っていたようである。  封じ手の局面では先手の銀が2四に漂流して先手苦戦かな、という印象だったが、そこからよくまとめたものである。ここからさらに二連勝、ありますかね。  傍で見 [続きを読む]
  • スマホ冤罪:橋本、謝罪
  • 橋本崇載が「三浦九段と会ってきた。復帰戦の前にできればとは思ったが、なかなかお互いの都合が合わなかったため。私の関わっている一連の事を謝罪し、1時間ほど話した。」とのツィート。締切切れの観もあるが、謝罪したのであればとにもかくにもひとつの区切りであろう。 となると・・・と視線は他の人達の方を向くことになるのだが、これも橋本ツィートにあるように「運命を変えた10月10日〜10月12日に何があったのか、真 [続きを読む]
  • 本日の将棋連盟臨時総会
  •   主題で3人解任(青野、中川、片上)、2人(東、佐藤)留任とのこと。解任された3人は本件でそれぞれ何らかの役割が報じられており、仕方がないかな、と思う。後任はどなたが務めるのか現時点では不明だが、この動議を出した人達の誰かから候補者を出すのであろうか。  今後なすべきことは見えているように思えるが、佐藤会長記者会見を見る限りは、真っ直ぐに向かうということでもないようである。 ・三浦への賠 [続きを読む]