りかこ さん プロフィール

  •  
りかこさん: りかこの乳がん体験記
ハンドル名りかこ さん
ブログタイトルりかこの乳がん体験記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/rikako_mat_pink_m_m/
サイト紹介文“良性”??。それは視触診だけで簡単に下された診断だった。4年8ヶ月放置した、りかこの乳がん体験記。
自由文30代の時にみつけた左乳房のしこり。「“良性”だからそのままにしておいていいよ」。視触診だけで簡単に下された診断。そして私は医師の言う通り放置した。4年8ヶ月後、大きくなったしこりを切除。“良性”だと思っていたのに、病理検査の結果は悪性――乳がんだった。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供498回 / 365日(平均9.6回/週) - 参加 2012/02/01 21:35

りかこ さんのブログ記事

  • その後の体調は...
  • 婦人科出血がはじまって18日ようやく収束の兆しが見え...止血剤が効いているのか、はたまた収まる時期に来ているのかは、誰にもわからず...おそらく、その両方が、まだ少し、お腹が痛いそして、出血が収まってくると同時に体調も良くなりつつあり...今日は久し振りに“お腹が空く”という感覚が甦り...お腹が空くのは、生きている証お腹が空くのは、元気な証拠――空も青空陽射しも暖かい“体調がいい”って、清々しい [続きを読む]
  • 夏へのチケット
  • 先日、先行予約でGETしたライブのチケット今日、取りに行った彼女のライブは7年振り復帰後のライブを7年間、楽しみに待っていたここ北海道出身の彼女がはじめて私の街にライブに来たのは、私が乳がんの手術をしてから1年が経った頃だった『♪夏が来る』の曲がはじまると、「絶対、夏は来るからね〜!!」の彼女の言葉に、  夏は来る...  私にもきっと、夏は来るんだ...と、先が見えない病との闘いに涙ぐんだのを今 [続きを読む]
  • さらば...
  • 先日、ようやく買い替えた...フライパン6年とちょっとの間、使い込んだフライパンとお別れ一部分が焦げつきやすくなってしまったけれど、ハイカロリーでガンガン煽っていたわりには、意外ときれいかも...母が使っていたフライパンは、すぐに焦げついて、かなりの頻度で買い替えていたなので、「1年ごとに買い替えが必要なんだろうな...」と思っていたが、6年、軽くもった要は使い方らしい確かに母は、まだ冷めていない [続きを読む]
  • 大丈夫。私はお父さんより先には死なないから――。
  • 母のがん転移、そして死は、父にとっては大きなことだっただろう一日一日、母の衰えていく姿を目の当たりにしながら、何を想っていたのか...私が1年に1度受けていた、CTやら骨シンチの検査「来年からは、2年ごとに受けることにした」  ※マンモと超音波は、    これまでと変わらず毎年そう父に話したとき、「こんな病気をしたんだから、 毎年受けた方がいい」と、意外にも、そんな言葉が返ってきた母のこと、そして [続きを読む]
  • ようやく婦人科へ――
  • 朝一の体温、35.3℃いつもより1℃も低い全身が冷え、震えが起きる身体は相変わらずふらふら心臓も変だ出血がはじまってから今日で15日この2〜3日で、体重も一気に減っているトイレに行くと、出血は昨日より更に増えているようだ「やっぱり病院に行こう」きっと、行っても対処はないただ止血剤を処方してもらうだけそれでもなんとかしてほしいなんとかしなくては...午後から時間を取り、バスに揺られ婦人科へこんな体調のと [続きを読む]
  • 出血性による――
  • 雪が降りしきる朝――今日で出血が14日続き...日に日に量も増え...が、結局、今日は病院には行かず...いや、体調が悪くて、病院にすら行きたくないのだ歩いて、バス停でバスを待ち、バスに乗って、また歩いて...なんて考えただけで......  「あら、そういえば、   今日、あの人来てないね」  「体調でも悪いんじゃない?」年配の方の、病院でのそんな会話を思い出す(笑い話)それに、病院に行ったところ [続きを読む]
  • 治まらない出血に...
  • ちょっと出血疲れ...また婦人科に行かなければならないのか...ホルモン剤を使えば出血はすぐに治まるらしいが、私は乳がんをやっているのでホルモン剤は使えないもし使えば、乳がん再発のリスクが高まるなので、いつも2種類の止血剤を2週間分、処方してもらっている2週間経っても出血が止まらない場合、再受診しなければならないが、今のところ、再受診は免れているその止血剤も、実のところ、効いているのかよくわからな [続きを読む]
  • 深々と、春の雪――
  • 深々と降りしきる朝湿り気のある重たい雪は、春の証だ街は再び水墨画の世界寝静まった子供のように、雪にかき消された喧騒と――   1日1回、応援の お願いします       日々の励みになります  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓    人気ブログランキング     にほんブログ村★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から [続きを読む]
  • あぐねる。そして、野望――。
  • なんとなく、また疲れが出てきた“がん患者”を休みたい周期に突入したらしい“乳がん患者”として生きてきた年月から解放される瞬間がほしくなるのだそして、思いあぐねるこれから私は何をしたいのかこれから私は何をすべきなのかを――いや、野望ならたくさんあるまずは、温泉に行くことこれは、乳がんで乳房を切除した人たちが、温泉に行っていない現状があるならば、『みんなで一緒に温泉に入ろう!!』というもの「一人がダメ [続きを読む]
  • 時にがん患者になり、時にがん患者であることを忘れ...
  • がん患者になってみたり、がんであることを忘れてみたり...日々の中で様々なシーンに触れるたび、その想いは刻々と変化する“乳がん患者”であることを思い出すのは、ひとつは、病院に行ったとき“思い出す”というよりは、がんであることを“突きつけられる”と、言った方が正しいだろうか採血をし、様々な検査を受ける「私は“がん”なんだ...」と、ようやく這い上がった池に、再び蹴り落とされる気分日常の生活の中で、薄 [続きを読む]
  • がんサロンに来られるのは、元気な証拠でもある
  • 「今日、あの人来てないね」「具合でも悪いんじゃない?」――そんな笑い話の、病院の待合室の会話確かに本当に具合が悪い時は、病院に行く元気さえない私もホルモン治療の副作用のつらさに、通院日に「休みたい」と、何度思ったことか...がんでつらい思いをしている人たちやその家族のためのがんサロンそんな、心の悩みを共有できるはずのサロンも、心の不調が大きいときは、参加できないのも現実だ「最近、ちょっと引きこもっ [続きを読む]
  • 眠気覚ましのエスプレッソ
  • エスプレッソからはじまる朝なかなか抜けない眠気覚ましだ苦みが身体に沁みてゆく...さ、一気に飲み干したら、今日も一日、はじめるとするか――   1日1回、応援の お願いします       日々の励みになります  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓    人気ブログランキング     にほんブログ村★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から [続きを読む]
  • 『がんは治る病気』の疑問
  • かつて“死の病”だったがんは、今では“治る病”になりつつあるそれでも「がん」と告知を受ければ、死を連想する「私、いつまで生きられるのだろう...」「私、死んじゃうの?」と、恐怖と不安に押し潰されそうになる昨日の講義を聴講して改めて感じたことは、『“治る病”と言われるようになっても、 未だ“がん”の陰に“死”はつきまとう』ということこうしてチーム医療で患者をサポートしなければならない理由を考えても、 [続きを読む]
  • 市民公開講座 『“がん”について考える 〜がんと診断されたとき〜』
  • やっと融けてきた雪...半日で10cm積もった明日の朝まで、さらに15cm...春は足踏み状態だそんな今日は、とある病院で、市民公開講座が催された演題は、  『“がん”について考える       〜がんと診断されたとき〜』日本人の死因、第1位である“がん”は、今や日本人の3人に2人が罹る病 (男性の2人に1人、女性の3人に1人)家族や大切な人ががんになっときまた、自分ががんと診断されたとき私たちは何を思い [続きを読む]
  • 第96回 がんサロン 〜ヒーリング気功〜
  • 暖かな陽射しが降り注ぐ部屋日中はストーブなしでいられるから太陽はありがたいが、一歩外に出ると、そこは別世界真冬並みの風が、容赦なく頬を打ちつける春を意識した軽めのコートではその寒さに厳しさが増す乾いたアスファルト舞う砂埃道端に置き去りにされた雪...まさに、冬と春の狭間であるそんな今日のサロンは――6年間、ボランティアで来ていただいている、リフレクソロジー手か足のマッサージをしてくれていたのだが、 [続きを読む]
  • 誰も知らない世界
  • 日本人の3人に2人が罹る“がん”生活習慣病に位置づけられている“がん”今では特別な病気ではなくなった“がん”誰がなってもおかしくないなのに、どこか特別な感じがするのはなぜだろう...やはりその先には、“死”というものがちらついているからだろうか――実家を離れて、6年ここには私のことを知っている人は誰もいない道端で人とすれ違っても、私の顔を誰も知らない「どうなの? (乳がん)大丈夫なの?」「病院は行 [続きを読む]
  • 受け入れなければならないこと
  • 「乳がんです」――そう言われて、長い年月をかけて、“がんであること”“子どもが産めなくなったこと”を、受け入れてきた結果的にがんを4年8ヶ月放置してしまったため...それも、自らの意思ではなく...なので、受け入れるのにはそれなりの時間も要った5年間、治療でつらい副作用に耐え、治療が終わってもなお、その影響は心と身体に残った体調が戻ってきたのは、実に、治療終了から3年を過ぎた頃本当に楽になるまでに [続きを読む]
  • 東の空に――
  • 満月の翌日東の空に、大きく黄色みがかった、ほんの少し欠けた月――久し振りの好天久し振りの月...久し振りの宇宙からのパワー、身体中に浴びようみなさんにもパワーが届きますように...   1日1回、応援の お願いします       日々の励みになります  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓   人気ブログランキングへ  にほんブログ村★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら★さらに詳しい [続きを読む]
  • ここのところ...
  • まだ雪深さが残る街露出したアスファルトが乾いた埃を舞い上げる陽射しには温もり春の兆し...が、明日の朝は−15℃らしい日中も、なかなかプラスの気温になってはくれないそして、ここのところの私は...日々、倦怠感との闘いお腹も空かず、食べたいものも特になく...お腹が鳴ること、美味しくいただけることは、元気な証お腹が「グーッ」と鳴くのは、いのちの声美味しく食べられる時が来たら、食べられることに感謝しなけ [続きを読む]
  • 少し遅く起きた朝――
  • 少し遅く起きた朝空は青空それだけで気持ちがいい  でも、ほんの一瞬の晴れ間だった...そして、ゆったりとコーヒータイム......といきたいところだが...そんな余裕がない「飲めない」と思うと、とことん飲みたくなるのである――   1日1回、応援の お願いします       日々の励みになります  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓   人気ブログランキングへ  にほんブログ村★しこり [続きを読む]
  • 造影CT検査 〜オマタが熱くなる?〜
  • 私の乳がんと母の甲状腺がんがわかったのは、ほぼ同時期母が私より2週間早く、がん告知を受けたなので、転移していないかの全身検査もほとんど同じような時期だった私がこれまで受けた、造影剤を使ってのCT検査は12回(たぶん)はじめての検査はどんなことをするのかと、不安になるものだ造影剤を入れるとき、看護師さんに、「喉の辺りや顔や 身体が熱くなる感じがしますよー」と言われ、次の瞬間、喉が熱くなったのを今でも覚 [続きを読む]
  • 最期を迎える場所
  • がんになると、やはり自分の“最期”を考える「住み慣れた家で終末期を過ごしたい」そう思っている人が多い中、私の答えは悩むことなく、“病院”だったそれはおそらく、実家には“自分の居場所がない”からそれに、家族(両親)であっても、周囲に迷惑はかけたくない今の病院は、手厚く看護をしてくれる無機質ではあるが、病院にいれば何かと安心だきっと、旦那さまや子どもたちがいる家庭を築いていれば、その答えも違ってくるの [続きを読む]
  • 飲み干して――
  • 飲み干して...空は青空...さぁ、気持ちよく、今日も一日――   1日1回、応援の お願いします       日々の励みになります  ↓ 両方押していただけると嬉しいです ↓   人気ブログランキングへ  にほんブログ村★しこり発見から治療までの経緯は⇒こちら★さらに詳しい経緯を更新中⇒≪私の記録≫から [続きを読む]