sgf1906 さん プロフィール

  •  
sgf1906さん:  Vintage motorcycle study
ハンドル名sgf1906 さん
ブログタイトル Vintage motorcycle study
ブログURLhttp://studious1.exblog.jp
サイト紹介文トリニティースクール ハーレークラスでのレストアの日々、ビンテージモーターサイクルとの奮闘記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供228回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2012/02/03 03:33

sgf1906 さんのブログ記事

  • 土曜日の授業風景
  • 1970XLH900Tさんのアイアンスポーツ。セミトラタイプのディストリビューターはピックアップセンサーがご臨終し、いきなりエンジンがかからなくなりました。というわけで急遽在庫していた機械式のディストリビューターを取り付け試乗。試乗後、一回目のオイル交換、1回目のエンジン周りの増し締め。試乗後の問題点としては、発電不良とエンジンが温まった後... [続きを読む]
  • 木曜日・金曜日なんやかんやと
  • 知らず知らず製作ものが溜まったいましたので、エイヤッと製作していきます。1951 TRIUMPH T100 カムシャフトブッシュまずはHさんのトライアンフのカムシャフトブッシュ・ドライブサイド側から。元々のブッシュをケースから抜き取り、ケース側計測し、ケース側・シャフト側にあわせブッシュサイズを選定して製作。ドライブサイド側のインテークにはブリーザ... [続きを読む]
  • 1964XLCH900 S&S Lキャブ取り付け・エンジン始動
  • 今日は先日に引き続き、S君のアイアンスポーツのお話。S君の希望で今回はS&SのLキャブを付けることに。うちではS&S Lキャブを扱うのは初めてでなんやかんやチェックしつつ取り付けます。口径が1-7/8”(47mm)と大口径で加速ポンプ無し、なおかつマグネトー点火でありますからどうなる事か。サイドフロートでありますから、フロート面の面研は必至ですね。また、画像は... [続きを読む]
  • 土曜日の授業風景
  • 1980XLH1000Iさんのアイアンスポーツ配線作業もともと純正のハンドルスイッチ周りがついていなかった車両でハンドルの交換したので改めて、スイッチ位置を自分使い易い位置に作っていきます。1968 BSA A65NさんのBSAエンジン腰下を組み終わり、エンジンをフレームに搭載。このあたりは以前に仮組みをしていたので... [続きを読む]
  • 1971 NORTON COMMANDO
  • 修理依頼でお預かりしたノートンコマンド修理内容は点火システムを機械式からフルトラ(ペイゾンフルトラKIT)へコンバート。また、オイルラインのチェックバルブを持たないこの年式のコマンドさん。乗らない時間が長いとオイルタンクのオイルがクランクケース内に落ちてしまいます。フィードラインにON/OFFコックをつけます。なんやかんややる前に試乗させてもらいました。ア... [続きを読む]
  • 水曜日の授業風景
  • 1979 TRIUMPH T140ED君のトライアンフはプライマリー周りの作業。ぐずぐずだったクラッチセンターのダンパーゴムは新品に交換。今回ダンパーゴムが随分硬く入れるのに苦戦し写真撮り忘れ。どうにか組み込み本組みするものの、クラッチセンターインナープレートに切ってあるねじ山がなめました。というわけでヘリサートし取り付け。プライマリーチェーン... [続きを読む]
  • 月曜日の授業風景
  • 1939EL1000Wさんのナックルヘッド車検準備作業も終わり、オープンロッカー化したヘッドのオイルの漏れっぷりをチェックしつつ試乗。山梨からスクーターで通学するWさん、今回は雨に打たれ風邪気味で本人は不調で早退です。お大事に。1947FL1200Iさんのナックルヘッドフレーム修正が終わり、改... [続きを読む]
  • 日曜日の授業風景
  • 1980XLH1000久しぶりに登場のIさん。新ガレージ一発目の作業ということで、工具や物の配置を覚えつつパーツを探しつつの作業となりました。ハンドル交換し長さを詰め調整し取り付け、エキパイ・サイレンサーを取り付けステー製作準備。1970XLH900Tさんのアイアンスポーツ前回、エンジン始動済みで改めて点火時期確認後... [続きを読む]
  • 土曜日の授業風景
  • 1968BSA A65NさんのBSA A65苦労したオイルポンプの組み付けが終わり、タイミングギア周りをトルク管理し本組み。カムギアは本組みするとスラストが無くなり渋くなったので、スラスト調整し直し。オイルパイプを付けオイルを流しオイルの回りっぷりチェック。クラッチリリーズ周りのパーツは元々めちゃくちゃなものが入っていましたので、正規のものに交換。... [続きを読む]
  • 1943WLC750 T/Mメインシャフト
  • 今日はHさんのWLCトランスミッションのお話。前回クラッチギア周りのお話をしましたので、続きのメインシャフト周り調整組み立て。メインシャフト1STギア、2NDギアブッシュは抜き取り工具を製作し、抜き取りシャフト径、ギア径にあわせブッシュ単品製作。オイル溝も作っています。ギアに圧入し、縮まったブッシュ内径はホーニングしクリアランス調整し取り付け。... [続きを読む]
  • 平日の授業風景
  • 1939EL1000Wさんのナックルヘッド。オープンロッカー取り付け後、試乗をし問題なさそうであります。車検準備をしつつ、旋盤突っ切りバイトを製作。美容室経営のWさんは何処に向かっているのか?(笑)1964XLCH900Sくんのアイアンスポーツはシリンダー、シリンダーヘッド組みつけ。ピストンは純正ピス... [続きを読む]
  • 1968BSA A65 ギアボックス周り NO.2
  • 今日は引き続き、NさんのBSAギアボックスのお話。ハイギア組込みまで終わっています。ギアボックスカバーのベアリング交換。A65のレイシャフト軸受けのニードルベアリングはベアリング同士が接っている物ではなくケージ付きで良いですね。レイシャフト周りのお話レイシャフト1stギアブッシュはシャフトに対し0.05mm程度で良好。レイシャフト2NDギア... [続きを読む]
  • 1968BSA A65 ギアボックス周り NO.1
  • 今日はNさんのBSA A65のギアボックス周りのお話まずはメートリックのボルトがぶち込まれていたドレンボルトねじ穴に対し垂直にケースをボール盤にセットしヘリサート加工。座面部も研磨してだし、コイルを入れ完了。ドレンボルトを真鍮で製作し取り付け。パーツがでなかったプランジャープラグボルトも製作。ガタがあったハイギアブッシュは抜き取... [続きを読む]
  • 土曜日の授業風景
  • 1968 BSA A65NさんのBSA A65なかなか苦労した、スカベンジカバーをスタッドボルト製作し取り付けしオイルポンプ本組み。悪名高い70年以前ののアルミ鋳物ボディーのBSAのオイルポンプはギアの組み方の組み合わせで回りっぷりが変わる。ギアの組み合わせを変えつつ、オイルポンプの周りが引っかかり無くスムーズに回るところにして、取り付け。しかしながら、仮組み時はよかった... [続きを読む]
  • 1968BSA A65 ギアチェンジクアドラント
  • 今日はNさんのBSA A65のギアチェンジクアドラントのお話。シフトペダルが付くスプライン部分が酷い事になっていましたので交換したいのですが、このパーツが手に入らない。調べてみると、68年以前と69年以降とでギアチェンジクアドラントの形状が変わります。NさんのBSAは68年のものですが、この年式は丁度変換期の車両で68年、69年のパーツがついているようです。でもともと付い... [続きを読む]
  • 1973XLCH1000 タイミングギア回り
  • 今日はKさんのアイアンスポーツ、タイミングギア周りのお話。もともと入っていたカムギアは虫食いが多くギアもやられていたので、アンドリュース製PBカムに交換。クラックが入っていて、溶接困難、溶接後も加工が必要だったカムカバーはNOSのカムカバーが手に入ったのでこちらを使います。NOSのカムカバーを手に取るのは初めてで、メーカーがカムシャフトとカムブ... [続きを読む]
  • 1964XLCH900 キックスターター回り
  • 今日はS君のアイアンスポーツ・キック周りのお話。まずは、ガタガタだったキックシャフトブッシュの交換。スプロケットカバー側のブッシュホールは広がってしまっていて、既製品のブッシュは使えませんのでブッシュ単品製作。シャフト側ブッシュ摺動部も変磨耗していますので、芯を拾い切削。カバー、シャフトにあわせブッシュ単品製作。圧入しO.K... [続きを読む]
  • 金曜日なんやかんや製作物
  • 1951 TRIUMPH T100 ギアチェンジスピンドルHさんのトライアンフギアチェンジスピンドルポンチ攻撃をされていたカバー側にはクラックが入っていたので、TRUE CLASSICさんに出張いただき、ブッシュ圧入部にビードがいかない程度に溶接してもらいました。溶接したカバー側、スピンドル径にあわせブッシュ製作。少々減っているスピンドル摺... [続きを読む]
  • 1964XLCH900 クランクケース組みつけ
  • 今日はS君のアイアンスポーツのお話。クランク芯だし、ピニオンシャフトベアリングレースのラッピングも終わり、クランクケースを組み付け。ケース周りの修正ごとからクラックが入っていたクランクドレンボルト部はクラック部溶接し、ボール盤にセットし座面だし面研とともにヘリサート加工。座面部の状態が良かったT/M側は元螺子山で位置を取りヘリサート加工。... [続きを読む]
  • 1943WLC750 T/Mクラッチギア周り
  • 今日はHさんのWLのトランスミッション、クラッチギア周りまとめブログです。まずはクラッチギアブッシュ抜き取り計測。クラッチギアブッシュはリプレイス品が使えそうなので、単品製作せずに使います。とわいうものの、内径はシャフトよりも小さめに作られているので、専用生爪にブッシュを銜え内径拡大。クラッチギアに圧入し縮む分も考え、シャフトに対し0.05mmのクリアラン... [続きを読む]