Donn Tacos さん プロフィール

  •  
Donn Tacosさん: Donn Tacos のブログ
ハンドル名Donn Tacos さん
ブログタイトルDonn Tacos のブログ
ブログURLhttp://donn-tacos.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文アウトドア(カヌー、チタンクッカー等)、アマチュア無線(アンテナタワー自作等)、柴犬を連れて、他
自由文アウトドア・・ストーブ用グッズやチタンクッカー活用グッズ(チタンの友)などの自作、UL系料理レシピ、カヌー(中禅寺湖、秋元湖)、ロードバイク等
アマチュア無線・・お金を掛けないアンテナタワー(簡易クランクアップタワー!)の自作記事他
柴犬を連れてシリーズ・・柴犬をクルマに乗せて、津々浦々の犬と歩ける観光地を散歩
サイエンス工作・・夏休みの自由研究に分光器はいかが、など
その他・・旅紀行、地域グルメ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2012/02/03 20:34

Donn Tacos さんのブログ記事

  • 今年は福岡! - 出張シリーズ その5
  • 福岡は美味しいものが一杯。 でも、そんなに長い出張ではないので、定番モノばかりで終わってしまいましたが。1.博多もつ鍋「元祖もつ鍋 楽天地 天神西通り店」に行ってきました。 7月にオープンしたばかりの新しい店舗ということで、予約が取りやすかったようです。 3人で行ったので、さすがにWebにあるようなこんなほどではなかったですが、山盛りの鍋でした。 味もGoodでしたよ。http://rakutenti.com/2.博多ラーメンホテル [続きを読む]
  • 今年は福岡! - 出張シリーズ その5
  • 出張に来ています。 9月恒例の出張シリーズ、今回の行き先は福岡。 会場近くの地区では、街中までこんなディスプレイが。会場の一つ、福岡国際会議場。昼間はもちろん、仕事オンリーです。 夜は地域交流を兼ねて、無線の時間。 430MHzでCQを出します。出張のお供は昨年の新潟と同じセット、FT-7900H+5A電源+自作の3エレ八木。 5A電源で最大20Wまで出せます。 写真のタブレットはWindows10なので、HamlogもOKです。 続きは [続きを読む]
  • 柴犬を連れて「コキア ライトアップ」へ行ってきました!
  • ひたち海浜公園の"みはらしの丘"がコキアで真っ赤に染まるのは10月に入ってからで、まだまだ先です。  ⇒ 「柴犬を連れてコキアが見頃のひたち海浜公園へ行ってきました」  ⇒ 「柴犬を連れてひたち海浜公園へ行ってきました : 2016年のコキア」今の季節は "ただ緑色のコキア" というだけだったのですが、昨年から (だったかな?) 8月後半の期間限定で、夜間入場ができて、ライトアップされたコキアが見られるようになりま [続きを読む]
  • Turbo HAMLOGのデータを i Phone で活用する!
  • FBなこと、この上ない "Turbo HAMLOG" ですが、もちろん私も愛用させて頂いています。"Turbo HAMLOG" の便利な点を強いて3つ挙げるとしたら、私個人としては、 1.ログ入力のし易さ − 秀逸なユーザインタフェース 2.相手局情報の閲覧 − その1:ユーザーリストの充実 3.相手局情報の閲覧 − その2:既登録ログの検索機能かな、と思います。 2 は、相手局からも良く「HAMLOGヒットしております」という言葉を聞きます [続きを読む]
  • 「簡易クランクアップタワー」の上げ下げを劇的に改善!
  • 2012年6月の記事、"アンテナタワー自作 「簡易クランクアップタワーに挑戦! 8"」 で完成した "自作タワー" ですが、これまで 性能的/強度的に 大きな不満はなく、ほぼそのままの形で使ってきました。 イレクターパイプの金属ジョイントに錆が目立ってきて一度錆び止め塗料を塗った以外は、5年間 大きなメンテナンスは何もしていません。 イレクターパイプの耐久性は なかなかのものです。でも面倒・大変なのは、クルマのジャッキ [続きを読む]
  • 柴犬を連れて 佐原の大祭 へ行ってきました!
  • 先月も行ったような気がするのですが、また佐原へ行って来ました。 実は、何も知らずに行ったのですが、今日7月15日は佐原の大祭だったのです。 クルマはお祭りの中心エリアへは入れず、利根川河川敷の無料臨時駐車場に停めることに。ここから山車が練り歩く通りまではかなり距離があって、猛暑の中、どうしよう? と思っていたら、シャトルバスならぬシャトル舟が運行されていて、小野川を遡って会場付近まで連れて行ってくれまし [続きを読む]
  • 柴犬を連れて 2017古河桃まつり へ行ってきました!
  • 「そうだ、古河の桃まつりへ行こう」と思った時点で、昨年は既に会期が終わってしまっていた のですが、今年は平日に休みが取れたので、行ってきました。 桃の花はほぼ満開で綺麗でした!平日にも関わらず駐車場は満車に近い状態だったので、この分だと土日はきっと大変でしょうね。最高気温が18℃というポカポカ天気のおかげで、桃の木の下で昼寝している人たちは気持ち良さそうでした。桃の他に、菜の花も。昼食は "古河と言えば [続きを読む]
  • 世界一小さなキャンピングカーを自作! − YouTubeに動画をUp
  • しばらく前に "SOLO-CAMPER 1" の概要を紹介したスライドショーを YouTube に Up しておいたのですが、タイトルや内容紹介を英文にしておいたお蔭でしょうか (最終ページにスペルミスが残っているのはご愛敬ということでお許しを) 、アクセスが最も多い地域はアメリカになっていて、最近アメリカからコメントも付きました。"The World's Smallest Camper?" そして今日、新たに2編の動画を Up しました。1つは 畳んだ状態の "SOLO [続きを読む]
  • 今日の柴犬さん − 水戸の梅まつり&県産品まつり
  • 近場ですが、"水戸の梅まつり"へ行ってきました。残念ながら偕楽園の本園へはペット連れで入れないので、隣接でペットOKの偕楽園拡張部「田鶴鳴梅林広場」で4日(土)と5日(日)の2日間 開かれていた "いばらき県産品まつり2017" の方へ行きました。 駐車場の混雑が危惧されたのですが、駐車場近くに10:20頃着し、待ちの車列に30分くらい並んで11:00前にはクルマを停めることができました。 "県産品まつり" は、基本的に "食" の [続きを読む]
  • 世界一小さなキャンピングカーを自作! − 初!牽引テスト 【後編】
  • 自転車と繋いだ"SOLO-CAMPER 1"を走らせる前に、まずは体重測定から。と言っても、我が家にはフツーの体重計しかありません。 全体を載せて一気に測定するのはムリ。 そこで、体重計と同じ厚みの板を何枚か用意して、トレーラーの両タイヤや接地点の下に敷きます。 そして、一ヶ所ずつ体重計と入れ替えることで、各接地点に分散された荷重を測って合計することにしました。多少の誤差はあるでしょうが、許容範囲だと勝手に思い込む [続きを読む]
  • 世界一小さなキャンピングカーを自作! − 初!牽引テスト 【前編】
  • これまでキャンピングカー単体の外観 と その内部を紹介してきましたが、いよいよ自転車と繋いで牽引・走行のテストに入ります。 牽引は前後延長部を畳んだ、この状態からです。(ドア上部に"SOLO-CAMPER 1"のロゴを入れました)BURLEYのトレーラーヒッチを自転車の後輪に繋ぎます。今回のテストで使用するのは、GIOSの20インチ小径車。 毎日の通勤に使っている自転車です。 小さなキャンピングカーと小さな自転車の "極小コンビ" [続きを読む]
  • 【速報】 なんと、「2016イレクター作品大賞」を頂きました!
  • これまで本ブログではイレクターパイプを使って自作した色んな作品を掲載してきました。 1. 「アマチュア無線用簡易クランクアップタワー」 2. 「アマチュア無線用移動用タイヤ踏みタワー」 3. 「手作りウッドデッキ」 4. 「世界一小さなキャンピングカー」これらの中で、3の「手作りウッドデッキ」が 2016年の "イレクター作品大賞" を受賞しました。応募はしたのですが、まさか"大賞"を頂けるとは思ってもいな [続きを読む]
  • 世界一小さなキャンピングカーを自作! − 屋根の穴はコレ!
  • 前回の「屋根に穴を開けて・・・」で出来上がったのは、マッシュルーム型の"換気口"でした。こんな構造になっています(各画像は で拡大可)。換気口の本体となる"煙突状の円筒"に使ったのは、100円ショップで買った、ケーキ作り用の"型"です。 底には目の細かい金網が張ってあり、蚊除けにピッタリ。 "雨除けカバー"には大昔の給食で使っていたようなアルミ(アルマイト)の皿が入手したかったのですが、見つからなかった [続きを読む]
  • 世界一小さなキャンピングカーを自作! − カバーの全パーツがドッキング
  • 「ベッドが完成 - 後編」ではカバーが無くて丸見えだった、頭・足部分のカバーができたので、早速本体と組み合わせてみました。 脱着は本番の仕掛けではなく、まだ仮接着ですが。ベッドとしての全長は当初200cmで設計したのですが、頭と足の先の方に換気口 (床下部に抜けている) を追加で設けたので、頭側の壁〜足側の壁の内寸は215cmとなり、さらに余裕ができました。全体的に角張った外観になってしまいました。 野暮ったいです [続きを読む]
  • 世界一小さなキャンピングカーを自作! − ボディーは総アルミ張り
  • これまでの外観写真からお分かりのように、ボディーのカバー外側は全体に銀色をしています。 そして内側はベージュ色です。このカバーの構造ですが、3層構造になっています。 各層の構成が分かりやすいように、構造サンプルを作ってみました。(各画像は、 で拡大できます。)断面はこのようになっています。断熱フォーム建材の"ウッドラック・ザスリム"は、ポピュラーな"スタイロフォーム"と同じ会社が出している、より密度 [続きを読む]
  • 世界一小さなキャンピングカーを自作! − ベッドが完成 - 後編
  • 前編で紹介した、展開状態のベッド。実際の就寝時にはこの上にまず、フォレスター車中泊の記事で登場した、低反発ライクなゴムマットを敷き、セルフインフレータブルタイプのエアマットを重ね、そのフカフカな上でシュラフにくるまって寝る予定です。長さは2mあるので、身長173cmの私には十分快適です。幅は66cm(支柱間は60cm)あるので、横向きで胡坐をかいて座るのもOKです。 体重を預けてもたれても良いように、後ろの支柱間 [続きを読む]