弁護士法人 大村綜合法律事務所(長崎県) さん プロフィール

  •  
弁護士法人 大村綜合法律事務所(長崎県)さん: 弁護士法人 大村綜合法律事務所(長崎県)
ハンドル名弁護士法人 大村綜合法律事務所(長崎県) さん
ブログタイトル弁護士法人 大村綜合法律事務所(長崎県)
ブログURLhttp://www.omura-law.jp/
サイト紹介文長崎県内の4ヶ所(大村2ヶ所・佐世保・時津)で弁護士事務所を運営している弁護士法人です。
自由文長崎県全域、佐賀県西南部などを中心として、地域の皆様に安心して利用して頂ける弁護士事務所を目指しています。早岐オフィス(佐世保市)と時津オフィス(西彼杵郡時津町)は無料相談実施中です。詳しくはこちら→http://www.omura-law.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2012/02/05 13:07

弁護士法人 大村綜合法律事務所(長崎県) さんのブログ記事

  • 事務職員求人のお知らせ
  • 事務職員(1名)を募集いたします。勤務地は、当弁護士法人の本所(長崎県大村市東三城町12番地4)になります。 勤務開始時期は、平成29年4月頃からになります。 求人に関するお問い合わせは、電話0957−27−3535にご連絡ください。 [続きを読む]
  • 証拠保全とは、どのような手続きですか。
  • 証拠保全とは、あらかじめ証拠調べをしておかなければその証拠を使用することが困難となる事情があるときに認められる裁判上の手続きのことです(民事訴訟法234条 )。例えば、医療過誤が疑われ、医療機関によるカルテ等の改ざん、隠ぺい、紛失等を防止したいと考えるような場合に利用されます。裁判所により証拠保全決定がなされると、裁判所の執行官がその決定正本を証拠調べがなされる前(通常は、1〜2時間前)に医 [続きを読む]
  • 賃借人が賃料(家賃)を支払わないのですが、いつまで請求できますか。
  • 家賃のような定期給付債権については、民法169条が適用されるため、5年で時効によって消滅します。そして、家賃の時効の起算点は、各回の家賃の支払日からとなり、その支払日からの5年の経過により、順次時効にかかるということになります。なお、民法147条にある請求、承認等の時効中断事由が生じた場合には、それまで進行してきた時効期間はすべて消滅し、またゼロから時効期間が進行することになります。 &n [続きを読む]
  • 不在者財産管理人とは、どのようなものですか。
  • 従来の住所又は居所を去り、容易に戻る見込みのない者(不在者)に財産の管理人がいない場合に、家庭裁判所は、利害関係人等の申立てにより、利害関係を有する第三者の利益を保護するため、財産管理人選任等の処分を行うことができます(民法25条1項)。家庭裁判所より選任された不在者財産管理人は、主に、不在者の財産の現状を維持するために必要な行為をする権限を持っていますが、遺産分割協議をしたり、不在者の不動 [続きを読む]
  • 不動産の明け渡しは、どのような流れで行われますか。
  • 賃借人に、家賃(賃料)を滞納する等の契約違反(債務不履行)があるにもかかわらず、滞納している賃料を支払わず、また、任意に賃貸物件を明け渡さない場合には、不動産(賃貸物件)の明け渡しを請求することができます。明け渡し完了までの大まかな流れは、以下のとおりです。① 解除通知の発送  賃貸借契約を解除する旨の書面を賃借人に送付します。賃借人が、同書面を受領したことを証拠として残すため、配達証明付き [続きを読む]
  • 相続財産管理人とは、どのようなものですか。
  • 相続人のあることが明らかでないとき[民法951条](相続人の相続放棄により、相続する者がいなくなった場合も含まれます。)に、利害関係人(被相続人の債権者、特定遺贈を受けた者、特別縁故者)等の申立てにより、家庭裁判所が相続財産の管理人を選任します。相続財産管理人は、被相続人の債権者等に対し、被相続人の債務を支払う等して清算を行います。なお、清算後に残った財産は、国庫に帰属させることになりますが [続きを読む]
  • ご相談者様の声(本所・H28.12)
  • [債務整理(過払金請求)]丁寧にお話を聞いていただき、ありがとうございました。?アンケートの内容を見る [その他(不倫)]今後もし相談があれば依頼させて頂きたいと思います。?アンケートの内容を見る [離婚]アドバイス、本当にありがとうございました。?アンケートの内容を見る [その他(金銭管理)]特になし。話も分かりやすく満足しました。?アンケートの内容を見る &nbs [続きを読む]
  • 限定承認とは、どのような手続きですか。
  • 相続が開始した場合、相続人は次の3つのうちのいずれかを選択することになります。① 単純承認(相続人が、被相続人の権利(資産等)や義務(債務等)をすべて受け継ぐことになります。)② 相続放棄(相続人が、被相続人の権利や義務を一切受け継がないことになります。)③ 限定承認(被相続人の債務等がどの程度あるのかが不明であり、その支払いをしても資産が残る可能性がある場合等に、相続人が相続によって得た資 [続きを読む]
  • 特別清算とは、どのような手続きですか。
  • 特別清算は、解散した株式会社において債務超過の疑い等がある場合に、裁判所の監督を受けながら行う清算手続きです(特別清算を利用できるのは、株式会社に限定されています。)。株式会社が解散決議を行うと清算人が選任されますが、その会社に債務超過の疑いがあるときは、清算人は特別清算の申立てをする義務があります。特別清算は、破産に比べると手続きが厳格ではなく、簡易迅速に進めることができますが、清算会社が [続きを読む]