元塾講師 さん プロフィール

  •  
元塾講師さん: 受験と塾についての情報を元大手塾講師が発信
ハンドル名元塾講師 さん
ブログタイトル受験と塾についての情報を元大手塾講師が発信
ブログURLhttp://jyuku-erabi.net/
サイト紹介文塾の裏側から受験に必要な知識まで、全てお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 252日(平均3.2回/週) - 参加 2012/02/07 00:38

元塾講師 さんのブログ記事

  • 【中学受験】簡単に成績が上がる方法があれば知りたい
  • 中学受験の勉強法で簡単に成績が上がる方法があれば、誰もが知りたとい思うことでしょう。しかし、簡単に成績が上がるのであれば、誰も小学4年生から塾へ通って長い時間勉強することはしないと思います。やはりコツコツ勉強をした生徒が合格を勝ち取るのが受験です。簡単には成績は上がりませんが、少しでも工夫して効率的に勉強をしていくことは出来ます。 朝の時間を有効活用すでに始められている方も多いと思いますが、朝 [続きを読む]
  • 【中学受験】社会科の統計資料
  • 中学受験の社会の入試問題では、多くの学校で統計資料に関しての出題されています。統計資料に関してはある程度覚えておかないと問題が解けません。それでは何年生から覚えるのが良いのでしょうか。もちろん模試の社会の問題でも出題されますので、4年生から覚えていかないと点数が上がりません。しかし、入試に出題される統計資料はその年度の5月くらいに発売される資料からの問題が多くなっています。そのため小6になってから [続きを読む]
  • 【中学受験】読解問題が苦手なお子様へ
  • 国語の読解問題が苦手というお子様は多いのではないでしょうか。特に男の子に多いと思います。読解問題が苦手という場合、知っている語彙数が少ないため読んでいても意味が分からない場合と、読むことは出来ても問題が解けない場合とがあるかと思います。読解問題で点数が取れない場合、お子様の現状をしっかりと把握することが大切です。 音読をさせてみる現状を把握するため、音読をさせてみると良いでしょう。読むことに苦 [続きを読む]
  • 【中学受験】中学受験をさせるか悩んだら
  • 中学受験をするお子様が多い地域にお住いの場合、自分の子供を中学受験させるか悩むこともあるかと思います。周りにつられて受験をさせても良い結果になることは少ないと思います。中学受験をさせて、お子様をどう成長させていくかをしっかりと考えることが大切です。 中学受験をするならまず、なんのために中学受験をするのかを考えることから始めてみましょう。なるべく具体的に考えていくようにします。将来、東大に通わせ [続きを読む]
  • 勉強を始めさせるきっかけ
  • お子様がなかなか勉強をしないと嘆かれている保護者の方も多いのではないでしょうか。いくら「勉強しないさい!」と言ってもその場は机に向かうかもしれませんが、次の日になると、また同じことの繰り返し。自分から勉強してくれるようになって欲しいと思われているのではないでしょうか。 「きっかけ」を与える勉強に対する「きっかけ」を与えてあげることが大切です。ただ「勉強しなさい!」と言っても、なかなか継続的に勉 [続きを読む]
  • 【塾選び】講師との相性が一番重要
  • 塾を選ぶ際の選択基準として、どのようなものが考えられますでしょうか。授業料通いやすさ進学実績塾の雰囲気講師の質上記のようなものが挙げられると思います。ここで一番重要となってくるのが、講師についてだと思います。講師とお子様・保護者の方との相性が良ければ受験は上手くいくと思います。進学実績が良い塾であっても、講師との相性が良くなければ期待する効果は得られないと思います。 『ビリギャル』少し前に話題 [続きを読む]
  • 【高校受験】推薦入試を上手に活用してワンランクアップ
  • 中学受験に比べ、推薦入試がある高校受験の方が情報を沢山集める必要があります。推薦入試の場合、英検・漢検・数検などの資格を持っていると基準が緩和されることもあるので、しっかりと調べる必要があります。また、帰国入試であれば、帰国入試の基準を調べる必要が出てきます。 学校選びの参考書推薦入試について調べる際、やはり参考になる本が手元にあると便利です。首都圏私立高校推薦・優遇入試ガイド2018年度用中学3 [続きを読む]
  • 【中学受験】学校選びのための参考書
  • 中学受験をする際の学校選びというのは非常に重要です。家庭の教育方針やお子様の性格に合った学校を選ぶ必要があります。しかし、首都圏にある国立・私立・公立一貫校の数は多く、どこから調べて良いのか分からなくもなります。まずはお子様の成績を気にせずに学校調べをしてみましょう。 学校選びの参考書カンペキ中学受験 2018 (AERA進学BOOK)2018年度入試用中学受験案内首都圏中学受験案内2018年度用すでに2018年度用のも [続きを読む]
  • 【高校受験】間違い直しの重要性
  • 「問題集を解く→答え合わせをする→正解を写す」といった勉強をしているお子様が多いのではないでしょうか。確かに学校のワークなどの提出では、「間違えた問題は赤で直して提出」といった指定があるかもしれません。学校の先生は多くの生徒たちの提出物をチェックしないといけないので、仕方ないかと思います。しかし、間違いを赤で書き直しても出来るようにはならないでしょう。間違えた問題は解き直しをする必要があります。&n [続きを読む]
  • 【高校受験】高校生になる人におすすめの問題集
  • 高校受験が終わって羽を伸ばしている人も多いのではないでしょうか。4月から始まる高校の勉強は中学時代と違い、一気に難しくなります。最初に躓いてしまうと取り返すのが大変です。最初に力を入れて置いて行かれないようにしましょう。 どんな参考書がおすすめなのか高校の勉強は一気に難しくなるので、教科書だけでは厳しくなってきます。ただ、塾や予備校には通いたくないという人は、良い参考書を手元に置いておくことを [続きを読む]
  • 【高校受験】1人で勉強する子におすすめの問題集
  • 高校受験に向け塾へ通っている方も多くいるかと思います。逆に塾へ通っていないという方もいるかと思います。塾へ通わず高校受験を成功させるためには、塾へ通っている方と同じレベルの学習、学習時間を確保することが必要となります。特に国立や難関私立校を狙うのであれば、学校レベルの勉強だけでは厳しくなってきます。市販の問題集でも良いものがあるので、独自に勉強をするようにしましょう。 解説が詳しい問題集1人で [続きを読む]
  • 【中学受験】国語の記述問題の対策
  • 中学入試の国語の問題で記述式の問題が増えています。中堅校であっても記述の対策をしっかりとしておくべきです。また、すぐに記述問題が出来るようにはならないので、じっくり時間をかけて対策をしていくようにしましょう。 小学4年生からの記述対策記述問題を苦手にしてしまうお子様は、まず書くことが面倒と感じてしまうことが多々あります。とにかく答えを書くことが出来るようになることが大切です。普段から記述式の問 [続きを読む]
  • 【中学受験】やってはいけない併願パターン
  • 中学受験というのは、絶対に受けないといけないというものではありません。ご家庭の方針や本人の意思によって受験をするかしないかを決めることが出来ます。高校受験の場合は、ほぼ全員が受けることになりますので、意味合いが大きく違ってきます。そのため無理な併願パターンを組んで失敗してしまうケースがあります。中学受験で駄目だったら高校受験でいいという考え方もありますが、それでも併願パターンをしっかり組まないと後 [続きを読む]
  • 【塾選び】個別指導と集団授業を考える
  • 個別指導というのは、講師1人に対し生徒1人や講師1人に対し生徒2人といった形態になります。中には講師1人に生徒3人という場合もあるので、事前に調べておく必要があります。それに対し、10〜30名程度のクラスで授業を行うのが集団授業です。どちらもメリットとデメリットがあるので、お子様にあった形態の塾を選ぶことが大切です。 個別指導まず責任者などと面談を行い、現在の学習状況や苦手分野の確認、指導科目 [続きを読む]
  • 【中学受験】小学4年生の春休みに頑張ること
  • 小学3年生の2月から塾に通い始めた方も多いのではないでしょうか。塾に慣れるだけで精一杯だった方もいることでしょう。春休みという長期休みの間に、ここまでの学習内容を振り返ることが大切です。学校が休みの期間ですので、普段より時間確保が出来ます。ぜひ春休みにこれまでの復習とこれからの準備をするようにしましょう。 科目ごとのポイント 【国語】長い文章を読めるようにすることが大切です。出来れば「説明 [続きを読む]
  • 【中学受験】お父様が中学受験にどう関わるか
  • 中学受験にお父様がどう関わるのが良いのか。関わりたくても、何をして良いのか分からないお父様も多いのではないでしょうか。今回はそんなお父様に向けた内容となります。 塾への迎えと模試の付き添いまずお父様が一番関わりを持てるのが、塾の迎えや模試の付き添いです。塾の授業が終わるのが夜9時くらいになることが多いので、仕事帰りに塾へ寄るとちょうどいいというお父様も多いのではないでしょうか。もし平日は難しい [続きを読む]
  • 【中学受験】合格最低点を知る
  • 中学入試において、受験生の多くが満点を取れる問題を学校側が作成していることは少ないです。多くの学校で合格ラインは60%前後になっています。従って、約6割を取ることが出来れば志望校に合格出来る場合が多いです。学校によっては合格最低点を公表しているところもあるので、事前に調べておくことが可能です。 合格最低点と科目配点合格最低点を見る前に、志望校の科目別配点に注目してみましょう。学校によって、均等 [続きを読む]
  • 【中学受験】理科・社会の過去問ポイントとおすすめ参考書
  • 理科・社会の過去問を解くにあたり、注意する点について考えてみたいと思います。・知識の覚え忘れはなかったか・漢字のミスはなかったか・ケアレスミスはなかったかこのような点について考えながら過去問を解くことが出来たでしょうか。 知識の覚え忘れはなかったか過去問を解き始めるということは、新出単元の学習が終わっているということになります。従って、過去問を解き終わった後に採点をした時に初めて見る用語という [続きを読む]
  • 【中学受験】算数の過去問ポイントとおすすめ参考書2冊
  • 算数の過去問を解くにあたり、注意する点について考えてみたいと思います。・時間配分は適切だったか・考え方や途中式は適切に書くことが出来たか・ケアレスミスはなかったかこのような点について考えながら過去問を解くことが出来たでしょうか。 時間配分は適切だったか算数の入試問題では、最初に計算問題、次に一行問題が出題される学校が多いです。(難関校になりますとこの限りではありませんが)この計算問題と一行問題 [続きを読む]
  • 【中学受験】国語の過去問ポイントとおすすめ参考書3冊
  • 国語の過去問を解くにあたり、注意する点について考えてみたいと思います。・時間配分は適切だったか・記述問題は適切に書くことが出来たか・選択問題でのケアレスミスはなかったかこのようなことについて考えながら過去問を解くことが出来たでしょうか。 時間配分は適切だったか中学受験の国語の入試問題では、時間配分が大切です。文章がどれくらいの長さなのかを確認し、問題の中に記述式のものがどれくらいあるのかを最初 [続きを読む]
  • 【中学受験】過去問の取り組み方
  • 中学受験では、学校ごとに問題の傾向が違ってきます。特に御三家中などでは、学校独自の特色ある問題が多いです。そのため、各塾では志望校別コースを設定して対策をしています。では、各学校の過去問をどう解いていくのが効果的なのか。また、保護者の方は何をするのが良いのかを見ていきたいと思います。 過去問を解き始める時期各塾では6年生の夏前に新出単元の学習を終えることが多いです。したがって、過去問に取りかか [続きを読む]
  • 【中学受験】学校説明会の重要性とポイント
  • 学校説明会では、校長先生のお話や進路指導の先生のお話を聞くことができます。校長先生のお話からは、学校の理念や教育方針が分かります。進路指導の先生のお話からは、大学進学実績や進学に向けた対応が分かります。パンフレットなどでは分からないことも実際に学校へ行って見ると分かったりします。ぜひ多くの学校の説明会に参加して、お子様に合った学校を見つけることが出来ればと思います。 学校説明会に参加してみる学 [続きを読む]
  • 【中学受験】併願パターンの決め方と気になる学校
  • 中学受験をするにあたり、併願校をしっかり決めることが重要です。もちろん第一志望校合格を目指して勉強しているわけですが、12歳の受験生には大人の強さや安定感はありません。試験日当日のメンタルによって合否が変わってしまうことが多々あります。したがって、万一のためにしっかりとした併願パターンを組んであげることが保護者の方に求められます。第一志望校を選んだ理由併願校を選ぶにあたり、第一志望校を選んだ理由を [続きを読む]
  • 【高校受験】中1の1学期定期テスト
  • 中学生になると学期ごとに定期テストがあります。テストの結果が通知表に大きく影響するので、しっかり準備をして望むようにしましょう。特に中学1年生の1学期の定期テストは重要ですので、早目に準備を始めることが大切です。 印象が決まるテスト中学1年生の定期テストの結果で、先生への印象が決まります。もちろん普段の授業態度なども重要ですが、初めてのテストの結果のインパクトは大きいと思います。そして、最初の [続きを読む]
  • 【中学受験】低学年用のおすすめ教材3冊
  • 中学受験の勉強を本格的に始めるのは、小学4年生からの方が多いです。進学塾でも中学受験に向けたコースが本格化するのは、小学4先生からが多いですね。ただ、小学4年生になるまでに準備をしておいた方が良いことがあります。それは「勉強の習慣付け」と「考える力をつける」ことです。 勉強の習慣付けは低学年のうちに低学年のうちに勉強の習慣付けが出来ているお子様は塾に通うようになったとき、すぐに自分のペースを掴 [続きを読む]