元塾講師 さん プロフィール

  •  
元塾講師さん: 受験と塾についての情報を元大手塾講師が発信
ハンドル名元塾講師 さん
ブログタイトル受験と塾についての情報を元大手塾講師が発信
ブログURLhttp://jyuku-erabi.net/
サイト紹介文塾の裏側から受験に必要な知識まで、全てお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 218日(平均3.4回/週) - 参加 2012/02/07 00:38

元塾講師 さんのブログ記事

  • 【高校受験】1人で勉強する子におすすめの問題集
  • 高校受験に向け塾へ通っている方も多くいるかと思います。逆に塾へ通っていないという方もいるかと思います。塾へ通わず高校受験を成功させるためには、塾へ通っている方と同じレベルの学習、学習時間を確保することが必要となります。特に国立や難関私立校を狙うのであれば、学校レベルの勉強だけでは厳しくなってきます。市販の問題集でも良いものがあるので、独自に勉強をするようにしましょう。 解説が詳しい問題集1人で [続きを読む]
  • 【中学受験】国語の記述問題の対策
  • 中学入試の国語の問題で記述式の問題が増えています。中堅校であっても記述の対策をしっかりとしておくべきです。また、すぐに記述問題が出来るようにはならないので、じっくり時間をかけて対策をしていくようにしましょう。 小学4年生からの記述対策記述問題を苦手にしてしまうお子様は、まず書くことが面倒と感じてしまうことが多々あります。とにかく答えを書くことが出来るようになることが大切です。普段から記述式の問 [続きを読む]
  • 【中学受験】やってはいけない併願パターン
  • 中学受験というのは、絶対に受けないといけないというものではありません。ご家庭の方針や本人の意思によって受験をするかしないかを決めることが出来ます。高校受験の場合は、ほぼ全員が受けることになりますので、意味合いが大きく違ってきます。そのため無理な併願パターンを組んで失敗してしまうケースがあります。中学受験で駄目だったら高校受験でいいという考え方もありますが、それでも併願パターンをしっかり組まないと後 [続きを読む]
  • 【塾選び】個別指導と集団授業を考える
  • 個別指導というのは、講師1人に対し生徒1人や講師1人に対し生徒2人といった形態になります。中には講師1人に生徒3人という場合もあるので、事前に調べておく必要があります。それに対し、10〜30名程度のクラスで授業を行うのが集団授業です。どちらもメリットとデメリットがあるので、お子様にあった形態の塾を選ぶことが大切です。 個別指導まず責任者などと面談を行い、現在の学習状況や苦手分野の確認、指導科目 [続きを読む]
  • 【中学受験】小学4年生の春休みに頑張ること
  • 小学3年生の2月から塾に通い始めた方も多いのではないでしょうか。塾に慣れるだけで精一杯だった方もいることでしょう。春休みという長期休みの間に、ここまでの学習内容を振り返ることが大切です。学校が休みの期間ですので、普段より時間確保が出来ます。ぜひ春休みにこれまでの復習とこれからの準備をするようにしましょう。 科目ごとのポイント 【国語】長い文章を読めるようにすることが大切です。出来れば「説明 [続きを読む]
  • 【中学受験】お父様が中学受験にどう関わるか
  • 中学受験にお父様がどう関わるのが良いのか。関わりたくても、何をして良いのか分からないお父様も多いのではないでしょうか。今回はそんなお父様に向けた内容となります。 塾への迎えと模試の付き添いまずお父様が一番関わりを持てるのが、塾の迎えや模試の付き添いです。塾の授業が終わるのが夜9時くらいになることが多いので、仕事帰りに塾へ寄るとちょうどいいというお父様も多いのではないでしょうか。もし平日は難しい [続きを読む]
  • 【中学受験】合格最低点を知る
  • 中学入試において、受験生の多くが満点を取れる問題を学校側が作成していることは少ないです。多くの学校で合格ラインは60%前後になっています。従って、約6割を取ることが出来れば志望校に合格出来る場合が多いです。学校によっては合格最低点を公表しているところもあるので、事前に調べておくことが可能です。 合格最低点と科目配点合格最低点を見る前に、志望校の科目別配点に注目してみましょう。学校によって、均等 [続きを読む]
  • 【中学受験】理科・社会の過去問ポイントとおすすめ参考書
  • 理科・社会の過去問を解くにあたり、注意する点について考えてみたいと思います。・知識の覚え忘れはなかったか・漢字のミスはなかったか・ケアレスミスはなかったかこのような点について考えながら過去問を解くことが出来たでしょうか。 知識の覚え忘れはなかったか過去問を解き始めるということは、新出単元の学習が終わっているということになります。従って、過去問を解き終わった後に採点をした時に初めて見る用語という [続きを読む]
  • 【中学受験】算数の過去問ポイントとおすすめ参考書2冊
  • 算数の過去問を解くにあたり、注意する点について考えてみたいと思います。・時間配分は適切だったか・考え方や途中式は適切に書くことが出来たか・ケアレスミスはなかったかこのような点について考えながら過去問を解くことが出来たでしょうか。 時間配分は適切だったか算数の入試問題では、最初に計算問題、次に一行問題が出題される学校が多いです。(難関校になりますとこの限りではありませんが)この計算問題と一行問題 [続きを読む]
  • 【中学受験】国語の過去問ポイントとおすすめ参考書3冊
  • 国語の過去問を解くにあたり、注意する点について考えてみたいと思います。・時間配分は適切だったか・記述問題は適切に書くことが出来たか・選択問題でのケアレスミスはなかったかこのようなことについて考えながら過去問を解くことが出来たでしょうか。 時間配分は適切だったか中学受験の国語の入試問題では、時間配分が大切です。文章がどれくらいの長さなのかを確認し、問題の中に記述式のものがどれくらいあるのかを最初 [続きを読む]
  • 【中学受験】過去問の取り組み方
  • 中学受験では、学校ごとに問題の傾向が違ってきます。特に御三家中などでは、学校独自の特色ある問題が多いです。そのため、各塾では志望校別コースを設定して対策をしています。では、各学校の過去問をどう解いていくのが効果的なのか。また、保護者の方は何をするのが良いのかを見ていきたいと思います。 過去問を解き始める時期各塾では6年生の夏前に新出単元の学習を終えることが多いです。したがって、過去問に取りかか [続きを読む]
  • 【中学受験】学校説明会の重要性とポイント
  • 学校説明会では、校長先生のお話や進路指導の先生のお話を聞くことができます。校長先生のお話からは、学校の理念や教育方針が分かります。進路指導の先生のお話からは、大学進学実績や進学に向けた対応が分かります。パンフレットなどでは分からないことも実際に学校へ行って見ると分かったりします。ぜひ多くの学校の説明会に参加して、お子様に合った学校を見つけることが出来ればと思います。 学校説明会に参加してみる学 [続きを読む]
  • 【中学受験】併願パターンの決め方と気になる学校
  • 中学受験をするにあたり、併願校をしっかり決めることが重要です。もちろん第一志望校合格を目指して勉強しているわけですが、12歳の受験生には大人の強さや安定感はありません。試験日当日のメンタルによって合否が変わってしまうことが多々あります。したがって、万一のためにしっかりとした併願パターンを組んであげることが保護者の方に求められます。第一志望校を選んだ理由併願校を選ぶにあたり、第一志望校を選んだ理由を [続きを読む]
  • 【高校受験】中1の1学期定期テスト
  • 中学生になると学期ごとに定期テストがあります。テストの結果が通知表に大きく影響するので、しっかり準備をして望むようにしましょう。特に中学1年生の1学期の定期テストは重要ですので、早目に準備を始めることが大切です。 印象が決まるテスト中学1年生の定期テストの結果で、先生への印象が決まります。もちろん普段の授業態度なども重要ですが、初めてのテストの結果のインパクトは大きいと思います。そして、最初の [続きを読む]
  • 【中学受験】低学年用のおすすめ教材3冊
  • 中学受験の勉強を本格的に始めるのは、小学4年生からの方が多いです。進学塾でも中学受験に向けたコースが本格化するのは、小学4先生からが多いですね。ただ、小学4年生になるまでに準備をしておいた方が良いことがあります。それは「勉強の習慣付け」と「考える力をつける」ことです。 勉強の習慣付けは低学年のうちに低学年のうちに勉強の習慣付けが出来ているお子様は塾に通うようになったとき、すぐに自分のペースを掴 [続きを読む]
  • 【中学受験】中学受験が終わったら次は大学受験
  • 長かった中学受験が終わると気が抜けてしまうお子様が多くいます。小学3〜4年生から塾に通い始め、5〜6年生になると毎日が勉強漬けの生活だったのではないでしょうか。合格を勝ち取ったことで、ゴールに到着し満足してしまうのも分からなくありません。しかし、大学付属の中学校であればエスカレーター式で大学進学が出来ますが、進学校であれば次は大学受験です。ここで生活リズムをガラッと変えてしまうと、元に戻すのは大変 [続きを読む]
  • 電子辞書のすすめ
  • 殆どの高校生が「電子辞書」を使用しています。私も使っていますが、便利です。辞書を引く時間が短縮出来ますし、用例なども多く掲載されているので、分かりやすいです。最近の電子辞書は種類が多いので、どれにするか悩みどころです。 中学生にも高校生用の辞書を中学生でも「電磁辞書」を使っている生徒が増えてきています。便利ですし、高校生になったら使うことになると思うので、早くから慣れておくことは効果的だと思い [続きを読む]
  • 歴史の学習は人物から攻める
  • 歴史が苦手なお子様は、まず人物から覚えるようにすることをおすすめします。年号の暗記ではなかなか得点に繋がらないと思いますよ。また、繋がりのない暗記だけではすぐに忘れてしまうと思います。そこで、興味を持って歴史を勉強し、出来事の関係を繋げて覚えることをおすすめします。 出てくる人物順に覚える例えば鎌倉時代であれば、「源頼朝⇒北条政子⇒北条泰時⇒北条時政」といったように出てくる順に覚えると効率的で [続きを読む]
  • Amazonランキング大賞2016【コミック】
  • Amazonランキング2016が発表されています。コミック部門を見ると、最近の流行りの漫画が分かりますね。お子様で購入されている方もいるのではないでしょうか。昔から続いているものもあれば、全く知らないものもありました。他の部門もこれから見てみようと思います。1〜5位まで第1位よつばと! (13) (電撃コミックス) 第2位進撃の巨人(18) (講談社コミックス) 第3位ONE PIECE モノクロ版 81 (ジャンプコミック [続きを読む]
  • 新らしい塾のヘルプ
  • 昔の講師仲間が新しく塾を立ち上げることが正式に決まりました。週に何回かでヘルプに行くことになりそうです。現在は家庭教師を中心でやっていたので、久しぶりの塾です。どんな塾になるのでしょう。資本金も少し出すことになっているので、成功するよう色々とアイデアを出し合っています。 新らしい塾を立ち上げるにあたり新らしい塾を立ち上げるにあたり、大手進学塾がない場所を探したようです。今後進出してくる可能性は [続きを読む]
  • 【塾選び】新聞の折り込みチラシを見て
  • 塾の冬期講習、新年度募集などの折り込みチラシが毎日のように入ってます。職業柄、全て目を通しています。チラシを見て思ったことを書いてみようと思います。 「無料」という見出しが多いチラシを見ていて目に付くのが「無料」という文字です。どこの塾も生徒集めに苦労しているのでしょか。中には「冬期講習無料」という塾もありました。塾において各講習会や合宿、正月特訓などは稼ぎ時のはずなんですが。新規入塾の生徒だ [続きを読む]
  • 【高校受験】新中1の先取りはどうすればいいのか
  • 現小学6年生の方は4月から中学生となります。もちろん勉強も難しくなりますし、通知表の重みが変わってきます。小学校の時の通知表と違い、中学校の通知表は内申点として高校受験に大きく影響してきます。早目に中学校の勉強の準備をして、余裕を持って臨めるようにしたいものです。 中学1年生の勉強はいつから始める?塾によって呼び方は違いますが、中学準備講座が開講されると思います。また、塾によって開講時期も違い [続きを読む]
  • 【高校受験】国語の選択問題に強くなろう
  • 国語の文章題に必ずある「記述問題」と「選択問題」。「記述問題」ですと部分点がもらえることもありますが、「選択問題」は正解か不正解しかありません。生徒にしてみると、「選択問題」の方が楽で簡単と思いがちですが、テストで毎回正解していますか?この記事に選択問題の解き方の詳しい説明はありません。自分で勉強するのに参考になる本の紹介、塾の授業の注意点を書かせていただきました。 国語も答えが決まってる当た [続きを読む]
  • 【中学受験】低学年のうちに机に向かう習慣を
  • 小学4年生から中学受験の勉強を始める方が多いのではないかと思います。実際に中学受験のテキストも小学4年生から内容が本格的になってきます。では小学4年生から中学受験の勉強をスタートさせるので良いのでしょうか。 小学1年生から塾へ来ているお子様私が勤めていた大手進学塾では、小学1年生から週1回1時間のコースがありました。人数は4〜5人くらいのクラスでしたが、皆さん中学受験を視野に通ってきてました。 [続きを読む]
  • 【高校受験】関東地方で早慶付属高校を狙うなら
  • 高校受験のベンチマーク的な存在の早慶付属高校。ほぼ大学への進学が出来るので早慶付属の人気は衰えません。中学1年生から頑張れば狙っていくことが可能なのも魅力の一つです。 抜群の合格実績を誇る早稲アカ2016年度の合格実績を見ると、早慶1508名の合格者を出し16年連続No.1となっています。慶應女子も87名の合格者を出し8年連続No.1となっています。合格実績を見ると早稲アカが断トツですね。早慶付属高校 [続きを読む]