moss design さん プロフィール

  •  
moss designさん: 南の国のファクトリー
ハンドル名moss design さん
ブログタイトル南の国のファクトリー
ブログURLhttp://mossdesign.blog.fc2.com/
サイト紹介文南の国でアパレル工場を営むMoss Design
自由文タイでアパレル工場を営む社長の思う事。ちょっとアクの強い辛口ブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供146回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2012/02/07 11:56

moss design さんのブログ記事

  • ビタミンな色
  • たまには 明るい色   店を見渡すといつもの 紺や黒 生成 インディゴが幅をきかすそこで たまには画像のような 元気のでるような色 主役だけでは 一人芝居名脇役  出て来い ということで 5月中旬にお披露目 MOSSの人気のデザインで展開 [続きを読む]
  • ネコ くくり
  • 館山 リサイクルショップ  生活館で非売品を譲っていただいた  招き猫かなりの 年代もの  タイで MOSSの店の  ショーウィンドーに鎮座ネコくくり展期間中  お客様招き入れる   頑張れー  いい味 出している作家さん  ネコという くくりで  アクセサリー 服 ぬいぐるみ 鰹節 置物 等々 展示販売個性が出て 面白い  小泉元首相のような ヘンテコ ネコ人形  写真撮る 間もなく朝いちばんで [続きを読む]
  • 行進
  • 勤めてた期間あわせ 服を生業として 35年がとうに過ぎ  現在に至る好奇心旺盛なので 何から何まで首を突っ込み ほぼ全て自分では掌握したかと ??材料 企画製造 販売 経営 を 経験して   今 小さなこの店で 盆栽のようなコンパクトで そして その中にすべてを凝縮したような 営みを ようやく実現できたかな考えて 作って 使う方に 直接手渡す   シンプルで  すべてが実感できる 生業何でも 首突 [続きを読む]
  • ネコくくり
  • 昨日からはじまった  ネコくくり  沢山の来場  ネコ好きな方 多いんだな  あらためて感じる今週で 残った物寄せてコーナー程度になっちゃうな   ビックリ自分も 生き物何でも好きで ネコも大好き 人なつっこい ネコ可愛いですよね写真は  千葉の 馬牧場にいた フレンドリーなネコ  何か一生懸命うったえてる  よしよし生き物 愛でてると 人の社会のアホな行ないが 浮いて見えてくる利益だ 利益だ 権 [続きを読む]
  • ネコ くくり
  • 木曜から  ネコくくり スタート  言いだしっぺ  私  頑張らないとここしばらく  ネコ製作ひっし  必死というほどでなく ひらがなで ひっし くらいちびネコ ブローチネコ の ペーパーウェイト  太い指で チクチク   イテッリラックス ねずみ   マタタビ入りで  ネコちゃん リラックス画像  回し忘れた   手書きで 吉田戦車 風 ネコ Tシャツ んー 頑張ってます [続きを読む]
  • 舅  「しゅうと」
  • 息子の彼女に置手紙  ただの手紙ではつまらない  絵手紙をつづる奇々怪々な 文字を並べてみた 〇〇子  読み取れるか 解読できなければ 罰ゲームだ  にやにや ハイハイ 渡してておきます と息子 自画で さよならを告げる私  息子をよろしくお願いいたします。  面倒 な 舅 と どう向き合っていくか  〇〇子     頑張れ!あっ 〇〇子   ばれてる  [続きを読む]
  • 再生
  • 息子が お正月のお飾りに使ってた 猫柳 捨てようか思ってたら なんか枝が生々しい切り戻しをして  コップに水をいれ  そこに  その枝を入れる一週間後  白い根が出て 緑の芽も   んー凄い 生命力自分も こんな風に クローン作て 人生 再スタート  ん、、、、 面倒 別に もう一度 人生やり直したいかというと 全体としては  思い当たらない  細かい 良い事も 悪い事もふくめ  その時 その場は [続きを読む]
  • 終いの住まい
  • 終いの住まい  西日が少し差し込み  今日は そろそろ作業終わり夕食の支度 はじめる時間  作業しながら献立は考えてある  足りないものは車で5分ほどの おどやスーパー  野菜果物の 見切り品コーナー のぞくおっ  半額のこれ使える   いい魚入ってるな 安い旬で沢山捕れたんだな 刺身にネコ達にも これ  アラあげよう  そんな感じで 買い物済ませ  夕暮れ近く西の空 茜色   相の浜 立ち寄って [続きを読む]
  • 位牌の ランの鉢
  • 自宅の二階の居間の出窓   28年前に購入した ミニカトレア 小さな一鉢 毎年花を咲かすぐんぐん 成長して 株分け  タイにも持ってきたけど 残念ながら枯れてしまった日本の株はドンドン成長  そして二鉢に株分け 家内の両親が一昨年まで住んで 世話をしていた90を超え 義父が死に 翌年追いかけるように 義母も亡くなった   まー仲良し  家内いわくチョットだめ人間の 亭主を見届けないと 死ねなかった [続きを読む]
  • ネコ くくり
  • 来週から はじまる   ネコくくり   ネコのモチーフ等など 集めたり 作ってみたりどんな感じになるかな  新しい試み  展示会よりかなり軽く 気楽な感じ  お楽しみに [続きを読む]
  • 突然の遭遇
  • この間の朝食   残ってるシュウマイ3個  パン一枚   シュウマイ半分に整列させて パンに   んー 何をかけていいやら  ポン酢発見  よし これだ少々かける  軽くチン   食べる  ん? これは馴染み深い 味と感触肉まん だ 肉まん   予期せぬ 再会に  感動      幸せ   [続きを読む]
  • パチ パチ
  • 外に出ると どこかしこで パチ パチ   不思議な光景  四角い薄ぺったいスマホを持ち上げいつでも  何処でも   家の前のスポーツ施設で火災有ったとき   何十人の野次馬が 手を高く上げパチ パチと   慌てる現場に手をかすでもなく  傍観者  画像を手に入れることに  一生懸命何のため?   画像に収め  みんなに配信  仲間に配信  何のため?  ブログも近いでも  何処でもかしこでも する [続きを読む]
  • 監視
  • ヤベー  見つかってるよ   ん?    何から逃げてるんだっけ   それは 自分から  誰からも監視されてるわけでもないのに   いつの間にか  自分で 自分を監視 言葉を変えると 理性ともいう悪い事でないけど  過ぎると 自分自身が 息苦しくなってしまう時々 悪い顔して やってやったぜ みたいな事 したほうが心のバランスとれるかなそれでも 他人に迷惑かけるようなことは いけない、、、、 ??? [続きを読む]
  • あー館山
  • 終いの住まいの近くにある  布良浜港  ここは 特に夕陽の綺麗に見えるポイント海に向かって 右に富士山 伊豆半島  正面には 伊豆大島 遠くに御蔵島?空気の澄んでいる時は  雪をかぶった富士も  夕陽をバックに映し出される シルエット館山は 夕陽の街とも 呼ばれてる   いい環境だよな    いつも思う綺麗な 空気 水  陽の恩恵感じながら  季節を感じながら  この環境に身を委ねるなんとなく 望 [続きを読む]
  • 食事
  • 館山の 終いの住まいでの 夕食 私もそうだが息子も 外食より自炊を好む夕方着いたにもかかわらず 冷蔵庫の有り合わせと 残り物で レンコンとマイタケの天婦羅モツ煮込みの残りに 豆腐追加  ダシ汁追加  熱々をご飯にかけ  現場で食べるような男らしい 一品  美味いんだな これが   息子と 料理談義しながら レンコン ほうバルそう  味も 去ることながら 楽しく 語らいながら食べる  これが満足の一 [続きを読む]
  • 無作為な モノ
  • 誰が 作ったか  木彫りの 緑のキツネ  カップそばで そんなのあったな暇つぶしにでも 作ったのかな?  こんなの見てると その相手みえてくる無作為な こんなの好きだな  意気込み感じないのがいい 手慰み的な狙いすぎたり  独りよがりになったり  モノ作る時なりがち  自分もそうだったような販売や 売名目的の時に  特に   目を引くこと や オリジナル意識したり的外れになると  嫌悪感すら感じる [続きを読む]
  • 猫 に 独り言
  • 終いの住まいで 作業してる時 よく この猫ちゃんが現れるように   こんにちはまだ ご飯の時間ではありませんよ  魚をよくあげるので  楽しみにしている何代目  三代目かな  なんでこんなに入れ替わるのか  野良猫のおきて システムよくわからない  厳しい現実がそこにはあるのかな   猫の世界もたいへんだな  ネコちゃんそこのところは  あまり突っ込まない   最近はいろんなことを そうすることに [続きを読む]
  • 息子の店作り
  • こんな感じで  自宅の一階部分を 店舗用に改装  部分的な画像でわかりずらい全体を 収める画像とれないから   それで文面で説明しても わからないだろうなかなり 不思議な 内装しています  館山から ボロトラックで 建材 古材 運び 製作この一年  膨大な不用品 解体に伴う廃棄品 トラックで何度となく往復 しながら長考しながら  納得いくまで 手を止めて  息子と二人 作業  彼女は たまにちょっ [続きを読む]
  • ポット
  • 終いの住まいの近くの リサイクルショップ生活館で 見つけた ポット   新品お湯をこまめに沸かすのが 面倒なので ティファールという瞬間で湯の沸くポットを考えていたけどあの プラッスティックの見た目が許せなくて  二の足を踏んでた  そこで出会ったのが このポット  一リットル湯を入れておけば  ほぼ一日使える夕方ちょっと ぬるく なっていても  カップにいれ 少しチンすればOK  理想的40年ほ [続きを読む]
  • 終いの住まい
  • 河津桜が満開  梅と同じくらいの時期に咲く桜 今年はいつもにまして綺麗家からの眺めが最高  本当に林の中の終いの住まい 家 全体閉じ終わり  この一番寒い時期でも 小さなストーブで  なんとか 過ごせる 助かるわー昨年は  震えてたもんな  おおらかに作ってるので 隙間はいたるところにでも  こんな ストーブで  外温度と 室内温度  6〜7℃ 差が出るなので  ロケットストーブなんか 設置したら [続きを読む]
  • 息子の店作り
  • 息子の 店内装進行中   息子 彼女と何やら 問答  親は介入しない これ 世界的ルールジャージ姿の 彼女の腰にあててる腕が  いろいろ物語る  言い合える関係がいいの片方が 我慢するようじゃ なかなか 共白髪の夫婦にはなれない  まだ結婚宣言は受けてないけどお父さん なんて 呼ばれちゃってるし   店 完成あたりに 相手側に出向くようになるのかな なんて 勝手に 想像ふくらます  二人をよそ眼に [続きを読む]
  • 終いの住まい
  • 長い杉板使い 風よけの板塀作る 仮に作ってあった 古材の板がみすぼらしくなったので止めればいいのに  編み込み  なかなか大変でした  長い最初は絡めていけるけど短くなるにつけ ゆうずうきかず  いろいろ 騙しだまし 木槌などを使い組み上げ何度か 弾き飛ばされた  こおいう時は一人作業の不便感じる でも何とか かんとか してしまう一人作業 本当に手慣れ  かーちゃんから  一人作業上手いなと 褒め [続きを読む]
  • 古時計
  • 書斎の入り口  居間の中心に向け おそらく大正時代の時計を設置二十代のころ かーちゃんと 浅草仁丹塔の下にある 骨董店で手に入れた物90年は超えてる 時代物の時計  ゼンマイ振り子仕掛けで ボンボンと時を知らす日本の自宅で 8年ほど使い タイ赴任にあわせ タイに持って来ていた お気に入りまた日本に持ち帰る  25年タイで眠っていた 時計復活  でも 時間が狂いすぎるいろいろ調整するが  なんとも  [続きを読む]
  • おっくうな 一日
  • タイに戻って来ました  おそらく日本で一番寒いだろう時期を過ごしただろう 私タイに戻って来たのですが さほど暑さも感じない 汗もかかない  ある意味危ないかも長時間 飛行機乗ったせいもあり 体調が戻ってないからか?     風のせいで出発遅れ 機内で7時間以上監禁 タイの自宅に到着したのは 夜中の2時 日本では明け方4時本当に この飛行機が苦手 飛行場の 押し売り売店の雰囲気 列をなす 入国 出国 [続きを読む]