さざなみ33 さん プロフィール

  •  
さざなみ33さん: さざなみ 四季折々
ハンドル名さざなみ33 さん
ブログタイトルさざなみ 四季折々
ブログURLhttps://ameblo.jp/sazanami33/
サイト紹介文四季折々の写真と俳句
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2012/02/07 16:07

さざなみ33 さんのブログ記事

  • ケアンズ便り NO.89 さようなら! Forest Garden & ケアンズ!
  • ケアンズ市内から南へ10分あまりの郊外にバブル期の日本の不動産業ライオンズマンションの大京が開発を手掛けたForest Garden は山の裾野に広がる自然をふんだんに取り込んたモダンな新興住宅街です。 第1期分譲は’90年代の終わりごろ。その頃退職ビザで日本から移住した定年退職者はかなりの数とか〜。バブルの崩壊とともに大京は撤退しましたが今も裾野から中腹へ這い上がるように開発は進んでいます。 当時定年を迎えて [続きを読む]
  • ケアンズ便り NO.87 マンゴーの実の膨らみてわれ老いぬ
  • 2ヵ月前やっと花が咲きかけた頃このブログに登場した裏庭のマンゴーがうすみどりのぷくっとした実になり日ごとにまろやかに成長し永らえて老いの坂道を下る身に元気を与えてくれます(^_-)-☆(~_~;)マンゴーの青き実太る葉がくれに3ヵ月前に帰って来た時は寂しかった我が庭は春のシーズンを迎えて随分カラフルニなって賑やかです。あの頃いっぱいに咲いて紫を振りまいていた野牡丹はすっかり姿が失せました(^^♪(^^)・・・・入れ [続きを読む]
  • ケアンズ便り NO.84 最寄りのショッピングプラーザの賑わい
  • 先日いつものショッピングプラーザが珍しく多い人出で賑わっていました。店の前の通路に出し物がありペインティングや工作を楽しんでいる子供たち(^J^)(^^♪(^O^) 通路のソファー(?)でくつろぐ大人たち。売らんかなと割引セールを宣伝し客を呼び込む商店・・・日本と違うのは屋内なのに催し物の出来るスペースの大きくて広いことでしょうか(^v^)(*^_^*) 何かと思ったらプラーザ誕生5周年(^O^)/ショッピングセンター [続きを読む]
  • ケアンズ便り NO.84  24時間営業のかぼちゃ販売車
  • 24時間販売のカボチャ? 早朝から道路に面した家の庭先にの車の荷台にごろごろと積まれて$1/1kgで売られています。 住宅地の中の通りで人通りも車の往来もないようなこんなところで売れるのかなと不思議です(^_-)-☆・・・いつか友人宅から夜送ってもらって帰る途中わざわざ車を止めて彼女かぼちゃを買うんですねぇ! その友人は随分離れた隣町の住人でこの辺りは知らない筈なのに販売車が夜の闇でよく見えるんだ?!とびっく [続きを読む]
  • ケアンズ便り NO.83 五線譜に描く早春の鳥の賦
  • 五線譜のソは青い空小鳥くる(^^♪五線譜に鳥の恋描く朝かな空青し五線譜揺らす鳥の恋小鳥来て五線譜に描く鳥の恋 ケアンズは季節的には9月は春?・・・でも四季のはっきりしない亜熱帯ですから季節感は狂います。一日の内に四季がある感じですので季語も春から秋へ飛んだりどうかすると夏だったり〜〜動きます(^^)!スミマセン(~_~;)さすがに冬を感じることはないように思いますが(^_-)-☆ [続きを読む]
  • ケアンズ便り NO.82 奈落より突き上ぐる如蟇の声
  • 朝の散歩コースの途中猫屋敷にさしかかると地の果てから響くような蝦蟇の鳴き声が不気味〜〜(>_塀の上から下を見下ろす黒猫や車の下にしゃがみ込むペルシャ猫の雑種のような毛むくじゃらや虎猫やら・・・5〜6匹の猫がうろうろとしている。近づくと大方はさっと身を翻すのが習性のようだ。(さざなみ四季折々7月31日猫屋敷で紹介)今朝は眼付きの悪そうな顔黒君にじっとにらまれた! 野良猫の黄色い視線蝦蟇が鳴く [続きを読む]
  • ケアンズ便り NO.81 ハイウエイ跨ぐ陸橋鳥の恋
  • ぎゃぁ!ぎゃぁ!と鳴きわめきながら集団行動をとる鸚鵡に高速道に架かる陸橋で出会いました(^_-)-☆珍しく2〜3羽の群れで仲間からはずれて別行動のようです。声も姿も美しいとは言い難いけど白い羽根を広げて飛翔するときは光線に透ける羽根がとても大きくて素敵です(^^♪動く被写体は苦手ですが挑戦しました。ハイウエイ跨ぐ陸橋鳥の恋 [続きを読む]
  • ケアンズ便り NO.78 肉食植物や翡翠の花
  • ケアンズから北へ30分のドライブでFreshwaterのLinmberlost Nursery(果物・野菜・観賞用植物などを栽培し販売する場所)へ出かけそこのレストランでランチタイムをゆっくりと楽しみました(^v^)爽やかな風の吹き抜けるテラス席にはゴールデンレトリーバーの姉弟がが隣席の飼い主の傍でとて行儀よくじっと休んでいました。大型犬だけど実にジェントルで怖くない(^_-)-☆すごーく可愛かったです!ジェードフラワーとか捕虫植物 [続きを読む]
  • ケアンズ便り NO. 78 退職者住宅
  • 散歩コースのゴルフ場の隣にOAK TREEというリタイアメントヴィラがあります。去年も書いた記憶がありますのでまたか・・と思われる方にはごめんなさい!公的な施設ではなく全くのプライベイト。55才以上が入所資格のようです。日本にもシニアマンションの他にこう言う施設がありますよね?! 湯河原の里とか〜〜今NHKの連ドラで人気の倉本聡の「やすらぎの里」は超高級版ですが・・・ここは庶民ヴァージョン(^_-)-☆囀りの降り注 [続きを読む]
  • ケアンズ便り NO.75 ケアンズ ゴルフコース
  • 昨日の記事にゴルフ場へは右の坂を下って25分と書きましたが今朝実際に計ってみると20分足らず〜〜〜ゲートまではもっと遠いけどゴルフ場のこちら側のエンドはそんなものでした(^_-)-☆ ウイークデイの朝 playerの姿は見えません。ゴルフ場の横の小道へロストボールを探しに出ているおじさんをちょっと手伝いました(^^♪ 小道の左側がゴルフ場です露に濡れロストボールは草の影朝まだきグリーンを濡らす散水栓 小道の右側はTrini [続きを読む]
  • ケアンズ便り NO.74  遠い遠いはるかな道
  • 遠い遠い遥かな道の行きつく先はゴルフコース〜〜〜反対方向の遠い遠い遥かな道の行きつく先はケアンズ富士〜〜〜実は右へ下る坂の先はわたしの朝の散歩コース25分も歩けばゴルフコースに行きつきますが(写真上)左へ曲がってケアンズ富士(写真下)へはわたしの足では歩けません(>_今朝はそのケアンズ富士は朝日を浴びて銀色の霞に裾野を覆われていました。 ケアンズ富士百態…いつ見ても全く同じ佇まいはないような気がします [続きを読む]
  • ケアンズ便り NO.72  軒傾ぐクイーンズランダーねぶの花
  • クインズランダーとはオーストラリアのこの地方に特有の建築様式で高床式の木造建築の家を意味します。 写真の家は毎朝の散歩コースの木立の手前の道路に面しています。ずーっと昔はこの家の周りは草原で馬が放牧されていたのにどんどん開発が進み老人住宅やアパートが建っていったのにこのクイーズランダーは頑なに元の場所から動きません。ケストナーの「小さいおうち」の悲哀を思い出します。軒傾ぐクインズランダーねぶの花 [続きを読む]
  • ケアンズ便り NO. 71 JUST CUT
  • 先日こちらの美容院へカットに行きました(^v^) 予約制ですが店頭で予約して買い物をして来ることも出来るしそのまま待っていてもOK (^^)  ジャストカットとはまさにその言葉通りジャストカット! 鏡の前の椅子に座ってウオータースプレーをして櫛とハサミでチャカチャカっと15分・・・ハイ!終わり! $28支払いました。(^J^)髪切ればうなじを撫づる春の風 [続きを読む]
  • ケアンズ便り NO. 69 マンゴーの花から実へ…1か月
  • 7月15日裏庭に咲くマンゴーの花をブログに紹介してから50日余が過ぎました。Time really flies like an arrow ! 気が付けば帰国まで3週間となりました!(^^)! マンゴーは花から実へ大きく成長。 この間わたしはいったい何をしたというのでしょうか・・・(~_~;) マンゴーが成長したのと反対にわたしはその分老化したの?(~_~;)マンゴーの食べごろいつも空家かなマンゴーの熟す12月〜3月はここにいないので実は鳥の餌になるのみ [続きを読む]
  • ケアンズ便り NO. 67  少年の夏終わりたる夜の海
  • 高校3年生の最後の夏休みをケアンズの爺・婆の家で締めくくった少年が帰国しわたしの夏も終わりに近づきました(~_~;)少年の夏終わりたる夜の海この夜ケアンズフェスティバルの開幕で海岸ではパレードと花火がありましたが予定を変更して急遽高台にある友人の邸宅から遠花火と夜景を楽しむことにしました。静かでしんみりとしたお祭り(?)となりました。 1歳から18歳まで十数回通い詰めたケアンズのバケーションも多分今年が最 [続きを読む]
  • ケアンズ便り NO. 65 老人たちのコーラスグループ
  • 友人が主宰するコーラスグループの定例練習日をたまたま見学する機会に恵まれました(^^♪プライベートな趣味の集まりでこの日は仲間の一人がたまたま72歳の誕生日を迎えたのを祝って練習の後楽しそうなティーパーティーが始まりケーキをご馳走になりました。最高齢は81歳の男性でとても気さくで優しそうな人でした(^J^)(上の写真の右から2番目)グループの主宰者でさまざまなイヴェントに参加したり施設の慰問など元気いっぱい〜 [続きを読む]