gorillatanaka さん プロフィール

  •  
gorillatanakaさん: 中学受験で子どもと普通に幸せになる方法
ハンドル名gorillatanaka さん
ブログタイトル中学受験で子どもと普通に幸せになる方法
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/gorillatanaka
サイト紹介文中学受験で疲弊しないために、親子で楽しむ受験になるヒントを綴っていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/02/08 11:03

gorillatanaka さんのブログ記事

  • できない経験が多すぎると、勉強嫌いになる
  • 近年は、中学受験準備を始める時期がずいぶん早くなりました。3年生の2月が平均的でしょうが、1年生から塾に行き始める子も少なくない。もっとも1年生でやったことがどの位役に立つか、と言われると、勉強の習慣付けぐらいのことなのですが・・・。しかし、早くからやって、できない経験が多すぎると、間違いなく勉強嫌いになります。勉強は解けるからおもしろい。褒めてもらえるから楽しいものなので、テストの点数が悪くて、組み分 [続きを読む]
  • 塾のカリキュラムは肥大化する
  • 学校の先生の中には、塾では習わないことを出そうとする先生も少なくありません。で、当然、入試後はそれに対する対策を塾としては考えることになる。他の学校で出題される場合があるからです。したがって塾のカリキュラムはどんどん肥大化する。しかし、それが全部必要なのか、といえばそうではない。学校によってはまったく必要ない、という場合も多いのです。だからやることを上手に絞る必要がある。フリーダム進学教室のプログ [続きを読む]
  • 志望校を決める時期
  • 受験する学校は東京、神奈川の受験生で平均5〜6校。その全部が今から決まるわけではありません。まず決めなければいけないのは、第一志望もしくはその代替となる学校。つまりここを狙うために中学受験をするのだ、という目標校です。この目標校に対する学校別対策をまず優先して考えるので、カリキュラムがほぼ終了する6年生の春から夏ぐらいまでの間に、目標校は絞り込まれていなければなりません。一方で、その対策をしつつ、 [続きを読む]
  • 好きな科目を伸ばす
  • 教科の成績にばらつきがある子が多い時期です。で、できない科目、というのは本人が好きではない科目であることが多い。例えば国語の勉強は読むのが面倒だ、答えを書くのも面倒だ、というのでやらない。一方、国語の好きな子は「文章を読むのが楽しい」といって国語をやりたがる傾向にある。だから親としては「もっとできない科目を勉強して欲しい」と思うでしょう。しかし、まずは好きな科目を伸ばす、というので良いのです。いず [続きを読む]
  • 遊びたい子
  • ある6年生に放課後、1週間に友だちと遊ぶ時間があるか?と聞いてみると「ない」と言う返事が返ってきました。「それでつらくないの?」というと「別に。」他に遊ぶことがあるので、友だちと遊び時間がない。まあ友だちと学校で遊んでいるからそれで十分、という話でした。しかし、まあ、遊んでいることには変わりはないか。で、やはりずっと毎日仕事をしていると、そりゃあつらくなるのと同じで、毎日ずっと勉強していると、つらく [続きを読む]
  • 何ができないか
  • 早いところでは、そろそろ受験カリキュラムが一通り終わるころでしょう。そんなに早く終わらなくても本当は良いのだが、せっかく早く終わったのであれば是非やっておきたいことがある。それは、これまでのテストデータを吟味して、「何ができないか」「不得意なことは何か」を明確にすることです。その上で志望校の学校別傾向に照らし合わせてみる。不得意でも、出ないことはあまり気にしなくて良いのです。問題は「良く出て」「不 [続きを読む]
  • 山の登り方はいろいろある
  • パパママ塾は塾関係者にはあまり評判が良くない。「せっかく教えたのに、違う解き方を覚えている」「突然方程式を使われても、そんなに簡単に解ける問題はない」等々。自分のやり方、教え方にこだわると多分、そういう話になってくるのだと思うのですが、私は山の登り方はいくつもあると思います。中学受験の場合、入試問題が小学校の勉強と大きくかけ離れる。だから、まったく違う内容を勉強しないといけないわけですが、そのデー [続きを読む]
  • 寮のある学校の狙い
  • 全国には寮のある中高一貫校があります。その代表的な学校のひとつに鹿児島のラ・サールがあります。先日そのラ・サールの理系志望者が増えて、文系のクラスが1クラスのなるかもしれない、という話を聞きました。ああ、そうかと思いました。先日以下のような話をさせていただいたのですが、その状況に気が付いたご家族はすでに手を打っている。地域格差そして各地域の寮のある学校には、きっと医学部を目標とする生徒が集まってき [続きを読む]
  • 算数の誤った学習法
  • 例えばあるパターン問題を習うとします。例えば通過算。パターンを考えると1 人の前を通過する場合。2 トンネルなど長さのあるものを通過する場合。3 別の列車を追い抜く場合。4 別の列車とすれ違う場合。と4つ考えられる。だから、まあ、多くの問題集はこの基本パターンを練習することになるわけですが、たまに同じパターンで数字が変わっている問題が5題も6題も並んでいる場合がある。これは危険です。子どもは、最初 [続きを読む]
  • 私立進学後、落ちこぼれる
  • 間もなく入学式。入試が終わって楽しい日々が続いたでしょうし、入学後もいろいろと楽しいことがあるでしょうが・・・。しかし、楽しいことばかりは残念ながら続かない。やがて小テストが始まり、あるいはレポートもあり、そして中間試験となっていく。でも、何となく勉強する時間がなく、クラスメイトもそんなに勉強している様子もない。まあ、大丈夫じゃないの?と思っているうちに、返ってくるテストの点数が見たことないような点 [続きを読む]
  • 集中する力
  • 子どもたちが勉強する姿を見ていて、ある時間、驚くほど集中しているところがあります。この時は本当に問題を真剣に考え、頭がフルに活動しているのが傍で見ていてもよくわかる。ただ、それは決して長くはありません。これが本当に1時間も2時間も続けば、そりゃあ、すごくできるようになるだろうと思うものの、そこまでの体力が残念ながらない。集中して問題を解くときは、それなりにエネルギーを使うのです。だから、子どもが集中 [続きを読む]
  • 考えようとしない子
  • たくさんの問題をやらされた結果、何とか終わらせないといけないと思うと、とにかくひとつひとつの問題に何らかの結論を出さないといけない。そのひとつが「わからない」です。やらなかったのではない。やったけれどわからなかった、という結論。これは、まあ本当にそういう場合もあるかもしれないが、大方は、あまり考えないうちにそういう結論を出していることが多いのです。普通に考えたのでは、答えが出るかもしれないが、この [続きを読む]
  • どうやったっけ?
  • 一通り、算数の解法は習った、という段階に入ったかもしれません。別に今終わらなくても良いわけですが、カリキュラム上一応終わったという塾があるでしょう。で、じゃあ、復習をしてみる、あるいはテストの問題を解いてみる、ということになると、「え、どうやったっけ?」となるケースが多いものです。これが普通でしょう。かなりのスピードで、かなり多くのことを学んだはずです。それが今すでに完璧なんてことはあり得ない。こ [続きを読む]
  • 地域格差
  • 首都圏や近畿圏ではない地方では、中学受験はあまり多くはありません。それでも公立一貫校が出来たので多少なりとも意識は変わりつつありますが、しかし、だからといって東京に出てきて私立を狙おうと考える家庭はそう多くない。一般に公立小学校から公立中学に進む。そして県立高校を受験する。そういう地域ではナンバーワンスクールは県立高校であることが多い。伝統的にそうでしょう。で、そこから地域の国立大学に進む。ここま [続きを読む]
  • どうせ狙うなら
  • 最上位校を目指そう、という受験の仕方があるでしょう。一方で、6年生の秋に出た成績で、合格しそうなところを受けよう、という考え方もある。それがどちらがいいか、は、ご家庭の考え方だと思います。何がなんでもトップ校、という考え方が子どもを幸せにするか、といえばそうでもないでしょう。ただし・・・。成績はどちらが上がるか、といえばそれは明白に前者です。何がなんでも、という考え方はある意味覚悟が必要になる。多少の [続きを読む]
  • 要らないところはたくさんある
  • 電気の結構面倒な計算問題を教えていました。もちろん、そんなに簡単にわかるような問題ではない。何回か繰り返して説明をしているわけですが、それでもまだピンときてない。でも、これは当たり前だと思うのです。難しいし、面倒だ。で、これがみんなできなければいけないか、といえば多分、そんなことはない。こういう問題が出る学校はやはり限られる。そんなのは過去問を見れば一目瞭然。10年分の過去問を見ていて出ていなければ [続きを読む]
  • 花粉症
  • 花粉症のピーク、でしょうか。子どもたちの中にも相当つらい思いをしている子がいるでしょう。勉強しようと思っても、なかなか集中できない。かゆい、涙が出る。くしゃみが出る。もう、いろいろ。そういう時に無理をしても仕方がない。調子の良いとき、悪いときがあるいでしょうが、悪いときは無理にやろうとしてもうまくいかない。うまくいかないという記憶が続くのは、あまりプラスにはならないところはあるので、ダメそうだなあ [続きを読む]
  • 楽しいのがまず先
  • 本当のところで言えば、塾に行くより友だちと遊んでいたい。塾の宿題をやるよりは、ゲームをしていた方が楽しい。これは当たり前のことです。でも、勉強をしないといけない。だとすると、勉強を楽しくする工夫が必要なのです。ゲームだって本来、何かを乗り越えていくわけだから、問題を解くのも似たところはあるかもしれない。(しれない、だけですが。)だからごほうびをつけてもいいし、お父さん、お母さんと楽しく会話をしなが [続きを読む]
  • 体力のない子
  • 例えば模擬試験であっても、午前中3時間ぐらいずっと問題に向き合っていないといけないわけです。その間に当然眠くなってはいけないし、くたびれてもいけない。だから受験に体力は必要なのです。これは日ごろ勉強する上でも必要かもしれない。子どもは新陳代謝が活発な時期ですから、どうしても眠くなるわけですが、それでも体力があるとまたすぐ復活したりする。逆に体力がないと、勉強が続かないケースもあるでしょう。だから本 [続きを読む]
  • すぐ始める
  • 塾のない日、学校から帰ってくると何となくすごしてしまうことが多いものです。おやつを食べたり、ゲームをちょっと。あるいは少し友達と遊んだり。なんてことをしているうちに、あっという間に時間が経ってしまう。結果として、本格的に勉強を始めるのが1時間、2時間後ということになってしまいやすい。ですから、すぐ勉強を始めるようにするのです。もう帰ってきたら、すぐに机の前に向かう。そして、ノートを開ける。問題を解 [続きを読む]
  • たのしい練習、しんどい練習
  • どんな競技でもそうでしょうが、楽しい練習ばかりではない。基礎体力をつけたり、体幹を強くしたり、スタミナをつけるために、しんどい練習を繰り返すことも多い。これは受験勉強でも同じです。計算練習は面倒だろうし、わけのわからない長い文章を読むのはつまらないだろうし、できない問題を考えるのは大変でしょう。しかし、そういう中でもまた、おもしろさが出てくることもあるし、しんどい練習だからこそ、力がつく部分も多い [続きを読む]
  • ズルは役に立たない
  • やらなければいけないことが多かったり、成績が悪くて気持ちが弱くなってくると、いろいろなズルが出てくるものです。自分で考えずに答えを写す。考えずに、答えをあてはめる。テストでカンニングをする。まあ、全部本人のためにならない。しかし、実際にこれらのズルをやり続ける子が多いものです。大手塾で組み分けの試験の時など、まあ、本当に首が良く動いている子がいます。監督する側からすると明らかにカンニングをしている [続きを読む]
  • 我が家なりでよし
  • 何年かに一度、受験がテレビドラマになることがあります。中学受験のときもあれば、小学校受験のこともありますが、いずれにしても家庭が受験に翻弄される姿が描かれる。しかし、それでかえって家族の絆が深まって、実際に大きな成果を得られるハッピーエンドのドラマもあれば、家族がバラバラにになっていくという筋書きもあるようで・・・。で、話題になると、お父さん、お母さんがもっと受験に関わらないと、という話が出てくるわ [続きを読む]
  • 答案が大事
  • 組み分けテストや月例テストが帰ってくると、やはりクラスとか偏差値とか、順位が気になるでしょう。でも、カリキュラムテストなのだからそんな数字はどうでもいい。本当は、いったい何がわかっていて、何がわかっていなかったのかを確認することです。実際に点数がとれなかった問題でも、単純にミスで間違えた場合もあれば、全然わかっていない、という場合もあるでしょう。後者であるならば、やはりしっかり勉強し直さないといけ [続きを読む]
  • スタートの成績はいろいろ
  • 偏差値〜からの中学受験、という話はいろいろあるでしょう。実際にそれまであまり勉強せずに、中学受験のテストに参加したら、ひどい点数をとるかもしれません。でもそれは当たり前の話。能力があったとしても、勉強せずに良い点数がとれるほど甘くはないわけで、スタートの成績はいろいろ、でしょう。しかし最終的に目標校の合格ラインまでに達すればいいわけです。それがうまくいけば、最初は偏差値30だったのにねえ、という話に [続きを読む]