gorillatanaka さん プロフィール

  •  
gorillatanakaさん: 中学受験で子どもと普通に幸せになる方法
ハンドル名gorillatanaka さん
ブログタイトル中学受験で子どもと普通に幸せになる方法
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/gorillatanaka
サイト紹介文中学受験で疲弊しないために、親子で楽しむ受験になるヒントを綴っていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/02/08 11:03

gorillatanaka さんのブログ記事

  • ストレス
  • 毎月の組み分けテストで教室ばかりでなく、席まで決められてくると、それ相応のストレスが子どもたちには生じます。しかし、それをどう対処していいか、わからない。結果としてできない子をいじめたり、学校で騒いだり、学校の先生に反抗したりしてみる。塾ではできないから、学校の先生に当たる、みたいなことが出てくるものです。だから、学校の先生は受験をする子があまり好きではない。特に6年生の後半になると学校に来なくな [続きを読む]
  • 今の学習法の間違い
  • 例えばあるパターンの算数の問題があったとして、このパターンを5回、6回と繰り返し練習することは本来はあまり意味がない。できるようになっていないといけない部分はあるのだが、だからといってこれを5回、6回と練習すると思考がパターン化されてしまい、実は伸びなくなる部分があるのです。解いている本人が飽きてしまうからです。同じパターンは2回繰り返せば終わりで良い。例えできなくとも、むしろ違う型の問題で、思考力を [続きを読む]
  • 中学受験は親の手間がかかります
  • 中学受験は高校受験に比べて明らかに親の手間がかかります。高校受験の場合、反抗期もあるが、親といっしょにがんばる、というような子はあまりいない。ひとつには高校受験が中学と密接に関係しているところもあります。公立高校の進学には内申が関係するし、高校教育は義務教育ではないので、どこかに入れないといけない、と中学校の先生も思うから、いろいろと子どもと話をする。もちろん塾も本人に働きかけるでしょう。その分、 [続きを読む]
  • 時間効率
  • 子どもたちの勉強の様子を見ていると、同じ子でも時間効率が違います。ある日はとても集中していて、良く覚え、良く理解して、どんどん問題を解いてしまう。かと思うと、ある日はまず眠い。今日はクラブだったから・・・から始まって、話半分。本人は何とかしようと思うのだが、すでに目が半分重くなってきて。だからとても集中している日ばかりではないのです。でも、少しずつでもやはり時間効率を上げた方が良い。そのためにはやは [続きを読む]
  • やる気がない子
  • 勉強しなさい、と言わないと勉強しない子。でも多くの場合「自信をつける勉強」をさせてこれなかった、ということに原因があります。今の塾は早くから組み分けテストが導入されているため、子どもたちが自分で自信をもって勉強できる体制が整う前に、偏差値や順位の洗礼を受けてしまいます。その結果として、いったんつまずいてしまうと、子どもたちはなかなかそこから脱することができない。なぜならば、自分で自信をもって勉強で [続きを読む]
  • しつこく考える
  • これは難しい、これはわからん、という問題にこれから何問も出会うでしょう。で、この一問一問をあきらめずに考えていくと、できるようになるし、頭も良くなる。いろいろな勘が冴えてきて、例えば補助線の引き方が「こうだろ」みたいな感じになってくる。問題はそこまであきらめないで考えること。もちろん何度も打ちのめされるかもしれないが、それでもしつこく考えているうちに、「ああ、なるほど」ということが増えてくる。当然 [続きを読む]
  • 算数に力を入れる
  • この時期、どんどんカリキュラムが進んでいるわけですが、まずはじっくり算数に取り組むべきだ、とお話しています。算数は合格者平均と不合格者平均のかい離が一番大きな科目なので、算数ができると明らかに入試では有利になる、というのがその一番の理由ですが、実は算数の力はやはりそう簡単にはつかない。最近の入試は工夫を凝らして、グラフを描かせたり表を書かせたり、あるいは作業をしながら、自分の考え方を整理して結論を [続きを読む]
  • 力がつく瞬間
  • 考える力はどうやってつくのでしょうか。私は一生懸命考えるから、力がつくと思っています。ただ、たくさんの問題を考えればいいというのではありません。子どもが夢中になって、何とか解きたいなあと思いながらやっているとき、(逆に言えば、やらされていないとき)に考える力は伸びていると思うのです。だから、総じてやらせるだけでは力がつかないという部分があるのではないでしょうか。ノートにいろいろな図を描いたり、計算 [続きを読む]
  • 算数のノートは大胆に使う
  • 算数のノートの使い方は、それぞれの塾でいろいろな指導法があると思います。で、一番大事なことは、ノートは大胆に使う、ということです。特に女の子は、割と細かい字でツメツメに書く子が多いのですが、これは自由な発想からはほど遠くなる。問題を解いていくにあたって、最初からこの位のスペースで解いていける、という保証はないわけで、当然のことながら、図も大きく書いた方が後からいろいろなことを書き込める。(そういえ [続きを読む]
  • 先に楽しいことが待っているぞ!
  • 新6年生は塾で「いよいよ、君たちの番だ」とか「これから正念場だ」とか、言われていると思うのです。まあ、そうなのだろうが、まだピンと来ていない。確かに上の学年の入試が終わったので、やらなきゃいけないのはわかっているつもりですが、しかし、まだ1年も先のことだし。それよりも目の前にある終わらない課題。「早くなくならないかなあ」と思っているでしょう、きっと。だから、受験に対するモチベーションを上げるために [続きを読む]
  • 面倒見の良い塾?
  • 6年生になってどんどん通塾日数が増える塾があります。まあ、家で勉強しないのなら、塾に呼んで勉強させよう、という感じ。週5日、6日と通えば、親の方も「家で勉強させなくてもいいかもしれない」と思うかもしれないし、「面倒見の良い塾だ」と思われるかもしれません。しかし・・・。となると子どもが自分でやろうという姿勢は身につけるチャンスがなくなる、ということでもあるのです。常に指示をされる。あれをやりなさい。これを [続きを読む]
  • 私立中学から高校受験に回る子
  • 中高一貫校に入った後、高校受験を考える子は少ないと思います。一貫校側はとんでもない、と思っています。6年間預かって大学を受験させようと思っているし、当然、家族もそういう思いで入学しているのだろうと考えます。しかしながら・・・。意にそぐわず、その学校に入っている子どもたちもいるわけです。そして日に日に「この学校で残りの時間を過ごすのはいやだ」と思うようになる。そうなると一刻も早く飛び出したい、と考え [続きを読む]
  • 体調優先
  • 新しい学年に入り、塾の日数も多くなった子どもたちが多いでしょう。で、夜が遅くなって睡眠時間が不足したりする。授業中見ていると、結構眠そうな子がいます。元々体力がない小学生ですから、ちょっとした無理がたたってしまう時がある。それを無理して続けると、体調を崩してしまうことがある。これは要注意です。結構疲れやすくなったり、朝なかなか起きてこなかったり。体調を崩すときも度々。風邪を引きやすくなったり。で、 [続きを読む]
  • リビングで勉強するメリット
  • 子ども部屋があるにもかかわらず、受験勉強をリビングやダイニングでやっている子どもたちは案外多いでしょう。わざわざ勉強机だけリビングに置いてしまう、というケースもあるようですが、なぜこの方法が良いのでしょうか。ひとつには、やはり見られていることが小学生の場合はプラスになる、ということでしょう。別に監視しないと勉強しない、ということではありません。子どもたちはお父さん、お母さんとコミュニケーションをし [続きを読む]
  • 2017年東京、神奈川受験者数
  • 毎年、森上教育研究所から2月1日の受験者数から受験人員総数が公表されます。今年は速報値で37017人。昨年が36585人。平成27年がボトムで少しずつ回復してきています。発表されているデータでピークは2007年の43716人。これに比べると16%減ということになります。で、現状東京、神奈川の定員は40950人。つまり定員の方が多いのです。この逆転は2010年からずっと続いています。定員が割れる学校は近年増え続けています。で、そうい [続きを読む]
  • 何とかしたいなら
  • 家庭教師をしている先生から、こんな話を聞きました。6年生の最後に「かけこみ」で頼まれる受験生の状況がすごぶる悪いのだそうです。悪い、というのは成績も悪いが、本人がもう勉強する気がない。これらの家庭が最初から受験準備をしなかったわけはありません。むしろ相当早くから進学塾に通い勉強を始めたのだと思うのです。しかし、早くから始めたからこそ、本人の準備が十分ではなく、ついていけなくなった。まあ、塾もそれな [続きを読む]
  • 何も心配していない
  • 確かに、なかなか合格できなくて苦しかっただろうとは思うが、でも僕は君のことは何も心配していない。君はここに来て随分変わった。まず、自分で問題を考えるようになった。それまでは「どうせできないだろう」という気持ちの方が先に立っていた。でも、解きたい、解けるかもしれない、という気持ちに変わってきて、最後の方は集中して問題に取り組んでいた。それからお母さんに言われなくても勉強するようになった。これは試験前 [続きを読む]
  • 2年でも長いが
  • 新5年生の授業が始まりました。これから2年間で志望校合格に向けて勉強するわけですが、それでもやはり長いなと思います。大学受験だと多くの受験生はせいぜい1年半ぐらいが準備期間ではないでしょうか。高校2年の秋ぐらいからそろそろやろうか、みたいな感じ。2年の受験準備というと、高校2年に入るともう受験勉強ということになるわけで、高校生にそんなことを言うときっと、「まだ早いよ」というでしょう。小学生だから確かにそ [続きを読む]
  • 普段の生活に戻る子
  • 受験が終わって今日から学校に戻る、という子も少なくないでしょう。先日お話しした通り、試験が終わったらとにかく間を置かずに学校に戻すことが大事です。結果をいろいろ言われるかもしれませんが、そんなことを気にしても仕方がない。それに子どもたちはあっという間にもとの生活に戻ります。しかも、今度はもう塾がない。卒業式まであと1ヶ月。いろいろと計画があるでしょうし、楽しいことも待っているでしょう。その時間が子 [続きを読む]
  • 結果にかかわらず学校に戻る
  • 東京、神奈川の入試も今日で5日目を迎えました。そして、今日は日曜日。ということは明日は月曜日です。すでに日程を終えて、結果が出たら、あとはその結果にかかわらず学校に戻ることが大事です。つい、休み癖がついてしまう。入試期間中、ずっと学校を休んでいるわけで、ついそのまま休んでしまいそうになりがちです。特に結果が出ていないと、そうなりやすいが、それは絶対にいけない。まだ子どもたちの先はあるわけだし、子ど [続きを読む]
  • 予定通りの受験を完了する
  • ここへ来て、いくつか受験スケジュールを変更したご家庭があるかと思います。いろいろ考えた末の決断ですから、それはそれでがんばって挑戦してほしいと思いますが、しかし、それもあるところまでで切り上げた方が良いでしょう。まだ、ここもある、ここもある、と子どもの手を引っ張って歩くような受験はあまりプラスにならない。入れたとしても、その後、いろいろ問題が出てくる可能性もある。あまり学校のことをがわかっていない [続きを読む]
  • しんどさを乗り越える方法
  • 3日目に入ると、すでにいくつかの合格発表を経験している子がいるでしょう。その結果、思うに任せない、という場合がある。これは本人もしんどいし、見ている親もしんどい。しかし、そこを乗り越えて次の試験に挑んでいかないといけない。で、割り切ることが大事です。すでに終わった試験は最早過去のことであって、今、結果を変えられることではない。同じ学校を受ける場合、特にその気持ちは明確にしておく必要があります。また [続きを読む]
  • 僅差の勝負は厳しいが
  • 入試は僅差の勝負である、ということは何回もお話ししていると思います。だから、その勝負に挑んでいる時点でかなりの力がついている、ということでもあるわけです。入試結果を学校で見せてもらうと、1点違うごとにたくさんの番号が並んでいる。この1点でこれだけの違いが出る、ということなのですが、だから、まあ、そこまで力がついていることに自信を持った方が良い、とすら思えてきます。どこかの学校に縁があれば良いわけだか [続きを読む]
  • 親も平常心で
  • 2月1日。東京、神奈川の入試第1日目です。今朝は多くのターミナル駅でお父さん、お母さんといっしょに受験会場に向かう小学生を目にすることと思いますが、まあ、12歳なりにがんばってきたので、大いに力を発揮してもらいたい。しかし、子どもたちを連れて行くお父さん、お母さんは、いつも通りに振る舞ってください。お母さんが緊張しても、子どもにはプラスにはなりません。会場に連れて行ってしまえば、あとは本人ががんばるだ [続きを読む]
  • 見たことない問題
  • いよいよ東京、神奈川の入試は明日からスタートです。これまでたくさんの問題を解いてきたので、結構、似たような問題をみることもあるかもしれません。あるいは、まったく見たこともないような問題を解く場合もあるでしょう。学校の先生は1年あるいはそれ以上の時間をかけて問題を作ってきているわけだから、当然今まで見たことも聞いたこともないような問題を解くことになるかもしれない。しかし、それは間違いなく答えが出る問 [続きを読む]