gorillatanaka さん プロフィール

  •  
gorillatanakaさん: 中学受験で子どもと普通に幸せになる方法
ハンドル名gorillatanaka さん
ブログタイトル中学受験で子どもと普通に幸せになる方法
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/gorillatanaka
サイト紹介文中学受験で疲弊しないために、親子で楽しむ受験になるヒントを綴っていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/02/08 11:03

gorillatanaka さんのブログ記事

  • 寡黙な子
  • 最近の子どもは幼いことが多いので、よくしゃべる。なぜよくしゃべるのか、といえば、あまり人の目は感じていない。人から変に思われる、などとは考えない。だから、パッと思ったことをしゃべる。それがいろいろ波紋を起こすことはまったく気にしていないでしょう。そういう子はやがていろいろなことを経験して、だんだんしゃべらなくなる。だから中学生になると親にいろいろ話すこともなくなるわけですが、しかし、すでに、あまり [続きを読む]
  • 過去問でテストをしない
  • 過去問は研究をしなければなりません。どんな問題が出ているのか、どのくらい難しいのか。どんなことができればいいのか。そういうことを知って、対策を立てていくべきなのです。だから例えば力試しのために過去問をやらずにとっておく、みたいなことを考えない方が良いでしょう。力試しは模擬試験でやればよいのです。多少なりとも入試と同じ試験を受けないと、力試しにはなりません。だから家でやるときは、徹底的に研究する。こ [続きを読む]
  • 受験生になる
  • 夏休みが始まりました。子どもたちを見ていて、よく思うことなのですが、夏休みに半分くらいの6年生が受験生になります。そしてほぼ10月末から11月にかけて、ようやく全員が受験生になる、という感じでしょうか。受験生である子と、そうでない子の違いは何か?自分で勉強をする子と、やらされる子の違いでしょう。6年生の1学期まではやはり「やらされている子」の方が多い。自分で考えて勉強していない。「宿題だから」「テストが [続きを読む]
  • 目先を変える
  • これから夏休みに入り、いろいろ勉強することが出てくるわけですが・・・。子どもたちが勉強している様子を見ていると、一生懸命考えて解いていたかと思うと、完全に思考停止状態になっていることが多々見受けられます。ひとつには勉強するのに飽きた、ということだろうし、ひとつには疲れた、ということかもしれない。いずれにしても思考停止に陥ってしまうと先が続かない。そういうときは、目先を変えて違う勉強をしてみると良い。 [続きを読む]
  • 学習記録のすすめ
  • これから夏休みが始まりますが、学習記録をつけることをすすめます。今日はいったい何をやったのか?何となく追われてしまうと、勉強の目的が薄れてしまう。例えば過去問をやった場合、どんな問題が印象的だったのか記録する。ミスの対策を考えてもいいし、こういう問題を解くのにどんな勉強をこれからすればいいかを考えてもいい。国語の物語文を読んだのであれば、その著者と作品名を記録してもいい。算数で、どうしてもよくわか [続きを読む]
  • 絶対に合格する
  • よく勉強をしている子がいます。まあ、お父さん、お母さんから見ても、本当に良くやっている。朝も早くから自分で起きて勉強しているし、ちゃんと式を書いて練習しているし、知識を覚えるために、いろいろ工夫をしている。どうしてそんなに勉強しているのか、といえば当然のことながら本人は「絶対に合格する」と思っているからです。「絶対に合格する」と思うことはなかなか大変なことです。幼い子は、つい何とかなるかもしれない [続きを読む]
  • 予備日を作る
  • 来週から夏期講習が始まります。日程も結構詰まっているし、やることもたくさんある。したがって、どうしても予定が狂うことがあるものです。順調に予定を終えていければ良いのですが、うまくいかないとき取り返す日がどうしても必要になる。だから予備日をつくると良いのです。夏休みの学習の計画を立てた上で順調にことが進んでいたら、この予備日は勉強しない。その日1日、どこかに遊びに行ってもいいし、本人が好きなことに使 [続きを読む]
  • やる気を出す子
  • 夏休みに向けて過去問の課題を出したりすると、突然、変わる子がいます。しっかり勉強を始める。お父さん、お母さんと相談して突如、計画を作り、そして実行していく。やはり過去問ということになると、これまでの勉強とはちょっと違う、と思うのでしょうか。いよいよ、ここまで来たか、という気持ちが強くなるのかもしれません。実際に、そういう力は本当はすでに備わっていて、ちゃんとやろうと思えばやれるところはあるわけです [続きを読む]
  • 大逆転の要素
  • これまで結構な大逆転を見てきました。例えば40前後の子が65ぐらいの学校に合格する。いくら何でもそれは無理だろうと思っていたのが、年末からできるようになってきて、「ひょっとすると・・・」と思っていたのが本当になったり・・・。しかしそういう子はそれまでの間に本当に勉強していないことが多いのです。あるいはやっていてもやらされてるか、あるいはやっているフリをしているだけ。勉強していないから、できるわけがないし、だ [続きを読む]
  • 過去問をやっていくと
  • 似たようなことを聞かれることが良くあります。例えば昨年から今年の問題について言えば「合区」という言葉が頻繁に出題されました。これは1票の格差是正で、いままで1都道府県1選挙区であったものを、複数の都道府県にまたがった選挙区に変更したものですが、いろいろな学校で出題されました。だから、「ああ、またか」と感想を持つ子どもたちも多いでしょう。しかし、それが良いのです。つまり「良く出る知識を繰り返し練習する [続きを読む]
  • 夏は朝型へ
  • いよいよ夏休みです。夏休みになると講習も午前中や昼間になってくるので、夜遅くまで塾に行かなくてもいい、ことになります。ということは、朝型の勉強がしやすい。もともと夏は朝がんばった方が効率がいいのは事実です。昼間はもう暑くって。もちろんクーラーがあるわけですが、でもずーっとクーラーにあたっているのも、身体によくないかもしれない。6年生の場合、多くの塾では午後が講習になることが多いようです。やはり拘束 [続きを読む]
  • どのくらい勉強すれば合格するか?
  • 子どもたちにとって中学受験は自分でする初めての受験勉強ですから、どのくらいやると合格するか、というイメージが個々に違います。「塾に行っていれば、勉強するんだから、それで合格する」と思っている子もいるかもしれないし、「1日8時間は勉強しないと合格しない」と思っている子もいるかもしれない。前者の子はだから塾に行かない日は遊んで良いと勝手に思っているし、後者の子はだんだん圧迫感が出てきて「受験勉強がいや [続きを読む]
  • 教えてもらってもできるようにならない
  • 先生がいて、わからない問題が聞ける、ということになると、子どもたちは多くの場合、自分で考えなくなります。自分で考えなくなる、ということは逆に教えてもらっても、実はわかってはいない。そういうときの子どもたちの関心は終わること、だけであって、次に自分ができるようにしたい、などとは考えていない。とにかく、その場の課題が終われば良い、ということになります。じゃあ、自分で考えるように教えないと、どうなるか? [続きを読む]
  • 体力には個人差がある
  • 小学生は元気にしているようで、突然、エネルギーが切れる。もともと体力があるわけではないので、持続することができないことがしばしば。そういう姿を見ていると、「もっと気合いを入れてやれば」と思いがちなのですが、しかし、本人はそれなりに何とかしたいのです。しかし、どうにもならない部分はあるわけですから、無理をさせてもなかなかできるようにはならない。十分に体力がついた中学生や高校生と比較にはなりません。別 [続きを読む]
  • マイペースな子
  • そろそろ本気出して欲しいんだけど、と思うような子がいます。多分、本人はそれなりにがんばっていると思っているフシがあるのですが、しかし、だからといってそうがんばっているようには見えない。まだ遊んでいることが多いし、勉強を始めたかと思うと、もうウツラウツラしている。まったく、これで間に合うのかしら?と不安になることもあるかもしれません。しかし、それが子どものすること、なのです。もちろん同じ年齢であって [続きを読む]
  • 間引くことも必要
  • 普段、できなかった算数の問題を復習するために、ドジノートを作ることを薦めています。できなかった問題を切り取ってもいいし、スキャナーで読み込んでもいい。ノートに貼って、それをもう一度解きなおす。解説を読んでわかったとしても、それが次に出たときに解けるかどうか、は心もとないので、やはりしっかり解きなおして確認する必要があるわけです。しかしながら・・・夏期講習を含め、夏に解いている問題は大量になります。 [続きを読む]
  • 成績分布は広がる傾向に
  • 上位校の入試はこれまでも、これからもずっと厳しいと考えて良いでしょう。だから問題も難しいままだし、それに対する対策も日増しに広がるわけですが、しかし、それに付いていける子どもたちがいます。一方でそこを目指して早くから塾通いを始めたけれど、勉強する習慣が十分につかないままで成績が悪化。ついていけなくなった子どもたちも増えています。つまり上下の差がどんどん広がりつつある。で、結果として集団全体はできな [続きを読む]
  • 子どもの話を聞く
  • 子どもが勉強する姿を見ていて、「もっとできるだろう」と思うことはあります。ゲームやってるし、テレビ見てるし、みたいなことは子どもの生活には当然あるわけで、それを全部勉強に向けられたら・・・と思うかもしれません。でも、良く考えてみると、そんなことは可能でしょうか?確かにもっとできる時間はあるかもしれないし、もっとやっている子もいるかもしれません。しかし、もしかすると本人は「精一杯やっている」と思ってい [続きを読む]
  • 漢字で覚えるメリット
  • 近年、「漢字で書きなさい」と指定する学校が増えました。採点後の講評で「漢字で書いていないものはすべて×にしました。」とする学校もあり、当然のことながら漢字のチェックも細かく行われているようです。したがって、正確に漢字で覚える必要があります。しかし、歴史の人物名などは当然、当用漢字以外のものがあります。親鸞、井伊直弼、など、まあ数え上げたら切りがない。ただ大事な名前を漢字で書けるようになると、当然の [続きを読む]
  • 志望校での具体的な夢
  • 第一志望がどこかを聞いてみると、元気よく答える子どもたちに、「そこでどんなことがしたいの?」と聞いてみると、案外明確な答えが返ってこないことが多いものです。そう、何となくこの学校が良いのではないかと思っている、あるいは思わされている、ところがあるかもしれません。しかし、それだと勉強する動機としてはもう一つ弱いところがある。志望校には「どうしても入りたい」と思ってもらいたいと思うのです。そんなに思い [続きを読む]
  • 高望み傾向
  • 中学受験は高校受験、大学受験にくらべて高望みの傾向があります。つまり、自分の実力よりも高いところを受験する子どもが多い。以前は偏差値60以上の学校に半分以上が受験するということもありました。今は、そこまで高望みではないにしても、やはり高望み傾向ではあるでしょう。なぜか。行くところがあるから、というのが正直なところでしょうか。まだ義務教育段階なので、だめなら公立がある。浪人があるわけでもないし、行く学 [続きを読む]
  • やる気にならない子
  • この時期、すでに一生懸命勉強している子がいる一方、相変わらずやる気にならない子がいます。自分で勉強するようになれば、わかることが面白くなり、勉強することがいやではなくなってくるのだが、しかし、そうなるためには多少なりとも我慢して勉強を続けないといけないところがある。だが、わからないことが積み重なっていると、そうスイスイ進むわけではないから、また途中でいやになる。やりたくないなあ、ということになるの [続きを読む]
  • 勉強する子にはかなわない
  • 多少、能力が高かったり、頭が良かったりしたとしても、やはり勉強しなければできるようにはならない。自分で考える、自分で覚える、という作業をコツコツと積み重ねるからできるようになるわけで、それなくしてできるようになるはずがない。しかし、幼い子にはそれがわかりません。何かもっといい方法があったりするのではないか。そのうち僕もそういうので何かできるようになるのではないか。なりません。やはり勉強する子にはか [続きを読む]
  • ごまかし
  • 5年生の頃はまだ入試まで遠いし、受験勉強は面倒なもの以外の何ものでもない。したがって、何かにつけて、いろいろなごまかしが出てくる。「宿題やった?」「やった!」「この問題はやらなくてもいいの?」「先生がやらなくてもいいといった。」「その問題はもう塾でやったからやらなくていい」などなど。しかし、おかしいなと思って先生に聞いてみると、全然話が違う。そんないい加減なことで、どうするの!!と怒りがふつふつと [続きを読む]
  • 夏休みに過大な期待をしてはいけない
  • 確かに受験前、本当に長い勉強時間を確保できるのが夏休みです。学校がないから、朝から受験勉強ができる。ということは、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、と思われるかもしれません。しかし、そんなに自由な時間がない。まず塾がある。これが最近は非常に長い。拘束時間が長くて、その後復習だ、宿題だ、というのがあるから、それをこなすのに精一杯になっている。さらにお盆過ぎから過去問の課題が出るから、さらに大変にな [続きを読む]