よしちゃん@しゃもじ さん プロフィール

  •  
よしちゃん@しゃもじさん: よしちゃん@しゃもじの荒川線ローズトラムブログ
ハンドル名よしちゃん@しゃもじ さん
ブログタイトルよしちゃん@しゃもじの荒川線ローズトラムブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/arakawaline_8800_sayukoha/
サイト紹介文こちらは都電荒川線を中心とした路面電車の話題に触れていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供401回 / 365日(平均7.7回/週) - 参加 2012/02/08 13:52

よしちゃん@しゃもじ さんのブログ記事

  • 西武30000系38111Fによる臨時の高麗行き
  • 昨日(9月23日)は、飯能から高麗まで、西武鉄道30000系(スマイルトレイン)の38111Fによる、高麗行きの臨時列車に乗りました。こちらは、高麗駅付近にある巾着田(埼玉県日高市)で、曼珠沙華(彼岸花)の見頃を迎える時期に合わせて、30000系などの4ドア車の8連により、飯能〜高麗間で運転される臨時列車であり、普段見られない高麗行きの表示も見られています。この時には、特急レッドアローの増発、石神井公園及び高麗駅の臨時停車も [続きを読む]
  • デビュー2周年を迎えた都電8900形
  • 東京さくらトラム(都電荒川線)の8900形の8901号車と8902号車(オレンジ色)がデビューしてから、9月18日で2周年を迎えていました。都電の8900形は、一昨年9月から昨年8月に掛けて、8901号車から8908号車までの8両が、7000形の一部の置き換え用として導入された車両であり、前面スタイルが8800形と比較して角張っています。ヘッドライトは、8500形以来の角形となっているけど、前照灯と尾灯の位置が逆に配置されているし。このデザイ [続きを読む]
  • 国際興業バスの赤23系統で赤羽から西新井へ
  • 9月12日は、赤羽駅東口から、西新井駅まで、国際興業バスのいすゞ(ISUZU)新型エルガの3120(練馬200か33-37)号車(赤羽営業所所属)による赤23系統に乗りました。赤羽駅東口と西新井駅を結ぶ国際興業バスの路線は、赤23系統(新荒川大橋経由、一部埼玉県川口市を走行)と、赤27系統(環七経由)の 2路線(どちらも赤羽営業所所属)があるけど、赤23系統のほうが、埼玉県川口市領家(りょうけ)や足立区鹿浜エリアの裏道を迂回することで面白み [続きを読む]
  • 9月18日の都電 8807号車によるラッピング電車
  • こちらは、9月18日に、東京さくらトラム(都電荒川線)の荒川車庫前電停で撮影した、バイオレットカラー(紫色)の8800形8807号車で、8810号車(元祖幸せの黄色い都電)から受け継がれた大起エンゼルヘルプ(荒川区町屋に本社のある介護関連の会社)のラッピング(水色系)が施されていました。都電8800形は、2009(平成21)年から翌年の2010(平成22)年の間に、7500形の置き換え用として10両導入された車両であり、8801〜8805号車がローズピン [続きを読む]
  • E657系のK2編成によるひたち28号 茨城のスポーツ
  • 続いては、9月18日に品川駅の9番線で撮影した、E657系のカツK2編成によるひたち28号→ときわ95号で、気になるイバラキキャンペーンの茨城のスポーツのラッピングが施されていました。茨城のスポーツのラッピングは、1号車(品川、上野寄りの先頭車)がつくば霞ヶ浦りんりんロード(180Kmのサイクリングロード)、5号車(グリーン車)が常陸太田市の竜神大吊橋のバンジージャンプ(高さ100m)、10号車(勝田、いわき寄りの先頭車)が茨城の海 [続きを読む]
  • E657系のK8編成によるときわ89号
  • こちらは、昨日(9月18日)、品川駅の9番線(常磐線特急専用ホーム)で撮影した、E657系のK8編成(気になるイバラキのラッピング編成)による特急ときわ89号(勝田行き)です。ときわ89号は、品川駅を21時45分、東京駅を21時53分、上野駅を22時ちょうどに発車し、途中、土浦、石岡、友部、水戸に停車してから勝田へと向かう列車であり、10月14日の改正では、2代目ときわ87号として、高萩まで延長されることになります。これにより、上野か [続きを読む]
  • E657系のK14編成によるひたち24号 湯本駅
  • こちらは、8月29日に、JR常磐線の湯本駅(福島県いわき市)で撮影した、E657系のカツK14編成による特急ひたち24号で、編成全体を撮影することが出来ました。常磐線の湯本駅は、いわき湯本温泉や、スパリゾートハワイアンズの最寄駅である2面3線の駅で、「フラガールと湯けむりに出逢える町 いわき湯本」という副駅名があります。駅舎は西側(1番線)側にあり、駅構内に足湯があるけど、今回は使われていなかったです。ひたち24号は、い [続きを読む]
  • 東京総合車両センターのイベント E217系による試乗電車
  • 8月26日は、東京総合車両センターのイベント(夏休みフェア2017)で、横須賀・総武快速線のE217系のクラY106編成(クハE217-2006F、4両付属編成)による試乗電車に乗りました。東京総合車両センターのイベントでの試乗電車は、毎年試運転線が使われた上で運転されているものであり、昨年は、E233系の4両編成、今年はE217系の4両編成が使われていたので、比較的短い編成が使われていることが分かります。E217系の付属編成は、一昨年3月1 [続きを読む]
  • 信越線(高崎〜横川間)の115系2 高崎駅
  • 続いては、9月7日に、高崎駅て撮影した、115系のT1041+T1022編成による折り返しの横川行きです。こちらは、156Mの折り返しの153Mであり、高崎駅を19時39分に発車することになります。115系が使われる列車は以下の通りです。吾妻線(高崎、新前橋〜長野原草津口、万座・鹿沢口、大前間、3両編成)521,527,537,539,547,520,526,528,536,544M(うち、521,527,526,528,536Mは大前発着)信越線(高崎〜横川間)145,149,153,163,126,152,156,16 [続きを読む]
  • 信越線(高崎〜横川間)の115系 グンマラッピング
  • 9月7日は、横川から高崎まで、信越線の115系のタカT1041+T1022編成(3+3編成)による高崎行きに乗りました。今回は、T1041編成(クモハ115-1031F) 側に乗ったけど、こちらには、「お前はまだグンマを知らない」のラッピングが施されています。そのラッピングが施されているのは、中間車に当たるモハ114-1041号車のみであり、先頭車には、ヘッドマークが取り付けられているし。高崎車両センター(旧、新前橋電車区)の115系は、JR宇都宮 [続きを読む]
  • 八高線のキハ110系 ノーマルカラーの206F
  • 9月3日は、高麗川から高崎まで、八高線(八高北線、高麗川〜高崎間)のキハ110系のキハ111-206Fに乗りました。この時に乗った列車は、高麗川駅の2番線を14時33分に発車する高崎行きの241Dであり、ワンマン運転が行われている為にワンマンの表示となっています。高麗川〜高崎間(八高北線)の運転本数は、高麗川〜高崎間が16往復、高麗川〜小川町間が4往復、小川町〜高崎間が1往復、児玉〜高崎間が3往復であり、八王子〜高麗川間よりも [続きを読む]
  • 八高線のキハ110系 リバイバルカラー
  • 9月3日は、八高線の高麗川駅で、留置線で休んでいたキハ110系(八高北線、高麗川〜高崎間専用)のキハ111-204F(キハ38形風のリバイバルカラー)を撮影することが出来ました。こちらは、2014(平成26)年10月の八高線全線開通80周年記念により施されたリバイバルカラーであり、1996(平成8)年3月16日の八王子〜高麗川間(八高南線)の電化まで活躍していたキハ38形がイメージされています。八高線のキハ110系(高崎車両センター高崎支所所属) [続きを読む]
  • 211系のC4編成による横川行き
  • 9月7日は、高崎から横川まで、信越線(高崎〜横川間)の211系タカC4編成による横川行きに乗りました。このタカC4編成は、6両固定編成扱いの3+3編成のC編成のうちの1本であり、以前高崎線または宇都宮線でグリーン車付きの10両基本編成(元をただせばA4編成とA5編成)として活躍していました。211系で、グリーン車付きの旧C編成は、C1〜C17編成があったけど、C9,10,11,12編成は、長野総合車両センター(山梨、長野ローカル用)に転用され [続きを読む]
  • E657系のK11編成によるときわ87号 高萩行き
  • 続いては、9月7日に上野駅の17番線で撮影した、E657系のカツK11編成による特急ときわ87号です。こちらは、上野駅の17番線を、21時30分に発車し、途中柏、佐貫、牛久、土浦、石岡、友部、赤塚、水戸、勝田、東海、大甕(おおみか)、常陸多賀、日立に停車してから高萩へと向かう高萩行きの下り最終特急であり、勝田 19時47分発上野行きのときわ90号(途中、水戸、友部、石岡、土浦、柏に停車)の折返しでもあります。10月14日の改正で、 [続きを読む]
  • E657系によるときわ85号 土浦行き
  • 9月7日は、JR常磐線の上野駅の16番線で、E657系のカツK4編成による特急ときわ85号の土浦行きを撮影しました。こちらは、上野駅の16番線を21時15分に発車し、途中、柏、佐貫、牛久、ひたち野うしく、荒川沖の各駅に停車してから土浦へと向かう列車であり、10月14日の改正で、上野 22時15分発のときわ91号(勝田行き)と共に廃止されることになります。その代わりに、後続の上野 21時30分発のときわ87号(上野発高萩行き)が、品川発勝田 [続きを読む]
  • 八高線の209系3000番台 八王子駅
  • 9月3日は、八王子から高麗川まで、八高線(八高南線)の209系3000番台のハエ61編成(クハ209-3001F)による川越行きに乗りました。こちらは、八王子駅を13時48分に発車する川越西線(川越〜高麗川間) 直通列車であり、高麗川で、14時33分発の八高北線高崎行きに接続していたので、高麗川までそれに乗って行ったのであります。この日は高崎から桐生まで107系の名残乗車をしていたけど、高崎線経由ではなく、八王子から八高線の高麗川乗継 [続きを読む]
  • 復刻青ガエルラッピングの東急5122F 2 小竹向原駅
  • 続いては、9月4日に小竹向原駅で撮影した、東急電鉄新5000系の5122Fによるラッピング電車です。小竹向原駅では、メトロ有楽町線(新木場)から来た西武線直通の清瀬行きとの待ち合わせにより停車していたので、ここでも撮影することが出来ました。この5122Fは、8両編成なので、撮影しやすい面もあります。青ガエル風のラッピングは、初代5000系に近づけるように施されているので、運用番号表示も90となっています。千川〜小竹向原間 [続きを読む]
  • 東武東上線の51094FによるKEYTOBUトレイン
  • 9月4日は、東武東上線の池袋駅で、51094FによるKEYTOBUトレイン(KEYTALKとのコラボヘッドマーク付き)を撮影しました。この日は、池袋 19時30分発のTJライナー7号に使われていたけど、上りの快速急行ではなく、回送での送り込みとなっていたので、和光市から池袋まで9101Fによる快速で移動した時に下板橋の留置線で確認したのであります。平日のTJライナー7号は、池袋駅の5番線を19時30分に発車し、途中、ふじみ野、川越、川越市、 [続きを読む]
  • 復刻青ガエルラッピングの東急5122F in和光市
  • 一昨日(9月4日)は、雑司が谷から和光市まで、東急電鉄新5000系の5122Fによる復刻青ガエルラッピング電車に乗りました。このラッピングは、1927(昭和2)年8月28日に、渋谷〜丸子多摩川(現、多摩川)間が前身の東京横浜電鉄によって開業し、東横線になってから今年で90周年を迎えたことにより施されたものであり、1954(昭和29)年にデビューし、1980(昭和55)年まで東横線で活躍していた青ガエルこと初代5000系がイメージされています。 [続きを読む]
  • カウントダウンを迎えた両毛線の107系2 桐生駅
  • 続いては、一昨日(9月3日)に、JR両毛線の桐生駅の4番線で撮影した、107系100番台のR7+R8編成による折り返しの高崎行きです。桐生駅は、JR両毛線とわたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線(旧国鉄→JR足尾線)が乗り入れている2面4線の高架駅であり、1番線がわたらせ渓谷線(大間々、足尾、間藤方面)、2番線が両毛線下り(足利、栃木、小山方面)、3,4番線が両毛線上り(伊勢崎、前橋、高崎方面)から成っています。両毛線の場合は列車によって発 [続きを読む]
  • カウントダウンを迎えた両毛線の107系
  • 昨日(9月3日)は、高崎から桐生まで、JR両毛線のサンドイッチ列車こと107系100番台のR7+R8編成による桐生行きに乗りました。107系は、115系と共に、211系への置き換えが進められており、最後まで残されたR7+R8編成が9月末に定期運用から撤退し、10月1日と7日の団臨をもって最後の時を迎えることになります。8月2日から、両先頭車にありがとうヘッドマーク(ステッカー)が貼り付けられているので、2013(平成25)年3月15日までJR日光線 [続きを読む]
  • E657系K8編成によるひたち23号 品川駅
  • 続いては、8月26日にJR上野東京ラインの品川駅(9番線)で撮影した、E657系のK8編成による特急ひたち23号(いわき行き)です。ひたち23号は、品川駅を17時45分に発車し、途中、東京、上野、土浦、水戸、勝田、大甕(おおみか)、常陸多賀、日立、磯原、泉、湯本駅に停車してからいわきへと向かう列車であり、いわき発品川行きのひたち18号の折り返しでもあります。ひたち23号は、ひたち25,27号と同様に、10月14日の改正で土浦駅に止まら [続きを読む]
  • E657系K8編成によるひたち20号
  • こちらは、8月29日にJR常磐線のいわき駅で撮影した、E657系のK8編成による特急ひたち20号(品川行き)で、気になるイバラキのキャンペーン(9月30日まで行われる予定)のラッピングが施されていました。ひたち20号(いわき 15時18分発)は、10月13日までの間、651系による竜田行きに接続するひたち11号の折り返しであり、4番線に到着した後に引込線に入り、1番線から発車することになります。途中停車駅は、湯本、泉、磯原、日立、勝田、 [続きを読む]
  • いわき駅での651系の普通列車
  • 続いては、JR常磐線のいわき駅で撮影した、651系のカツK201編成による普通列車で、2番線に到着していました。この時には、E501系のカツK701編成(10両編成)による水戸行きが入線していたので、並びを撮影することも出来ました。このことで、2013(平成25)年3月15日までの間にスーパーひたち号で活躍していた頃を思い出します。いわき駅では、勝田駅と同様に分割・併合が行われていたし。いわき駅は、橋上駅舎の3面6線の駅であり、1,2 [続きを読む]
  • 651系による竜田行きの普通列車2 竜田駅
  • 続いては、一昨日の8月29日に、常磐線の竜田駅で撮影した、651系(初代スーパーひたちの車両)のカツK201編成による普通列車(折り返しのいわき行き)です。竜田駅は、双葉郡楢葉町にある2面3線の駅であり、2011(平成23)年3月11日に発生した東日本大震災の影響により休止となっていました。2014(平成26)年6月1日には、楢葉町の避難指示解除準備区域に指定されたことにより広野〜竜田間が復旧し、竜田駅が暫定的に3番線部分のみが使われ [続きを読む]