komorebi さん プロフィール

  •  
komorebiさん: 木漏れ日のさすガーデン
ハンドル名komorebi さん
ブログタイトル木漏れ日のさすガーデン
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/1189meks09182705bnc
サイト紹介文北播磨地方集落の片隅で庭作り花作り、トールペイント、ガーデン木工など夫婦で楽しむ日々の生活日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 107日(平均0.6回/週) - 参加 2012/02/08 18:14

komorebi さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ガーデナーの愚痴を聞いてほしい
  •   憲法改正に向けて安倍首相自らが積極的に指示を出しています。憲法改正に向けて何故そんなに急ぐのでしょうか?中国の軍事力増強が著しく伸び、北朝鮮は国際世論の批判を受けても核やミサイルの実験を止めません。世界平和が著しく脅かされる状況が加速している事実は隠せません。しかし日本は世界大戦後一人の戦死者もなく、そして他国の兵士を死に至らしめることもなく、70年以上の平和が続いてきました。これは現憲法のおか [続きを読む]
  • オダマキ、オオデマリが満開
  • 大型連休に入り各地から オープンガーデンのお便りが 聞かれるようになりました。 妻も午後から人気の庭見学に 出かけていきました。 今年は昨年に比べて 参加ガーデナーが五人ほど 減っているんだそうです。 感想を聞くとすっごくお手入れが 行き届いて素晴らしいとのこと。 バラは全体としてまだツボミの 段階だったとのことでした。 わが家の庭ではオダマキが開花、 そして今日はナニワイバラが 一輪だけ咲いていました。 私 [続きを読む]
  • 四月下旬のガーデン
  • 野山の若葉が芽吹き始めました。新緑の美しい季節になるともう五月の大型連休がやって来ます。そんな季節だというのにわが家ではラッパ水仙がまだ奇麗に咲き誇っています。背景の新緑の芽吹きとラッパ水仙の花が4月の季節を強く印象付けています。早春から咲き誇っているクリスマスローズもまだまだ奇麗に咲き誇っています。この季節は雑草もまだ少なく、そんな環境下ではクリスマスローズが良く似合いますね。よく見るとシン [続きを読む]
  • 木漏れ日の小径に咲く花(過去のブログから移植)
  • 木立が一斉に芽吹き庭向こうの山からはウグイスの囀さえずりが聞こえてきます。そんな今日、畑に出ると種芋を植えて3週間になる馬鈴薯が地上に芽を出していました。こんな時が家庭菜園の楽しさを知るとき、そしてやる気の出るときです。今日はトウモロコシとサヤインゲンの畝うねを作り、そして九条太ネギの種を蒔まきました。5月になるとトマトやキュウリなど夏野菜も植えたいと思っています。身体の負担 [続きを読む]
  • 三寒四温の季節になりました
  • めっきり春らしくなったので外出時は春の装いにといきたいところだが朝の春風はまだ肌に冷たいこの頃である。実は所用で明石市に出かけた。海を挟んで対岸は淡路島である私の住んでいる内陸部とは気温差があるだろうと思ったのだが街を歩いてみるとほとんどの人がダウンコートを着て歩いていた。この季節三寒四温と言って暖かくなったり寒くなったり気温の落ち着かない季節である。そんな季節だが庭では少しずつ春の装いになってき [続きを読む]
  • 春が駆け足で来た
  • 今年はいつもの年よりも寒い日が多かったように思います。そのせいでしょうか、春の花壇も桜の花も遅れているようです。でも彼岸の入りからは晴天が続きずいぶん暖かくなりました。わが家の庭ではクリスマスローズが最盛期です。鉢植えの株も大きくなって花がひしめきあって咲き乱れています。春の光を受けてうつむき加減に咲く花は控えめですがそれでいて美しくとても心に響くものがあります。クリスマスローズの魅力の根源のよう [続きを読む]
  • 三月中旬の庭
  • 彼岸の入り直前に弟のお墓参りに行った。3月10日、東北大震災の前日だった。弟は胆管癌の手術から6か月後に逝った。その時の喪失感を今もずっと引きづっている。余命2年、抗がん剤治療など何もしなかったら余命6か月だと宣告されていたのだった。それから6年後、俳優の渡瀬恒彦さんが亡くなった。私の弟と同じ癌だったことに思いがだぶる。兄の渡哲也さんも「この喪失感はなんとも言葉になりません」とコメントされている。 [続きを読む]
  • シンビジュームが咲いています
  • 今年の冬は暖冬と予想されていましたが年が明け大寒の頃から厳しい寒さになり、わが地方ではー8℃程度まで冷え込んでいます。寒さが厳しいので耐寒性の弱いハイビスカスやシンビジューム、デンドロビュームなどは夜は室内に取り込み、お天気の良い日中はデッキに出しています。冬のデッキは鉢物に占領されています。 シンビジュームがやっと咲きました。夏は木陰で放任状態にしています。雨に打たれるので鉢の周りは雨の跳ね返 [続きを読む]
  • 庭小屋に電気を引く
  • 大工さんでもない私が庭小屋を建てようと思ったのは2007年の7月ごろだった。小屋の骨格構造を作るのは案外簡単だった。だが屋根をアスファルトシングルで葺くのは予備知識も無かったのでネットで検索して葺き方を調べながらの施工だったし、窓やドアの建具は試行錯誤の連続で作り方も我流そのものの作り方だった。それでもなんとなく庭小屋らしくなり、完成した年の1年後には小屋の前にオープンデッキも作ったのだった。しか [続きを読む]
  • 過去の記事 …