小林まこと さん プロフィール

  •  
小林まことさん: 小林まことの活動日誌
ハンドル名小林まこと さん
ブログタイトル小林まことの活動日誌
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/4491kobashin
サイト紹介文議員活動とともに、スポーツ少年団や体育協会のことなど、気軽にお読みいただけるよう書き込んでいきます。
自由文日本共産党の群馬県館林市議の小林信(こばやし まこと)です。今日からブログを開設しました。

末永いお付き合いをよろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/02/08 22:19

小林まこと さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 11月23日(水)のつぶやき
  • ブログを更新しました。→「2015年度決算 評価できる事業もあるが、市民の要望、経済の活性化、市政発展に逆行」 #tatebayashi goo.gl/A8iTwT― 小林信(こばやしまこと) (@kobamako220) 2016年11月23日 - 22:51ブログを更新しました。→「自転車、歩行者等の安全対策と公園の樹木の整備について‐館林市9月議会で一般質問」 #tatebayashi goo.gl/Hi6ycW― 小林信(こばやしまこと) (@kobamako220) 2016年11月23日 - 23:15ブロ [続きを読む]
  • 小林まことのエッセイ オリンピック・パラリンピック
  • 過去最多のメダル獲得 世界最大のスポーツイベント、オリンピックが終わり日本は過去最高のメダルを獲得しました。選手やコーチ、家族や周りで支える人たちの、すさまじい努力に感嘆しています。 選手たちは血のにじむような努力をし、栄冠を勝ち取った喜びに満ちあふれていました。競技力の向上、施設の充実によってなしえたことでもあります。プロ?アマスポーツ しかし、私は手放しで喜ぶことができません。本来オリンピック [続きを読む]
  • 8月22日(月)のつぶやき
  • 着陸帯着手1ヵ月 国の強行 際立つ 手続き軽視 進む工事 - 琉球新報 ryukyushimpo.jp/news/entry-341…《沖縄防衛局がN1ゲート前の県道70号に県の許可を得ず金網を設置するなど法的根拠が乏しい中、工事を進めているケースがあることも明らかになった。》― 安倍政権NO! ☆ 実行委員会 (@abenocommittee) 2016年8月22日 - 06:16機動隊、沖縄タイムス記者も拘束 弁護士「報道する権利の侵害」 #SmartNews okinawatimes.co.jp [続きを読む]
  • 小林まことのエッセイ 高齢者運転
  •  最近、ブレーキとアクセルの踏み違いで悲惨な事故が多発しております。 運転していた人の多くが65歳以上の高齢者と言われております。ブレーキにしても、アクセルにしても一気に踏み込むことによる事故です。これはオートマチック車の欠点と言えば欠点かもしれません。 どちらにしてもあわてずにゆっくりと踏み込めば大事に至らずに済むと思います。高齢者運転講習 70歳を過ぎてからの免許証更新には、高齢者運転講習があ [続きを読む]
  • 地方議会は住民の声を受け止め、国を動かす力の発揮を
  •  群馬県保育問題連絡会(平石美奈会長)から館林市議会に提出された「保育士等の処遇改善と職員基準の引き上げの緊急対応と財源確保を求める」請願は6月17日、市民福祉常任委員会で審議されましたが、継続審査の意見が多数を占め、今後も引き続き審議を行うことになりました。館林市の保育士は正規よりも臨時が多い 請願の審議にあたって、当局から参考意見を伺った際に、館林市の公立保育園の保育士さんは、正規職員よりも臨 [続きを読む]
  • 小林まことのエッセイ ウォーキングマップ作成中
  • 現地を歩いて新たな発見を ウォーキングマップを作成するなかで新たな発見もありました。過日、協会役員数名と「童話と自然のウォーキングコース」(仮称)として、分福茶釜の茂林寺を歩くコース、県の天然記念物に指定されている「茂林寺沼の低地湿原」をスタートに、木道を歩いてみました。 地元の人たちが葦を刈り取っているようですが、広大な地域なのでなかなか追いつかず、葦が生い茂って歩きづらかったり、木道が一部腐食 [続きを読む]
  • 市職員の給与引き下げに
  •  館林市は3月定例議会に、給与条例の一部を改正して、市職員の給与の月額を引き下げる議案を提出しました。 理由は「国家公務員及び群馬県職員の給与改定」に準じて行うというものです。平均月額で、約4800円、50歳以上の職員は、約6000円を引き下げるものです。 2年間の経過措置があるものの、来春には消費税が10%に引き上げられます。子育て世代の職員にとっては所得減に加えて増税のダブルパンチです。 これ [続きを読む]
  • 小林まことのエッセイ‐戦後強くなったのは女性と靴下
  • 技術の進歩と生活様式の変化 戦後よく言われていました。確かに靴下は技術の進歩で丈夫になったと思いますし、戦前はあまり靴下をはく生活様式ではありませんでした。靴下が急激に使用されるようになったことも大きな変化でした。なぜ女性が強くなったと言われたのか 戦後の日本は、夫や若者が戦場に動員され、戦地で命を奪われ、戦後の日本は男手がなくなり、小さな子どもを抱えたり年老いた両親を守るために、朝から晩まで働か [続きを読む]
  • 館林市教委が学校給食の値上げを計画
  •  館林市教育委員会は昨年11月27日の市議会全員協議会で、新年度から学校給食費を値上げする計画を報告しました。値上げの理由は次の4点とされます。①平成11年4月に改定し、約16年間据え置きとなっている。②消費税が5%から8%に引き上げられたこと。③県内12市で最低額であり、材料購入が非常に厳しい。④前回改定時に比べて購入価格が上昇している。 館林市教委は以上の理由を上げて、月額で、小学校で450円 [続きを読む]
  • 2016年 今年は「さる年」 私は年男 元気にがんばります
  •  みなさんは、新しい年をどのようにお迎えでしょうか。 私は、昨年暮れに兄を亡くしいわゆる喪中でありますので、新年のご挨拶は控えさせていただきます。 しかし、今年は「申年」私の干支に当たります。今年1年、市民の暮らしを守り、市民のみなさんとともに元気で過ごし、みなさまにとって良き年であることを願っております。 新日本歩く道紀行で「夕陽と彫刻の小径」「歴史・文化と朝陽の小径」が認定されました。 昨年「 [続きを読む]
  • 小林まことのエッセイ‐すみませんとありがとう
  • 「本当に、どうも、すいません」 昭和の爆笑王と言われた初代、林家三平が高座に上がったときの最初の言葉です。 初代林家三平を知っているのは、50代以上の人でしょうか。おかみさんは、海老名香葉子さんです。10月11日付の「しんぶん赤旗」日曜版に紹介されています。謝罪の言葉といわれているが 「すみません」は謝罪の言葉と言われますが、必ずしもそうではないようです。謝罪にはほかにも「ごめんなさい」「申し訳あ [続きを読む]
  • 雨水・排水対策といじめ・不登校問題について一般質問‐館林市12月議会
  •  昨年7月の大雨では随所で道路や住宅地が冠水しました。また、全国的に「いじめ」を苦にした児童・生徒の自殺が社会問題になっています。昨年9月議会の一般質問では、こうした課題を取り上げ「雨水・排水対策と、いじめ・不登校問題」について質問しました。 質問と答弁の要旨は次のとおりです。住宅急増地域の排水対策質問 7月の大雨により多くのところで道路が冠水し、住宅地に雨水が侵入しました。例えば、大街道二丁目と [続きを読む]
  • 小林まことのエッセイ‐改正道路交通法
  • 自転車の取り締まり強化 6月1日からの道交法の改正で、特に自転車運転のルール違反が強化されました。罰金や自転車運転者講習の対象になることがあります。傘差し運転の禁止 雨の日に傘をさしての運転は禁止されており、今回特に「安全運転義務違反」の対象となります。 雨の日はレインコートの着用になります。しかし、レインコートを着用すると左右を確認しようとすると、フードの中に顔が入ってしまい確認するのが大変です [続きを読む]
  • 「なぜ原発の再稼働と言えるのだろうか?」
  •  7月4日に館林市の「少年の主張大会」が行われました。市内中学校から2名づつ選出された10名の生徒が、それぞれの思いをしっかりと主張しました。 どの生徒も立派でしたが、なかでも、福島県相馬市から館林に移り住んでいる生徒の主張は実体験を踏まえてで、「原発事故で復興が進んでいない、いつ故郷へ帰れるかわからりません。それなのに、原発再稼働が持ち上がっていますが、被災地の現状を考えたら、そんなこと言えるの [続きを読む]
  • つつじが岡公園と四季型公園について‐6月議会で一般質問
  •  すっかり遅くなってしまいましたが、まずは6月議会での私の一般質問と答弁の概要をUPします。 6月議会から一般質問に「一問一答方式」が取り入れられたので、議場の一部が改修されました。初めての試みで、質問者も答弁者も多少ぎごちないところがありました。9名の質問者のうち、7名が「一問一答方式」で質問を行いました。  私は、つつじが岡公園と四季型公園について質問を行いました。質問と答弁(概要)は次のとお [続きを読む]
  • 6月議会から一般質問に「一問一答」方式を採用‐館林市議会
  •  館林市議会は、議会改革の一環として6月議会の一般質問から「一問一答」方式を採用しました。イメージとしては、国会などの委員会における質疑を想定してください。 これまでの総括質疑では、質問者が自席から質問席に登壇し、質問項目のすべてについて質問を行い、自席に戻ります。そして、答弁者は自分の関係する項目について、登壇し答弁して、自席に戻ります。質問が各部署に関係する場合はそれぞれ登壇し、答弁を行って自 [続きを読む]
  • 過去の記事 …