g's gallery さん プロフィール

  •  
g's galleryさん: g's style day by day
ハンドル名g's gallery さん
ブログタイトルg's style day by day
ブログURLhttp://gggallery.exblog.jp/
サイト紹介文京都、嵐山で日々の暮らしがちょっと素敵になるアート作品やモダン盆栽を販売するセレクトギャラリーです。
自由文天龍寺から嵐山へ抜けるひっそりとした通りにある自然に囲まれた小さなお店です。才能豊かなアーティストさんを応援しています。四季折々暮らしの中で楽しめるmodern-bonsaiも販売しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供148回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2012/02/09 01:26

g's gallery さんのブログ記事

  • 二輪目が咲く!
  • 昨日、アップした昼顔ですが、今朝、昨日の一輪が散り、上にあった蕾が咲いていました〜💓それも、ピッタリの好位置に。。。小さな嬉しい出来事でした。^ ^確かに一輪の蕾↓とても細い茎ですが、ちゃんと水あげしてくれていたのですね。この吉田さんの花入れには、赤銅の筒が入っています。銅には、殺菌作用があり、抗菌グッズがあるほど。中のお水が腐り難いので花入れにはピッタリなので... [続きを読む]
  • 夏の花
  • 今日の京都は、晴れ渡る青空に入道雲がきれいな夏空。だたものすごく暑い一日でした。そんな暑さを少し和らいでくれるような、シャープなフォルムと細密な竹細工が美しい吉田さんの花入れ。夏の花がよく似合います。 [続きを読む]
  • 夏の花
  • 今日の京都は、晴れ渡る青空に入道雲がきれいな夏空。だたものすごく暑い一日でした。そんな暑さを少し和らいでくれるような、シャープなフォルムと細密な竹細工が美しい吉田さんの花入れ。夏の花がよく似合います。 [続きを読む]
  • 蓮を生ける
  • 泥の中から生まれ、美しい花を咲かせる蓮、生けると特別な空気感があります。蓮は、最も古い植物でもあるそうで、約1億数万年前に、すでに地球上に存在していたと言われています。一茎一花な形もまた美しさのひとつかも知れませんね。蓮を生けるのは、この季節の楽しみデス。 [続きを読む]
  • 送り火
  • 今年の京都五山送り火は、とてもきれいに見えました。京都の夏の風物詩である送り火ですが、お盆に帰って来た故人をこの送り火で送るという宗教的な意味の濃い行事なので、見終わると何とも言えない淋しさが少し残ります。それともうひとつは「もうこれでこの夏も終わるのだなぁ」という夏の終わりを告げる時期とも重なる為なのだと思います。暑い暑いと言っても、人はどこかで春夏秋冬暦通りの寒さや暑さを体験することに安... [続きを読む]
  • 送る花
  • 今日の五山の送り火でお盆も終わりですね。何故か少し淋しい気持になります。送り火と共に、大切な故人は天国へと帰って行き、世の中はまたいつも通りの日常が始まります。天国に旅立った母や愛犬たちと毎日歩いた散歩道には、毎年この白い百合が変わらず咲いています。楽しくお散歩出来た日々が懐かしく、今日は道端に咲く一本を頂き、生けてみました。この花で、送りたいと思います。 [続きを読む]
  • お迎えのお花
  • 天国の故人を迎えるお盆の迎え花は、野の花のイメージでやさしく生けます。玄関先に旅路の汚れを落としてもらうために置かれる水桶に見立て、手付きの竹に入れました。明日は京都は大文字。去年はひどい雨でした。今日も夕方から雨が降ってきました。明日は晴れると良いのですが。。。 [続きを読む]
  • お盆です。
  • 今夏もお盆の季節を迎えました。天国に旅立った大切な人をお迎えするお盆。目に見えない神や先人の存在に感謝の気持ちや、故人を偲ぶ心を、お盆のしつらいとして形にします。飾るものは、季節のみずみずしい果物や野菜、なかでもほうずきは赤く灯る灯籠に見立てられるので欠かせませんね。ご先祖様は、なすの牛に荷物を乗せ、きゅうりの馬に乗って、この世に帰ってこられるとか。。お仏壇がなくても、故人の愛用の品や好きだ... [続きを読む]
  • HPが出来ました〜♪
  • 台風の去った後も、不安定な天候が続きますね。蒸し暑い空気の中、朝顔は夏の朝のお楽しみ。一服の清涼剤のようですね。こちらは種から育てた子。きれいに毎日咲いてくれています。愛しさもひとしおです^ ^http://www.gsgallery.netさて、私事で恐縮ですが、g's galleryのHPが出来上がりました。お時間ある時、ちらりと覗いて下さると嬉しいです。webデザインは、美登英利... [続きを読む]
  • 木地仕上げのお茶托
  • 昨日は熱帯の国のような暑さ、今日は、台風の影響が心配な一日です。京都も朝から雨が降り続いています。被害がこれ以上ひどくならないことを祈ります。こんな日は、出来ればお家で、お気に入りの器で美味しいお茶でも飲んで、ゆっくり過ごされるのが一番ですね。以前にもご紹介していると思いますが、定番でお取り扱いさせて頂いています、桜の木地仕上げのお茶托。一枚一枚、丁寧に手作りされた木地は、とてもなめら... [続きを読む]
  • 暑さの中の緑
  • 今日の京都は37℃! 暑過ぎます! 体温より高い空気の中、観光される方々を本当に申し訳なく思ってしまう週末でした。通りに打ち水をしに出ると、目にも涼やかな杉苔に埋もれる石仏が。ギャラリー前の嵯峨野さんのお庭の杉苔です。これだけ暑いと、人は自然と涼しげなものを探すのですね。。可愛い石仏だけは気持よさそうに見えます。夏は暑さでお生花の持ちが悪い時期ですよね。そんな時期に重宝なのがトクサ等の... [続きを読む]
  • 嵐山の鹿王院
  • 嵐山にほど近い所にある鹿王院という禅寺をご存知でしょうか。ひっそりと落ち着けるお気に入りのお寺です。観光客で賑わう嵐山を抜け、青もみじで覆われた気持ちの良いトンネルを抜けると山門があります。建てたのは足利義満。嵐山を借景に、舎利殿があります。源実朝が宋から招来した仏牙舎利ほか、重要文化財が多数所蔵されていて、歴史あるお寺であることを知ることができます。観光化されていないので訪れる... [続きを読む]
  • 高野山で阿字観体験
  • 私事ですが、高野山で阿字観体験をしてきました。空海が開いた標高800mの日本仏教の聖地高野山での阿字観体験は、やはり格別気持ちの良い時間となりました。真夏の暑さの中でも、阿字観の約1時間程は、汗をかくこともなく、終わった後はスッキリとした心地よさが残りました。「半眼」がうまくできていなかったのだと思いますが、気持よくて居眠ってしまいそうでした。清らかな聖地高野山で、日常から離れて瞑想してみ... [続きを読む]
  • 桂離宮
  • 真夏の桂離宮に行ってきました。本当にどこをとっても絵のように美しく、寺院の庭園等、色々今まで訪れて来ていますが、この完成された美しさは別格に感じました。丁寧な解説と共に参加者揃って案内されます。完璧な美意識が隅々まで行き渡った空間から、また池に船を浮かべて月を眺められた日々は、どんなに素晴らしかったかと想像できます。写真で見ると涼しげに見えますが、今夏の暑さは桂離宮と言えど、当たり前ですが、... [続きを読む]
  • 渡月橋の風景
  • 言わずと知れた嵐山渡月橋付近の夏の風景です。永年ここに住んでいても、あまりに有名過ぎて自身では写真を撮ったことすらないものですが、先日、HP撮影用にカメラマンさんが撮って来て下さった一部です。HPには使いませんでしたので、せっかくなのでこちらてちょっとご披露させて頂きますね。嵐山というと、やはり春と秋が美しいので良く見かけますが、こんな夏の嵐山の風景は以外と新鮮な気もしますね。川の流れは涼... [続きを読む]
  • 和のオリジナルラッピング
  • できるだけ無駄な包装は避け、御自分用のご購入の場合は、簡易な包装にさせて頂いておりますが、やはりプレゼント等の場合は、送る方の思いやセンスが伝わり喜んで頂けるようなラッピングでお渡ししたいですよね。g's galleryでは、富田さんのブローチ等には桐箱にオリジナルの梅型水引をつけています。富田さんが桐箱に1つ1つ焼印されたマーク入りで、箱も世界に1つ。桐箱に赤が良く映えます。ご結婚のお... [続きを読む]
  • 涼やかに緑を生ける
  • 暑さの厳しい日は、清々しい緑の枝物だけで十分ですね。深山南天は、枝が細いので涼やかで、葉も丸く可愛いく、枝ぶりが楽しめますね。谷穹さんの花入れに。             桔梗と撫子を添えて。。。山本太郎さんの掛け花入に。 [続きを読む]
  • 祇園祭りの後祭り
  • 昨夜、ぶらりと祇園祭の後祭りへ。。新調された大船鉾と近くの南観音山へ。夜なので、鉾の全貌は良く見えませんでしたが、このお囃子を聞けるとやはりほっこりと風情がありますね。後祭りは始めて行きましたが、空いていて良かったです。メインの日は、今年は週末とも重なり、本当にスゴい人出だったようですので、後祭りにゆっくり出かけるのも良いかも知れませんね。鉾の横のお店に素敵な団扇が。。。お [続きを読む]
  • 夏の花
  • この夏は、本当に暑さが堪えますね。今日は、姫扇水仙と桔梗を生けてみました。きっとフォルムが小さな扇を広げたような姿なので、こんな和名がつけられたのでしょうね。そしてお花は少し水仙のようなので、姫扇水仙。ナットクです。お茶花にも使われるようです。花が開く前のこんな蕾の姿がやはり楚々として優美な気がします。花器を変えて。。。桔梗と利休草。涼しげですね。今週も暑い週末のようです。でき... [続きを読む]
  • お酒をより美味しく
  • やっと梅雨明けして、いよいよ本格的な夏の到来ですね。でも今夏の蒸し暑さには、もうすでに疲れきっておられる方も多いのではないでしょうか。私もそんな気分です。年々、夏の暑さはヒートアップしていっていますね。本当にできるだけ無理せず、ご自愛くださいませ。熱帯夜には、冷たく冷やしたお酒がやはり楽しみなのではないでしょうか。陶器は、お酒がまろやかになると聞きます。又ビールの泡も、注ぐ時に陶の壁面にあ... [続きを読む]
  • 祇園祭も終わり
  • 京都は、祇園祭りも後祭りを残し、メインの祇園祭の山鉾巡行も無事終わりました。毎年、身内がこのお祭りに裏方として参加していることもあり、お天気がいつも心配になります。この時期は急な雨が降る事が多く、管理がとても大変そうです。何せ山や鉾には国宝級のタペストリーが掛かっているのですから、濡れると大変な事態になります。雨の中、巡行される事もありますが、せっかくのお祭りに、披露しない訳にもいかないので... [続きを読む]
  • 庭のアガパンサス
  • [庭のアガパンサスが、今夏もきれいに咲いてくれました。嬉しい事に、今年は株も増えとてもたくさん!! 蒸し暑い時期に咲いてくれるアガパンサスは、一滴の清涼剤のように瑞々しく美しく感じます。ゴージャスなスーパーモデルのような華やかなアガパンサス、地植えにすれば丈夫でお手入れも簡単、毎年楽しめますのでおすすめの夏のお花です。 [続きを読む]
  • 蒸し暑い日は紫の花で
  • 蒸し暑い日が続いています。暑さを和らげたい涼しげなお花を飾りたいと思う時、いつもどうも紫のお花を選んでしまいます。竹で編んだ花籠は、夏にぴったりですね。特に吉田さんのこの細工は、本当に細やかなので、より涼やかに上品です。リキュウ草と合わせてみました。くるくるとなかなか可愛いデス。茶花として使われますが、洋花とも合わせたりもされています。主に葉と茎の風情を楽しむことが多いので、お花はみたことあ... [続きを読む]
  • 七十二節季 ー蓮始開 蓮始めて開くー盂蘭盆
  • 一般的なお盆の期間は、8月13日からですが、旧暦では7月15日が盂蘭盆会(うらぼんえ)とされていて、今日が盂蘭盆会の日となります。その起源は、お釈迦様の弟子が地獄に落ちた母を救うため、お釈迦様の教え通り、7月15日に供養し、その功徳により母は極楽往生できたというのが始まりだとか。関西ではお盆の行事はやはり8月ですが、このことを知ってから、蓮を生けるようにしています。七十二候の「蓮始めて開く... [続きを読む]