メイ さん プロフィール

  •  
メイさん: ショコラ日和
ハンドル名メイ さん
ブログタイトルショコラ日和
ブログURLhttp://bitter-chocolate3.hatenablog.com/
サイト紹介文手紙大好き!英語大好き!(下手の横好きです)
自由文久しぶりに始めた海外文通。手紙を通して、友情をゆっくりと育みたいなぁ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供381回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2012/02/10 15:07

メイ さんのブログ記事

  • ロンドンのパルの結婚式
  • ロンドンのパルから結婚式の写真をついに見せてもらった。写真は教えてもらったパスワードで、すべてオンライン上で見れる。彼女のオーダーメイドの鎧、とても楽しみにしていた。ついにウエディング鎧(ウエディングドレスの代わりに鎧)を拝見!!彼女らしいウエディングドレス、もといウエディング鎧で、それを着ていた彼女はとても幸せそうな満面の笑み。鎧を着る工程も撮影されていたけれど、友人3人がかり。。。「面白い格好 [続きを読む]
  • 鉛筆削りの限界
  • 鉛筆削りが壊れた。こどもが宿題をするとき、ドリルをするとき、常に寄り添い監視、温かく見守りながら鉛筆削って5年以上。いろんな鉛筆を買うのはもう趣味の範疇で、鉛筆削りは最早”私の趣味”と言い切っている。いま使っている鉛筆削りの前に2台、鉛筆削りをダメにした。ボキっと手で回すところが折れたり、削れなくなったり…鉛筆削りって、こんなに壊れやすいものだった?!と呆然とし、ちょっと値段が高くても壊れないもの! [続きを読む]
  • アメリカからプーさん
  • 仲良しのインディアナ州からバースデーカードが届いた。くまのプーさん。マスキングテープで止められ、真ん中が膨らんでいてどういうカード?と開けてみると、ペーパーで包まれたピアスがでてきた。このピアスもくまのプーさん。か…かわいすぎて、私の年齢ではきついものが…と一瞬、躊躇したけれど、耳につければ小さすぎて「あっ!プーさん!」と気づかれなかった。気づかれないと寂しいもので、「これ、プーさん!プーよ、 [続きを読む]
  • 花子と矯正
  • 小5の花子は八重歯になりつつある。以前から歯科医から顎が小さいことが指摘されていたけれど、夫は小さい歯がぎっしりタイプなので、花子も夫に似たら小さい歯がぎっしり、で歯並びも問題ない?と様子をみてきたけれど、どうやら顎は夫で、歯は私に似たらしい。結果、八重歯が左右に2本。日本では「花子ちゃんの八重歯、かわいくていいじゃないの〜」と言われてしまうけれど、海外では八重歯はかわいい対象ではない。アメリカのメ [続きを読む]
  • 『でんでんむしのかなしみ』
  • 小学校での図書ボランティアとしてする読み聞かせ、最初はネットで読み聞かせにおすすめの絵本をメモして近くの市立図書館で借りたりしていたけれど、そろそろ40冊以上の本を読み聞かせしてきた。最近は図書室や図書館で「これ!」と私が気に入った絵本を読むことが多い。低学年が多いので、低学年受けしそうな絵本を選ぶことが多いけれど久しぶりに学年を選ばない絵本を読んだ。でんでんむしのかなしみ作者: 新美南吉,かみや [続きを読む]
  • 5月に雪?
  • コロラドのパルからメールがきた。2日前に雪が降って、こどもたちの小学校の運動会が中止になったらしい。5月に雪?中止になるほど?夫に話すと、「遅れたエイプリルフールちゃうか?」と。あぁ、なるほど!と「エイプリルフールじゃないよね?」と聞くと、「本当よ!」と送られてきた画像がこれ。雪だ…その道路、凍結しているわ、と呆然。いや、それ5月の気候?コロラドは毎年5月はそんなもの?と驚くと、やはり異常気象らしい。 [続きを読む]
  • 巻き舌が得意な人
  • 先日、図書ボランティアで学校に行き、先生の怒声を聞いた。図書室まで響いてくる怒声に一緒にボランティアしているママさんと「なに先生???」とついドアから覗くと、他教室のドアからも先生たちが同じように覗いていた。「こら〜!!!ええ加減にしろ!」と言っていたのだけれど、もうびっくり。そもそも覗かなくても声は十分に聞こえるわ、と気づき私たちは覗くのをやめたのだけれど、「すごかったね〜」と言い合った。ものす [続きを読む]
  • 今年の誕生日はコレ!
  • マルコムXと同じ誕生日の私、「さすが過激派!」と感心していた高校時代からの友人が今年も誕生日プレゼントを送ってくれた。去年はミニ盆栽をもらって…3ヶ月で枯れた。水やりすぎた?日向すぎた?もうなにがだめなのかわからないけれどミニ盆栽、私にはレベルが高すぎた、と伝えたところ今年はこれ。花のアレンジメント。これなら大丈夫!…のハズ。オランダのパルや香港のパル、アルジェリアのパルたちが日本の時差を考えて誕生 [続きを読む]
  • 『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』
  • Amazonが製作したドラマ、『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』のシーズン1を観た。天才指揮者がNY交響楽団を率いることになるけれど、舞台裏はいろいろあって…というもので、のだめ海外版?と思いながら観た。指揮者はスペイン語圏では有名なガエル・ガルシア・ベルナル。ドラマで見ていると、女性たちに比べて背が低い。すごく背が低い人?と調べて、彼の名前を知ったけれど、170cm(wiki情報)だった。シーズン1をとりあ [続きを読む]
  • 週末は何をしましたか?
  • 日本で英会話講師をしている人の本(kindle限定本?)に書かれていた。生徒たちに「週末は何をしていた?」と聞くと、大抵は、"Nothing."(なにも)と返ってくるけれど、何もしない週末って、どうやって過ごしたってこと???と。そういえば、同じことを高校時代のALT(英語補助教員)の外国人の先生(どこの出身だったか忘れた)が言っていたなぁ〜と思い出した。ドイツ人の先生に「何をこれからしますか?」と聞かれたとき、私 [続きを読む]
  • コスタリカからピアス!
  • コスタリカのパルから手紙が来た。手紙と一緒に同封してあったのが、ピアス。「誕生日おめでとう!」の言葉と一緒に。考古学者の彼女は現在、発掘作業中で彼女の教え子たちとの発掘風景をメールで送ってくれたりと最近は手紙よりメールになっていたので、久しぶりにきた手紙がうれしい。最近は裁判所のパートやご主人の退職準備にと大忙しのペンシルバニア州のパルも「元気にしてる?」とメールをくれた。最後の手紙はいつだったっ [続きを読む]
  • 書とバースデーカードは体を表す
  • オランダのパルからバースデーカードが到着。飛び出すカードで、南国風。バースデーカードって、人それぞれで、「へぇ〜、こういうセンスだったのか…」と気づかされることが多い。私自身がパルたちの意外なセンスをバースデーカードで気づくからか、バースデーカードって、ものすごい重要だわ!と思う。もうすぐやってくる私の誕生日に向けて、バースデーカードを買いに日曜日に出かけていった夫にもプレッシャーを与えておいた。 [続きを読む]
  • 本屋とパズル
  • 電子本なんて本とは認めない!と以前は思っていたのにすぐに購入できる手軽さにやられ、kindle本も気づけば400冊を超えてしまった。電子本の良いところは、実際の本と違い、増えているのは私のタブレットの中だけなので夫に本の大量購入を気づかれないところ、と思う今日この頃。本棚がいっぱいになれば、本の置き場に悩むけれど、電子本なら大丈夫!と電子本も大好きだけれど、こどもたちの本は本屋で買いたいし、流行りの本や [続きを読む]
  • 海釣り公園と反抗期
  • 海釣りに行ってきました。海釣り公園…私の想像と違う。こどもたちの竿が絡まったり、根がかりしたり、えさがなくなったり、すべては夫にお任せ。「おーい」といくら呼ばれても、無理!ここから動けない!と大きな柱があるところで棒立ち。足元の景色がすごすぎて動けない。こどもたちが動くとゆれてる!揺れてる!とパニック。カナダのパルから、「出した手紙が宛先不明で戻ってきた」とメッセージが来た。「引っ越してませんけれ [続きを読む]
  • サウスカロライナ州のパルからバースデーカード
  • 今月は私の誕生日があるので、そろそろバースデーカードが届き始めた。第一通目は、ドイツのパルからだった。そして、2通目はサウスカロライナ州のパルからだった。I really can't tell you how much your friendship means to me.(あなたの友情がどんなに意味あるものが伝えることができないほどよ。)今年は、このカードを選んだわ、と彼女が送ってくれた今年のバースデーカード。"To thine own self be true" (自分に正直で [続きを読む]
  • 佐藤ママの本を読む
  • 小5の娘が恐ろしい点数の社会のテストを持って帰って、瞬間湯沸かし器になりかけたけれど、「なんで、社会ができないんだと思う?どうしたらいいと思う?」と娘に聞かれ、冷静になった。そうだ、怒ってる場合ではなかった。なんで、こんな点数になったのかを考えてみよう、と。とりあえず、娘の社会の教科書を読み、テストを見て、意外に細かく出題されることを知った。正直、私、この社会のテストで100点無理だわ…と思った。日本 [続きを読む]
  • 『わたしの外国語学習法』
  • ロンドンのパルから”How are you?”とメッセージかきたとき、「オンラインレッスンの評価にちょっとがっくりきているところよ」と講師からのメッセージを彼女に見せた。そこには、「興味のある分野の語彙は豊富だが、そうでない分野の語彙が少ない」と書かれてあった。いやいや、普通、そうでしょ?興味ない分野の語彙が豊富な人って、どんな人よ?と言いたいのをぐっとこらえて、ロンドンのパルに「そういうことだから、これか [続きを読む]
  • Best Teachersで無料体験やってみた。
  • オンライン英会話の体験レッスン、もうひとつやってみよう!とやってみた。今回はBest Teachers。このBest Teachers、一般的なオンライン英会話とはちょっと違う。何が違うか、”書く”んです、英作文。いくつかのジャンルがあって、英作文を5往復が第一条件。5往復…チャットする。(ただし、すぐに返信はこないことも)そのチャット5往復が終わると、今度はそのチャットの文法が修正され、その修正された文章をネイティブスピー [続きを読む]
  • 連休はフィンランド尽くし
  • 世間ではゴールデンウィークで9連休の人もいるらしいけれど…こどもたちの学校があるため、我が家は5連休。学校に行ったら、お休みのお友達も多かったようで、「学校休んで、遊びに行くなんて!!」とこどもたちは大層、憤慨していた。「学校休んで旅行なんて考えられない!」という人も多いけれど、休みがこういう連休にしか取れない人もいるだろうし、こういう連休も仕事の人もいるだろうし…そこはもう正直に「うらやましぃ〜! [続きを読む]
  • 楽しく勉強…
  • オンライン英会話の無料体験レッスンをやってみたの、という話をアメリカやロンドンのパルたちにしたところそれぞれにいろいろと言われたのだけれど、異口同音だった。「あなたには向いてない」と。コロラドのパルに「オンライン英会話の講師はフィリピン人が多い」という話をすると、「それって、ないわ〜」と言われる。そう?英語の手軽な練習として使っている人も多いのよ〜と話すと、「じゃあ、あなたは私が日本語会話をするの [続きを読む]
  • レアジョブの体験レッスンをしてみた
  • オンライン英会話、やってみた。Skypeを使っての英会話、まず最初にすることは”背景に映るものを撤去!”。なんだか家庭訪問のときと同じだわ…と思いながら、まずは掃除。次にすることは…カメラチェック。ちょっと顔色が悪く見える、と口紅を濃い色で塗って、と体験レッスンにたどり着くまでに30分以上かかった。レベルチェックもできる体験レッスンをやってみたい、ということでレアジョブの体験レッスンをしてみた。レアジョ [続きを読む]
  • 毒を吐く国語辞典
  • 小5の花子が国語で調べ物をするから国語辞典を貸してほしい、と言ってきた。いままでは卒園記念にもらった低学年用の国語辞典を使っていたけれどさすがに5年生レベルではその国語辞典には載ってない、と。そうか、ついに私の国語辞典を貸すときがきたか。この国語辞典、私が小学生のときから使っているけれど何かと思い入れがある。「この国語辞典はすごいんだから!」と花子に言うと、「何が?」と聞かれたので、”恋愛”と”実社 [続きを読む]
  • 話題のドリルを購入!
  • いま話題のドリルを我が家もこどもたちに購入!ママ友から「漢字嫌いの娘が笑いながらするドリル」なんて話を聞くと、我が家のこどもたちにも!とつい買ってしまった。日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢字ドリル 小学5年生作者: 文響社(編集)出版社/メーカー: 文響社発売日: 2017/03/18メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る「ドリルを買った」と話すと、「えぇ〜!!!」と文句を言われるのに [続きを読む]
  • 国内文通と海外文通の違い
  • 国内文通相手でしかも学生時代の友人などではなく、ネットで知り合った女性と文通している。彼女が「だんだん文通相手が減ってきた」と書いていて、そういえば、私も…と気づいた。海外文通の相手はポスクロでお誘いがかかったり、どこで回っているんだかのFB(フレンドシップブック)でお誘いがきたり、昔、登録していたサイト経由でお誘いがあったりと、ファーストレターを毎月1通以上は書いたり受け取っているけれど国内文通は [続きを読む]
  • チョコレート通りとココア通り
  • ポスクロで受けとったポストカード、アメリカのペンシルバニア州から。アメリカでは、チョコレートといえばHershey's!というくらいに大手のチョコメーカー…らしい。アメリカのパルたちにチョコが好きだというと、「ペンシルバニア州に行かないとね!」と言われるほどでそこにハーシーズの工場があることを私でも知っている。ただ、ハーシーズのチョコ、食べたことないような…。このポストカード、よく見たら「Chocolate ave」と [続きを読む]