メイ さん プロフィール

  •  
メイさん: ショコラ日和
ハンドル名メイ さん
ブログタイトルショコラ日和
ブログURLhttp://bitter-chocolate3.hatenablog.com/
サイト紹介文手紙大好き!英語大好き!(下手の横好きです)
自由文久しぶりに始めた海外文通。手紙を通して、友情をゆっくりと育みたいなぁ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供395回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2012/02/10 15:07

メイ さんのブログ記事

  • DNAにおっちょこちょい
  • 小5の花子はなぜかいま英語に燃えている。もうすぐある英語での国際交流に向けて英語の練習に余念がない、そんな花子に、「お母さんは英語を間違えたりする?」と聞かれた。自信満々に答えた。「もちろん!!」例えば、先日…筆記体できた手紙に書かれていた追伸。”Please let me know if you'd prefer I use printin my letters,instead of cursive.”cursive:筆記体(もし、筆記体ではなく印刷のほうが良かったら教えて)と訳し [続きを読む]
  • 良い先生
  • 先日、娘の花子が赤ちゃんのときのママ友たちと久しぶりに会った。ついこの間、離乳食の進みが遅いだとか、このうんちの色は胃腸風邪かノロか、なんて写真送りあったり、検診で引っかかった等々を話していたというのにこどもたちも小学校の高学年になり話題は「いい先生とは…」となった、「今年のこどもの担任の先生はいい先生!」というママ友がいて、「良い先生って、そもそも、どんな先生?」と聞くと、「なにもかもが具体的! [続きを読む]
  • 連休明けのポスト
  • 我が家は僻地ではないはずなのに、最近、手紙が届かないわ〜と思っていた。ダイレクトメールは来ていたので、郵便屋さんはきているらしいのに我が家には手紙もポスクロ一枚もこないまま連休へ。そして、連休明けの今日のポストはポスクロのカードだけでコレ!手紙もあわせると合計で28通あった。久しぶりにポスクロを受け取った気がするたびに、やっぱり郵便局で止められていて、いっぺんに配達されている???と、つい思ってしま [続きを読む]
  • カフェ併設の本屋
  • 近くに大型本屋ができるらしい。そこにはカフェ併設だそうで、未購入の本を持ち購入したコーヒー片手に読書ができるらしい。私も何度かそういう本屋に行ったけれど、私にはくつろげない。未購入本を汚したら???と心配になるので、私は購入してからコーヒーを買いたいし、買った本は家でゆっくり読みたい。ざわざわしたカフェでなんて読めない。それでも、大型書店は大歓迎!です。子どもの頃、将来の夢を聞かれると、「本屋の中 [続きを読む]
  • 梅田で冒険!
  • 三連休、あちこちで楽しく過ごされた人も多い中、私は帰省して熱中症になった。丸二日間ダウン。ちょっと暑い?と思いながら台所で料理を手伝っていたら頭痛がしてきて、「これはまずい気がする…」とエアコンの効いてない部屋で横になっていたら、あれよあれよというまに頭痛に吐き気で…休日診療の病院に電話したら、年齢を言ったら「じゃあ、まずは水分とって休んで」と言われて終了。復活しても頭痛だけはしばらく残った。熱中 [続きを読む]
  • 『ゴーン・ガール』は怖い!
  • アメリカでライターをしているメル友に読んでいたミステリーがとてつもなく面白くないことを愚痴り、面白い本はないかしら?と聞いたら、「最近のliterary sensation(文学の旋風)」と紹介してくれたのが"Gone Girl".邦題もそのまま『ゴーン・ガール』。ゴーン・ガール 上 (小学館文庫)作者: ギリアンフリン,Gillian Flynn,中谷友紀子出版社/メーカー: 小学館発売日: 2013/06/06メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログ ( [続きを読む]
  • 手紙がテーマの本
  • 夏休みがやってくる。夏休みといえば、読書感想文!去年太郎は読書感想文の出来を先生に褒められ、”学校推薦”でコンクールに出品された。そこから上には行かなかったけれど…。全く先生も学校も手を加えなかったので、それはもう、想定内の結果だった。「今年も頑張る!」と太郎はすでに燃えていて、あれ?頑張ったのは太郎だったっけ?とわからなくなった。いや、書いたのも考えたのも太郎!単語も太郎の言った言葉なので、「そ [続きを読む]
  • 筆記体に燃える
  • 私だけでしょうか、筆記体で手紙がくると俄然、燃える。「読んでやろうじゃないの!」とまず最初に火がつく。筆記体でも美しい人と美しくない人、教科書のようなわかりやすい筆記体の人、崩しすぎて、自己流すぎてこの単語は…と類推適用がいる人、とそれぞれで、そのすべてを含めて、「筆記体とは、挑戦的な!!」と燃えてしまう。ラジオDJのパルは読みにくい代表のほうの筆記体で、忙しくなればなるほど崩した筆記体で、5分で [続きを読む]
  • 海外旅行へ!
  • 海を渡って海外旅行!飛行機ではなく車の旅で。旅の目的地はイタリア…ではなく、陶板で原寸と同じサイズの絵が並ぶ日本一入館料が高い美術館、大塚国際美術館。o-museum.or.jp地下3階、地上2階で、全長およそ4km,平均滞在時間2時間だそうで、我が家は小1〜小5の子どもがいるので、2時間滞在すれば御の字?と思いながら行ったけれど、実際の滞在時間は3時間超。ミケランジェロの最後の審判の迫力にまず圧倒された。「これ見た [続きを読む]
  • アメリカ独立記念日
  • 7月4日はアメリカ独立記念日。「祖母の家に行って、独立記念日を家族や親戚と祝ったわ!」とサウスカロライナのパルから写真つきのメールが来た。その中で、” She served frogmore stew"とあった。「おばあちゃんがfrogmore シチューを作ってくれた」そうで、fogmoreシチューって、何?と調べてみた。(画像はFlickrより)なんて、おいしそう…。ソーセージ、えび、とうもろこしに香辛料を加えたサウスカロライナ州沿岸地方の郷 [続きを読む]
  • 久しぶりの手紙
  • 先週、ポーランドのパルからメールが来た。「昨日、手紙を出したわ〜」と。そのポーランドのパル、最後に手紙を受け取ったのはいつだったか、というほどに長く手紙を受け取ってなかった。今日、彼女からの手紙が届いた。「3年ぶりの手紙になってしまって、ごめんなさい。なんて書けばいいのかわからないけれど、また文通してくれない?」と。何度も何度も「返事をくれたらうれしい」と書かれてあった。音信不通になって、しばらく [続きを読む]
  • 足袋と靴
  • ロンドンのパルにアイスノン以外に誕生日プレゼントらしい、なにか日本からほしいものはないの?と聞いたら、意外な答えが返ってきた。”More Tabi!"たび…旅?新婚さんだからハネムーン?かと聞くと、「前にもらったのは穴が開いてきて…」と言うのでなにかわかった。旅ではなく足袋、足袋ソックス!「イギリスでは”素敵”ってよく言われるのよ〜」と。get admired:感心される、賞賛される、という表現を使って言っていた。前回 [続きを読む]
  • 花子の矯正その後
  • 「花子の矯正はどうなった?」とメールや手紙でパルたちに聞かれるようになった今日この頃。「精密検査の結果は○日よ。」と言い続けていたけれど、ついにその日が来た!小児矯正を謳っている歯科は数あれど、日本矯正歯科学会”認定医”となると意外に少ない。市内では3軒で、立地が微妙。というのも、矯正が始まれば毎月1回は行かなければならず、夫の都合が悪いときには私が連れて行く…となると、ここは無理〜!という場所にあ [続きを読む]
  • アメリカのパルからの質問
  • 本好きのパルに「日本人作家の本を紹介して!」とよく言われる。翻訳されていて、外国人受けしそうで…といったことはあまり考えず、私の好きな作家で翻訳されている(=その国で売れるだろうと出版社が思った)、という基準で。もちろん、文通歴が長いパルたちの本の好みは知っているのでおすすめする本もドンピシャ率が上がっているはず。先日、アメリカ人の本好きのパルにおすすめしたのは川上博美の『センセイの鞄』、アメリカ [続きを読む]
  • 念願のピアス!
  • カナダのパルが手紙に書いていた。I got a new piercing. YAY!I got my industrial piercing I've been wanting it for a very long time."(新しくピアスを開けたわよ!イエイ!長い間、やりたかったのよ、industrial ピアス!)さて、industrialの意味はなんだっけ?産業、工業、といったものしか思い浮かばないんだけれど…どんなピアス?と手紙を読みながらカナダのパルにメールで聞いてみた。すぐに返事がきた。送ってくれた [続きを読む]
  • 英語だけではなくプログラミングも必修化
  • 2020年、いろいろと新しいことが始まる!と最近、情報についていけれてない。例えば、2020年から小学校3年生からの英語が必修化、5年生から教科化される。これだけでも、「大変そう…」と思っていたら、2020年度からプログラミングも必修化、するらしい。そ…それはもう、保護者が教えられないレベル?と私はすでにビクビク。そんなときにZ会がプログラミング講座を開講することをダイレクトメールで知ったのだけれど、これがまた [続きを読む]
  • お葬式に流してほしい曲
  • 知人の親戚などを含め、立て続けに亡くなった。「えっ?入院?」と驚いている間に亡くなった人が多く本人を含め、親戚や友人も慌てただろうなぁ、と思う。ということで、「私のお葬式に流す曲を決めたから!」と夫に宣言し、「はぁ?」と、いつものように呆れられた。正直、信仰心はあまり持ち合わせておらず、直葬(病院から火葬場へそのまま行くこと)でも全く気にならない!お金は生きている人に使ってこそ意味がある!と思って [続きを読む]
  • ロンドンのパルからの誕生日リクエスト
  • イギリスで半ズボンを着用できない校則はおかしい!と男子学生がスカートを履いて登校した記事を読んだ。www.huffingtonpost.jp女子生徒は長ズボンかスカートか選べるのに、男子生徒は長ズボンだけっていうのはおかしい!と学校に抗議したら、「スカートならどうぞ」といわれたのでスカートを穿いたらしい。頭の良い抗議の仕方だと思う。その地域の気温は30度を超えていたという。ロンドンのパルとイギリスの男子学生たちの話でひ [続きを読む]
  • 『わたしのおとうと、へん…かなぁ』
  • こどもが小学生になって気づいたことがある。私が小学生のときに比べて、支援が必要な児童が多いこと。きちんと診断を受けている子もいれば、そうでないこもいるようで、「グレーゾーンのこは10人に1人いる」と知り合いの小学校教諭が以前言っていた。1年生の次郎のクラスにも数名いて、その数名に先生たちがてんてこ舞いしている、という話をあちこちで聞く。そして、最初の席替えで次郎はその内の一人と席が隣になった。「ずーっ [続きを読む]
  • 日本語ではなんていう?
  • アメリカのメル友と小児科医の話になった。「次郎君のかかりつけ医のbedside mannerはどうですか?」と日本語で聞かれた。bedsaide mannerという単語を初めて聞いたので、一瞬、考えてしまった。次郎は入院するほどの病気ではなくて、と話したら、bedsaide mannerというのは医者の態度を示す言葉で、入院の有無に関係なく使うらしい。日本語ではどう言う?と聞かれたけれど、”医者の態度”以外の言葉が出てこない。医者の良い態度 [続きを読む]
  • エムグラムをやってみた
  • エムグラムをやってみた。check.m-gram.jpこんなん出ましたけれど…。当っている…のか?エムグラムは超精密性格診断で、私を構成する8つの要素、ということで、とーっても長い質問の行き着く先にでてきた答えがコレ。メイさんは、自分の意見を強く持っており大胆な決断ができる人である、他人の考えや心境を感じ取り適切な行動ができる人である、物事を冷静に受け止め行動できる人であるといった印象を与える性格です。比較 [続きを読む]
  • 手ぬぐいを買い足す
  • 夏といえば、手ぬぐい!こどもたちの小学校は夏はハンカチとは別にタオルを持参することになっている。主に首からぶら下げておくタオルなので、女の子たちはかわいいキャラクターもの、男の子たちはスポーツメーカーのもの、が主流。そんな中、我が家の子どもたちは手ぬぐい。りらっくまのタオルでも買おうかと思っていたら、「花子は手ぬぐいがいい!」と1年生のときから手ぬぐい。薄くて、軽くて、乾くのが早いから、と。花子が [続きを読む]
  • 花子、初めてskype英会話してみる
  • 日本在住のアメリカ人パル、サラに「うちの花子の英会話練習をちょっとしてくれない?」と頼んでみた。"Of course! I would love to help!"(もちろん!手伝うわよ)と二つ返事でしてくれることになった。どんなことをすればいいの?花子の英語レベルは?と聞かれた。花子の英語レベルは一般的な小学生…つまり、ほぼ話せない。だから、30分とか1時間、英語でしゃべり続けることは不可能なので、10分でいいんです!毎回、フレーズを [続きを読む]
  • アメリカですでに有名な日本語
  • 「日本って、まだ黒板使ってるの!?」とイランのファーちゃんに驚かれた。えっ?日本だけ?とアメリカやカナダ、フィンランドのすぐに返信がくるパルたちに聞いてみた。すでに時代はホワイトボードでした。そんな中、アメリカのパルはsmartboardよ、と。スマートボード、電子ボードでした。いや、黒板なんて、どうでもいい。問題は、”連絡帳”です!小学校によるけれど、欠席連絡は”連絡帳”で行われる。兄弟がいる我が家は「連 [続きを読む]
  • いままでで一番まともなアドバイス
  • アメリカのメル友が書いていた。彼の中学生の娘さんが「お父さんがくれた一番よかったアドバイス」は、「お店はいつ潰れるかわからないから、行きたいときに行くこと!」だったらしい。東京の彼のお気に入りの天ぷら屋さんが潰れたことを娘さんに嘆くと、そのアドバイスを言われたらしい。「いつまでもあると思うなってことですね。」と。あぁ、私もお気に入りのトンカツ屋さんが潰れて…と閉店した食べ物屋さんで盛り上がった。ア [続きを読む]