メイ さん プロフィール

  •  
メイさん: ショコラ日和
ハンドル名メイ さん
ブログタイトルショコラ日和
ブログURLhttp://bitter-chocolate3.hatenablog.com/
サイト紹介文手紙大好き!英語大好き!(下手の横好きです)
自由文久しぶりに始めた海外文通。手紙を通して、友情をゆっくりと育みたいなぁ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供419回 / 365日(平均8.0回/週) - 参加 2012/02/10 15:07

メイ さんのブログ記事

  • 鼻持ちならない?花持ちならない?
  • 実は密かに花屋で花を買い続けている。「ここにも花屋があった」と夫が買い物ついでにあちこちの花屋に寄り道してくれるので、ついつい…。”自宅用”で、大きな花束は必要ないので、2000円を予算に。お気に入りの買い方は、「2000円の予算でこの花を入れてください。あとはお任せで」と気に入った花を指名して、それ以外はお任せ。ただ、白とピンク…といったよくある組み合わせになりそうなときは、「前回買った花が白とピンクだ [続きを読む]
  • ポスクロで気になった
  • ポスクロで受け取ったカードも送ったカードも3000枚を超えた。今日も私のカードがオランダの女性に届いたようです。「私もポスクロ年数長いけれど、面白いことが今日あったわ!」という登録メッセージ。彼女の娘さんもポスクロをしているらしく、どうやら、私は先月その娘さんにカードを出していたらしい。「あなたのメッセージが面白かったから、娘に紹介したら、同じ人かも?と彼女が受け取ったカードを見せてくれたら、同じ人だ [続きを読む]
  • 時代劇が流行ってる?
  • 私の周囲だけでしょうか、香港のパルたちの日本語がおかしい!香港のパルたちとは日本語でLineや手紙をしている。そのうちの一人が、「死ぬまでにしたいこと」で、「ロシアのクレムリンに行かねばならぬ」と…。行かねばならぬ?!どこの時代の人?時代劇でも見た?と思ったけれど、彼女は日本のアイドル好きなので、現代もののドラマしか見ないハズ。この前、久しぶりに話した香港の別のパルは相槌が「左様ですね」だった。彼女は [続きを読む]
  • 『親の介護、はじまりました』
  • ズドーンと落ちてしまう本がある。あるあるすぎて、しんどい、そんなジャンルは私にとって”介護”。親の介護、はじまりました。 (上) (本当にあった笑える話)作者: 堀田あきお&かよ出版社/メーカー: ぶんか社発売日: 2016/08/18メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る親の介護、はじまりました。 (下) (本当にあった笑える話)作者: 堀田あきお&かよ出版社/メーカー: ぶんか社発売日: 2016/08/18メディア: Kindl [続きを読む]
  • アメリカですること
  • アメリカに来たら、何をしたい?と、たまにアメリカのパルたちに聞かれる。「分厚いステーキを食べる」「大きな本屋で一日中過ごす」「国立公園を散策する」といった漠然としたものしか思い浮かばないけれど、彼女たちにはいろいろと「一緒にこれをするわよ!」というプランがある。サウスカロライナ州のパルは「湖畔でのBBQ」と「私の十八番、手作りチョコレートブラウニーを食べさせること」はあなたがアメリカに来たら、必ず [続きを読む]
  • 切手を眺める
  • 小1の太郎が運動会の練習疲れで発熱が続く。夏休み、だらだらとエアコンの効いた室内で過ごしてきたのに学校が始まったら炎天下で2時間、3時間の運動会のための練習。それはまぁ、当然かと…と新1年生たちはばたばたと発熱で欠席。多分、その中でも目立って発熱が多いのが我が家の次郎のようで…「毎年、こんな感じですか?」と、ついに学校に行った際に教頭先生から声を掛けられる。太郎のときは、2月末で出席日数10日だったとき [続きを読む]
  • 中国の思い出
  • 中国の女子高生と文通中。「メイさんが切手を好きだと書いていたので、かわいいお花の切手を貼りました。」なんて書かれていて、久しぶりに初々しい高校生〜!で嬉しい。「中国にかれこれ20年前にホームステイした」と手紙の中で話すと「カルチャーショックは?中国の思い出は?」と聞かれた。かれこれ20年前で、しかも私は河南省というところの更に田舎へと行ったので…と前置きしつつ、トイレがすごかった!ドアも仕切りも [続きを読む]
  • 習い事と孟母断機
  • アメリカのパルから、「バイオリンのレッスンを始めたわ!」というメールがきた。彼女は子どものときに習っていたバイオリンを再開させたらしい。「新しいバイオリンを買ったのよ!」と。(バイオリンは手や腕に合わせて買い替えが必要なためかと)子どもの頃にバイオリンをやっていた、という海外のパルたち、意外に多い。ポーランドのパルも「こどものときにバイオリンをやっていた」と言っていた。友人たちが”子どものときの習 [続きを読む]
  • ハリケーンとキャンピングカー
  • New Camperというタイトルでメールがサウスカロライナのパルからきた。Camperって、なに?とメールに添付された画像を見ると、そこにはどでかいキャンピングカー!Ford CTVという型式らしいのだけれど、なんせでかい!!大きいっていうレベルじゃない、でかい!日本のキャンピングカーの2倍はあるような観光バスレベルの大きさで、「これ、我が家の前の道路には入って来れない?免許ある?」というレベルの大きさ。"We got it for [続きを読む]
  • 日本語と漢字の魔法
  • 海外文通をしていると、たまに聞かれる。「日本語を勉強するのって、難しいと思う?」と。それはあなたと同じ言語を母語とする人で日本語学習中の人に聞いたほうがいいのでは?生まれてから日本語を母語として育っている私には日本語は難しくないけれど…といつも思ってしまう。それでも、丁寧に答えることをいつも心がけている。日本語が難しいかどうか、まず、日本語の発音は「全くむずかしくない」らしい、どの言語の人にとって [続きを読む]
  • 『パンとスープとネコ日和』
  • Amazon Primeのビデオ、我が家はかなり活用している。夫は古い時代劇映画を観ているし、末っ子の次郎は古い仮面ライダー(70年代!)やウルトラマン、花子や太郎もアニメを各種、観ているらしい。私はAmazon Primeで観たいドラマも映画もなく…と思っていたら、見つけてしまった!『パンとスープとネコ日和』パンとスープとネコ日和 [レンタル落ち] 全2巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]メディア: DVDこの商品を含むブ [続きを読む]
  • びっくりなニュース
  • サウスカロライナ州のパルから、手紙が来た。"Firstly,I loved your story about Hanakno talking the English
    class and using "Japanese,please." as a get-out-of-jail card.I tell everyone that story.That girl is going places!"
    「まず最初に、花子が英語の教室で”日本語でお願い”と免罪符のように(英語で)言った話は
    気に入ったわ。みんなにその話をするわ。あのこは成功している!」花子が英会話教室で”Japanese
    ,p [続きを読む]
  • ポワロの最終回に口あんぐり
  • 『名探偵ポワロ』の最終回を見た。名探偵ポワロ 全巻DVD-SET出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)発売日: 2011/01/07メディア: DVD : 23回この商品を含むブログ (15件) を見るミステリーをあまり見ないので、古畑も相棒もほとんど観てない。古畑を観ていたとき、祖父が「ポワロの真似だな」と言っていてそうか、ポワロって、こんな感じか〜と思っていた。何度かポワロを観たけれど、私はポワロより、ミス・マーブルのほ [続きを読む]
  • 花屋で三者三様
  • 近郊ではそれなりに大きい花屋に先日、行った。(ゴキゲントリが鳴いたので)花屋では私は断然、生花で、寧ろ生花にしか目がないので、生花の種類が花屋の大きさの割には少ないことにがっかりした。ブリザードフラワーは各種揃っていて、多肉植物の寄せ植えやアレンジメントも「参考になるわ〜」と小5の花子は食い入るように見ていた。店内はドライフラワーのリース、最近流行のハーバリウム、あす楽対応 ハーバリウム Herbarium  [続きを読む]
  • 鳥が一羽…
  • 日帰り温泉に行ったら、オウムがいた。正確にはオウムのぬいぐるみで、話した言葉を録音して、リピートしているもよう。こどもたちが何かを話すと、同じ言葉が変な声で返ってくる。それだけなのに子どもたちにはとても面白かったらしい。通りかかったほかのお客さんに「家にはペットがいるの?」と聞かれ、小5の花子が「鳥が一羽…」と答えていた。我が家の鳥、ゴキゲントリと言いまして、漢字で書くとご機嫌取り。年齢は非公表で [続きを読む]
  • ロシアの切手
  • 切手を剥がすのにハマっている。切手を剥がして、コラージュに使ったり、クラフトに使ったりするわけではない。実は、夏休みの自由研究にしようと思っていた。切手は各国の歴史的人物や建造物がデザインされていることが多いので切手一枚からわかる、その国について調べよう!と。夫といろいろ自由研究にこんなのはどう?とこどもたちに提案してみた。理系の夫は実験ものを提案文系の私の自由研究は社会科系の自由研究を提案し [続きを読む]
  • 道具に走る
  • 9月から新しい先生に師事することになった。昨日、早速お手本をいただき、「ははぁ〜!!」とお手本に平伏す勢いでありがたく頂戴し、神棚に置いておきたいところですが、神棚がないのでコピーして練習。昨日と今日で6時間練習して、「これだけやって、うまくならないって、これも才能?」と夫に愚痴る。筆記具はつけペンで頑張ります!と先生に宣言したのは3日前、えーっと、「やっぱり無理かも」といつ言おうかと愚痴りながらつ [続きを読む]
  • ペンパルが増える
  • フィンランドのパルから「日本人の文通相手を探している人がいる」とwhatsappでメッセージがきた。「11歳の女の子なの。」と…うちの娘に文通相手になってくれない?というお誘いだった。11歳同士の文通。各国のパルのこどもたちと文通を我が家の娘もしてきたけれど”英語力”が結構、重要。英語ができればいい、というわけではない。英語のレベルが一緒、というところが重要。例えば、アメリカの11歳の女の子との手紙、あちらはふ [続きを読む]
  • 世界は狭くて広い
  • ドイツのパルから手紙が来た。彼女は児童養護施設のようなところで働いていて、今日は夜勤の日ではないけれど、泊まることになって、眠ることもできなくて手紙を書いているの、と。その児童養護施設の周囲でnazi parade(ナチ パレード)がここ最近、繰り返し行われているらしい。夜になると騒音がすごいので、何度か警察に通報するものの警察が駆け付けつけたときには姿を消し、警察がいなくなると、また出てくる・・・。同僚も [続きを読む]
  • ムジ、知ってる?
  • カナダのバンクーバー在住のパルから手紙がきた。彼女とはまだ3通目くらいの仲ですが、どうやら文房具がかなり好きらしい。今回の手紙の中で、彼女が聞いてきたのは「あなたは前回、万年筆を使ってたわよね?そのインクの色がとても素敵だったんだけれど、どこのなんていうインク?」と手紙の中で聞かれた。どっちのインクを使っていたかまでは記憶にないけれど…いま現在、私が使っているのはパイロットの色彩雫、朝顔と山葡萄。 [続きを読む]
  • ファンシー?
  • 新しいパソコンになった。 長年使ったVAIOがディスクエラーとやらになったようで、固まる、固まる…となり、日に3回フリーズしたときはちゃぶ台返しならぬVAIO返しをしそうになった。「決め手は安さ!」という理由で新しいパソコンが夫により選ばれた。リクエストしたのはテンキーと大きい画面だけだったけれど…新しいパソコンがきて気づいた。右下のシフトキーは大きいのがよかった!キーボードも大きめがよかった…もっといえ [続きを読む]
  • 新しく始める!
  • もうすぐ9月、新学期!!ということで、私も新しく始めることにした。ペン習字。あれ?もうやってるでしょ?と思ってくれるような私のペン習字歴に詳しい人はいないだろうと思うので説明。今年の12月で2年になる日ペンの競書誌『ペンの光』で1年半ほどしてみた。そして最近、「私に合わない気がする」と思い出した。「字が上手くなった!」と家族や友人に言われるようになったので、少しは、ほーんの少しは成長しているらしい。以 [続きを読む]
  • アルジェリアから手紙
  • アルジェリアのパルが郵便事故に遭ったかと心配していた手紙、今日ついに到着。消印の日付は7月16日。ほぼ40日!アルジェリア、今回は遠かった。いつもはアルジェリアから2週間かからずにつくのに。日本からの場合は速達にすると、10日前後で。速達をつけないと1ヶ月以上かかるか郵便事故に遭うか…なのでアルジェリアに手紙を出すのは速達がおすすめ。彼女とはLineでもよく話すので、今回も聞いていた。「アルジェリアって、幽 [続きを読む]
  • 出会わないことに乾杯!
  • 昨日の夜、家族で車に乗っているとき、横断歩道横に白い服を着てぼーっと立っている男性がいた。花子が「お母さん、あの人見える?」と聞き、私も気づいたけれど、つい「ひゃあ!!」と声が出た、そんな男性だった。「足があるし、見える!」と私が言い、幽霊ではない、ということになった。日本の幽霊は”足がない”がトレードマークだけれど、それでは海外の幽霊は?と香港のパルに聞いてみた。「香港の幽霊も足がない」と。ロン [続きを読む]
  • その言語、何年目?
  • 私のポスクロのカードが失効ぎりぎりの59日目に中国に着いたらしい。中国の人には中国語でメッセージを書いている。そうすると、かなりの確率で中国語で返信が来て、「意味がわからない!!」と香港や台湾のパルたちに助けを求めることになる…。今回のメッセージはこんな感じ。尊敬的明明夫人,您好!??收到您寄来的明信片,?于收到了呀。真?幸,明信片没有?失。??您寄来的明信片。(明明夫人、こんにちは。さっきポストカ [続きを読む]