SIOUX さん プロフィール

  •  
SIOUXさん: Blog of SIOUX
ハンドル名SIOUX さん
ブログタイトルBlog of SIOUX
ブログURLhttp://sioux.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文テーマは「旅を楽しもう!」です。飛行機と旅行と温泉とホテルとクレジットカードの話題が多めです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2012/02/11 22:07

SIOUX さんのブログ記事

  • 京都丹後鉄道「丹後の海」のトリビア 第6弾
  • ここんトコのネタ不足のために、隠し持ちネタの連発で放出してるので、そろそろネタが尽きそうですが・・・。丹後の海の座席周りには、まだ編成による仕様の違いがありました。今までは、第1編成+第2編成VS第3編成+第4編成といった感がありましたが、今回はエクステリアの違いの時のように、第1編成だけが仕様が異なっているパターンです。ま、第2編成以降に改良が成されたというのが正しいのかもしれません。丹後の海は [続きを読む]
  • 京都丹後鉄道「丹後の海」のトリビア 第5弾
  • またまた困ったときの隠し持ちネタ、丹後の海のトリビアです。丹後の海のシート布地柄については、すでに記事にしましたが、実はシートには、まだ編成毎の違いがあるんです。1番わかりやすいのは、2席で1組になっているシートの中央の肘掛です。この肘掛が残念なのは、その構造上、跳ね上げることができないことですかねぇ。さて、みなさん。この肘掛の違いにお気づきですか?そうてす。肘掛の大きさ(幅)が違うんですね。第1 [続きを読む]
  • 京都丹後鉄道の丹後の海で前方展望満喫の旅
  • 久しぶりに京都丹後鉄道(丹鉄)のKTR8000形の丹後の海に乗っておでかけしてきました。新大阪から天橋立に行く場合、福知山線で福知山に向かい、福知山から京都丹後鉄道で天橋立に行くのが通常の思いつくプランですが・・・実は、鉄オタ向きの裏技プランがあります。新大阪から東海道本線で一度京都に向かい、京都から山陰本線を経由して乗車することをお勧めします。せっかく丹後の海に乗るのなら、始発の京都からたっぷり [続きを読む]
  • 京都丹後鉄道「丹後の海」のトリビア 第4弾
  • トワイライトエクスプレス瑞風が大幅遅延やウヤ(運転休み)などで、ブログネタを拾いに行けなかったので、またまたネタ不足に陥りました。(悲)で、困ったときの隠し持ちネタを大放出ということで、今回も京都丹後鉄道の丹後の海トリビアです。丹後の海は、改造時期が異なる各編成によって外装や内装の違いがありますが、今回は天井にぶら下がる豪華なキンキラ金のオブジェについてです。この本金箔が貼られたオブジェは、京都表 [続きを読む]
  • 京都丹後鉄道「丹後の海」のトリビア 第3弾
  • ネタの無い時用にストックしている丹後の海のトリビアです。ここのところネタを探している時間もなく、ドタバタと大忙しなので、ストックしてあるネタの大放出です。(笑)さて、丹後の海の編成毎の微妙な違いですが、前回は座席の布柄でした。これは水戸岡デザインの特徴のひとつでもありますが、他にも水戸岡デザインには特有の手法があります。それは、暖簾です。丹後の海には、自由席車輌にはフリースペースがあり、座席との仕 [続きを読む]
  • 京都丹後鉄道「丹後の海」のトリビア 第2弾
  • トワイライトエクスプレス瑞風の試運転も終了一段落したようで、いよいよ本番間近ですね。さて、今回は同じ鉄分でも、京都丹後鉄道(丹鉄)の丹後の海の話題です。現在は、最後の第5編成となるKTR8015号機とKTR8016号機が改造中ですが、すでに第1編成、第2編成、第3編成、第4編成が運用されています。トワイライトエクスプレス瑞風の山陽コース(下り)の検証に出かけた後、丹後の海(はしだて5号&まいづる5 [続きを読む]
  • 懐かしの500系新幹線の車内を見学できたっ!
  • 休憩できる穴場を紹介した京都鉄道博物館の続きです。京都鉄道博物館では、行ってみると何かしらのイベントをやっていることがあります。12月に行ったときには、マーチングバンドのクリスマスコンサートをやっていましたっけ。館内や車両の飾り付けも、クリスマス仕様でしたよ。で、今回の4月15日は、500系新幹線の展示車両車内を公開して見学できるミニイベントをやっていました。こだまとして山陽新幹線区間を現役で走行 [続きを読む]