高橋 さん プロフィール

  •  
高橋さん: すみだ総合車輛センター
ハンドル名高橋 さん
ブログタイトルすみだ総合車輛センター
ブログURLhttp://sonshivc.blog100.fc2.com/
サイト紹介文主に依頼を受けた鉄道模型いじり。 まれにプラモデル。
自由文鉄道模型製作、改造。
ライト点灯化がお家芸。
まれにプラモデルや鉄道写真、スカイツリーのある地元の話。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供124回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2012/02/12 13:55

高橋 さんのブログ記事

  • 東武6050系、疎開。
  • ダイヤ改正で6050系がこっちのほう(押上)に来なくなるということで乗りに行ってきました!デジカメが壊れたためケータイ電話で撮ったぼんやりとした写真しかありません。☆☆今日を以て隅田川ももう渡らない…コレの折り返しに乗りました。☆下り最終。本当は、以前京急で実施した「地元の駅から乗り換えなしで行けるところまで行ってみよう」企画と抱き合わせて6050系で福島県は会津田島まで行こうと考えていましたが、時間がない [続きを読む]
  • アクラスHOゲージJR205系横浜線H27編成を作ろう5:室内
  • 室内を作っていきます。ここは今までのH28編成、相模線R13編成とほとんど変わらない段取りです。☆裏の設計ミスのリカバリーをしたら光抜けを防ぐブラックを塗ります。☆表面には座席のモールドがあります。まずはこの座席から塗っていきます。☆H27編成やR13編成のときの記事を参考に(これがこのブログの本当の存在意義)、同じ色より少し暗めの色を作りました。少し暗めにする意味は、間近で高橋スペシャル室内灯の光(明るい)を [続きを読む]
  • ゆうゆう鉄道の「古びた納屋」にライトをつけよう2
  • ★光源光源は別にハッキリ見えるわけではないので、得意のチップLEDでなくともOKでしょう。気にすべきは光源の位置と向きと指向性です。天井の高い納屋ですから、光源はおそらくそんなに高い位置にはないでしょう。梁を設けて、そこからぶら下げるように設置します。笠を設けて光の指向性を調整。☆今回初めて使用するLEDです。以前モデラーの先輩に見せていただいたこのLEDの光がいい色合いでしたので、触発されて採用。★ロウソ [続きを読む]
  • ペアーハンズ東武20050系、故障。2
  • ★先を見据えてそういえば東武20050系はもう2本、うち1本は完全新作を手がける予定があって、床下機器も3Dプリントで出してほしいと言われてるんだよなー。いずれ床下機器を設計するなら…☆今しちゃえばいいんじゃないですかね?とりあえずまずは25854号の分だけ。☆一応私は東武鉄道ファンということになっているのに、東武鉄道の床下機器を3D設計するのはこれが初めてです。こちらは東武のブレーキ制御装置。9000系列、10 [続きを読む]
  • KATO近鉄10100系2代目ビスタカー修繕入場!
  • カトーの近鉄10100系2代目ビスタカーがやってきました!当ブログでは依頼としては初登場となる近鉄の車両です!☆気合いの入ったパッケージ!こちらはカトーがレジェンドコレクションシリーズと銘打っているシリーズで、「名車をNゲージで永遠に残していくシリーズ」との事。色々見てみましょう!☆美しい出来です!3+3両の計6両セット。☆中間先頭車になっており、3両だけで運転することもできるようです。モデル編成は大 [続きを読む]
  • ゆうゆう鉄道の「古びた納屋」にライトをつけよう1
  • 今日から始まりました新シリーズ!ゆうゆう鉄道から預かったウッドランドシーニックスの「納屋」に照明を仕込みます!☆以前のゆうゆう鉄道遠征の記事で既に色々見てみましたので、今回は「照明を取り付ける」という観点から見てみましょう。☆「バズの製材所」と違い、こちらは四方を囲まれた一応ちゃんとした建物ですので、チップLEDでなくとも簡単に施工できます。建物の裏側はほぼ素材まんまのようで何の色も乗っていません。 [続きを読む]
  • マイノリティはつらいよ
  • すっかり板についたトミックス動力短縮鬼改造。帯ノコ盤とフライス盤を「すみだ中小企業センター」で使わせてもらって短くする加工をしていました。しかし…この3月をもって同センターが閉館してしまうことになりました。工作機械の使用は3月いっぱいを待たずに終了となり、先行駆け込み加工をすることにしました。☆これでも全然足りませんが…困りました。また新しく加工ができる場所を探さなければなりません。利用者がもっと [続きを読む]
  • ゆうゆう鉄道の「バズの製材所」にライトをつけよう3終
  • テスト点灯です!☆おお〜いいですね!☆光漏れもありません!苦労は報われました!しかし少し明るすぎる気がします…1940年代設定ですから、そんなに明るくては困ります。とは言え固定値抵抗では微調整がしにくい…そんなときは☆ジャーン半固定抵抗です。ドライバーで回して抵抗値を変えられる抵抗器です。コンポとかで音量を変えるツマミは可変抵抗。半固定抵抗は頻繁に調整する必要はないが、何かがあったら調整が必要な箇所に [続きを読む]
  • ゆうゆう鉄道の「バズの製材所」にライトをつけよう2
  • 本体の加工です。☆屋根をひん剥きました。やーねー。このように何もしないままでは光がスケスケになってしまいますので遮光をします。ただし、裏側と言えど一部に壁のない製材所においては裏側も表側です。ブラックに塗ったあとリカバリーしなきゃなりません。☆厄介なのはここです。よく見える上に複雑な塗り分けがされています。あとから元に戻せるように資料としてたくさん写真を撮っておきました。ブラック。今回、新しくガイ [続きを読む]
  • アクラスHOゲージJR205系横浜線H27編成を作ろう3
  • キットを組み立てます。まずは足回りからやっていきましょう。下から攻めていく理由ですが、ボディを作る際に床板の集電機構と合わせる事情もあるし、ブログ的にも盛り上がるボディ製作が後半にきたほうがいいのです。★組み立て☆走行化セットは純正品を使用します。最近値上がりし、H28編成のときは2両分700円くらいだったのが、今は1両分1,700円。5倍強。ふざけてます。見た目も機能も変わらないのに!☆なんというスペース [続きを読む]
  • アクラスHOゲージJR205系横浜線H27編成を作ろう2
  • 「2」を公開していたと思っていたらしてないという大失態。年明けに「1」を打ってからだいぶ期間があいてしまったよ…まずは外注部品の設計からです。H27編成における外注部品とは、ATC装置(3Dプリント)と一部の車両マーク(所属表記)です。★床下機器HOサイズの床下機器の設計はほぼ初めてです!Nゲージのものより攻めた設計にできますのでとことん攻めてみましょう。☆ベースはNゲージの似た機器を使用。こちらは東急9000系 [続きを読む]
  • ペアーハンズ東武20050系、故障。1
  • 今日から始まってしまいました新シリーズ…以前製作したペアーハンズの東武20050系が故障してしまいました!故障したのは動力。あるとき突然動かなくなったそうです。さっそく色々見てみましょう。☆今でこそ動力はトミックス鬼改造18m動力ユニットを使っていますが、当時はその技術は確立されておらず鉄コレ18m動力を使っていました。壊れたのはこの動力ユニットです。通電不良などはなく、モーターの端子にバッチリ電気がきてい [続きを読む]
  • 音楽脳が活性化週間
  • 本日、江東区文化センター春のぶんか祭に出場してきました。私は「江東区合唱連盟」の有志として合唱に参加です。今回は歌だけでなくピアノ伴奏もしました!かなり久しぶりで且つ合唱の伴奏としては初めてに近いです!この日のために仕事が終わったらずーーーーーーっと練習をしていてブログの更新はサボっていました。(1日4時間は弾いてたと思う)一部では死亡説もささやかれていましたが、私は生きています。当時あまり何も考え [続きを読む]
  • 日車夢工房HOゲージJR313系3000番台を作ろう10最終回:楽園鉄道を走る!
  • 某日、引き渡しと試運転を兼ねて楽園鉄道に出張してきました!☆初入線。何周かしたら☆相方になる211系と並び。☆ついに併結!連結面間隔は広いと思います。動力の協調性はいいと思います。☆美しいプロポーションです!かっ飛ばす313系。走行はバッチリです!☆さて総括です。今回初めてHOゲージの真鍮キットを扱いましたが、塗装だけというのもあり特になんてことはなくすんなりこなせました。苦労した点はすべて「真鍮だから」 [続きを読む]
  • 日車夢工房HOゲージJR313系3000番台を作ろう9:組み立て2
  • 最後の組み立てをしていきます。☆こちらはドアの横につく表示窓。☆半自動ドアボタンはキット付属のものではなくトレジャータウンのものを使用。表示窓と半自動ドア、どちらもシルバーですが質感が違うためそれも表現しました。表示窓はアルミシルバー、半自動ドアはメッキシルバーです。☆室内表現はこんな感じです。ベース板に椅子パーツが接着剤で取り付けられています。奥の仕切りは便所スペースです。☆こんなふうにベース板 [続きを読む]
  • 日車夢工房HOゲージJR313系3000番台を作ろう8:電装パーツ四苦八苦
  • 電装パーツを作っていきます!プレーンな状態のキットには電球によるライトユニットが入っていますが、こちらは照度も起動電圧も見た目もイマイチなので、チップLEDを使った特性ライトユニットに交換します。☆スペースに余裕があるため、基盤を使用します。運転席パーツはネジ留めするので、そのネジに噛まします。回路の設計にあたっては目標値を設定する必要があります。なにしろ初めての真鍮ボディ、初めてのキャノンモーター [続きを読む]
  • 日車夢工房HOゲージJR313系3000番台を作ろう7〜組み立て1〜
  • 細かいパーツ作りと組み立てをしていきます!☆こちらはクーラーです。塗装がしてありましたが全て剥がしてやり直します。金属パーツですからそのままシンナーへドボン。ボトルの中で済むくらいの少量のものなら、IPAでなくシンナーを使ってしまうことにしました。☆こういったバリも処理。☆ツヤありライトグレーを吹いたあとにメッキシルバーNEXTです。ベースが梨地なので本物のようなテカテカ感はありませんが、ただのシルバー [続きを読む]
  • 日車夢工房HOゲージJR313系3000番台を作ろう6:ボディ塗装完了
  • 見過ごせないホコリやなんかがついてしまった場合はそこだけやり直します。メッキシルバーNEXTの場合はちょっと面倒くさく、研いだあとに下地の白を塗ってからメッキシルバーという2段階を踏まなくてはなりません。下地の状態がモロに反映されてしまうメッキシルバーNEXTですから、白を塗らないと思いっきりキズが入ったようになってしまいます。もちろん全面やり直すのではなく、モールドを見て境目にできる箇所を見極めてその区 [続きを読む]
  • ゆうゆう鉄道の「バズの製材所」にライトをつけよう1
  • 今日から始まりました新シリーズ!と言ってもたぶん3回くらいで終わります笑ゆうゆう鉄道から預かったウッドランドシーニックスの「バズの製材所(Buzz's Sawmill)」に照明を仕込みます!☆以前のゆうゆう鉄道遠征の記事で既に色々見てみましたので、今回は「照明を取り付ける」という観点から見てみましょう。☆照明がつく位置は、ある意味もう決まっているようなものです。というのも、照明のモールドが5箇所に既にあるのです。 [続きを読む]
  • 日車夢工房HOゲージJR313系3000番台を作ろう5
  • いよいよ塗装です。気合いを入れてかかりましょう。☆まずはプライマーを吹きました。無色透明なので画像ではわかりませんが、吹きました。☆次にサーフェーサーを吹きました。シルバーの塗装の仕上がりやモールドのシャープさを考えたらあまり何層も下地に使いたくありませんが、プライマー入りサーフェーサーを使うより食い付きがいいのです。サーフェーサーは下地がどのように仕上がっているのか確認するのに必要だから省略でき [続きを読む]