吉井英二 さん プロフィール

  •  
吉井英二さん: 吉井英二の『公務員試験対策』
ハンドル名吉井英二 さん
ブログタイトル吉井英二の『公務員試験対策』
ブログURLhttp://ameblo.jp/karisuma-koumu-in/
サイト紹介文未来を担う公務員受験生に、公務員試験の択一、論文、面接対策、試験情報まで、各種情報を発信します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2012/02/13 16:48

吉井英二 さんのブログ記事

  • 『市役所★面接再現レジュメ』リリース!
  • 2017年度 公務員試験も、いよいよ後半戦!『市役所』の面接シーズンに入ってきました。ということで、現在多くの方にご活用頂いている面接再現レジュメにつき、『市役所バージョン』を作成しました!・浦安市・船橋市・松戸市・千葉市・市川市・武蔵野市・川崎市などを中心に、H28,27年度の面接再現を10人分掲載してあります。(全81ページ)これまでのシリーズ同様、単なる質問集ではなく、面接官の質問に対し、 [続きを読む]
  • 川崎市・面談再現のレジュメ、無料で提供します!
  • 皆さん、こんにちは!川崎市を受験される方に向け、『川崎市・一次面談の再現レジュメ』を無料で提供致します。※全16ページなお、スキマ時間を使っての荒作業でしたので、誤字や読みづらい個所もあると思いますが、ご容赦ください。提供条件は以下の通りです。 受検後、面接の再現を作成し、私にお送り下さい。その際、面接官の質問だけでなく、皆さんの回答、それに対する深堀なども含め、 『できるだけ詳細に』再現をして下さ [続きを読む]
  • 併願してる場合にどう差別化するか?
  • 皆さん、こんにちは! 公務員試験では、複数自治体(省庁)を『併願』するのが一般的ですが、その場合、面接官から、『なぜ、地元ではなくこっち?』『●●市とうちの市は何が違うの?』 など、その差別化を聞かれる事が多く、この点で悩む受験生は多いです。これに関するコツは、まずは、両自治体(省庁)の『客観的な違い』をあげます。可能な限り、多角的な視点で。・使命 ・施策・規模・抱えてる課題 ・職員の雰囲気 ・街並み [続きを読む]
  • 政策の勉強のコツは?
  • 皆さん、こんにちは!今回は、面接試験における、『政策』の準備方法を簡単にアドバイスします。 ますは、『自分が取り組みたい分野』を決めます。例えば、防災、子育て支援など。 その分野に関して、『受験自治体が実施している政策』を2つほど調べます。そして、それぞれの政策につき、・内容をしっかり説明できるように。・なぜその政策に関心をもったか?・その政策は必要か?・必要であれば、今後推進するに当たり、何 [続きを読む]
  • 町田市・対策レジュメを無料提供します!
  • 皆さん、こんにちは! 現在私は、連日、面接カウンセリング(模擬面接)や面接カードの添削をしておりますが、 改めて痛感するのは、論文対策を本格的に行ったか否かで、面接力に大きな差が開いている事実です。 論文対策を通じて、政策知識、論理的思考力、語彙力を格段に向上させた方は、カードの文章や喋りも、やはり理路整然としており、比較的スムーズに面接力も向上していきますが、そうでない方は、カードの文章一つをとっ [続きを読む]
  • 都庁受験生にお知らせ
  • 皆さん、こんにちは!都庁の一次試験を合格された皆さん、おめでとうございます! いよいよこの後、、最終決戦となりますので、知力、体力、ネットワーク、資金、持てる全ての資源を総動員して、最高の準備を整えるようにして下さい。 面接後に、『もっと●●や△△をしておけば良かった・・・』とならないように。『後悔 先に立たず』です。 一方で、悔しい結果に終わった方も、『面白くなってきた!ここからだ [続きを読む]
  • 民間と公務員の違いは?(面接必須!)
  • 皆さん、こんにちは! 本日、ツイッターにて、『民間と公務員の違い』について、面接でどう回答するか?につき、皆さんに意見を伺ったところ、多くの貴重なご意見を頂くことができました。吉井 英二(公務員試験講師)@eiji_yoshii 『民間と公務員の違いは何?』 この質問に 皆さんはどう答えますか? もちろんたくさんありますが、 『これだけは外せん!』と、 一番最初に言うものは? 皆さんのリプライ、お待ちしてお [続きを読む]
  • 裁判所の面接と武蔵野市・集団面接
  • 皆さん、こんにちは!本日私は、面接カード添削、面接カウンセリングのご受講生に向け、『裁判所職員』用のカード添削をしておりますが、気付いた点があります。それは、ほとんどの方は、志望動機が、『自身のトラブル経験』や、『裁判所との直接の関連』はなく、基本的には、・説明会・裁判の傍聴を軸に、裁判業務に魅力を感じ、『●●がしたい』となっている点です。 ちょっと深いバージョンでも、・法学部の出身・法 [続きを読む]
  • 面接は『納得』と『共感』で決まる。
  • 皆さん、こんにちは!先日、横浜市の面接再現をチェックしておりました。その中で、ちょっと思った事を書いておきます。この受験生は、①『マスメディア』系のアルバイト   ↓②登記などの『法律』を扱う業務という職歴をもっていて、その後、③『横浜市職員』を志望しています。なんで転職?一貫性なくない?その説明として、そもそも『情報を人にわかり易く伝えたい』   ↓マスメディアでバイト   ↓しかし正社員に [続きを読む]
  • 仕事は期限と完璧さ、どっちが大事?
  • 皆さん、こんにちは!面接試験では、以下の質問がなされることがあります。期限と完璧さは、どちらが大切ですか?期限までに間に合いそうにない場合、『期限を守って』完璧さを捨てますか?それとも、多少期限に遅れても『完璧なもの』を出しますか?この質問は民間の面接試験でも聞かれる事が多いと思いますが、実は中々難しい。当然ケースバイケースだし、絶対的な解答はないと思いますが、原則論・一般論としてはどうな [続きを読む]
  • 『公務員を一ヶ月で辞めた男』の面接術・続編
  • 先ほどの記事に続き、『公務員を1か月で辞めた男の面接術』の続編です。公務員を1か月で辞めたA君が、独立行政法人(30倍近い倍率)から見事、内定を獲得した理由について、以下、本人の了承の下、『A君から頂いたメール』を、微修正を加えた上で、掲載します。内定の決定打は、『前職を辞めたこと』に対して、『自信』を持って面接にのぞめたことです・やはり、1ヶ月で仕事を辞めると、社会から受け入れてもらえないのが現 [続きを読む]
  • 『公務員を1カ月で辞めた男』の面接術①
  • 皆さん、こんにちは!かつて私の教え子に、『公務員を1カ月で辞めた男』がいました。彼は、学生時代『都庁』を目指しており、『教養論文』や『専門記述』は、私の講座を受講し、万全の対策をしていました。最初は文章力が微妙で、私も厳しく『かわいがり』をしていましたが、その素直さもあり、何度も指導するうちに、メキメキ文章力もアップし、合格レベルには完全に達していました。しかし、『教養択一』が1点差で足切り [続きを読む]
  • やっぱり『過去の活動』は大事!
  • 皆さん、こんにちは!本日、『裁判所の面接再現レジュメ』の注文がかなり入り、『??』と思ったら、裁判所の一次発表だったのですね。見事合格された皆さん、『ここで必ず決める!』強い覚悟で、面接対策を通じた『自分磨き』に励まれて下さい。 ということで、今回は、『短期の金融機関経験者』(しかも地方の銀行)が、『東京の裁判所職員』に見事『トップ級の順位』で合格した話をしておきます。この方は、大学こそ東京 [続きを読む]
  • 面接で上手く喋るには?
  • 皆さん、こんにちは! 連日、面接カウンセリングを実施していますが、やはり改めて痛感するのは、『上手く喋れない人が多い』という事実です。 もちろんその原因は様々ですが、主には、以下が考えられます。 ①語彙力の不足。 例えば、『〜〜。なので、〜〜』『〜〜。だから、〜〜』などのくだけた表現を安易に使ってしまう人は多いです。 しかし、面接などの公式の会話では、『〜〜。そのため、〜〜』 [続きを読む]
  • 公務員は地味な仕事が多いよ?
  • 皆さん、こんにちは! 面接試験では、皆さんは、『あなたの取り組みたい事』に関して聞かれます。 そして、観光振興、子育て、高齢者問題などなど、 その必要性の高さや、過去に取り組んできた経験をもとに、当該自治体の実情も踏まえつつ、 様々な夢や政策を語ることになります。 ところがその後、面接官はこう言います。 行政の仕事は多様で、中には、『地味でコツコツ』やっていかないといけな [続きを読む]
  • 裁判所職員の志望動機
  • 皆さん、こんにちは! 今回は、裁判所の志望動機について、一言アドバイスです。まず、裁判所が第一志望である方は別として、 『裁判』という特殊領域で、『事務』というサポート業務に携わりたい。その想いを、説得力のある回答をするのは、かなり至難の業で、現在、多くの方が悩んでいる事と思います。ということで、あくまでも参考として、裁判所の志望動機につき、ある種『無難』なパターンを紹介します。【裁判 [続きを読む]
  • 待ち時間は何をしていたか?
  • 皆さん、こんにちは! 今回は、H28年度、横浜市の面談再現から一言。 場面は、面談の冒頭です。 面:待ち時間は何をしていたか? 受:自分がこれまで行ってきた経歴などを振り返っていました。 面:趣味に『最近のニュースを調べる』とあるが、それはやっていなかったのか? 趣味にテニスと最近のニュースを調べると書いていたため、 それを指摘されてしまい、『やってしまった』と焦る [続きを読む]
  • コミュニケーションとは?
  • 皆さん、こんにちは!さて、いきなりですが、今回は『コミュニケーション』について、思うところを書いておきます。そもそもコミュニケーションとは、①自分の考えを②文字や言葉に転換し、それを③各種手段を使い、相手に発信します。※『受信側』の話は、今回は割愛します。その③発信手段とは、・会って対面で話す・電話・メール・SNSなどなど、近時は様々です。最近よく、『メールだと思いが伝わりにくい』とか、『SNS [続きを読む]
  • 3年後の自分(続き)
  • 皆さん、こんにちは!今朝のブログで、市役所の願書提出時の面談における、職員になって3年後、自分はどうなっていると思うか?そうなるために何をすべきか?という質問の話を書きました。これに対するある受験生の回答を紹介します。【三年後の自分】自分が職員として提案・発信したものが、何らかの形になって、市民に還元できていたら嬉しいです。例えば、『新たに●●市に転居してくる学生』を対象として、ゴミ収集日や市内 [続きを読む]
  • 3年後の自分
  • 皆さん、こんにちは!市役所などでは、『願書提出時に軽い面談』が実施されることがあります。 その中で、東京都・八王子市における共通質問として、以前、・職員になって3年後、自分はどうなっていると思うか?・そうなるために何をすべきか?というものがありました。この手の『挨拶代わりの面談』で、あまり小難しい事を言うと、かえって逆効果になりがちです。人間は、論理と感情で動くことが多いですが、 実際は [続きを読む]
  • 集団討論『移民受け入れの是・非』
  • 皆さん、こんにちは!前回の記事で、集団討論には、『チームで課題の結論を出せ』以外に、『〇〇の賛・否』について、『賛成派と反対派を対決させる』パターンもあり、この手の討論では、『己の主張を説得的に論証』する必要がある旨を書きました。今回は、そのコツをお話します。例えば、『外国人移民の受け入れの是・非』がテーマの場合、半数程度の受験生は、以下の主張をするはずです。少子・高齢化、人口減少社会の中、わが国が [続きを読む]
  • 集団討論の『意外な落とし穴』とは?
  • 皆さん、こんにちは!今回は、2017年受験生にとっては、まだ未知のゾーンと思われる『集団討論』についてお話します。一般的な集団討論は、『市の交流人口を増やす策』『まちの知名度向上策』などの一定の課題につき、皆で議論して『結論』を出す!というものです。予備校やネットなどから、基本的な戦略は、皆さん、十分理解していると思いますが、 実は、多くの受験生が意識していない、『落とし穴』があります。&nb [続きを読む]
  • 『不確定要素』を排除するためにすべきこと。
  • 皆さん、こんにちは!公務員試験は、論文・面接・集団討論など、採点基準や評価方法が不透明で、採点者の主観・裁量に左右される試験が多く、この時期、受験生としては、非常に不安な日々を過ごすことになります。しかし、だからこそ、『運だから仕方ないよー』と開き直るのではなく、高い意識をもち、徹底的に自己の内面・表現力・人間性を向上させ、可能な限り、上記の『不確定要素を排除』する事が重要になります。是非、 [続きを読む]
  • 『謝罪』
  • 皆さん、こんにちは!いきなりですが、面接試験で、『接客におけるクレーム対応』について質問された際、一般的な回答はまずは、①『不快な思いをさせてしまったこと』について謝罪   ↓そして、②相手の話をよく聞いた上で、当該クレームへの対処   ↓その後、③再発抑制のため、チームをあげての取組み多くの方は、こんな感じで話すと思います。もちろん、より上級者バージョンもあるし、 具体的なエピソードを交 [続きを読む]
  • 面接で『分かりやすく喋る』には?
  • 前回のブログで、面接試験における『分かりやすい喋り』の重要性について述べました。 では、これは『どうすれば』身につけられるのか?そもそも『分かりやすく喋る』には、 『整理整頓された思考』が必要です。自分が整理できてないモノを、他人に分かりやすく説明することは不可能です。そして、『思考を整理整頓』していくには様々な方法がありますが、例えば、・時系列を明確にする。・5W1Hを常に意識す [続きを読む]