吉井英二 さん プロフィール

  •  
吉井英二さん: 吉井英二の『公務員試験対策』
ハンドル名吉井英二 さん
ブログタイトル吉井英二の『公務員試験対策』
ブログURLhttp://ameblo.jp/karisuma-koumu-in/
サイト紹介文未来を担う公務員受験生に、公務員試験の択一、論文、面接対策、試験情報まで、各種情報を発信します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2012/02/13 16:48

吉井英二 さんのブログ記事

  • 面接『これまで頑張った体験②』
  • 前回の記事で、『これまで頑張った体験』に関し、抽象的な考え方を書きましたが、今回は、これまで私が受験生から聞いた例の中で、『これは凄い』と唸らされた事例を紹介します。その概要は以下の通りです。 大学生の頃、友人達と一緒に『スキューバダイビングのサークル』を創設した。まず、サークルの活動目的・内容につき、『ダイビングを楽しむだけ』にするか、『環境保護として、海の底のゴミを拾う』も取り入れるかで [続きを読む]
  • 面接『これまで頑張った体験①』
  • 皆さん、こんにちは! 今回は、面接試験の最重要項目の一つである『これまで頑張った体験』について、簡単にアドバイスをしておきます。前提として、私は、頑張った体験について、どんな内容を言おうが(常識の範囲内で)、『喋りがしっかり』して、『感じのよい人』は合格すると思っています。『喋りがしっかり』しているとは、面接官の質問に対し、的確な回答を、適切な語彙で、迅速に行える、ということです。しか [続きを読む]
  • 面接『志望動機について』
  • 皆さん、こんにちは!以前にも書きましたが、再度『志望動機の論理構成』について、コメントしておきます。そもそも、皆さんは『①(例えば東京都)という場所で、②(例えば子育て支援)という問題に取り組みたいから』公務員を志望したはずです。この①②が、志望動機の主な構成要素ですが、今回は、中でも②『やりたい事』について考察しておきます。自分のやりたい事が決まったら、とにかくまずは、その『根拠』『理由』 [続きを読む]
  • 面接『プレッシャーの克服方法』
  • 皆さん、こんばんは!面接試験では、『プレッシャーを克服した経験は?』について聞かれることがあります。このテーマを考えるにあたり、まずそもそも、我々はどんな時に『プレッシャー』を感じるのか?この点をじっくり分析する必要があります。ゼミの発表仕事での大きなイベント部活・サークルの大会 もちろん様々なケースがありますが、ここで重要なのは、具体的事例を『あーだこーだ』と考えるより、 我々に『プ [続きを読む]
  • 『志望動機の箇条書き』について
  • 皆さん、こんにちは!現在、面接カードに悩んでいる方も多いと思いますので、 今回は、『志望動機』について、ちょっと一言。たまに、志望動機を『箇条書き』で①〜〜〜②〜〜〜③〜〜〜と、記載する方がいますが、 『個人的には』あまりお勧めしません。確かに、わかりやすいし、論理的っぽいし、問題ない気がするかもしれません。しかし志望動機は、通常は、面接の冒頭で聞かれる『自己紹介』に近く、また、自分 [続きを読む]
  • 面接試験『短所のリスク』
  • 皆さん、こんにちは!先日、面接における『短所』の話をしましたが、 これは、考えれば考えるほど厄介なテーマです。例えば、長所に『集中力・継続力』を持つ方が、短所として、 目の前の業務・作業に『集中』するあまり、『〜〜〜な時』がある。 と言うとします。ところが、この〜〜〜に何を言うか? 一般的に考えられるのは、『視野狭窄』による、『全体の俯瞰・長期の視点』が疎かになること。具体的 [続きを読む]
  • そろそろ『面接への意識』も!
  • 皆さん、こんにちは。 ここ数日、『面接カウンセリング』のお申込者が急増しています。 筆記後の『面接』を意識する方が増えてきたのでしょう。 目の前のことに集中しつつも、『先』のことも同時に見据える。高層ビルのてっぺんからこまごました地上を見下ろすような、全体を『俯瞰』する力は、何事においても重要です。 さて、この後、皆さんの多くは、面接試験という『大きな試練』に臨むこととなりま [続きを読む]
  • 『教養論文の注意・最終確認』
  • 皆さん、こんにちは!都庁・特別区の本試験もいよいよ目前に迫ってきました。現在私は、連日、数十通の論文の添削をしていますが、添削を通じて気付いた点など、『論文における注意事項』を最終確認しておきます。まず、論文試験は『標準的な政策知識』をもとに、『論理力』『思考力』『表現力』を問う試験であり答案作成において重要なことは、『問いに正確に答える』ことを大前提とし、『論理的で分かりやすい答案』を作成す [続きを読む]
  • 論文『待機児童問題』を完璧に!
  • 皆さん、こんにちは!今回は、論文テーマの王道中の王道!『待機児童問題』についてです。この時期、ほとんどの受験生は、『それはさすがに完璧!』とは思いますが、 仮に出題があった場合、『ハイレベルな戦い』が予想されますので、念のため、最終確認しておきます。そもそも、待機児童が発生する要因は、①『保育所の利用希望者(需要)が増加』しているのに、②『保育所の供給』が追いつかない事にあります。そして [続きを読む]
  • 面接『短所・改善したいこと』
  • 皆さん、こんにちは!まずはお知らせからです。『都庁試験』を目前に控え、本年度の都庁専門記述で『出題が予想されるテーマ』につき、『超分かりやすい論理的な答案』と『1テーマ5分前後でスパッと頭に入る動画』を用意しました! 憲法・民法・行政法・政治学・行政学、各テーマ5〜10問程度で、各2000円でのご提供になりますので、都庁に必勝を期す受験生は、最後のひと押しとして、是非ご検討頂ければと思います。↓↓ [続きを読む]
  • 横浜市の『専門時事論文』について
  • 皆さん、こんにちは! ツイッターの方で、横浜市の『専門時事論文』について質問を頂きましたので、 その対策の仕方について、私の考えを簡単に整理しておきます。横浜市の『2次試験』は①200点満点の面談と②100点満点の専門時事論文で合計『160点』以上を取れば合格といわれてます。しかし、論文には『基準点』があり、①②合計で合格点に達しても、専門論文の『アシ切り』にあうと、一発アウトです。専門論文に [続きを読む]
  • 論文:健康増進とスポーツ推進
  • 昨日、ツイートしましたが、最近、論文の添削をしていると、『住民の健康』というテーマで、『スポーツ』の話をひたすら書く人が目立ちます。 もちろん、それも間違ってはいませんし、なんとか苦心して書いてるのも分かりますが、 『健康にはスポーツが大事だ!』と書き、その後『スポーツ推進策』をそのままコピペする。 こうした答案が非常に多いです。 もちろん、健康の維持・増進には『スポーツ』が大 [続きを読む]
  • 『職員として施策を立案せよ!』(後編)
  • 皆さん、こんにちは!前回の記事の続きです。テーマは『千葉県庁・H20年度』の論文で、再度問題を掲載します。あなたは、自治体の職員として新しい施策を立案しようとしています。そのために、あなたはどのような世論調査のアンケートを実施し、その結果をどのように生かして立案していきますか。施策のテーマ、アンケートの対象者と内容、その生かし方を自由に想定して書きなさい。さて、一体、どこからどう考えればよいか?相当 [続きを読む]
  • 論文『職員として施策を立案せよ』(前篇)
  • 皆さん、こんにちは!今回は『教養論文』に関するちょっと厄介なテーマを考えてみたいと思います。扱うテーマは『千葉県庁・H20年度』のもので、問題は以下の通りです。是非、じっくり読んでみてください。あなたは、自治体の職員として新しい施策を立案しようとしています。そのために、あなたはどのような世論調査のアンケートを実施し、その結果をどのように生かして立案していきますか。施策のテーマ、アンケートの対象者と内 [続きを読む]
  • 都庁・特別区『直前論文講座』リリース!
  • 皆さん、こんにちは! いよいよ、都庁・特別区の本試験が目前となりましたが、ここにきて不安を増すのが『論文試験』でしょう。例えば、特別区においては、概ね50点前後が筆記のボーダーとされる中、41点でも『最終合格』に至る受験生が存在する一方、60点越えでも『一次試験で不合格』になる方も、毎年、決して少なくない割合で存在します。 それだけの『大逆転劇』が発生する要因が、教養論文です。しかしなが [続きを読む]
  • 志望動機の練り方(②実践編)
  • 前回の記事の続きです。まだご覧になってない方は、是非、こちらを先にご確認ください。前回は『志望動機の構成要素』の話をしました。以上の要素をもとに、面接官に、自分の考えを『わかりやすくスパっと伝える』には、以下のフレームでまとめるとよいです。【志望動機のフレーム】私は、〜〜時代に○○に取り組んだ経験や、●●という思いから、『△△』(自分の取り組みたい分野)を通じて社会に貢献したいと考えております [続きを読む]
  • 『志望動機』の練り方(①)
  • 一次試験も目の前に迫り、 受験生の皆さんは、択一や論文、専門記述の最後の追い込みをかけている事と思います。そんな直前モードの受験生を更に悩ませるのが、『エントリーシート』です。エントリーシートを早い時期に出させる自治体もあり、とりわけ『志望動機』に関して悩んでる方は多いと思います。ここで書いた事は、撤回は許されず、後の面接本番に影響するため、忙しいからと手を抜くと、後々大きく後悔するこ [続きを読む]
  • 簡潔な文章を!
  • 皆さん、こんにちは!ややクドイかもしれませんが(汗)、今回も、『教養論文の注意点』を書いておきます。私の論文講座を受講されてる方は、私がクドいほど、『文章力、文章力』と言ってきたので、その多くは、昨年度の優秀答案にひけをとらない、高水準に仕上がってきたようです。しかしながら、『一つ一つの文章』は問題なくても、読み終わると、結局何が言いたかったのか、『頭にほとんど残らない』答案は、まだまだ結構あり [続きを読む]
  • 法律・学系を『あっという間』にマスターする!
  • 皆さん、こんにちは!twitterの方で、アガルートの憲法・民法を受講されてる方から、今後短期間で行政法・政治学・行政学をマスターするにはどうすれば?との質問を頂きましたので、ブログの方でも軽く整理・確認しておきます。 まず、本試験においては、奇問・難問が出まくる不運も起こるし、本人の理解・暗記・文章読解力が不十分な場合もあるので、 『△△をやれば、確実に○○点とれる』と断言するのは難しいですが [続きを読む]
  • 論文ではどこに『頭』を使うべき?
  • 皆さん、こんにちは!前回の記事に続き、教養論文の添削をしていて感じたことを、もう一点、書いておきます。 論文では、ある事象の『解決策』を求められることが多く、受験生の中には、この解決策を考えるのに『頭を使う』方がいます。そして、せっかく色々考え、様々なアイデアが浮かんだのだから、自分の知ってる事、気付いた点などは、『全て書きたい欲求』にかられます。ところが、字数、制限時間など、本試験では、も [続きを読む]
  • 受験先を意識した答案を!
  • 皆さん、こんにちは!直前期になりましたが、今回も、教養論文の添削をしていて感じた点を、2点書いておきます。まず1点目ですが、『自分が受験する試験種を想定した答案』になりきれてないケースが目立ちます。アガル―ト論文講座の模範答案などで、 ・標準的な知識・分かりやすいシンプルな理論構成・適切な語彙こうした『論文の地力』はしっかりマスターした上で、 答案に『説得力・メリハリ』をつけ、『受験先 [続きを読む]
  • 後悔しない文章力
  • 皆さん、こんにちは!今回は、直前期という事もあり、論文の添削をしていて、思った事を『ズバリ』書きます。まず前提として、論文意識の高い受験生は、・問題文から課題を発見する能力・データの適切な引用・解決策の提示こうした部分において、ほとんど差はありません。みんな『同じような内容』を書くし、違う内容でも、特に甲乙は付けがたいです。しかしながら、実際に添削をしていると、『安心してスムーズに、サ〜っと読め [続きを読む]
  • 『まち歩き』の落とし穴
  • 皆さん、こんにちは!本試験を目前に控え、現在、『一次試験の最終的な追い込み』に励んでいる方は多いと思いますが、一次試験が終わると、受験界は『直ちに』面接モードに突入します。 驚くほど、『パシッと』切り替わります。 そこで今回は、近時の面接対策で必須ともいえる、『まち歩き』について書いておきます。自治体系を受験する場合、『まち歩き』の必要性、有益性は誰もが異論はなく、面接においても、『ま [続きを読む]
  • あなたの『使命』は?
  • 皆さん、こんにちは。今回は、『面接』に関するある受験生からの相談をもとに、思う所を書いておきます。その方は、大学に入学後、自分の進路について思うところがあり、大学を『休学』しました。その後、休学期間中に『やりたい事』をみつけ、公務員を志望したとの事です。こうしたグレーゾーンを抱える受験生は、少なくないと思います。 実際、昨年私が模擬面接や面接相談に乗った受験生は、そのほとんどが、転職2回 [続きを読む]
  • 論文の冒頭で『課題をまとめ書き』することの是非
  • 皆さん、こんばんは!まずはお知らせです。いよいよ本日より、2018年向け『アガル―ト公務員講座』が販売開始となりました! 発売記念キャンペーンとして、『20%オフ』となりますので、 2018年度の合格に『必勝』を期す方は、是非、ご検討頂ければと思います。↓↓↓詳細はこちらへどうぞ。 さて、話は変わりますが、今回は『論文の添削』をしていて、気になった点を書いておきます。 論文で、空き家や [続きを読む]