しんじ さん プロフィール

  •  
しんじさん: エクステリアプランニングショップ4128
ハンドル名しんじ さん
ブログタイトルエクステリアプランニングショップ4128
ブログURLhttp://shinji4128.blog.fc2.com/
サイト紹介文品揃えはエクステリア・住空間のデザインと、身近な自然の写真と動画の仮想SHOPです。
自由文近くの山や公園、社寺等の景観、樹木を中心とした植物の写真や動画にしてyoutubeにアップロードしたもの及び、3Dソフトで作成した住宅の外観、エクステリア、インテリアの絵を載せた画像中心のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2012/02/13 00:46

しんじ さんのブログ記事

  • 鈴柴胡
  • 二上山の中腹、日当たりの良い尾根の岩場です。なぜ日当たりが良いかというと、あまり樹が生えてないから。土らしきものがほとんどないし、風強く植物にとっては厳しい環境だと思います。そこに生えてたのがこれ。樹が生えている所と生えてない所の境目ぐらいの場所です。今年の梅雨は雨が少なくこの辺りはカラカラに乾き、付いていた花や蕾は結実することもなく全て落ちてしまいました。8月に入りようやく雨の日が増え潤いがも [続きを読む]
  • 黄吊舟
  • 前回、オオナンバンキセルを撮った後の帰り道は碓井林道を通りました。その時キツリフネの花が咲いていたのですが、帰宅を急いだので写真は撮りませんでした。が、そのキツリフネがすこーし小さかったような気がして、別品種じゃなかろうかと思い再度出かけることにしました。碓井谷、谷川のすぐそばです。この横向きの黄色いやつです。ここのキツリフネは群生しています。沢山生えてはいますが花はそれほど多くない。もう、時 [続きを読む]
  • 大南蛮煙管、他 葛城山
  • おお、葛城山が呼んでいる。行かねば。到着です。まずのお出迎えは。おおっ、これはナツノタムラさん。お初にお目にかかります。やっぱ咲いてはったんですなぁ。ほぼ、アキノタムラソウと変わりはないですが少し花が濃いです。蕊の様子もちょっと違うみたいです。この写真を撮っていると熟年の下山客が3名、"ナツノタムラさんです"と教えてあげると興味を抱いたらしく写真を撮って帰られました。こちらはその間撮影中断 [続きを読む]
  • 岩煙草・二上山
  • 五月の初めにタニギキョウを探しに行ったとき、薄暗い谷の崖にイワタバコが生えているのを見つけました。大きな葉っぱが岩肌からまばらに垂れ下がっていたのですが、もちろん花はまだ。8月には開花するということで今回、見に行ってきました。え〜本日、終日曇りの予報。雨が降りそうな気配がありましたが、やはり山近くに来ると降ってきました。結構激しく降ってきたので高架下で雨宿りです。ほぼ止んだので山に向かうも、再度 [続きを読む]
  • 藤空木
  • おおっ、金剛山が呼んでいる。行かなくては。という事で行ってきました。石ブテ東谷です。とりあえず滝の手前までやってきました。前途は多難なので今回は頂上を目指すのは止めたいと思います。下界はもう大変暑うございますが、ここは涼しいです。水も流れてるし。じっとしてたら汗もかかんです。何か珍しいものがないかと思って周辺をよ〜く見ながら歩いてきたんですが、特にこれと言ってなかったですなぁ。で今回は、花が [続きを読む]
  • アーティチョーク
  • 二上山を離れて、たまにはちょっと派手目のものを。去年、でっかい花が咲いていたところへ寄り道をしてみたいと思います。”でっかい花だった” だけは覚えているけど花は忘れた。えーとこの辺でしたかな。ううっ、あった。今年も咲いてますなぁ、でっかいの。むらさき色の花です。うううっ、これはもしかして ア・ザ・ミ・?背が高いです。1mを少し切れるぐらいです。1.5-2.0mくらいまで大きくなるそうです。花の下の [続きを読む]
  • 白木2017
  • いつもの二上山ですが、今回は久しぶりに奈良側から登ってみました。梅雨だというのに雨が少なく、谷川の水はほとんど流れていない。ブヨがいっぱい。目の前をウロウロする。初お目見えの植物もなく、何もいいことは無かった。今年はきれいなのを撮ろうと思っていたあの気持ちの悪いギンリョウソウもなかった。仕方がないのでシラキの花でも撮って帰ることにしました。もう2週間ほど前から咲いていたような気がしますが、ここは頂 [続きを読む]
  • 岩絡み
  • 二上山のアジサイの花が咲き始めました。街中ではアジサイの花はもう開花していますが、低山と言えども多少は気温が低いせいか二上山のアジサイはまだ咲き始めたばかりのです。咲き始めたのはガクアジサイでアジサイの方はまだです。装飾花が淡い青で両性花が青のタイプ、いい色合いだなと思いつつ山側に目を転じると、真っ白いのが...イワガラミです。絡んでますなぁ、なんかに。ガクアジサイに負けないぐらいの大きな花を付け [続きを読む]
  • 紫式部
  • 相変わらずの二上山です。今回も、前回のナナミノキと同じような小さなうす紫色の花です。太いのはコナラの木で、手前の低い枝のほうです。ムラサキシキブの花が咲き始めていますなぁ。まだまだ蕾の方が多いようですが、花付きは結構いいようです。葉腋から集散花序をだし、淡紅紫色の花を付けるっ...と。これが集散花序です。花冠はナナミノキとよく似ていて径は3-4mmで上部が4裂し、裂片平開。しべは比較するとどえりゃ〜 [続きを読む]
  • 七実の木
  • 竹内峠の手前、民家がなくなるあたり。道に落ちていた落ち花です。小さな薄紫の花びらと雄しべも.....か。見上げると、大きなナナミノキがこんなところに生えていました。少し下の方から伸び上がってきています。樹高10mは越えていそうなでっかさ。幹の太さは直径60cmぐらいはありそうな感じです。花、いっぱい咲いてますなぁ。こんなにいっぱい花を付けているナナミノキにはお目にかかったことないです。特に陽が当たっ [続きを読む]
  • 鳴子百合
  • 二上山です。2週間ほど前にはアマドコロの花が咲いていましたが、もう散ってしまいました。代わりに咲きだしたのがナルコユリです。アマドコロと比べるとちょっと葉が細いかなと思う程度で花はおんなじですなぁ。いや、ちょっと言いすぎました。違いはあります。↓ これがアマドコロの花。同じような長い筒状で長さは両方とも2cmほど、先端が6裂して少し開いていますがこれはナルコユリにも言えることなので、やっぱほぼ同 [続きを読む]
  • 石ブテ東谷と付録・男莢迷(後編)
  • 足を踏ん張りながら撮ったオトコヨウゾメです。コバノガマズミによく似ているとは思うんですが、なんかちょっと雰囲気がちがうんですなぁ。やはり花の違いでしょうか。オトコヨウゾメの花は花序が垂れ下がっていて花の数が少ないようです。花序は散房花序、花序柄の長さが3cm程あり紅色を帯びています。花序全体では径は5cmぐらいだと思います。花序柄が細くて長いので、これでは垂れ下がってしまいますはなぁ。で、花を拡 [続きを読む]
  • 石ブテ東谷と付録・男莢迷(前編)
  • 谷川を登ることにしました。珍しい植物がきっと待ってくれてると思います。右へ行くか左へ行くか。左の石ブテになんとなく決定!この大きな滝の左に山道があります。はっきりとした道なので意外と簡単に登っていけるかもしれません。はははっ、楽勝かも。左へ進む。山道はすぐなくなりました。谷川の中です。砕けた岩がいっぱいあって歩きずらそう。白っぽく綺麗な石です。苔などは付いておらず、最近くだけ落ちてきたような感じ [続きを読む]
  • 扇蔓
  • 金剛山の麓の谷川にやってきました。前回来たとき見つけていた粗い鋸歯の特徴的な葉っぱの草。どんな花が咲くのかと思っていたのですが.....。咲いていました。カキドオシの様な花です。よく見ると花も葉も違いますが少し離れたところからだと花色や大きさなどが似ていて区別が付かないかも。カキドオシも咲いている時期なので、気付かずに通り過ぎるところでした。で、カキドオシはこれ ↓。すぐ近くで咲いていました [続きを読む]
  • 黒灰
  • 金さん銀さんを探し求めて二上山付近の山中をさまよっているとき、クロバイの大木を見つけました。うっ、この花は何だ。いっぱい落ちているぞ。これはもしかして......思い浮かばん。こんな落ち花です。小さいです。1cm未満。真ん中の雌しべを除いて綺麗に形を保ったまま落ちてきています。雌しべのとりまきさんたち、全員脱落。いやっ、大っきな木ですなぁ。これは10m以上、12-15mはありそうな気がしますが、測れません [続きを読む]
  • 八街碇草
  • 金剛山です。今回はいきなり急坂登りから始めました。薄暗い針葉樹の山中です。こんなところに不釣合いな白い綺麗な花が咲いていました。ヤチマタイカリソウです。こんな薄暗い場所ではねぇ。できたら明るい日陰でお願いしたいのですが。何人かがこの花の写真を撮ったようで、すぐ近くに踏み跡がしっかりついていました。もう少し接近して大きく撮りたいと思います。草丈20cm程の草花です。花の直径は3cmぐらいですが [続きを読む]
  • 谷桔梗
  • 二上山です。タニギキョウを探し求めて中腹から谷道を下ってきました。湿った所がお好きのようですが、あまり暗すぎてもいけない。針葉樹が生い茂る谷の暗闇を抜けて、光が入り明るくなってきました。このあたりがどうも怪しい。あったっ......か。普通なら見落とすほどの小ささですが、団体さんになっておられるのでそれなりに目立っています。白い小さな花が葉っぱの上から顔を出しています。もう少し大きいのをっと。あ [続きを読む]
  • 一人静
  • 前回載せたヒトリシズカは撮影した場所が予定外でした。今回は毎年チェックしているポイントAでまず撮りたいと思います。ここでも咲いているはずです。ほらね。土手の傾斜面です。斜めに元気よく咲いています。それにしても、この花、変わった花ですなぁ。なんと花弁も顎もなし。せめてどっちかが付いていないと恰好がつかんと思うんですが、そこをなんとか雄しべがカバーしてはるそうです。赤紫色の茎が10cmほどまっ [続きを読む]
  • 双葉葵
  • 葵の御紋。━ 此方におわす方を何方と心得る。━ 双葉葵様です。━ 正解。 ...え〜と、川を飛び越えて対岸の道に入りたいと思います。この川の少し上流にフタバアオイの小群落が去年あったのですが....先日来たときには見当たりませんでした。で、今回も探したのですが、やっぱり見当たらず、思い違いであったのかと半分あきらめつつ再度登りかけて。地形が少し変わっているのに気が付きました。豪雨や土砂崩れで木が倒さ [続きを読む]
  • けやけき木ケヤキです。"けやけき"とは、際立って優れている、あるいは素晴らしいという意味です。ケヤキは材が堅く木目も美しいので建築の材料や家具、建具に使われます。また、扇を開いたような樹形、秋の紅葉などが好まれ街路樹や庭木にもよく利用されます。しか〜し、花はめでられません。小さくてなかなか見えない、樹の背が高〜い。あちこちに植えられてはいますが、花を見る機会はあまりないですなぁ。枝の位置が高いし。ど [続きを読む]
  • 藪山査子
  • 八尾市の高安山に登ってきました。この道は過去2.3回登ったことがありますがブヨなどの虫が多くて、寒い時期にしか登らない方がいいです。まだ虫は少ないやろと思って登りかけたのですが、やっぱり多い。短パンは止めといたほうがいいですよ。まっ、それはこっちおいといてと。ヤブサンザシ、咲いていました。少し南の二上山あたりでは見かけない木ですが、この山道の脇に結構沢山生えています。なにか環境の違いがあるんでしょ [続きを読む]
  • 立柳....やろか?
  • 再び大和川に戻ってまいりました。前回来たときは、まだ葉がない木が多かったですが、今はほぼすべての木に若葉が出てきています。少し濃くなった緑の木がジャヤナギで、黄緑色に見えるのが多分タチヤナギだと思いますが。さて真相やいかに。"タチヤナギやろ"が"タチヤナギ"に昇格する瞬間が今やってきた...かっ。えーと、この辺から河川敷に下りたいと思います。このテニスコートの奥の木を。この辺の新緑の木を見てみたいと思 [続きを読む]
  • 蘿蔔草
  • 雨上がりの金剛山。石ブテ東谷の谷道を進むが、滝に行く手を阻まれ今回は登頂を断念。ちょっと残念。ショウジョウバカマ。この辺は白いのが多いですなぁ。今度は西谷へ入り、またすぐ帰ってきました。雨は一旦あがったものの、また降りそうな気配です。下流の方で獲物を探したいと思います。 あれはタチツボスミレですなぁ。白いのも咲いてます。この白いのは、っと。花びら4枚でちょっとナタネっぽい花です。スズ [続きを読む]
  • 紫背菫
  • スミレには色々種類があるようですが、同じような花で区別をつけるのは難しいです。ので、これまであまりかかわらないようにしていたのですが、撮ったからにはブログに載せたいし、種類も調べニャいかん。えーとこれはタチツボスミレだと思うんですが。一番多いやつですから。葉っぱも普通です。が、確信があるわけでもなくその場を立ち去る。........ところ変わって。二上山の頂上近くの尾根です。ここは日当たりがよく見晴 [続きを読む]
  • 雲龍柳
  • 生駒山の麓、大阪側。この辺は花卉農家や造園業者が多いところです。近くを通りがかったのであのウンリュウヤナギの様子を見てきたいと思います。もう花の季節ですが咲いとるやろか。新緑が出かかっているところです。花も付いているんでしょうけども....高いし遠いし、ここからではよくわかりませんなぁ。せめて木の下あたりへ近づきたいところですが、ササがいっぱい生えていて道もなく、おまけに他人の土地。眺めるだけにし [続きを読む]