ここん さん プロフィール

  •  
ここんさん: ここんのぶらり温泉紀行ブログ
ハンドル名ここん さん
ブログタイトルここんのぶらり温泉紀行ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/kokontouzai-onsenzanmai/
サイト紹介文筆者がこだわって訪問した温泉旅行記!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供302回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2012/02/13 17:23

ここん さんのブログ記事

  • 嬬恋温泉 つまごい館 〜夕食編〜 群馬県嬬恋村
  • 夕食は別室の食事処で!ここで、宿泊客は顔を合わすことになります。料理は一気出しなので、女将さんとはあまり会話できず。 天ぷらひさしぶりに辛い獅子唐をたべた。 陶板焼きいい肉を使ってますね 川魚の塩焼き お刺身 焼き茄子美味しかった。茄子料理は好きなんだけど、みそ汁に茄子を入れるのは好きじゃないなぁみそ汁が紫色になるし、茄子の触感は汁物には合わないと思っている。それでも存在するのは味噌が調味料として万能 [続きを読む]
  • 来馬温泉 風吹荘 長野県小谷村
  • 18切符の消化で、運よく、風吹荘に予約ができた。3月に来ているので、半年振りか。18切符を買うと、風吹荘を利用させてもらっているので、近年で一番宿泊しています。 電車だけで来られるというのはすごく便利だ。島温泉が廃業されたという情報を聞いた。結局、入浴出来ず仕舞いだった。 リピーターが多い宿だけど、まだまだ穴場だと思う風吹荘 今回の部屋は、小敷。4つある部屋は全部埋まっています。未宿泊の岩菅の部屋はい [続きを読む]
  • 2005GW、九州の旅
  • 妙見温泉から、栗野岳温泉へ極楽温泉へと宿泊を続けるのですが、温泉の写真を撮ってないんですよ。撮ったのは夕食の写真だけだ。観光の写真も撮っていないし、どういったものを写真に撮るかというものさだまっていなかったん。だろうな。まぁ、デジカメ初心者だったし…。 栗野岳温泉、南洲館の夕食。鹿児島の料理というのは、甘い味付けのものが多いという印象がありますね。刺身を食べる醤油も甘味があるので、同行者がカルチャ [続きを読む]
  • 湯倉温泉 鶴亀荘 〜考察〜 福島県金山町
  • 鶴亀荘の朝食も夕食と同じとこで頂ます。 朝もちゃんとしたものが、頂きました。朝食が美味しい旅館は料理上手な旅館という自分の格言があります 玄関のテーブル、ここでウエルカムお茶を頂きました。外装とは違うモダンな空間は初めての訪問では印象に残った。 女将さんのこだわり。宿泊客のためにできることに力を入れていらっしゃる。料理も、おいしいお酒も、こだわって素材を選んでいる。温泉も、宿泊客に綺麗な状態で入って [続きを読む]
  • 妙見温泉 おりはし旅館 鹿児島県(霧島市)牧園町
  • 2005年GW、指宿の弥次ケ湯から妙見温泉おりはし旅館へたしか、おりはし旅館は、日本の秘湯を守る会に加入されて間もないころだったかな?日本の秘湯を守る会は東日本に加入宿が多く、西日本、特に温泉の多い九州の宿の加入に力を入れていたと聞く。 本館での宿泊。和風というより和そのものといった雰囲気。こういうのが落ち着く。 窓際の廊下は好きなんですよね。 窓越しの深緑が、心和ませる。 この時期のデジカメは、今のスペッ [続きを読む]
  • 嬬恋温泉 つまごい館 〜浴槽編〜 群馬県嬬恋村
  • 今回、つまごい館の最大の目的は入浴。泊まりだけど、入れる時間は決められている。入れない時間は23時から朝6時半まで不感温浴は寝てしまうことが多いので、就寝時間は危険防止の意味合いもあるのだろうか? 15時にチェックインして、一息入れてから入浴。男湯の内湯は少しぬるく感じたが、夜と翌朝では結構温かった。 男性露天風呂。湯口が二か所あるのは、低い源泉の温度調整のためだろうか。温度は絶妙な不感温浴。これだ [続きを読む]
  • 宮崎県最古の温泉 吉田温泉 宮崎県えびの市
  • 文献によると宮崎県最古とされる吉田温泉は、かなり寂れている。現在は、共同浴場2軒と旅館が1軒あるのみ、伊藤旅館は口コミの評判が良い。実は、ここに一度泊まってみたいのだけど、えびの市には親戚がいるので、なかなか宿泊機会がない。加久藤カルデラに包まれるえびの市は水にも恵まれ、米所でもある。ブランド米「ヒノヒカリ」は本当に美味しい。関東にはあまり物流されていないようだ。関東には東北や新潟が立地からいって [続きを読む]
  • 湯倉温泉 鶴亀荘 〜夕食編②〜 福島県金山町
  • ・小鉢会津産完熟トマトワイン煮 ・炊き合せかぼちゃ、揚げ茄子、しいたけ、西会津産の車ぶ、彩り ・焼物子持ちの鮎塩焼き、谷中しょうが、すだち鮎の5/7が玉子だったのびっくりでした。 ・洋皿福島県ブランド牛を桃に巻いて、地夏野菜と共に桃のソースで ・お食事トマトご飯(御代わりOK)、ゆうがおと油揚げのみそしる、きゅうり、みょうがのからし漬け ・水菓子桃入り水ようかん、桃のコンポート、マスカット 〜ミノムシさん [続きを読む]
  • 初めてデジカメを買って12年
  • 鹿児島県の指宿の弥次ケ湯に宿泊した時、鄙びた弥次ケ湯の写真を撮りたくて、鹿児島で家電量販店(コジマかヤマダかどっちか)でデジカメを買ったけど、バッテリーは別途購入だったが、購入特典でメーカー品ではなく、韓国製の電池をもらった。指宿は温泉街で、温泉施設もたくさんあるので、最初の湯巡りで「松元温泉」へ数枚の写真を撮ったら、バッテリーが切れてしまった。まぁ充電すればよかろうと思っていたら、全然充電ができ [続きを読む]
  • 湯倉温泉 鶴亀荘 〜夕食編①〜 福島県金山町
  • 鶴亀荘の夕食は、1階の別室で頂ます。女将さんが脚を痛めているので階段は避けていらっしゃいますね。食事は18時から ・食前酒梅酒 ・先附会津産シャインマスカットとパプリカの白和え ・前菜 おくら寿司 梨チーズ トマト入り玉子焼き ちりめんさんしょう うり三五八漬 いんげんごま和え ゴーヤ佃煮 福耳とうがらし酒の充てに合う(ミノムシさん談) 焼き茄子茄子が美味しい季節になったと実感。 枝豆 鶴亀荘の料理は、調味料を抑 [続きを読む]
  • 昔の湯倉温泉共同浴場 福島県金山町
  • 昔の写真を見ていたら、懐かしいのを見つけた。昔の湯倉共同浴場は、今よりこじんまりしていました。杉を挟んだ階段がいい感じだったのですが、杉は伐採し、整地されました。混浴で1つだった浴槽を男女別の浴槽にするには整地は仕方なかったのでしょう。 かけ湯の浴槽 来たときは結構貸切が多かったので、混浴はしなかったですね。利用者は多くなかったのかもしれません。熱い源泉なので、投入量の調整で、温度管理を手で行います [続きを読む]
  • 湯倉温泉 鶴亀荘 〜浴槽編〜 福島県金山町
  • 鶴亀荘の内湯2つと露天風呂が1つあります。露天風呂は男湯に併設されてます。女性の宿泊者がいる場合は、男女の入れ替えの時間帯を設けます。 男湯の内湯からは只見川が望めます。扉の向こうに手つくり感満載の露天風呂 熱めの源泉を投入量を調整して、源泉垂れ流しになっています。温泉の析出物が多いため、温泉管の清掃をこまめやらないとつまってしまうとのこと。 開放的な露天風呂ですが、この下には共同浴場への道路がある [続きを読む]
  • 八町温泉 亀の湯 福島県金山町
  • 八町温泉といってますが、現在は対岸の玉梨の町営源泉を使っています。八町の源泉は水害によって、止まっています。 奥に恵比寿屋(日本の秘湯を守る会員)が見えます。共同浴場の亀ノ湯。 混浴浴槽が1つ。脱衣所は男女別になっています。協力者の名札がいい味をだしています。 玉梨共同浴場よりぬるい。冬場はかなり温くなる。 小さい方の管が八町の源泉ですが、ストップ中。早く回復してほしいですね。 ぽちtっとお願い致します [続きを読む]
  • 嬬恋温泉 つまごい館 群馬県嬬恋村
  • 国道からつまごい館へ行くには大前橋を渡ります。つまごい館は今年の10月9日をもって閉館されます。こちらは日帰り入浴を受け付けていないので、入浴するには、宿泊するしかありません こちらは、2年前に電話で宿泊予約しましたが、一人宿泊は夏だけで受け付けていないとご主人から断わられてしまいました。閉館する前にどうしても入って見たかったので、今回はダメ元で電話したら、女将さんが受付て下さりました。が、電話の向こ [続きを読む]
  • 湯倉温泉 鶴亀荘 福島県金山町
  • 湯倉温泉は共同浴場が有名ですが、一軒宿が隣接しています。鶴亀荘は3度目の宿泊になります。 こうらは、素材から拘った美味しい料理と、日本酒ソムリエの資格をもつ女将さんの尽力で市場では滅多に飲めないお酒が飲めるそうです。ここんは下戸なので、料理がとても楽しみしておりますが、酒を嗜むミノムシさんは都心ではありえない価格で美味い酒が飲めると気に入っています。 こちらも年季の入った建物でありますが、ところどこ [続きを読む]
  • 玉梨温泉共同浴場 福島県金山町
  • ミノムシさんが大黒湯を堪能しているころ、ここんは共同浴場へ!ブログネタのためですけどね。 雪対策であろう急斜面の屋根は印象的です。協力金200円以上源泉は町営源泉。男女別の内湯1ずつある。男湯浴槽の大きさに対して源泉投入量は多いので、鮮度はここが一番良いでしょう。ただ、温度が高いので長湯はきつい 水面に膜が出来ているので、しばらく人は入っていなかった模様。 ぽちっとお願い致します。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 開通60年を迎える大糸線
  • 青春18きっぷを消化するために、大糸線に乗って来馬温泉で週末にいってきました。風吹荘のレポートは後日に。まだ、つまごい館と鶴亀荘の宿泊レポが待機していますので! 先週は、つまごい館と風吹荘に強行スケールでいってきました。きつくても、チャンスは最大限に活かす!それが私の趣味だ!夜仕事があったので帰りの日に立ち寄り湯はできなかったのは残念ですが。 さて、JR西日本とJR東日本の分岐駅である大糸線の南小谷駅で [続きを読む]
  • 木賊温泉 井筒屋 〜考察〜 福島県南会津町舘岩
  • 井筒屋は今回で39泊目になります。ここんが一番お世話になっている宿です。井筒屋に初めて来たのは平成11年のGWでした。当時から井筒屋は人気で週末はなかなか取れなかった。予約は3ケ月前だったので、GWは2月1日にすぐに電話してGWの宿泊予約したのが、今でも覚えています。その時の宿泊料金9800円+消費税+入湯税。この頃、秘湯を守る会の宿でも8000円台くらいの宿があったので、料金は普通かなと思ってましたが、それから18年 [続きを読む]
  • 半出来温泉〜万座・鹿沢口駅〜大前駅まで歩く!
  • 半出来温泉から万座・鹿沢口駅まで歩くと、ほぼ一時間かかった。列車は2時間以上ない時間帯なので仕方ないですね。途中で、瀬戸の滝で涼を得る。 予約したつまごい館はチェックイン15時厳守と言われたので、時間つぶしで鹿沢温泉へ行こうと思っていたら、鹿沢温泉行のバスは廃線になっていたんですね。万座・鹿沢口駅から出るバスは、万座温泉と軽井沢だけになっている。もう鹿沢口という名称に偽りありですね。 こういう状態なの [続きを読む]
  • せせらぎ荘 玉梨温泉 福島県金山町
  • ミノムシさんが絶賛のせせらぎ荘へ!今回の旅行では、ここだけは絶対来るといって2回きました。大黒湯源泉が甚く気に入ったようで、ここの名称もせせらぎ荘とは言わず、大黒湯と呼ぶ有様。 新しい施設ということもありますが、地元のメディアにも取り上げられるほど、注目されています。 町営源泉は少し熱めなので、適温に調整のためか、大きな浴槽に注がれています。町営源泉は湯量が豊富のようで、他の2つ共同浴場と旅館にも供 [続きを読む]
  • 奥会津の動き…。
  • 奥会津の国道を走っていると、観光施設の案内看板が増えていた。かなり整備費用はかかっていそうだ 昭和村のファーマーズカフェの大芦家でお茶した。ここに来るのは3度目かと思うのですが、マスターに覚えてもらっていて、びっくりした。 ここんは紅茶のケーキセット ミノムシさんがコーヒーケーキセット 昭和村の喰丸小学校が補修工事されていました。今後、村のコミュニティセンターとして生まれ変わるそうです。隣接に観光施設 [続きを読む]
  • 井筒屋 木賊温泉 〜夕食編①〜 福島県南会津町舘岩
  • 何度も、ブログでアップしている井筒屋の夕食。だいたい、18時から部屋食。最初に揚げたての野菜の天ぷらと夏野菜の漬物と食前酒天ぷらは木賊塩で食べます。初めて食べましたが少し苦みがありますね。抹茶塩の抹茶の代わりに木賊という植物を使ったもの。 最初の配膳 ミノムシさんが7頼んだ、井筒屋オリジナルの焼酎。後ろの灰人は気にしないでください。 煮物 岩魚のピタカ 食用菊、茗荷の酢の物 山菜 合鴨の陶板焼きBEFORE AFTER [続きを読む]
  • 井筒屋 木賊温泉 〜浴槽編〜 福島県南会津町舘岩
  • 今年の春から、順調に足元自噴している井筒屋の男湯。今回は今までないアングルで写真を撮らせてもらいました。丸く黒い穴から、ぶくぶくと気泡が上がってきます。願わくば、このまま安定して自噴してほしいです。ガラス越しに見える西根川と深緑が見える風景が好きだ。この写真では入浴できる状態ですが、今現在は入れるかどうかは要確認です。そんな状態なので、井筒屋さんでは現在日帰り入浴は受け付けていません。4月の入浴で [続きを読む]
  • 井筒屋 木賊温泉 福島県南会津町
  • 5月は屋根補修のため、休業されていた井筒屋さん。10月にも、屋根の追加補修のため、休業の予定があるそうです。夏に宿泊するのはひさしぶりです。震災以降、足元自噴浴槽の様子が安定しなかったのですが、今年は9月1日現在まで入れる状態でした。足元自噴浴槽は、隣を流れる西根川の水位によって変化するようなので、いつ入れなくなるかわかりません。この日の西根川の水位は結構高かったです。 屋根の改修とともに、通路の [続きを読む]