ここん さん プロフィール

  •  
ここんさん: ここんのぶらり温泉紀行ブログ
ハンドル名ここん さん
ブログタイトルここんのぶらり温泉紀行ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/kokontouzai-onsenzanmai/
サイト紹介文筆者がこだわって訪問した温泉旅行記!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供236回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2012/02/13 17:23

ここん さんのブログ記事

  • 大沼温泉 大沼茶屋湖 秋田県鹿角市
  • 大深温泉から大沼温泉へ茶屋湖は藤七温泉の姉妹店になります。以前は八幡平レークインでしたが、廃業後、藤七温泉に買い取られて復活されました。20年前に来たときに比べて、八幡平周辺の温泉施設はかなり廃業されている…。20年間は路線バスを使っての旅行だったので、日帰り入浴はできなかった。なので、今回はできるかぎり日帰り入浴をすることも目的でした。 有名だった混浴露天風呂は休業中という張り紙がありました。この日 [続きを読む]
  • 蒸ノ湯温泉 ふけの湯 〜夕食編②〜 秋田県鹿角市
  • ふけの湯の夕食の続きです。陶板焼き鉄板が良いのか?余り、焦げ付かなかったです。りんごを器にした蒸し物作るのに、かなりの手間が掛かっている感じだ岩魚の塩焼き別注したきりたんぽ鍋東北の料理は味付けが濃いというイメージがあるけど、実際、この後、宿泊する鶴の湯、藤七温泉、松楓荘はそうでしたが、ふけの湯に至ってはどちらかというと薄味でした。味が濃かったものは下記のもので、少量です。こちらの料理の味付けは女将 [続きを読む]
  • 大深温泉 オンドル小屋 秋田県仙北市
  • 八幡平の温泉の特長として、オンドル小屋が上げられる蒸ノ湯の語源も「蒸かす」なので、大深の「深」も「蒸か」に由来するのかもしれない。「大きく蒸かす」なのでしっくりするんだけどね。個人的な意見ですが…。 ここんが見たオンドル内部は、後生掛温泉、銭川温泉です。玉川のオンドル小屋は近づける雰囲気がなく、外から見ただけなのでわからないのですが、昔ながら雰囲気を残しているのが大深温泉。地熱を利用しているので、 [続きを読む]
  • 大深温泉 秋田県仙北市
  • ふけの湯をチェックアウト後、大深温泉へこちらは、ロッジ風の宿泊棟の受付で日帰り入浴料金500円を支払います。 こちらが湯小屋。まだ新しい感じです。実は、大深温泉は一度廃業になり、現在のオーナーが復活して下さりました。 シンプルな看板がいい味を出しています。 温泉成分表 卑怯なくらいシンプルな浴槽!たまらん! 源泉温度は高いので、加水されています。水は止めないように看板がありました。 大深温泉は昔ながらオン [続きを読む]
  • ふけの湯 硫黄泉編 秋田県鹿角市
  • ふけの湯といえば、やはり野天風呂は外せない!吹き上げる水蒸気を見ながら湯浴みは壮観である。野天風呂は熊の湯源泉(硫黄泉) 最初の野天風呂は、今は男性専用になった。写真にはないけど、女性用の野天風呂もあります。底には極めの細かい泥が沈んでいます。 増築しつつある混浴露天風呂かつては、ここに宿があり、オンドルもあったそうですが、土砂崩れで流されて、今の場所に移ったそうです。 前に来たときには、奥の樽風呂 [続きを読む]
  • ふけの湯 単純泉編 秋田県鹿角市
  • ふけの湯の温泉成分表によると2つの源泉を使っているようだ。岩の湯源泉(単純泉)は宿泊施設と併設されている内湯と露天風呂に引き湯されています。内湯・露天風呂は男女別に1つずつで計4つあります。 成分表の分類上では単純泉になっていますが、少し濁っており、長湯すると湯あたりしそうなしっかりとした湯。温泉成分の分類はもう少し見直した方が良いと思う。あと、馬鹿高い成分調査費用も下げるべきなんだよね。これは役人 [続きを読む]
  • 蒸ノ湯温泉 ふけの湯 秋田県鹿角市
  • 日帰りでは、何度か訪湯していますが、宿泊は20年ぶりの2回目のふけの湯!前の宿泊では、田沢湖駅から路線バスで来たと思うので、今回も路線バスを使うつもりだったが、路線を調べると、湯巡りの移動は厳しく、定番のレンタカー利用に落ち着く 建屋自体は変わってないが、野天風呂の数が増えました。今回も岩風呂の野天風呂を造成中で、秋に完成予定だそうです。 今回はこの部屋で、トイレ付にしました。より安価でトイレなしの部 [続きを読む]
  • 八幡平アスピーテライン
  • 六月下旬、まとめて休みが取れた。さて、どこへいくか?候補はいくつかあった。蛍愛でる渋温泉郷!まったりぬる湯三昧・霊泉寺温泉か湯岐温泉!だったのですが、長めに休めるのでちょいと遠出することにした。岩手県の温泉には、しばらく宿泊していなかったので岩手の宿へ!本命は未湯だった国見温泉!だけど、満室で予約できず!轟沈! 東北新幹線で盛岡まで!自由席のある新幹線だと、指定席専用新幹線に抜かれるので、自由席か [続きを読む]
  • 旅館大黒屋 甲子温泉 福島県西郷村
  • 大丸あすなろ荘をチェックアウト後、甲子温泉の大黒屋へ日帰り入浴 写真をアップする温泉ブロガーとしては嬉しい張り紙。ここんとしては、資料写真なので無人が望ましいけどね。 名物の大岩風呂は、日曜日ということもあり混んでいたので浴槽の写真は撮らず。大岩風呂の写真を撮るなら、平日が狙い目だよね。 大岩風呂は混んでいても、こちらはシャッターチャンスありの恵比寿の湯(男湯) 併設されている露天風呂 森林浴も相まっ [続きを読む]
  • 大丸あすなろ荘 二岐温泉 福島県天栄村 〜考察〜
  • あすなろ荘の朝ご飯は夕食と同じ処でいただきました。 あすなろ荘について、ホスピタティの高い宿であるのだけど、ここんとしては、鄙びがないのが物足りない感じです。痒い所まで手の届くサービスの岩の湯でも、逆に落ち着かなかったし…。まぁ、貧乏性であるここんのせいではあるのだけど 部屋の鍵を2つ用意するとか、従業員の礼儀正しさとか、食事後に急須を交換するとか(これができる宿はかなり少ない)さりげないサービスは [続きを読む]
  • 大丸あすなろ荘 〜夕食編②〜 二岐温泉 福島県天栄村
  • ・お重一の段(前菜)スモークーモン、順采、沢蟹、あなごの八幡巻、栗きんとん、いなご二の段(山菜)わらび、網茸、独活、きくらげ ・先椀松茸の土瓶蒸し松茸、帆立、海老、鶏肉、銀杏、三つ葉 ・台物麓山高原豚の陶板焼き麓山高原豚、しめじ、ピーマン、茄子、スライス玉葱・焼物山女魚塩焼き、竹の子・揚げ物身欠鰊、ししとう、なす、レンコン、舞茸・食事蕗味噌ご飯、お新香、もだしの味噌汁・フルーツ&甘味スイカ&栃餅ご [続きを読む]
  • 大丸あすなろ荘 〜夕食編①〜 二岐温泉 福島県天栄村
  • 大丸あすなろ荘の夕食は別室で頂ます時間は18時から食事処の入り口では、従業員さんたちの丁寧なあいさつ。 ・お造り甘海老、サーモン、コンニャク、つま、大葉、生わさび、レモン、花型わさび台 ・先附地竹の煮物 ・炊き合わせ里芋、椎茸、茄子、人参、青身 ・酢の物小肌、菊、胡瓜、もずく、さくらんぼ、甘酢 御品書きがあると、料理の内容が書きやすいですね。 ぽちっとお願い致します。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 大丸あすなろ荘 〜浴槽編③〜 二岐温泉 福島県天栄村
  • 大丸あすなろ荘は24時間、いつでも入浴できるのでありがたいです。この日も仕事明けで、宿について寝ちゃったので夜中と朝にたっぷりと湯を堪能できました。 露天風呂は男性用と女性用と2つに分かれています。 こちらは男性用で2つの湯舟があります。夜はせせらぎと虫の音をBGMに…。 温度は丁度良く調整されていました。 昼は深緑と野鳥の声を聴きながら…。 ただ、自然豊かのところなので虫飛んできますので。夜ほどはリラック [続きを読む]
  • 大丸あすなろ荘 〜浴槽編②〜 二岐温泉 福島県天栄村
  • 大丸あすなろ荘の浴槽といえば、自噴泉岩風呂と渓流露天風呂が有名です。今回は、自噴泉岩風呂です。前回時と比べて湯小屋はリニューアルされていました。入り口は左右が変わったんじゃない?とミノムシ殿の意見。たしかに、以前使われていた洗い場への階段の上に仏像が飾ってありました。まず、夜中に入って見ました。岩風呂は夜と昼とでは雰囲気が違いますね。 岩風呂は天然温泉の評価では珍しい5つ星。ここんのお気に入りの井 [続きを読む]
  • 大丸あすなろ荘 〜浴槽編①〜 二岐温泉 福島県天栄村
  • ひさしぶりの大丸あすなろ荘だったので、内湯についてはあんまり覚えてなかったです。 内湯は、二岐温泉の混合泉 秘湯の湯というより、立派な浴槽。もちろん源泉たれながし 内湯のあすなろ湯と繋がっている露天風呂。眼下には、自噴された湯を足元から湧出させた岩風呂が見えますね。 写真編集していたパソコンが本日、ご臨終しました。十数年使ったので、よく頑張った方かな?また、パソコンを買わないといけないけど、新品にする [続きを読む]
  • ご冥福をお祈りします
  • 子供の頃、西宮球場で何度か試合を見せてもらいました。阪急沿線に住んでいたのですが、周りは阪神ファンが多かったですね当時、関西にはセリーグには阪神、パリーグには阪急、南海、近鉄の3球団あったのですが、テレビ中継されるのはセリーグばかり。また、この頃の子供はおおさかの愛着が強く、東京に対抗心があり、アンチ巨人が多かったな。なので、公式戦で対戦できる阪神に注目されるのは当然なのかもしれない。 でも、日本 [続きを読む]
  • 大丸あすなろ荘 二岐温泉 福島県天栄村
  • 今回の旅行は、ミノムシ殿にお任せで!最近、日本の秘湯を守る会の宿はご無沙汰でした。ここのところ、脱会される宿が多いですね守る会創設からの駒の湯山荘も抜けたのは驚きました。でも、大女将から若旦那へ経営権が移ったんでしょうね。千葉の林景荘も行っておきたかったな。何度か電話したけど泊まれなかったんだよね。近場の守る会の宿ということで行ってみたかったけど、退会で優先順位は下がっちゃうな。でも、行きたいとき [続きを読む]
  • 会津バーガーを堪能!
  • 飯盛山を後にして、七日町のラッキースマイルでご当地バーガーを堪能。 さざえ堂を見た後なので、さざえ堂バーガーのランチセットを楽しみました。 ミートソースにたっぷりチーズ!そして、パティ2枚でボリューミィ! ミノムシ殿は会津美人バーガー!ミノムシさんの好物のアボガドや野菜がたっぷり! 会津バーガーを食べた後、會津壱番館でティータイム! ここんはシフォンケーキのティーセット ミノムシ殿はブレンド その後、会 [続きを読む]
  • さざえどぅでございます!
  • ミノムシ殿と合流して向かったのは…。白虎隊の自害の地である飯盛山。福島県には結構、来ているのだけど、ここに来るのは初めてです。 自害の地は高地にあるので階段に昇るのが大変なので、有料エスカレーターなどもあり、昭和の商売の空気を感じることが出来ました。当時はエスカレータを作るのも費用が掛かっただろうと思います。ここんは利用しませんでしたけど。 いい感じの社がありました。 高所には大きな川場がありました [続きを読む]
  • 特急リバティ会津に乗る!
  • 今年の春から、東武鉄道、野岩鉄道、会津鉄道の沿線を乗り入れする「特急リバティ会津」に乗った。近年は、他の鉄道会社の乗り入れが顕著になりましたね。東武鉄道は日光線でJRと乗り入れしてますし。関西では阪神と近鉄が乗り入れしていますね。 今回、北千住駅から乗りましたが東武線の特急の乗り場ホームは、区切られているんですね。東武線の特急に乗るのは初めてだったので、ホームを見つけるのに、ちょっと戸惑いました。 特 [続きを読む]
  • 天地人
  • 藤七温泉には wi-fi も テレビもなく ゆっくりゴロゴロすることができました藤七温泉では心の思うままにという事を短冊に書いて 貼り付ける 遊びがありましたここも2つほど川柳を作りました有頂天心身緩む地獄の湯地の恵み浮世の心天へ昇り五七五の句にそれぞれ、 天、地、人を忍ばせてます [続きを読む]
  • 警察沙汰
  • 昨日は 藤七温泉に泊まってたのですが 日帰り入浴客の方が 露天風呂で倒れられていた救急車に運ばれましたその後警察の方が露天風呂で現場検証しているために入ることができませんでした倒れられた方が無事だと宜しいのですが‥藤七温泉の 御来光露天風呂で ご来光を見ることができました足元自噴 の露天風呂は最高でした [続きを読む]