ここん さん プロフィール

  •  
ここんさん: ここんのぶらり温泉紀行ブログ
ハンドル名ここん さん
ブログタイトルここんのぶらり温泉紀行ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/kokontouzai-onsenzanmai/
サイト紹介文筆者がこだわって訪問した温泉旅行記!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供168回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2012/02/13 17:23

ここん さんのブログ記事

  • 七釜温泉 こう屋旅館 〜浴槽編〜 兵庫県新温泉町
  • こう屋旅館の浴槽は男女別の内湯が1ずつで、源泉たれながし!惜しむらくは、入浴時間は夜の23時までです。資源保護を考慮するとしかたないのかもしれませんね。 こちらが成分表ですが、源泉名がありません。ゆ〜らく館の源泉は3号源泉ですから、旅館に供給されているのは1号2号源泉の混合泉と思われます。 源泉供給量からするとちょうど良い大きさの浴槽です。 底のタイルのせいで、緑がかかって [続きを読む]
  • 七釜温泉 ゆ〜らく館 兵庫県新温泉町
  • こう屋旅館での朝食後、朝一番で「ゆ〜らく館」へ 2分早めに入れてもらえました。 手作り感満載のゆるきゃら ゆ〜らく館の源泉は七釜第3号源泉と書いてあります。ゆ〜らく館の方に源泉の場所を教えてもらいました。入浴後、温泉集落を散策することにしました。 ここから写真の撮影は禁止されています。 ゆ〜らく館では、大浴場が檜と岩の2つに分かれており、男湯と女湯が日替わりで変わります。この日 [続きを読む]
  • 七釜温泉 こう屋旅館 〜夕食編②〜 兵庫県新温泉町
  • こう屋旅館の夕食の続きです。カニ刺し、焼きカニとくれば、最後はかにしゃぶ〜っ!浜坂産の松葉ガニのタグがついてますよ〜っ! 野菜とか、お米も自家製のものをできるだけ使っているとか!わかめもお湯に通すと鮮やかな緑に変色して綺麗でした かにしゃぶはこんな感じで頂きました。出汁は、しゃぶしゃぶの出しに少しのポン酢をいれたもので頂きました。しゃぶしゃぶをたいらげてあと、女将さんが鍋をさげにきました。 [続きを読む]
  • 七釜温泉 こう屋旅館 〜夕食編①〜 兵庫県新温泉町
  • チェックインが遅れてしまい、夕食時間もおそくなってしましたが、はらべこだったので、すぐに用意してもらいました。 夕食は部屋食になり、カニソムリエであるご主人と、女将さんが交互に配膳してくれました。 今回は蟹のフルコースではなく、わけあり松葉蟹とノドグロと但馬牛ヒレ肉プランにしました。25000円でしたが、但馬地方のうまいもんを網羅したラインナップで、もう少し値の張るフルコースよりお得に思い [続きを読む]
  • 七釜温泉 こう屋旅館 兵庫県新温泉町
  • こう屋旅館に予約をしたのが前日でした。土曜日の夕食の忙しい時間帯だったと思いますので電話には出られませんでした。しかし、しばらくすると先方から電話がかかってきました。今まで、旅館に電話で不通だったところで折り返し電話を頂いたのは初めて、かなりびっくりしました。電話の対応も素晴らしかったし、ここは当たりだなという予感しました。やはり、宿泊予約はネットより直伝の方が自分には合っているな…。 [続きを読む]
  • やっちまったぜ!さらば!IPADmini
  • 浜坂駅に到着したは18時を過ぎていた。今回は初めての宿ですが、夕食時間は18時くらいからでしょう。完全に旅館に迷惑をかけてしまった。電話を掛けようとしたら携帯の電源がなくなっていた。携帯はこの日の朝まで充電していたんだけど、切れるの早過ぎ!電波圏外のとこだと、携帯電話の電気を喰うからなぁ…。登山のときは電源OFFしておくのだけど、今回は切れるのは想定外だった。 宿の電話番号がわからないので、IPAD [続きを読む]
  • 鳥取市街散策
  • 鳥取市は城下町なので、地区に、呉服町とか、その名残がありますが、鳥取駅付近は新しくつくられた地区は温泉の名称がつけられています。 その地区には、温泉銭湯や、温泉宿が点在しています。宝温泉 木島温泉 すなばコーヒー鳥取県も人口流出に悩む県なので、チェーン店の進出は遅くなります。セブンイレブンや、スターバックスコーヒーも遅かったと思います。それを逆手にとって、地元で作られたすなばコーヒーも [続きを読む]
  • 日乃丸温泉 鳥取県鳥取市
  • 元湯温泉から次に向ったのが日乃丸温泉。今風の建築で、銭湯には珍しく、上の階が貸し店舗になってました。 がっしりとした扉は雪国仕様なんだろうか? この日は大盛況で、マラソンランナーが入れ替わりで入浴されていました。 写真もあまり撮ることはできませんでしたが、この温泉成分が固まったものを見ると結構、成分は濃いようです。 元湯温泉も日之丸温泉も源泉垂れ流しでいいお湯でした。この付近 [続きを読む]
  • 元湯温泉 鳥取県鳥取市
  • 清和源氏のゆかりである川西池田駅を出発して、約五時間半! 到着したのは、霊獣・麒麟の街「鳥取市」鳥取市はネットで動画サイトでのCMをがんばっていますね〜!あと、高知県と宮城県の登米市も見ますよ!鳥取といえば砂アート!4月から開催されますね!観光案内所の麒麟の砂アートがありました。 腹拵えで、回転焼きを食す!あずきとしろあんとチョコクリームの3種類だったかな?1つ110円で、あずきとしろあんを [続きを読む]
  • 帰阪の途
  • 法事で大阪に帰るのだが、品川駅もずいぶん賑やかになったもんさね!駅ナカは便利なんだけど、店舗の入れ替わりが激しそうだね。ららぽーとやイオンみたいだな ただ、買いたい物はなかったけど 本日のマウント富士の頂は雲隠れしてますね。中腹のゆきは輝いているけど窓際の席ではないので写真は撮れません また温泉禁断症状が出て来てます。神戸でも行きますかね しかし、東海道新幹線はネット対応して [続きを読む]
  • 旅館甲子園
  • 旅館甲子園って知ってますか? 全旅連青年部が主催する旅館で働く旅館のスタッフを後押しする企画なんです。その旅館の経営やスタッフがどうプレゼンテーションをするか?そのプレゼンテーションは旅館の持ち味を活かしたものです。 今回の第三回旅館甲子園は2017年2月22日に東京ビックサイトで行われました。ちょっと気になっていたので見学するつもりでしたが、また仕事が…。仕事が終わり、Youtubeで生配信し [続きを読む]
  • 追悼 ミホノブルボン号
  • 大好きだったサラブレッド。ミホノブルボン号が天を駆けた。 ミホノブルボンは1992年の皐月賞、東京優駿を勝利した。三冠を賭けた菊花賞では、稀代のステイヤーのライスシャワーの2着。 本当に好きで、92年の夏は、ブルボンが休息に来ていた北海道の吉田牧場まで見学にいきました。大切な現役馬なので遠いところから、見せてもらいました。複数頭で放牧されている牧場でどれがブルボンだろうか?ワクワクして見ていた [続きを読む]
  • 青根温泉 岡崎旅館 〜朝食編〜 宮城県川崎町 と こぼれ話
  • 岡崎旅館の朝食は夕食と同じところで頂きます。 朝はジュースのサービスがありますが、ここんはグレープジュースを選びました。夕食のとき、これを用意してくれればよかったのに…。夕食時のソフトドリンクメニューは。オレンジジュース、ウーロン茶、コーラでした。これは不忘閣も同じでした。 豆腐は美味しかったですね〜! 岡崎旅館では、仙台駅か、遠刈田温泉まで、送迎してくれます。(要予約)ここんは、仙台 [続きを読む]
  • 青根温泉 岡崎旅館 〜夕食編②〜 宮城県川崎町
  • 観光案内所で頂いた、川崎町のクーポンで飲み物をサービスしてもらいました。オレンジジュースを頼みましたが、不忘閣と同じHI-Cオレンジでした。最近はHI-Cの缶ジュースは見なくなりましたが瓶は健在なんですねぇメニューを見ましたが、日本酒のラインナップがそこそこ揃っていました。実は、ここの若旦那(社長)さんはお酒好きなのが、そういうところに現れているようです。蓋物・蕎麦饅頭・ズワイガニ・隠元・山葵台物・豚角煮 [続きを読む]
  • 青根温泉 岡崎旅館 〜夕食編①〜 宮城県川崎町
  • 岡崎旅館の夕食は、別室で頂きます。この別室は旧館にありますので、ここんは移動が楽でした。テーブルとテーブルには仕切りがあります。この日は、ここん以外に新館でご年配の夫婦がいらっしゃいました。岡崎旅館もお品書きがありました。前菜・湯葉豆腐・袱紗玉子・子持ち鮎粉父子和え・柿バター・河豚真引き揚げ・青唐田楽料理は一品一品、会席のように出てきます。御造り・鮪・平目の昆布〆・蒸鮑・甘海老・雪女魚(アジマスと [続きを読む]
  • 青根温泉 岡崎旅館 〜浴槽編〜 宮城県川崎町
  • 岡崎旅館には男女別の大浴場と貸切風呂2つあります。大浴場は新館にあります。源泉は混合泉でした。男湯の大浴場。湯気でよくわからないですね。翌朝も撮りましたが、やはり湯気だらけでした。2つの貸切風呂は旧館にあります。貸切の仕組みは脱衣所で内鍵をする 昔は男女別の内湯だったと思われます。檜の香りが漂います。昔ながらのタイル風呂。ぽちっと御願い致しますにほんブログ村 [続きを読む]
  • 青根温泉 岡崎旅館 宮城県川崎町
  • 青根温泉で、風情のある宿「岡崎旅館」に初めて泊まりました。青根といえば、お気に入りの不忘閣があるのですが、前宿でしたので…岡崎旅館は、本館と新館があります。本館は趣のある旧館。新館は設備が整っているのではないかと思います。今回、ここんは旧館を選びました。予約時にどちらの部屋も空いているということでしたが、古い方が気になっていたので…。受付は新館で行います。こちらは新館のロビーお茶のさーびすがありま [続きを読む]
  • 青根温泉 山景の宿 流辿 宮城県川崎町
  • 青根温泉は、正直にいうと見るところも少ないので、観光案内所があって助かりました。この日は、どこかの宿で日帰り入浴を考えていました。じゃっぽの湯は混んでますからね…。案内所の女性のお勧めで、流辿に行くことにしました。お勧めの理由は、露天風呂からの眺めがよいということでした。従業員の方もしっかりしているということもポイントです。今風にアレンジしている内装でした。源泉は不忘閣と同じ混合泉でした。平日おか [続きを読む]
  • 青根温泉街 散策 宮城県川崎町
  • 青根温泉のバス停だったところにある足湯。過去の青根温泉ブログでも紹介しました。1つは旅館などに配湯されていると混合源泉と大湯源泉を楽しめます。青根温泉の名号舘。できれば、ここでもう1泊したかったのですが、どうしても仕事がね…。現在は使用されていない共同浴場「名号湯」「日本名湯」が悲しい。入りたくなるじゃないか!川崎町の下水管。かもしかですね本日のお宿、岡崎旅館の旧館(本館)青根の洋館現在は観光案内 [続きを読む]
  • 青根温泉 不忘閣 〜朝食編〜 宮城県川崎町 と 所感
  • 朝食は夕食と同じ個室で頂きます。朝食の美味しい旅館は、料理レベルが高いと思います。朝食の美味い、風吹荘、本陣、YAMDAYA、本家亀屋はいづれもここんは、リピートしていますね。不忘閣も今回で7回目の宿泊でした。今回も、携帯WIFIのVOLTEを持って来ましたが、圏外で利用できず!なので、テレビを見てました。不忘閣にあるネット環境はあるのですが、ちょっと使いにくいです。金泉堂の無料サービスルームに有線LANが利用でき [続きを読む]
  • 青根温泉 不忘閣 〜夕食編②〜 宮城県川崎町
  • 夕食の続き…。不忘閣は懐石で料理が出てきます。今回は夕食時にオレンジジュースを頼みましたがこれが失敗でした。ジュースの加糖分で、口が甘みに覆われたので、料理の味がわからなくなってしまいました。ウーロン茶にすればよかったです。まぁほうじ茶で味覚を洗いましたけど。・煮物馬鈴薯万頭新筍梅麩・武士物茶碗蒸し、べっこう餡・温もり仙台黒毛和牛豆乳鍋・凌ぎ青根手打蕎麦宮城産ひとめぼれなめこ汁香の物三種・水菓子抹 [続きを読む]
  • 青根温泉 不忘閣 〜夕食編①〜 宮城県川崎町
  • 夕食は金泉堂の2階でいただきます。宿泊部屋ごとに食べる部屋も分かれていますので一人でも気兼ねしません。不忘閣に訪れる楽しみは料理の美味さ!リピートの条件に料理の美味さは不可欠だったりします。不忘閣の浴室の素晴らしさは知って仕舞っているので、今回の不忘閣での料理はどんなのだろうと楽しみで再訪します。不忘閣の板前さんには感服します。本当にありがとうといいたくなる。不忘閣には「おしながき」があるのですが [続きを読む]
  • 青根温泉 不忘閣 亥之輔の湯 宮城県川崎町
  • 亥之輔の湯は、不忘閣では一番新しい浴槽になります。亥之湯は、他の浴槽とは違った雰囲気があります。茶室の入り口のように、屈んで入ると…。隠れ家というか、秘密基地というか、こんじまりとした空間です。外枠の造りがなんとなく、職人の仕事というより、ちょっと中途半端な感じがします。だから、子供の頃に造った秘密基地を連想してしまいました。浴槽の大きさも二人はいるのはちょっとしんどいですね。カップルなら、密着度 [続きを読む]