こまめどんちゃん さん プロフィール

  •  
こまめどんちゃんさん: しかたない、がんばろう!
ハンドル名こまめどんちゃん さん
ブログタイトルしかたない、がんばろう!
ブログURLhttp://ameblo.jp/6906-0805all-isdsck
サイト紹介文急性リンパ性白血病で非血縁者間造血幹細胞移植後、'14年で5歳になる(元)看護師の歩みです。
自由文2008年春、急性リンパ性白血病になった。
38才独身、看護師18年目。
がん専門看護や緩和ケアの経験もあった。
自分が患者になり、初めて分かったこと、実感したことがある。
日々のことと共に、又、今までの振り返りながら記していきたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2012/02/13 23:57

こまめどんちゃん さんのブログ記事

  • 「感染予防」の学び直し
  • あかしあつめ。 少し前に合格証が届きました。 医療者に特化したものではなく、一般の皆様が対象の試験です。 自己採点で9割取れていました。いいのかわるいのか 近いうちにシニアを目指すつもりです。受験料が高いので、無駄にしない様にしたいです。 先日の「不採用試験」で関連問題がありました。気を回し過ぎて間違っていたかも 学びがしっかり自分のモノになっていなかった。シニ [続きを読む]
  • 今の病院で学んだこと〜□□病院指定という点より
  • 今月末まで在籍の施設は、都道府県レベルでのがん診療連携拠点病院です。 標準治療は行えていると思います。がん患者さんの数も一定数いるのでしょう。だから指定されたのだと思っています。 でも、それ以上でもそれ以下でもない様に私は感じています。看護をはじめとするケア,サポートはその名を満たしていない様に感じます。 専門看護師,認定看護師、比較して少ないです。相談支援室、他と比較してみて充実してい [続きを読む]
  • いい病院の条件〜自分の勤務先として
  • おかげ様で来月からの新しいパート先が決まりました お気持ちを寄せて頂いた方々の一部にはえ〜と言った結果かもしれませんが、今回も500床規模の病院の外来パートです。ちょっと個性的と言うか、ある専門的な面を持つ施設です。 以前より候補ではあったのですが、その専門的な面に向き合う気持ちに今一歩なれなかった…からの今です。 少なくとも、汚れたまま滅菌した処置具は使わないだろうし、「最低限の」マニ [続きを読む]
  • 病気告知をどう受けとめたか
  • ちょっとした刺激があり、改めてまとめる機会となりました。ブログにも記しておこうと思います。 LDH2000からALLと診断されるまでの2か月、発作的な激痛(腰痛〜四肢関節痛〜頭蓋骨痛)と発熱の中、漠然とした緩い不安と共に、調べまくっている間で、徐々に「今回はどうやら逃れられない良くないものがある様だ」と感じ始めました。最初にお世話になった某大学病院系列の施設の血液内科医が、まずは除外したいと言った血管内 [続きを読む]
  • フルマラソンの応援
  • 板橋Cityマラソンの応援に行って来ました。朝はうっすら寒かったですが、どんどん気温が上がり更に荒川の強風でなかなかハードな状況でした。ランナーの皆様のがんばりより、力を頂きました骨髄バンクのたすきをつけて、ランの恰好で足踏みしながらファイト〜と言い続けていたら、いい運動になりました。ちょっとつかれた〜FBグループメンバー「骨髄バンクのたすきをつけて走る」ランナーさんへの初めまして応援某血液がん患者会運 [続きを読む]
  • 一流大学病院の嘲笑
  • 血液がんと移植に尽力されている某一流大学病院の施設のパート看護師採用試験を受けました。 かなり久し振りの看護師の記述式のテストと、作文1200字程度/40分という私にとってはハードな試験でした 面接は4:1=管理職:私で20分くらい。 結果はもちろん不採用。 私はジプシーナースです。自己責任です。社会的には感心されるものではありません。 でも、そこには私なりの…精一杯の思いや実質的な闘いも [続きを読む]
  • ベースラインに戻って来られた
  • 草加の10kmに参加しました街並み,松原,川,歴史を感じさせる建造物など、景色が楽しかったです太鼓橋3回を歩行で渡ることになっており、列が詰まって立ち止まったこともありましたが、それが今の私には丁度良かったかもしれません腰痛(仙骨部痛)でずっと不調で走れませんでしたが、ようやくベースラインに戻れてきた感じです安堵しています5月中旬に2度目のハーフにエントリーしているので、しっかり練習していこうと思います [続きを読む]
  • 言葉にある心を感じられたなら
  • 咽頭痛と全身痛〜寒気と共に38.0℃の発熱がありましたインフルエンザの予防接種はしていますが、今年も罹患してしまうのかな…。 今日は非常に寒いし外をわざわざ出歩くような体調ではないので明日受診します。解熱剤で今は楽になりました 皆様もどうか手洗い、含嗽、睡眠、栄養などでくれぐれもご自愛なさってください にわかに、私の周囲では、がん患者に言ってはいけない言葉みたいな話題が上がりました。 [続きを読む]
  • 人の健康,生命もしくは人生に関わる仕事だから…
  • 私のお仕事の話題で、非医療者の幼なじみに、理想実現の前に人間関係が先だよね、順番が違うよね、と言われました。心配してくれての言葉だと分かっていますが、何だか堕ちてしまいました 私にとってですが、ここのところ、彼女は私がそんなことも分かっていないと思っているんだと感じる発言がよく聞かれている様に感じていて、親身になってくれているのがわかる分、さみしい部分がありました。 彼女は私には無い論理的 [続きを読む]
  • 8歳
  • 新宿シティハーフマラソン・区民健康マラソンの3kmに参加しました本当は、メタボな小・中学時代の友人2人と一緒に走る予定で3kmだったのですが、残念ながら叶いませんでした。 18分越えで6分/kmキープは果たせませんでしたが、腰痛再燃持続中+今月練習(−)状態でよく頑張りました係員のおじさまから「骨髄バンクがんばれ」と声援を頂きましたありがとうございます今はヴェルディファンではないですが、生まれ年が同じと知り [続きを読む]
  • ながい腰痛人生(長い文章)
  • 気づいたら、人生の半分程度、腰痛と共に生きてきた もしかすると、高校の柔道部で腰を強打して先生に整復してもらったことも影響しているのかな…。 事の始まりは、24歳で訪問入浴サービスの看護師にて。(看護師はすっかり辞めるつもりでいたが、現実は甘くなく、生活の為に入職した。) 当時はまだ介護用ベッドは充足していなかったので、畳の上の布団から、ドライバーさんと2人で利用者さんを持ち上げて、浴槽 [続きを読む]
  • 先を行く人〜川名先生のお話
  • http://www.cancernet.jp/jcf/program/heart/ 2016ジャパンキャンサーフォーラム@日本橋がんとこころのケア川名 典子 氏杏林大学医学部付属病院 看護部 リエゾン精神看護師・(日本看護協会認定精神看護専門看護師) 昨夏直接拝聴し、語弊があるかもしれませんが、お言葉の端々に感じられた一種の潔さみたいなものに圧倒されました。 長い動画になります。お話のまとめ部分のお言葉が印象的でした。(36分30 [続きを読む]
  • あかしあつめ
  • 合格証届きました医療者は2級を受験するのが標準らしいですが手堅く3級を受験たとえ小さかったとしても成功体験が今の私には大切点数9割とれましたが、マークシート用の勉強みたいな感じしかしなかったので、もう殆ど「記憶にございません」状態です実のない勉強かな…新たな視点を得られたのは、私には十分良かったです化学療法6クールの上、MTXの髄注7回だったかな…。これに骨髄移植前処置の全身放射線照射。加齢やうつもありま [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます 2017酉年
  • あけましておめでとうございます皆様のご健康とご多幸を今年もお祈りしております昨年も大変お世話になりました今年もどうぞよろしくお願いいたします 4回目の年女になります父が大腸がんで逝った年齢です白血病サバイバー10年に向かう年です ケアギバーとしての精進を継続します骨髄バンクのたすきをかけて走り続けます血液がんのことを学び直します純粋に自分が楽しいと思うことを増やして自分への看護を大切に [続きを読む]
  • それでも看護のよろこび
  • 今年はこの曲に一番お世話になった気がします。特に「今日も息をして生きている」「私になれ」というところ。マインドフルネスにも通じるような感じ。数年前、プロ化したピアサポーターのあるお姉さまより頂いたお言葉「医療者に(患者の気持ちが通じると)期待するなんてオモシローイ!!」「看護師ってレッテルはるでしょ(怒)」時と共に言葉の意味は受け取った自分の中で成長,変化しますね。私は若い頃から本当に特別なものを経験 [続きを読む]
  • 私が白衣をあきらめる時
  • 季節外れの楽曲ですが聴きたくなりました。小・中学校からのお友達、10年くらい前に復縁…と言うよりは新たな関係が出来、中学の先輩の焼鳥屋さんでたまに集まるようになりました。中3の時のクラスメイトの女子がこのところの私のお仕事のうっぷんについて思いや考えをくれました。カウンセリングの先生から、「あなたは正しい。隙もないくらい正しい。でも正しいだけでは生きていけないんです。正しい道を貫くこと、世の中の理不 [続きを読む]
  • 復路「荒川の向かい風」にやられながらも充実の走り納め
  • メリークリスマス足立フレンドリーマラソン10kmを走ってきました。 タイムは1時間8分と後退してしまいましたが、この1年のことを思い返したり仲間のことなどを祈ったりして、復路「荒川の向かい風」にやられながらもよい走り納めが出来ました。「骨髄バンクのたすき」エピソードとしては…メイドの恰好をしたおそらく同年代くらいの女子(笑)ランナーさんに「その筋の方ですか」と声をかけられました白血病骨髄移植後サ [続きを読む]
  • 青い空 白い雲 朝日 夕陽 イルカ 森 仔犬
  • 私を逃げない闘士みたいに見て頂いている看護学校からの友人がんとは違う病と共に生きる方より素敵な励ましを頂きました。 ありがとう ありがとう ありがとう 基本いつもと言っていい程逃げまくっているんですけどね、いつも不毛でも、実のあるがんばりもきっと少しはあるんだなと有難く有難く受けとめています 4年前から走っていて前にも書きましたが、自分の積み重ねはやはり土台だけれど、日々の栄養や水分調整 [続きを読む]
  • 自分新聞を作って2016年を振り返ろう!
  • なんだかんだ言っても、今年も昔からのお友だちや今までの職場の先輩や同僚の方々と温かい穏やかな時間を過ごすことが出来て感謝です 又、骨髄移植後自宅療養中よりこれまで地道に育んできた、がん関連の諸先生方やご活躍の皆様とのつながりが細く弱くとも続いて頂いていることに感謝です(名前か顔か「白血病骨髄移植後の看護師〜」でなんとなく分かって頂けるカンジ) 今年の転職先は、自分のコンディションや職場の人間 [続きを読む]
  • つきつめればやむ
  • 19歳からずっと私を支えてくれていたチャゲアス。ASKAさんの不安定さは、ファンになってしばらくしてから感じるようになりました。この楽曲は、ASKAさん20代前半のものであると認識しています。関係する書籍も幾つか読んでいますが、とにかく売れる作品をという欲求や焦りが強く感じられ、痛々しく感じる部分もありました。数々の素晴らしい作品を残していて、新曲にはこだわらないファンも少なくなかったと思うのですが、ASKAさん [続きを読む]
  • クリスマスに欲しいもの
  • 先日の院内研修での自己紹介で同じテーマを頂きました サンタさんにお願いできるなら、せっかくなので非現実的なものを「気力・体力」を授けて欲しいと言いました もう無理だろうとは思っているのですが、緩和ケア病棟か訪問看護で緩和ケアにもう一度関わりたいのが白血病前からの本当の私の夢です 病棟勤務の若者たちは、口をそろえてお休みが欲しいと言っていました 物品が頂けるなら、考えた結果…旅行券5 [続きを読む]
  • それで看護倫理的にどうなの
  • 帯状疱疹(頭頸部)について全く無知と思われる患者さんへの、その反応をアセスメントした結果の看護師としての追加説明について。 「患者さんの不安を助長するので、医師が説明したこと以外、わざわざ看護師が話をしないこと。」と部署リーダーに注意された。 スミマセン何だか何だか「あーしにたい」と思ってしまった外来に看護師がいる目的、何なのだろうと思った。顔の帯状疱疹後神経痛の悪化は、現実となればかなり [続きを読む]
  • 看護倫理を学びました
  • 看護倫理の院内研修に参加しました私的にはコミュニケーションが遮断される様な当院がん看護専門看護師さんが講師。院内研修にパートは参加不可と部署リーダーに誤報されつつも入職時面接での説明通り、無事に出席出来ました。私には珍しく、内容を以下書き写し(オリジナルではなく、一般的な資料の様なので。)【倫理】人として根源的に大事なものを念頭に、人としてのあり方や態度、行為について、「よいか、よくないか、その理 [続きを読む]
  • 骨髄バンクのたすきとオババのんびりランナー
  • 先日、つくばマラソン10kmに参加しました1時間6分54秒でゴール腰痛悪化と貧血気味の割にはよくがんばりました昨年の同大会で偶然お会いしお声がけ頂いた「同志」の方と、今年もお会いできて、私の友人と共に記念撮影(色がきつくなってすみません) ありとあらゆるもの全てに感謝です荷物預かり係のおじさまに、「(たすきに)何書いてあんの骨髄バンク俺やだな〜」と言われ、話の流れで白血病サバイバーだと話したら、 [続きを読む]