Cafpino さん プロフィール

  •  
Cafpinoさん: Cafpinoの今日の一曲
ハンドル名Cafpino さん
ブログタイトルCafpinoの今日の一曲
ブログURLhttps://ameblo.jp/cafpino15/
サイト紹介文音楽(特にプログレ)好きな私の本日の一曲を徒然に語ってみます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2012/02/14 00:17

Cafpino さんのブログ記事

  • 今日の一曲 8/19 Camel (SFファンの為のプログレ)
  •                 プログレ者にとって今日は何を聴くかをチョイスする重要なファクターのうちの一つに、"季節感"があると私は思います(笑)・・・ってことで、今日は「夏」を感じるこの一枚を♪ 英国のバンドCamel(キャメル)の1978年リリースの6作目、"Breathless" 日本盤の邦題は、「ブレスレスー百億の夜と千億の夢ー」この邦題、完全に光瀬龍氏のSF小説「百億の昼と千億の夜」のパクリでしょ〜(笑)邦 [続きを読む]
  • 今日の一曲 8/8 Grobschnitt (粗く刻む)
  •                 このアルバム、もしかしたらここ20年くらい?聴いていなかったかも。 ドイツのバンド、Grobschnitt(グロープシュニット)の1972年リリースのファースト・アルバム"Symphony"(邦題:冥府宮からの脱出) ジャケデザインはGünter Blum氏。かなりシュールな画ですが、私には画の意味がよくわかりません。真ん中に配置されたナイフはGrobschnitt(粗く切る、という意味)つながりなのでしょう [続きを読む]
  • 今日の一曲 8/6 Brother Ape (人間は銃とカネを持った猿である)
  •                 昨日、記事を書いている途中で、いきなりWindows10 ヴァージョン1703のダウンロードが始まってしまい、後回しにするのもナンだったので、記事投稿を見送り、えいやっ!とCreators Updateへの更新をしました。いつものWindows Updateより時間がかかる・・・と覚悟はしていたものの、私のパソでは結局5時間かかったかな。今までと何が変わったか、はまだよくわからないのですが、ウィンドゥズ・ [続きを読む]
  • 今日の一曲 8/1 Magic Bus(過去へ連れて行ってくれる魔法のバス)
  •                 本日は新譜を聴いております。 英国のバンド、Magic Bus(マジック・バス)の2017年リリースの3作目、"Phillip The Egg"ジャケデザインを手がけたのは、バンドメンバーでギター&ヴォーカルのPaul Evans氏。 内ジャケ♪ このバンドの1作目と2作目は大好きだったので、3作目も大いに期待しながら入手しました。 1作目にも2作目にもCaravanを彷彿とさせるような曲があってヴィンテージな [続きを読む]
  • 今日の一曲 7/29 Syd Barrett (ハチとアリ♪)
  •                  最近、日本各地でヒアリが発見されていますね。地球温暖化は、日本をヒアリの棲息しやすい環境に変えてきているのかもしれません。 アリはハチの仲間なのだそうです。 英国のバンド、ピンク・フロイドのメンバーだったSyd Barrett(シド・バレット)の1970年リリースの2作目、"Barrett"(邦題:その名はバレット)ジャケのイラストを描いたのは、シド・バレットさんご本人。シドさんは画を [続きを読む]
  • 今日の一曲 7/27 New Trolls (腐った卵を割れ!)
  •                  稲田大臣、説明責任から逃れるために、いいタイミングで辞めましたね。結局のところ、専任大臣不在の為、日報問題は説明できません・・・という風に持って行きたいのが見え見えの辞任ですな。記録がナイ、記憶がナイ、耳を貸さナイのナイナイ尽くしの内閣の基本路線なのでしょう。 もう今の内閣を卵に見立てて、こういう風にしてやりたいですね。 イタリアのバンド、New Trolls(ニュー・トロル [続きを読む]
  • 今日の一曲 7/23 Johnny Griffin (夏ジャケ♪)
  •                 今日のお昼は、おくらとじゅんさいのぶっかけそうめん♪素麺はやっぱりIBOの糸!とりささみの茹でたのやプチトマも飾り、薬味に長ねぎのみじん切りと新しょうがのすりおろしを添えて、よく冷やした市販のストレートそうめんつゆをぶっかけるだけなのですが、うまいんだなこれが。じゅんさいのにょろりとした口当たりが涼を呼ぶ、乙なそうめんであります。 バックグラウンドミュージックには夏ジャ [続きを読む]
  • 今日の一曲 7/15 This Winter Machine (涼しさお届け♪)
  •                 最近、過去最大級の氷山が南極大陸から分離したそうで、やっぱり地球は温暖化してきているんでしょうかね。当地方も梅雨明けしていないのに、ここの所真夏のような暑さが続いており(;´Д`)、やっぱり温暖化だよなぁ・・・と私は思っているんですけど、どうしてトランプさんにはそれが伝わらないんでしょうね? 窓から見える陽光はいかにも暑そうで、極力外には出たくない・・・となればお家でミ [続きを読む]
  • 今日の一曲 7/12 Nirgal Vallis (ニルガル峡谷)
  •                 巷では、「This is 敗因」 なんて云われてますケド、肝腎なヒトが抜けてんじゃん。私は敗因は、"ASS & 4田"だと思います。(ASS = Abe, Suga, Shimomura / 4田 = 金田、稲田、豊田、萩生田)敗因を一掃しないと支持率回復は難しいんじゃないでしょうかネ。 そういえば。北朝鮮の弾道ミサイルは、"火星〇型"という風に"火星"がついているんですよね。火星(マース)といえば"戦いの神"ですから [続きを読む]
  • 今日の一曲 7/9 Grand Tour (渚にて)
  •                 北朝鮮からミサイルがバカスカ飛んで来る今日この頃、近いうちに第三次世界大戦が始まってもおかしくない、とも思えます。 そんな戦争が起きて化学兵器や核爆弾が使用された為に、人類がこの地球から居なくなってしまう・・・といったイメージのジャケ♪ 英国のバンド、Grand Tour(グランド・トゥアー)の2015年リリースのファースト・アルバム、"Heavy on the Beach"ジャケのイラストを描い [続きを読む]
  • 今日の一曲 7/6 In Transit (輸送中♪)
  •                 後追いではなくオンタイムで聴いていた80年代のものは、やっぱり"なつかC〜"という気分になりますネ。 アメリカのバンド、In Transit(イン・トランジット)の1980年リリースのセルフタイトルの唯一作。 ジャケ的に惹かれるところはないのですが(笑)、ロック喫茶でかかっていたのを聴いた+輸入レコ屋で出会ってしまった、という理由で私の手元にやってきたものです。 裏ジャケにはメンツ [続きを読む]
  • 今日の一曲 7/4 Paul Desmond (2匹目の泥鰌は倍返し♪)
  •                 都議選で歴史的大敗をしたのに、安倍首相は何ら責任も取らず、のらりくらりと地位にしがみついているし、それを認める自民党員もどうかしてる(-_-;)森友・加計問題で安倍自らが自民党の支持率を下げた、ということに気づいていないんでしょうかね。 さて、本日聴いているのはコチラ♪アメリカのジャズ・サックス奏者Paul Desmond(ポール・デスモンド)の1974年リリースの"Skylark"(邦題:禁じ [続きを読む]
  • 今日の一曲 6/28 Argent (サーカス2番♪)
  •                 サーカスと名のつくプログレは数あれど、個人的に2番目に好きなサーカスは・・・ 英国のバンド、Argent(アージェント)の1975年リリースのスタジオ6作目"Circus"かな♪後追いの為、アナログレコードは持っていなくって、CD(しかも1970年リリースの1作目とのカップリング)でしか聴いていないのですが、粒ぞろいの曲が入っていてなかなか好きなアルバムです。 なにやら怪しげなイラス [続きを読む]
  • 今日の一曲 6/24 Cirkus (サーカス一番♪)
  •                 サーカスと名のつくプログレは数あれど、個人的には一番(One)なのは、やっぱコレかな。たまに無性に聴きたくなります。 英国のバンド、Cirkus(サーカス)の1974年リリースの1作目"One" 巷ではK〜のサーカス、と呼ばれていますが、私が持っているアルバムのジャケにはK〜がありません(下ネタ失礼)レコード盤は英国製なんですが、ジャケはエジソンがディストリビュートってことで修正したので [続きを読む]
  • 極私的ジャケ買いレコード10枚 − その3
  •                 音楽好きの皆様は他の音楽好きな皆様方のライブラリーが気になるものですよね〜(笑)・・・ってことで、第三弾〜♪ Iceberg(スペイン)、Cressida(イギリス)、Anna Domino(レーベルはベルギー、Annaさんは東京生まれ)Steamhammer(イギリス)、Vent D'est(フランス) Fruupp(アイルランド)、Trees(イギリス)、夢幻(日本)East(ハンガリー)、Daniel Vega(スペイン) 一枚、一枚がそれ [続きを読む]
  • 今日の一曲 6/11 Different Light (楽園の重荷)
  • 藤井四段、中学校に行かなくても大丈夫なんでしょうか?(^_^;) 老婆心ながら・・・ さて。収録時間が60分以上のアルバムは休日向け、ってことで、今日はコチラ♪ チェコのバンド、Different Light(ディッファレント・ライト)の2016年リリースの3作目、"The Burden of Paradise"老婆がカフェでただひとりコーラ?を飲みながら本を読んでいるシーンはちょっぴり寂しいような印象も受けます。 このバン [続きを読む]
  • 今日の一曲 6/8 Il Volo (To Be, or Not To Be)
  •                 今年の2月頃、TVでフィギュアスケートを見ていて、羽生君のエキシビジョンで「曲はIl Voloの"Notte Stellata"」と解説者が言ったのが聞こえ、思わずえっ?・・・と。イル・ヴォーロにそんな曲あったっけ???調べてみたら、イタリアンオペラティックポップトリオでIl Volo(イル・ヴォーロ)というグループがあるんですネ(^_^;) まぁプログレ者にとっては、イル・ヴォーロとくればトーゼンこっち [続きを読む]
  • 今日の一曲 6/5 PFM (新月と4つの穴)
  •                 イタリアの大御所♪ PFM(プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ)の1974年リリースの5作目、"L'Isola di Niente"(邦題:甦る世界) ジャケデザインはFabio Nicoli Associatesイラストを描いたのは、Terry Gough氏。 このアルバムの英語版(青い方)は単純に色違いなだけかと思っていたのですが、実際に並べてみると異なっている点がちょこまかありますね(^_^;) ちなみに、レコードのジャ [続きを読む]
  • 今日の一曲 5/31 Saga (関係者各位♪)
  •                 カナダでもなくポルトガルでもないオランダのSaga(読み方はサーガでいいんでしょうか?)の1979年リリースの唯一作、"To Whom It Concerns" ジャケはモノクロなのでよくわからないのですが、お墓?でしょうか。歌詞の内容とリンクしているのだと思います。 メンツの皆さん♪ このバンドについてはよく知らなかったのですが、メロトロン使用ってことでnicohoiさんからのオススメもあり、CD化さ [続きを読む]
  • 今日の一曲 5/28 Renaissance (女将アニーによる序章♪)
  •                 先日Renaissance Illusionを聴いたところで、そういえば昔のルネッサンス、最近聴いてないな、と思い久々にコチラを手元に持ってきました。 英国のバンド、Renaissance(ルネッサンス)の1972年リリースの3作目、"Prologue" ジャケの作家はHipgnosis and Ronchetti & Day。電子部品の基盤のような金属?の板が海上に浮いている、という実に不思議な構図。空を飛んでいる板も見えるので、明確 [続きを読む]
  • 今日の一曲 5/26 Antidepressive Delivery (食物連鎖)
  •                 加計学園の件、森友問題のように、"知らぬ、存ぜぬ"でまたもや逃げる気なんでしょうかね。司法も行政も官邸の言いなりなんですな。S官房長官は完全に安倍家の忠犬ハチ公だし。のらりくらりの自民党を論破することができる国会議員、ひとりもいないのかよ(-_-メ) さて。今日はコチラ♪ ノルウェーのバンド、Antidepressive Delivery(アンチデプレッスィヴ・デリヴァリー)の2007年リリースの2 [続きを読む]
  • 今日の一曲 5/24 Barroquejon (チリのヴァレンシア)
  •                 チリのひとりプロジェクトバンドBarroquejon(バロックジョン)の2003年リリースの唯一作、"Concerning The Quest, The Bearer and The Ring" Barroquejonの中心メンバーはDavid Hanus氏。作詞作曲から演奏、ヴォーカルまですべてをひとりで手掛けていて、このアルバムは、トールキンの「指輪物語」に基づいたコンセプト作。トールキン氏に捧げられています。 David氏が影響を受けたとして挙げて [続きを読む]
  • 今日の一曲 5/20 The Flower Kings (エデンの土手♪)
  •                 本日引っ張り出してきて聴いているのはコチラ♪ スウェーデンのバンド、The Flower Kings(ザ・フラワー・キングス)の2012年リリースの11作目、"Banks of Eden" ジャケの作家はSilas Toball氏。非常に不思議な画。蓮の花の上で浮いているのは、お釈迦さま???後ろには羽や手があって、どこにでも飛んで行って衆生を救うということなのかな??? ブックレットの真ん中のページ♪宇宙や自 [続きを読む]
  • 今日の一曲 5/13 Renaissance Illusion (革命の幻想♪)
  •                 本日は最近入手したものを聴いております。 英国のバンド、Renaissance Illusion(ルネッサンス・イリュージョン)の2001年リリース"Through The Fire"の2017年リリースリマスターボートラ付き再発盤です。 バンド名がちょっとややこしいけれど、メンツはオリジナル・ルネッサンス出身者なので、イリュージョンの4作目、という位置づけになると思います。 イリ [続きを読む]