きょうはま さん プロフィール

  •  
きょうはまさん: 浜松の呉服屋まったりブログきょうはま
ハンドル名きょうはま さん
ブログタイトル浜松の呉服屋まったりブログきょうはま
ブログURLhttp://kyouhama.hamazo.tv/
サイト紹介文浜松で着物専門に着物全般を扱う貴裳呉服京濱です。フォーマルから洒落ものまで陽気なキモノが揃ってます。
自由文京濱は呉服専門店。はんなり&小粋がテーマのセレクトショップです。世界に1つのオリジナル着物も製作しています。風呂敷やバッグ、髪飾りや扇子など和の小物も、<質>と<手作り>にこだわっています。創業昭和9年。平成8年に現店舗に改築。看板の字は源氏物語錦織絵巻の山口伊太郎翁作です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2012/02/16 00:17

きょうはま さんのブログ記事

  • 単衣の足音
  • 2月ももうすぐ終わりです。日に日に暖かくなっていくそんな気配がする今日このごろ来月からは、本格的に単衣シーズン実際に着るのはもう少し先ですが品揃えは単衣モードに入っていきます来月は毎年恒例の単衣の会暖かくなる前の単衣の準備をお忘れなきように写真は浴衣メーカー竺仙とハローキティのコラボのキティの帯留めです [続きを読む]
  • 深き紅
  • 前回、ご紹介した襦袢は更紗襦袢紬にピッタリでした紬向き襦袢のもうひとつの横綱が真っ赤な襦袢赤は魔除けの赤体温を暖める薬効の赤艶やかさをあげる赤黒の大島や結城などに赤い襦袢を合わすと袖口や袂(たもと)からチラ見えする赤がとても、オシャレです京濱オススメの赤は「京紅」という赤ですとても深く濃い赤が印象的生地を灰汁で煮てスポンジ状になったところにこれでもかと、赤染料を染み込ませますそうしてできた深き赤は [続きを読む]
  • 紬に映えるシャレ
  • 紬好きは、、、襦袢好きというわけではありませんがひょっとして自分の事?と、思い当たる方もいらっしゃるのでは?シックでカッコイイ紬にありきたりなピンクの襦袢ではつまらなさすぎです。たとえ木綿の地味な着物でも質の良さそうな絹の綺麗な襦袢が袖口からチラリとなったら、オトナのオシャレです只今、大島紬展を開催しております泥大島の濃い色でも白大島の薄い着物でも映える襦袢もいっしょに展示をしております紬好きにも [続きを読む]
  • 本物ニセモノ談義5
  • 引き続き、一元の話です大島紬の一元の絣はどうやって作るかというと普通の十字やT字の絣はタテ糸1本ヨコ糸は1本か2本です一元の風車の絣はタテもヨコも2本ずつ使います小さな風車の絣の中で四つの糸が交差しているのですまさに絣の結晶といえますしかも、その絣が反物の全てに渡り作られていて着物にすれば、全身、絣の結晶で包まれますこの、一元の絣こそが大島紬が完成させた超絶ワザであり本来の大島紬であるといわれてい [続きを読む]
  • 本物ニセモノ談義4
  • 前回の続き一元の大島紬とは、、一元は「ひともと」といいますそもそも、織物で柄を表現するには色々な方法がありますが、西陣織のような帯では表面にその糸を出すか出さないかで柄を作っていきます錦織ではヨコ糸をタテ糸の上を渡すか下を渡すかで表現します着物にする織物では、主に絣(かすり)という技法が使われます絣とは、1本の糸をあらかじめ染め分けておき、織りあがったときに柄が現れるというものですヨコの糸を染め分 [続きを読む]
  • 本物ニセモノ談義3
  • 若い頃、スキーに行った時そこは、比較的標高の高い長野県のスキー場でしたその日は寒く雪が降っていましたリフトの乗っていると雪でスキーウエアが埋め尽くされていきましたよく見ると、その雪は1つ1つが大きな雪の結晶でした雪の結晶が綺麗に成長しているのでした普通の雪は降る間に結晶が崩れていたり幾つもの粒が重なりあって羽毛のようになっていたりするのですが条件が重なって一粒一粒が雪印マークのような綺麗な結晶が降 [続きを読む]
  • 春です
  • 立春がすぎ、気分は春に向っておりますそろそろ、雛飾りでも出しましょうか?着物業界は春は今月迄?!!先月は浴衣の新作発表会があり今月は単衣・夏物着物の新作発表会ですというのは、問屋が小売店向けに行なう催事ですそして3月は、もう秋物新作発表会これは何十年も続いているサイクルですがこの、温暖化の時代、単衣のニーズが高まっているのにメーカーサイドはなかなか単衣ものを重視していないというもどかしさがあります [続きを読む]
  • キモノ作り話
  • 着物には色々なルールがあると思われがちですが、実はそんなにキッチリ決まっていないのです。例えば、こんな話がありました。江戸小紋で紋を入れることが出来るのは鮫と角通しと行儀の三つだけこれは、間違いで、誰かのつくり話と思われます。そもそも江戸小紋は大名の裃が起源です。裃には当然、紋が入っていて、小紋柄は少なくとも大名の数だけあったのですから、三つの小紋柄にしか紋が相応しくないというのは、明らかに違いま [続きを読む]
  • ネコヒゲ占い
  • 毎日の密かな楽しみちょっと変態かもしれませんが朝一で家のフローリング部分をひと通りクイックルワイパーでふきますその集めた塵の中で、あるものを探すのですそれは、猫のヒゲ我が家の黒猫キーはカラダは黒なんですがヒゲは白ヒゲは体毛と違って太く腰がありクイックルワイパーと床の間でもてあそばれてもシッカリとピーンとしています塵やホコリ、髪の毛などの中でもあれば一目瞭然で、その姿はまさに掃き溜めに鶴自然に抜け落 [続きを読む]
  • チョコ道中
  • オーガニックとか無添加とか健康によさそうな響きにやたら弱い今日このごろです最近の我が家のブームはキノコです。特に舞茸。そのせいか、腸内系が絶好調。でも、甘いものはなかなかやめられないのですがだからなおさら、罪悪感のない甘いものには惹かれます京都でみつけたこのチョコレートもそのひとつ。ロウカカオのチョコレートですロウカカオとはローストしないカカオローストしないので、酵素などの栄養素がそのまま残ってい [続きを読む]
  • 無地されど無地
  • 今週末は無地の会です無地の着物にテーマを絞り染物の無地、織物の無地無地感の江戸小紋と無地の着物の生地が勢揃いです無地にはじまり無地に終わるとか言った方がいたとかいないとか基本は無地と、無地の着物からはじめ通になってくると削ぎ落としたお洒落を好むようになり無地に終わるという意味なのでしょうかせれはともかく、入門の着物といってもずっと長く使い続けたいわけですから無地に求められるのは無地ゆえに風合いの良 [続きを読む]
  • 個性派バック
  • 着物には帯〆・帯揚ばかりでなくバッグに草履髪飾りに帯留ショールや羽織紐色々な小物が必要で着物や帯に合わせてコーディネートは無限大そこが着物の楽しみでもあり個性を出す手段でもありますなんの着物にも合う帯〆はないので着物に合わせて色々な小物がほしくなります逆に小物を変えれば一つの着物にも色々な表情がでるというもの無難なものも必要ですが個性的な小物、強い印象の小物があると着物の楽しさも倍増していきます小 [続きを読む]
  • ワナビロード
  • 気温が日々変わる今日このごろ今日の襦袢は単衣にしょうか麻にしようか、(私的には袷はまだ暑い)着物は袷にしようか単衣のウールにしようかと考えます。寒ければ羽織を着ればいいけれど暑くても、脱ぐ訳にはいかない着物は最初のセッティングが肝心どす暖かくても、確実に寒い冬はやってきますヒュルリーヒュールリララーの風の強い、めちゃ寒い冬が絶対やってくる。そんな寒い日のお出掛けの備えには暖かいコートです。普通の道 [続きを読む]
  • さぶっ!?
  • 先週くらいまで、まだまだ麻の襦袢で丁度いい〜なんて言ってましたが急に冷えこんできました。さすがに、絹の襦袢、袷の着物です。でも羽織はまだ単衣、、。寒くなると、人は体に脂肪を溜め込もうとするのでしょうか?最近じわじわと、体脂肪率が上がり気味自然のせいか、熱燗の量が増えただけかそれとも、体重計の気温による特性なのか適当な言い訳を考えながら今日も一献、、、。写真は真綿のマフラー真綿なのでお肌にもやさしく [続きを読む]
  • 全身パールトーン
  • 今月のついこの間までは秋とは思えぬ暑さで汗になった麻の襦袢を洗っては半衿を縫いつけるというルーチンワークのサイクルがめまぐるしかったのですが急に冷え込んで、麻の襦袢から絹の単衣にシフトするぐらいになり絹は軽い!柔らかい!気持ちいい!を実感していましたと、思ったら今日は暑いまだまだ麻の襦袢が手放せません例年以上に暑く、台風や雨の後一気に冷えたりしたせいでしょうか今月は気温の上下が激しいです雨も多かっ [続きを読む]
  • 本物ニセモノ談義2
  • 本物、ニセモノという見方をすれば手描きが本物、印刷はニセモノだけどこれの境界線も微妙です例えば、江戸小紋。本来は柿渋紙に彫刻刀で細かい型を彫ったものを使い染師が生地に防染のための糊を摺っていく紙に彫る技術も熟練を要し、染めるのも熟練の技が必要コレを超簡単にしたのが「ワク」というもの柿渋紙は濡らして使うのですがそのため、湿度や温度で伸縮しますそこをコントロールするのも染師の技のひとつ「ワク」は金属の [続きを読む]
  • 本物ニセモノ談義1
  • テレビの鑑定団を見ているといわゆるニセモノが多く馴染みの骨董商から勧められたというプロから買った場合も少なくないのでありますが、、売る方は本物と信じて売っているのかニセモノと解って売っているのか定かではありませんがとにかくソレがまかり通っているのが怪しく、不思議な世界です呉服業界にも似たような話は山ほどあります例えば友禅の着物、インクジェット印刷を手描き友禅だといって高額で売れば問題だけれどインク [続きを読む]
  • KimonoGo
  • 日々、着物で仕事をしていて国内なら出張も着物ですしたいがいのところには着物でお出掛けします毎日着物のお客様も唯一洋服なのが病院だそうですが確かに女性は面倒だろうと思いますでも、どこでも着物だと頑張っていた頃、病院にも挑戦したことがあります血圧測定や採血は問題ないのですが聴診器で胸を診てもらう際頭の中のシュミレーションでは遠山の金さんみたいにやれば大丈夫だろうと思っていました浴衣一枚なら問題なかった [続きを読む]
  • 快適キモノ術
  • 着物を快適にすごすには?着物雑誌で見かけるテーマのひとつであります着物は快適じゃないものという暗黙の前提があるようでありますが、夏に比翼付きの袷の留袖着て死ぬかと思ったというよくある話は、よくあるけど別にして着慣れない場合は着るだけで疲れ果てたとか、いろいろと大変な事が確かにありますね。着慣れた人にとっても違う次元で快適さを求めていらっしゃいますがリピータの多さではコレです。カレンブロッソのお草履 [続きを読む]
  • 色留袖三つ紋問題
  • 色留袖の紋はいくつ?留袖というのは女性の第一礼装第一礼装だから紋は5個で決まり!というのは黒留袖でのお話これが色留袖になるとややこしい話になってきます5ツでもいいし3ツでもいいし1ツでもいい。色留袖の紋を幾つにするか?お人によって変わってきます。京濱スタンダードは5ツで比翼付きなのですが比翼付きの3ツでも比翼なしの1ツでも対応させて頂きます。比翼仕立というのは白い着物を重ねて着たなごりで、嘘つき重 [続きを読む]
  • 浜松スタンダード
  • 10月になったのに暑いです。今年は去年より暑いと毎年言っているような気がしますこの気温で袷を着る?と聞かれたら、ムリムリまだまだ単衣でいいと答えますそれでも、袷を着ないといけない方々がいらっしゃいます○道の一部の伝統芸道関係の方々です。単衣の着物も持っていらっしゃるのに袷というのは、本当にお気の毒でございます。普段のお稽古では着物じゃなくても洋服でもいいというのは、当たり前みたいになっていますが( [続きを読む]
  • キレてる小股
  • 「日本人は靴を磨く」と中国で日本文化を学ぶ人に教えているという記事がありました足元のお洒落に気を使う身だしなみの基本は足元から?お辞儀をするとき、足元に目が行くから?足回りでいうと小股が切れ上がったという表現があります膝から上がすらりとした足という解釈もあるようですが江戸時代、着物の時代にそこまで足を露出している女性はいないのでこの説は間違いと思います。着物を着ていて見えるのはせいぜい足首までなの [続きを読む]
  • 単衣ときどき夏物
  • 台風や秋雨のおかげで暑さもおさまり過ごしやすい今日このごろではございますが10月に入って暑さがぶり返すような予感もしています今月は、婚礼が増え始めたようでフォーマルのお着物のお手入れのお持ち込みがたくさんありました黒留袖も訪問着も袷ものが多くさすがに汗かいたというお声はほとんどの方が言っておられました襦袢は夏物の方もありましたが襦袢も袷となると、心地よいお祝いになったのかどうか、、6月のはじめの結 [続きを読む]
  • コイキング
  • 浜松は、涼しい夏です。(と思います)セミも気合いが入らないのか鳴き声?が、優しい微風の様です。花火シーズン突入ですが浴衣1枚で夜を歩けば風邪を引かないか心配になるくらいです花火の音を遠くに聞きながらはやりのポケモンGoをやりました京濱の近くの繁華街では、ポケモンがうじゃうじゃ出来て、入れ食い状態涼しさと、懐かしさもあって、時間を忘れてしまいました浴衣のお納めも一段落したもののまだまだ、急なご要望での [続きを読む]
  • 海の向こうで
  • 海外で活躍するビジネスマンの間で「ワードローブの中に着物一揃い。は必須」というのが常識として広まりつつあるという話を、あちらこちらで聞く様になりました。また、海外の日本人のためにニューヨーク支店だの、ロンドン支店だの呉服屋さんの海外支店出店の話も聞きますそれだけ、海外のエグゼクティブでは自国の文化を身につけているというのが当たり前になってきているまたは海外の方自身の着物指向が増えつつあるというのが [続きを読む]